迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

007 スカイフォール

2012年12月05日 | た行 外国映画
さて、今日も今日とて、ジェームズ・ボンドは悪人を追っかけて、世界中を飛び回っていた。敵が持って行ったのは、テロ組織に潜り込ませたエージェントの名簿。そんなものが公になったら、どうなるか。。。四面楚歌どころか、とんでもない地獄の真ん中に、ぽつねんと置かれ、ずたずたにされるのは火を見るより明らか。

諦めることなく、追いかけるボンド。しかし、列車の屋根の上でもみ合い、トンネルに入ってしまう手前で仲間のイヴがシュート・・・。弾丸はボンドに当たり谷底にフォールして行く。名簿は敵の手に渡ったまま、MI6はボンドを失い、Mはその責任を取らされ、詰め腹を切らされると。。。

今やMI6は崖っぷち。自分の責任であることは重々承知しているMは、始末をつけるのが本当のやるべきことと身を引こうとしない。敵は着々とMI6の中枢部の入り込んできている。もはやMI6は鉄壁ではない。追い込まれてしまったM・・・・。

じゃじゃああーーん!!ボンドはしっかり生きていた!帰って来た007であります。ちいとすねたMは「電話くらいしなさい!」と。分かります、分かります。全くの放蕩息子。連絡の一つもよこさないで、心配ばかりかけやがる!!強き母と、やんちゃな息子みたいなもんです。

復帰のためには、テストに合格しないとならないと言うことで、しばらくサボってたボンドは、トレーニングに励むのだが息も絶え絶え。お情けで合格?Mの陰謀?完璧ではないながらも、一応現場に復帰。自分が追っていた敵を見つけ、そのバックにいる黒幕を追っかけると。

実は真の敵は、かつてMの部下で、自分と同じ立場であったシルヴァ。Qの秘密兵器(?)でもって彼の居場所を突き止め、連行することに成功。なんだ楽勝じゃん!と。しかし、それこそがシルヴァの計画の一部。MI6に入り込み、中から完全に破壊しようという彼の壮大な計画だった。

なんとか命からがらシルヴァの攻撃を交わしたボンドは、彼を向かい撃つために、自分の生まれ故郷、スカイフォールに行くのであります。そここそがボンドの原点であり、出発点であり、過去との決別の地でもあったのです。。。。さて、シルヴァを倒すことができるのか!!

と言うことで、まずはようやくなじんできたダニエルさんの、おっさんくさいボンドがいいです。ぴりぴりと余裕がなかったいままでの感じと違って、なんとなくゆったりと構えてる風情がよかったです。ギリギリ感が薄らいだのが、いい方向に作用です。なんでしょねえ、007はやっぱ遊び心がないと。

ジェイソン・ボーンの出現以降、映画のアクションの概念が変わったと言われますが、その呪縛にとらわれ過ぎてたような気がいたします。いや、それはそれで十二分に面白かったのですが、007のテイストとはちょっと違うんだなあ、これが。どっかで余裕で、親父ギャグと加齢臭が似合う感じ・・?やっぱ007はそれなんだよなあ。と、勝手に決めてますが、それが無理なく表されてたように思えました。

でも、アクションも十分に迫力あったし、その辺のバランスがよかったと思います。

やっぱ007に必要な要素はQですよね。それもいまどきオタク青年の代表選手みたいなベン・ウィショー!!!!!お見事、ピッタリ!!!合格。



敵は、すんごい迫力のハビエルさん!素晴らしい存在感です。何と言っても007は敵がいかに強いか、すさまじいか!ここにかかってますんで、究極の敵を持ってキターーです。

劣化ウラン弾を撃たれちゃ、アンタちょっとまずいでしょ!と言うところは目をつぶるとして(絶対にボンドはやばいです!)、アストンマーチンのシートベルトがすげーーーかけにくかったなんてのは御愛嬌。あれはあんなふうに・・・・(涙)。そうなんす、こういう余裕の遊び心が007だよなあという見る方の気持ちを納得させてもらいました。

サム・メンデスって、アメリカ人だと思っていたら、イギリス人だったんですね。再認識。

さああて、アタシのお目当ては、言わずと知れたレイフ様でございます!!!!!鼻のない人とか、妙な精神疾患に人とか、最近とんとあのハンサムぶりに素で目にかかれなくて、欲求不満たらたらだったワタクシ。はい、堪能いたしました。レイフさまをあのように扱ってくれただけで、もう満足です。さすがイギリス人。レイフ様の価値をちゃんと分かっての布陣。



大変偏った見方ですいません。レイフ様の追っかけとしては、嬉しい新Mでした。

◎◎◎○

「007 スカイフォール」

監督 サム・メンデス
出演 ダニエル・クレイグ ハビエル・バルデム レイフ・ファインズ ナオミ・ハリス

コメント (22)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 11月のまとめ | トップ | ソハの地下水道 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (魚虎555)
2012-12-06 08:34:20
母は強し。なのかもしれませんね。家族の物語でした。
けじめのつけ方に、うなりました。もちろん、あの程度のけじめは映画の中では今でも、そしてかつてはたくさんあって、列挙するまでもないことも承知しております。
それでもMには敬礼をしたいところです。Mのようなひと、かつてたくさんおられたような。まあ、英国流のノブレス・オブリージュであることは承知していますが。
ボンドもおしゃれもグローバルシーンも良かったですが、それにましてMを堪能する映画でした。
QQQ! (KON)
2012-12-06 12:44:04
やっぱりQですよ。あのいまどきのオタク感(ぴったりな表現ありがとうございます)、感動ものでした。
全体的に平均年齢が下がったMI6、ボンドが焦ってたところとか、こういうオヤジ目線がいいのです。
新シリーズになってから、ダニエルさん冗談の通じなさそうな雰囲気もやわらかくなって、何となく安心しました。
Mお疲れ様でした!(いつ旦那さん亡くなったのかな?)
旧作へのオマージュ的シーンも、あまりにもさりげなくて、ファン心を刺激してくれました。
私が行った時の会場は、おじさま方ばかり。みんな気合の入った人たちだったみたいで、なんかいい雰囲気でした。
これがFの良さですね。
そうですね~。 (mori2)
2012-12-07 00:51:37
確かにレイフ様の扱いは、久々に(?)マトモだったような気がします。
とにかく、あのラストを見せられた日にゃ~、
『早く次を見させて!』と強烈に思ってしまいましたわ。
>魚虎555さま (sakurai)
2012-12-09 17:41:14
なるほど。
今年は訃報が多かった年ですが(ジュディ・デンチは違うけど)、いずれ人は去る。
そのことの始末をきちんとつけるってのも、またイギリス流で、寂しさとともに、背筋のピッと伸びる気分も味わいました。
私としては、新顔に嬉しくて、まったくもうの見方でした。。
>KONさま (sakurai)
2012-12-09 17:45:22
いろんな見方で、楽しめる作品になってたような。
アタシはモチ、レイフさまですが、ベンもとってもハマってた。彼の持ち味が十二分に生かされてました。
次もちゃんと出てくれるかな。

昔の007だと、んな感じじゃなかったですよ。
缶ビール飲みながら、営業サボってるオッサンが、ちょっと息抜きにボンド見に来てる・・・みたいな。
「ダイ・ハード」の時も似たような雰囲気。
なにはともあれ、楽しめてよかったです。
>mori2さま (sakurai)
2012-12-09 17:47:44
そうなんですよ。最近変な役ばっかで。。。
まあそれでも十分存在感を出してはいましたが、やっぱ彼のハンサムぶりを堪能したかったのでした。
あーーよかった、よかった。
ニューMに大きな期待です。はい。
でも、どっか腹黒そう。。。。
レイフ♪ (風子)
2012-12-14 11:03:10
スパイ物の娯楽大作には、やっぱりイケメンがいないとね。
主役がイケメンじゃないから、レイフがレギュラーになるのはうれしいです♪
>風子さま (sakurai)
2012-12-14 22:13:08
ははは!ダニエルさんじゃ、目の保養とはいかないですかね。
ベンもちょっと違うタイプだし。
やっぱここはレイフさまに背負っていだきましょう。
マネーペニー (hori109)
2012-12-19 22:38:16
……ってよく考えたらすごく変な名前だけど、
ゴールドフィンガーのときのオナー・ブラックマンは
プッシー・ギャロアというとんでもない名前でした。

それはともかく、今回のようなドラマを経過すると
マネーペニーとボンドの軽口の応酬が必然に
なるわけですね。一度はそういうことになっていると
思ってました。

ああ次回が楽しみだ。え?今度は二部作なの!?
嫌な奴 (バラサ☆バラサ)
2012-12-20 17:09:09
を演じると天下一品のレイフ・ファインズですが、案の定嫌な奴かと思いきや、決断力のあるいい上司だった!
相変わらず、軽口が叩けないダニエルですが、それはそれでいいです。芸域の狭い役者ですが。

好きなボンドは、ピアース・ブロスナン>ショーン・コネリー>ダニエル・クレイグ>ロジャー・ムーア>ティモシー・ダルトン>ジョージ・レーゼンビーの順ですかね。
ロジャー・ムーアは軽すぎて、まさに広川太一郎でした。アクションは、おっさん臭いし。

コメントを投稿

た行 外国映画」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

『007/スカイフォール』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
世界中のテロ組織に潜入している諜報部員たちの機密データが盗まれた。追跡中のボンドは、Mの命によって発砲したパートナーのイヴの誤射によって乗っていた列車の屋根から鉄橋の下へと転落、死亡したものと判断される。政府の圧力により、一連の事件の責任を取って辞任を...
007 スカイフォール (だらだら無気力ブログ!)
今回のボンドガールはジュディ・デンチ?
007 スカイフォール  監督/サム・メンデス (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・クレイグ  ハビエル・バルデム  ジュディ・デンチ  ベレニス・マーロウ 【ストーリー】 愛した女性を死に追いやった組織を追い詰めるべく、ハイチやボリビアなど各地を舞台に壮絶な戦いを続けるジェームズ・ボンド。ある日、直属の上司Mが秘め....
「007 スカイフォール」ようやく、ホントにようやく! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スカイフォール] ブログ村キーワード  前作から4年。007が遂にスクリーンに帰ってきた!「007 スカイフォール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ誕生50周年を飾る、23作目。世界各国での大ヒットを経て、ようやく日本公開です!  何者か...
007 スカイフォール (風に吹かれて)
古い奴とお思いでしょうが公式サイト http://www.skyfall.jp監督: サム・メンデス  「アメリカン・ビューティー」 「ジャーヘッド」世界各地に潜伏するMI6のエージェントのリストファ
「007 スカイフォール」Skyfall (2012 SONY) (事務職員へのこの1冊)
確かに“いい作品”だよなと納得しながら観ていた。でも同時に、これが007なのか?
007 スカイフォール (心のままに映画の風景)
NATO諜報部員の情報が記録されているハードドライブが盗まれ、MI6のエージェント、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、あと少しのところまで敵を追い詰めるも、アシスタント・エージェントのイヴ...
『007 スカイフォール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「007 スカイフォール」□監督 サム・メンデス□脚本 ニール・パービスロバート・ウェイド、ジョン・ローガン□キャスト ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、       ベレニス・...
映画:『007 スカイフォール』 (日伊文化交流協会)
『007スカイフォール』見てきました。 前作の、『慰めの報酬』を見たのが、2009年の1月。えっもう3年もたったっけ? って感じで、年々時の過ぎるのが早く感じます。 実は、『慰めの報酬』(←前回の感想)を見たとき、一体敵は誰なのかとかよくわからなかったんですよ...
映画「007 スカイフォール」 (FREE TIME)
映画「007 スカイフォール」を鑑賞しました。
007 スカイフォール (ダイターンクラッシュ!!)
2012年12月1日(月) 18:30~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(映画サービスデー) 『007 スカイフォール』公式サイト 訳の判らない「慰めの報酬」に比べると話がすっきりした。 「ノーカントリー」のおかっぱ頭が、Mに積年を恨みを持つ元諜報員で、Mに復讐しようと...
「007 スカイフォール」 ボンドをさらに掘り下げる (はらやんの映画徒然草)
本作は「007」シリーズの50周年記念だそうですね。 <今回の記事はかなりネタバ
映画:スカイフォール SKYFALL ×3作で体制が完成で既にボンドは年寄り=まるでギャグ! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
007新作「スカイフォール」 を初日にみた。 前作「007 慰めの報酬」は、予告編でやや期待が高まり過ぎた結果か、あまりいい印象がなかったから 。 (ちょっと悩ましい新作。2009年01月24日アップ) 前回「慰めの報酬」での残念ポイントと比較しながら列挙してみる。 ...
映画:スカイフォール SKYFALL 007は2度観ろ(ネタバレ炸裂につき、注!!)  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
初日にみた007新作「スカイフォール」 。 世の中の好評ぶりとは別に、残念なことに「007 慰めの報酬」に続き、あまりいい印象がなかった 。 数日たって、満足点・不満足点がはっきりしてきたので(笑)メモ。 【満足点1.】今回ベストだったのは、タイトルバック。&am...
007 スカイフォール / SKYFALL (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして 007シリーズ誕生50周年記念作となる通算23作目 監督はシリーズ史上初のアカデミー賞受賞監督の起用「アメリカン・ビューティー」のサム・メ....
007 スカイフォール (to Heart)
原題 SKYFALL 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 143分 監督 サム・メンデス 出演 ダニエル・クレイグ/ハビエル・バルデム/レイフ・ファインズ/ナオミ・ハリス/ベレニス・マーロウ/アルバート・フィニー/ベン・ウィショー/ジュディ・デンチ MI...
予想を超えた007 (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「007 スカイフォール」を鑑賞しました。 言わずと知れた、ジェームズ・ボンド シリーズ第23弾 ダニエル・クレイグ版では3作目 どうも ダニエル・クレイグのボンド像は過去作でしっくりこなくて 作品は悪くないのだけど、007らしくないな....
007 スカイフォール / SKYFALL (2度目鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして 007シリーズ誕生50周年記念作となる通算23作目 監督はシリーズ史上初のアカデミー賞受賞監督の起用「アメリカン・ビューティー」のサム・メ....
映画:スカイフォール SKYFALL ×3作で体制が完成で既にボンドは年寄り=まるでギャグ! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
007新作「スカイフォール」 を初日にみた。 前作「007 慰めの報酬」は、予告編でやや期待が高まり過ぎた結果か、あまりいい印象がなかったから 。 (ちょっと悩ましい新作。2009年01月24日アップ) 前回「慰めの報酬」での残念ポイントと比較しながら列挙してみる。 ...
映画:スカイフォール SKYFALL 007は2度観ろ(ネタバレ炸裂につき、注!!)  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
初日にみた007新作「スカイフォール」 。 世の中の好評ぶりとは別に、残念なことに「007 慰めの報酬」に続き、あまりいい印象がなかった 。 数日たって、満足点・不満足点がはっきりしてきたので(笑)メモ。 【満足点1.】今回ベストだったのは、タイトルバック。&am...
『007 スカイフォール』を109シネマズ木場4で観てしびれるぜふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★やっぱクレイグだよなあ】    という訳で、クレイグのボンド面白かった。 単に面白かった。 敵は元英国スパイ。 実はこれは仕事人の敵に仕事人を据える ...
007 スカイフォール (Skyfall) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 サム・メンデス 主演 ダニエル・クレイグ 2012年 イギリス/アメリカ映画 143分 アクション 採点★★★ “007に何を求めるのか?”ってのは人それぞれでしょうから私なんぞが「007とはこれだぁ!」と決めつけるのはおこがましいんですが、個人的に007に求め...
007 スカイフォール (Some Like It Hot)
■「007 スカイフォール/Skyfall」(2012年・イギリス=アメリカ) ●2012年ゴールデングローブ賞 主題歌賞 ●2012年LA批評家協会賞 撮影賞 監督=サム・メンデス 主演=ダニエル・クレイグ ハビエル・バルデム ジュディ・デンチ レイフ・ファ...
007 スカイフォール 頭でっかち尻すぼみ~ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=52 -6-】 お正月、家族の元でのんびりしています、自宅にいるだけで幸せです、あらためて噛み締めてます。 で、TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる7本目の鑑賞、007シリーズ生誕50周年記念で、史上最高の007映画登場なんて宣伝されていて、しかもダニエル・ク....
007 スカイフォール (銀幕大帝α)
SKYFALL 2012年 イギリス/アメリカ 143分 アクション 劇場公開(2012/12/01) 監督:サム・メンデス『アメリカン・ビューティー』 出演: ダニエル・クレイグ『ドラゴン・タトゥーの女』・・・ジェームズ・ボンド ハビエル・バルデム『ノーカントリー』・・・....
007/スカイフォール (いやいやえん)
復讐とMI6壊滅を目論む元“00"(ダブルオー)エージェント VS ジェームズ・ボンドという構図で繰り広げられるクレイグ・ボンド三作目。 ちょうどちゃぴちゃぴさんと「エロイカより愛をこめて」についてコメントしあったところだったので、なんとなくNATOだとかエ...