迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

花咲ける騎士道

2004年09月28日 | は行 外国映画
時は18世紀中頃、貴族たちの暇つぶしは戦争。今日も今日とて、戦争三昧を繰り返していました。フランスの王様、ルイ15世は、いまいち状況が飲み込めてない。何で戦争してんの。ま、いっか。うちの兵隊が勝ちゃ、それでいいんだから。 この軍に、むりやり入らせられたのが、プレイボーイのファンファン。怪しいけど、美人の占い師に乗せられて、つい軍に入ってしまった。自分は王女と結婚する運命なんだと信じ込んでる。そし . . . 本文を読む
コメント

ヴィレッジ

2004年09月22日 | は行 外国映画
19世紀の終わり、ひっそりとした村に、静かに暮らす人々がいた。小さなコミュニティーは皆が顔見知り。年長者たちが、寄り添い、この村を何とか守ろうとしていた。何から?その『何』、が大きな問題だった。 意外な顛末を用意するというスタイルで通してきたシャマラン監督の最新作。前2作で、少々期待を裏切ってくれた。「え、そんな・・・」と、がっくりして見てしまった方も多かったのでは。で、「ヴィレッジ」。意外な展 . . . 本文を読む
コメント

隠し剣 鬼の爪

2004年09月13日 | か行 日本映画
幕末の時代、東北の片田舎の小藩、海坂藩でも、あわただしい動きが始まっていた。近代的な砲術を取り入れ、戦術の変化を図ろうとするが、武士にあるまじきと、そういった流れに反対する声もなくはなかった。 平侍、片桐宗蔵も否応なしにその流れに沿っていたが、母と、結婚を控えた妹と、それなりの幸せな生活を送っていた。しかし、宗蔵の家で、女中見習をしていたきえが、油問屋に嫁いでから、さびしい日々となっていた。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

パリ・ルーヴル美術館の秘密

2004年09月13日 | は行 外国映画
30万点の所蔵品、地下通路15キロ、ここで働く人はざっと1200人。修復、配達、掃除、音響、警備、料理人、医師、消防士、その他いろいろ。これらの人たちの働きによって、私たちは、世界最大の美術館の、圧倒されるラインナップを見ることができる。 並でないでかさの絵が運ばれてくる。でかい、とにかくでかい。誰々の絵、といえないところが寂しいのだが、先ず広げる。表を外側に巻いているので、そのまま広げると、裏 . . . 本文を読む
コメント

テイキング・ライブス

2004年09月13日 | た行 外国映画
20年前、一人の少年が家出をした。カナダ・モントローリエに行こうとしている。人のよさそうな、ちょっとおどおどしたタイプが、豹変する。そして、20年後、モントリオールで連続殺人事件が起こる。この犯人は、あの少年と、何か関連があるのか・・・。 「テイキング・ライブス」とは、他人の人生をのっとって生きていくこと。次々と他人の人生を生きていく犯罪者の話。 ちょうど今、『少年A 矯正2500日 全記録』 . . . 本文を読む
コメント

アイ,ロボット

2004年09月11日 | あ行 外国映画
近未来のシカゴ。USR社製作のロボットが街にわんさかいる今日この頃。いままでの主流ロボットNS4に替わって、新型のNS5が普及されようとしていた。しかし、ロボットに不信感を抱いている刑事スプーナーは、その状況がどうにも面白くない。そんなときに、USR社の科学者、スプーナーの命の恩人ラニング博士が自殺をしたというニュースが飛び込んできた。 ラニングは本当に自殺をしたのか。新型ロボットNS5は本当に . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

トゥー・ブラザーズ

2004年09月07日 | た行 外国映画
カンボジアのジャングル、古びた寺院の立ち並ぶ奥地にトラの親子が暮らしていた。まだ小さい子トラに、親達は生きる術を教えてる最中。結構しっかりものと、ちょっと甘えん坊の二頭のトラ。 そこに冒険家で有名なエイダン・マクローリーが、寺院に眠る仏像を狙って、ジャングルに入ってきた。そして、トラと遭遇。父トラをしとめ、一頭のトラを村に連れ帰る。しかし、エイダンに着せられた泥棒の嫌疑の取調べの間に、サーカスに . . . 本文を読む
コメント

リディック

2004年09月05日 | ら行 外国映画
銀河系宇宙、ヘリオン星系の世界。ここのある星で、宇宙最強の逃亡犯・リディックが、賞金稼ぎに追いつめられていた。賞金を掛けたのは、エレメンタル族の女王エアリオン。自在に場所を動くことができるカリスマ的存在。 今、ヘリオン星系の中で、最大の危機が迫っていた。全宇宙を恐怖で支配しようともくろんでいるネクロモンガーが、着々とその支配圏を広げていたのだ。その恐怖の軍団の王ロード・マーシャルを倒せるのはフュ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)