迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

若者のすべて

2003年11月28日 | わ行 映画
ヴィスコンティの初期の作品といってもいいだろうか。モノクロで、イタリアの底辺の地べたを這いずり回って生きているような人々を熱く撮った圧倒的な作品だ。私がヴィスコンティをはじめて見たのは「ルードィッヒ」。美しきヘルムート・バーガーの悲しき王の人生に完全に打ちのめされてしまった。本物の貴族の優雅さと斜陽のむなしさの「家族の肖像」。ゴージャスと陰影の見事なバランスの「山猫」。この辺でヴィスコンティ印がイ . . . 本文を読む
コメント

東京ゴッド・ファーザーズ

2003年11月26日 | た行 日本映画
クリスマスイブの夜、雪の東京のゴミだめの中で、3人のホームレスが赤ん坊を拾った。名前は『清子』。清い夜に神がもたらしたプレゼントだと勝手に解釈してしまった。清子のゴッド・ファーザーズは自称元競輪選手のギンちゃん。典型的なホームレス。でっかいオカマのハナちゃん。このハナちゃんの母性本能をくすぐってしまった。そして、家出娘のミユキ。ホームレスのおかげか、家出当初より、随分スマートになっている。 一晩 . . . 本文を読む
コメント

ラスト・サムライ

2003年11月23日 | ら行 外国映画
アメリカ建国100年、南北戦争も終わり、混乱は収束に向かっていた。一人の軍人、ネイサン・オールグレン大尉。戦後のアメリカの西部開拓に参加し、自分たちが虐殺したインディアンのトラウマに悩まされていた。飲んだくれの日々を送っていたが、自分の軍人としての腕を買われ、日本新政府のお雇い外国人として海を渡ることになった。 相手はいまだサムライ・スピリッツを失わない勝元という元武士。新政府の急進的なやり方に . . . 本文を読む
コメント

バッド・ボーイズ2バッド

2003年11月21日 | は行 外国映画
マイアミ警察の特別麻薬捜査課のマーカスとラリーのコンビは今日も健在。中南米から入ってくる新手の麻薬の捜査に奔走していた。マーカスの妹のシドと付き合っているラリーはそのことを、なかなかマーカスに言えない。マーカスは危険な今の仕事をできれば変わりたいと思っていた。それはラリーとのコンビと解消すること。 二人の思惑をよそに、エクスタシーと呼ばれる麻薬は巧妙な手で、マイアミに上陸していた。実はシドはDE . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

キューティ・ブロンド2

2003年11月20日 | か行 外国映画
ピカピカ、目がテン、あのピンク娘が帰ってきた。さらにパワーアップして!自分をふった元彼を追ってハーバードまでやってきたエルがゲットしたエメットとの結婚は3ヵ月後。万全のコーディネートで結婚式に備えていた。愛犬ブルーザーの母親の飼い主も呼ばなくっちゃ。そこで探したブルーザーの母犬。ありゃりゃりゃ、母犬は大手化粧品会社のモルモットだった。 母犬を助け出さねば!原動力はちゃっちいのだが、やることはでか . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

フォーン・ブース

2003年11月20日 | は行 外国映画
目の前に鳴ってる電話があると、つい取ってしまう。それが相手が誰だかわからない公衆電話であっても。いまや、携帯電話が氾濫してる世界で、公衆電話は希少で、特別な存在になってきたかも。傲慢で、うそつき、冷酷な広告屋のスチュは携帯片手に、あれこれと売込みやら、スターの機嫌取りをしていた。そして、彼女に掛けてるいつもの公衆電話に行き、ラブコールをした。そして、その電話を切ったときに公衆電話は鳴り出した。受話 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

g@me

2003年11月18日 | か行 日本映画
大手広告代理店の敏腕クリエーターの佐久間。ミカドビールのプレゼンに自信満々で臨んだ。しかし、ミカドビールのやり手副社長、葛城にけちょんけちょんに打ちのめされる。山よりも高いプライドを傷つけられた佐久間は、夜の葛城邸のあたりを何とはなしにぶらぶらしていた。その時、突然壁から女の子の姿が・・。 女の子は葛城の娘だという。愛人の子で、葛城に引き取られたのだが、居場所のない自分はとうとう家出。そこで偶然 . . . 本文を読む
コメント

ロッカーズ

2003年11月17日 | ら行 日本映画
おばかなロックバンド『ロッカーズ』のボーカル・ジンは 今日も材木業の親父と家業を継ぐ、継がないで親子けんか。「オレの生きる道はロックばい!」 でも、自分以外のメンバーはいまいちゆるい(と、思っている)。このままでは行く末も見えない。そこで、びしっと決めるために、新たなメンバーを募集することにした。そこにやってきたのはギターのタニ。うーん、いい。やるばい。 今までとはちょっと違うとよ。でも、プロ . . . 本文を読む
コメント

藍色夏恋

2003年11月17日 | あ行 外国映画
台北の市内の高校に通う17歳のモン・クーロウ。少し寂しげな、でも、どこにでもいるような女子高校生だった。親友のリン・ユエチェンから、好きな男の子がいると聞いて、どんな男の子か気になっていた。男の子はチャン・シーハオ。ギター部所属、水泳の得意な男の子だった。 最近、自分の周りをうろついてる女の子、モン・クーロウがどうも気になるシーハオ。彼女のお母さんの屋台に毎日餃子を食べに行き、付き合ってくれと頼 . . . 本文を読む
コメント

名もなきアフリカの地で

2003年11月13日 | な行 外国映画
1938年4月、ユダヤ人のイエッテルと娘のレギーナは徐々に近づいてきたナチスの迫害を逃れるため、故郷のドイツを捨て、先にケニアに渡っていた父ヴァルターのいるロンガイの農場へしぶしぶやってきた。なんという乾いた暮らし。ドイツの上層の階級で暮らしてきたイエッテルには、到底我慢が出来なかった。持ってきた食器も梱包から開けようとしなかった。「ここに長くは住まないから」。 なかなか新しい暮らしになじもうと . . . 本文を読む
コメント

阿修羅のごとく

2003年11月12日 | あ行 日本映画
綱子(大竹)、巻子(黒木)、滝子(深津)、咲子(深田)の4人姉妹は、自分達の老いた父がある女性と付き合っているのを知る。小学生の男の子は父のことを「パパ」と呼ぶ。自分達は本当は5人兄弟だったのか・・。母に知られないように、何とか始末をつけないといけない。 父のことばかりでなく、各姉妹達もそれぞれ問題を抱えていた。綱子は出入りの料亭の主人といい仲。奥方にばればれなのだが、別れるに別れられない。巻子 . . . 本文を読む
コメント

永遠のマリア・カラス

2003年11月10日 | あ行 外国映画
イギリス人のプロモーター、ラリー・ケリーは、自分のプロモートするロックバンドのためにパリにやってきた。そして隠遁生活を送る歌姫=マリア・カラスをもう一度、表舞台に引っ張り出そうと画策しようとする。すでに往年の声は出ない。もう過去の存在になったのだと言い聞かせている自分。でも、本当は誰よりも歌いたい、オペラを演じたい、凄まじい葛藤。 新しい技術で、映像に全盛期の声をかぶせることを提案し、今のマリア . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ブラウン・バニー

2003年11月09日 | は行 外国映画
オートバイ・レーサーのバド・クレイはニュー・ハンプシャーでのレースのあと、西海岸に移動するために、バイクをワゴン車に乗せ、長い道のりを静かにドライブしていた。道々会う女性に惹かれるが、どれも花の名前の女性。そこに身を投じようとしても、どこかでブレーキをかけてる自分がいた。静かに、淡々と、何かを恐れるように寂しく進んでいくバド。 そして、自分がディジーと住んでいた家にたどり着くが、待っているはずの . . . 本文を読む
コメント

氷海の伝説

2003年11月09日 | は行 外国映画
イヌイットの人々の中で、何世代にも渡って、語り継がれてきたレガシー、「足の速い人」の映画化。監督も言葉も脚本も、出ている役者たちも皆イヌイットたち。はじめて民族の誇りを描きだした作品なのだ。 今から10年位前に、モンゴルがソ連のくびきを絶って、自分たちが自分たちの英雄をはばかることなく描いた「チンギス・カーン」という映画を思い出した。映画的には稚拙な作りで、ハリウッドの大作を見慣れた人には、「何 . . . 本文を読む
コメント

ガン&トークス

2003年11月06日 | か行 外国映画
ソウルの街に暗躍する殺し屋4人組。依頼を受けるとスマートに仕事をこなす。でも、美人のニュースキャスターにぞっこんだったり、標的に惚れてしまったり、なんともずっこけ4人組でもあった。  今回の仕事は衆目の中、ある人物を殺して欲しいというもの。腕利きの検察官に目をつけられ、非常にやばい状況に・・。仕事は完遂したが、かの検察官が彼らを追う。 というような話なのだが、スタイリッシュなアクションコメディと . . . 本文を読む
コメント