迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

鬼が来た!

2002年09月30日 | あ行 外国映画
第二次世界大戦末期の中国、長城付近の寒村。日本軍の占領も8年も続き、日本兵も日本軍の毎日の行軍も見慣れた風景になっていた。戦中時とはいえ、人々は毎日の暮らしに追われていた。貧乏な農民マー・ターサンは隣家の未亡人ユィアルを寝床に引っ張り込んでいたみそかの夜、突然麻袋に入れられた二人を押し付けられた。銃で脅され押し付けていったのは誰だかわからない。ただ「我!」とだけ名乗っていった。麻袋を開けてみると中 . . . 本文を読む
コメント

活きる

2002年09月19日 | あ行 外国映画
1940年代、大戦を体験しながらも古い中国の雰囲気がまだまだ息づいていた頃。資産家の放蕩息子・福貴は今日も博打に明け暮れていた。その借金は膨大になり、家屋敷も抵当に入っているのだが、そんなことはお構いなし。妻の家珍は身重の体で夫の行く末を心配していた。このまま、賭け事をやめなければ、出て行くと宣言をし、そして実行。このときのコン・リーの凛とした美しさは必見。 とうとう、財産をすべてとられてしまっ . . . 本文を読む
コメント

竜馬の妻とその夫と愛人

2002年09月18日 | ら行 日本映画
土佐の脱藩志士、坂本竜馬が暗殺されてから13年が経った。明治の時代になり、かの西郷隆盛もすでにこの世にはいない。かつて坂本の周辺にいた世の重鎮達は坂本の十三回忌を行なうことにした。その場に必要なのは妻のおりょう。明治の世を世間にアピールするためにも明治を作った立役者、坂本竜馬の菩提を弔う楚々とした未亡人の存在は欠かせない。そこで、かつての竜馬の師であった勝海舟は海軍の少佐になっているおりょうの義理 . . . 本文を読む
コメント

暗い日曜日

2002年09月17日 | か行 外国映画
ブタペストにあるレストラン・サボー。戦前から変わらぬ味を保ち続けている。そしてこのレストランで生まれたもうひとつのものが「自殺の聖歌」とされてしまったシャンソンの名曲「暗い日曜日」。この曲を聴きながら、次々と自殺者が出たためにこのような冠がついてしまった。 レストラン営業を始めたユダヤ人のラズロ、若い恋人のイロナと甘い生活を送っていた。レストランのお抱えのピアニストに雇われたのが、繊細なアラディ . . . 本文を読む
コメント

たそがれ清兵衛

2002年09月15日 | た行 日本映画
一人の下級武士がいた。名は井口清兵衛、妻を長患いの労咳(結核)で亡くし、娘二人と耄碌した母親と暮らしていた。扶持は五十石だったが、藩に借り上げなどという名目で二十石取られていたので、到底これだけで生きていく事は出来ない。仲間の誘いも断り、たそがれ時になるとひたすらうちに帰る。炊事や洗濯、内職とひたすら働いていた。自分のことなど構っている暇などなかった。髪はぼさぼさ、月代も伸び放題、穴のあいた足袋も . . . 本文を読む
コメント

サイン

2002年09月14日 | さ行 外国映画
突然、とうもろこし畑に出現したミステリーサークル。近くにならず者がいるものの、いたずらにしては手が込んでいる。これは何かの兆候「サイン」なのか・・・。 このとうもろこし畑は今は牧師をやめたグラハムの畑だ。彼は自動車事故で妻を失い、二人の子供と弟と暮らしていた。神が信じられなくなった牧師、すなわち生きることそのものを否定しているようなものだった。しかし、立ち上がらなければならなくなったとき、妻の死 . . . 本文を読む
コメント

インソムニア

2002年09月11日 | あ行 外国映画
アラスカの小さな町、あるのはオヒョウと白夜ぐらいのもの。ここで少女の死体が発見されたことから事件が始まった。きれいな死化粧を施された全裸の死体。この死体が一体何を物語るのか。事件の助っ人にロスから腕利きの刑事が二人やってきた。ドーマーとハップ。単なる助っ人と思いきや、ロスで警察の内務調査を受けている最中の刑事だった。今までの捜査に違法性はないか、もし違法性があった場合は有罪にした犯罪者達が無罪にな . . . 本文を読む
コメント

ラッキー・ブレイク

2002年09月10日 | ら行 外国映画
若いころからけちな泥棒家業をしていたジミーは、ちょっと大きな銀行を襲って、あっさり御用。刑務所送りとなった。ここでくすぶってるわけにはいかないと脱走を図る。刑務所併設の教会の警備が薄いという事から、ここを狙おうとする。問題はどうやって教会に行くか。そのとき降って沸いたようなミュージカルの話。ミュージカル好きの所長の提案で受刑者にミュージカルを教会で上演する事になった。これにのらないわけはない。ミュ . . . 本文を読む
コメント

きれいなおかあさん

2002年09月10日 | か行 外国映画
北京で暮らすリー・イン。彼女には耳の不自由な小学校に入る頃合の息子がいた。彼女には障害のある子を産んでしまったという負い目がどこかにあり、知能ではひけをとらないはずだと息子のチョン・ダーをどうしても普通の小学校に入れる事にこだわっていた。最初の入学試験がだめだったのは自分の今までの子供への関わりが足りなかったのだと、今まで務めていた外資系の会社(冷凍野菜の会社かな・・農薬たっぷりの)のいい配置もけ . . . 本文を読む
コメント

アバウト・ア・ボーイ

2002年09月07日 | あ行 外国映画
38歳、独身、無職(作曲家の父親のヒット一発の印税で暮らしている)、自由気ままななお気楽人生のウィル。かたや、母一人子一人(今どきシングルマザーという)、スポック大佐と見まごう髪型と眉毛の持ち主、ださい服装に、口からついでる歌はナツメロばっかの12歳のマーカス。接点も共通点も全然ない二人が出逢ってしまったところから話が始まる。 学校でいじめられてばかりのマーカスが足を向けたのがウィルの家。情緒不 . . . 本文を読む
コメント

トンネル

2002年09月02日 | た行 外国映画
1961年8月、突然ベルリンの街が二つに引き裂かれた。鉄条網で分断された街は数多くの家族や恋人を引き裂いた。壁を乗り越えようとして犠牲になったものも数多くいた。街に築かれた異様な風体の壁。数多くの悲劇を生んだ壁。これが消滅する日がくるのか、と思われた日々。しかし、その日はやってきた。1989年11月9日。壁は壊された。劇的に、人々の思いを込めて・・。 水泳選手のハリーはかつて反ソ暴動で実刑を受け . . . 本文を読む
コメント