迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

2003年02月28日 | ら行 外国映画
9人の仲間で始まった指輪を捨てる旅は、途中さまざまな困難にあい、次々と仲間を失っていった。ガンダルフは怪物とともに谷底に落ちていき、指輪に目がくらんだボロミアはその代償のように命を落とした。さらにばらばらになった彼らの行くてに待つものは・・・、といった感じで終わった第一部。たっぷり3時間の超フルコースのような料理が序章でしかすぎなかったというならば、第2部は一体どうなるっちゅうねん、という気持ちで . . . 本文を読む
コメント

ビロウ

2003年02月28日 | は行 外国映画
第二次世界大戦の真っ最中、大西洋を航行していた米潜水艦『タイガーシャーク』は漂流していた3名を救助した。病院船に乗っていた彼らはドイツのUボートに撃沈され、自分達しか生き延びられなかったと言う。しかし、その中の1名は女性。潜水艦に女性は鬼門。そのせいか、3人を助けたあたりから、次々と奇妙なことが起こり始める。 敵艦に見つかり、爆雷をどかんどかんと景気よく受ける。おおー戦争ものだと思ってると、ここ . . . 本文を読む
コメント

猟奇的な彼女

2003年02月24日 | ら行 外国映画
兵役を終えて、大学に戻ってきたキョヌ。女の子が欲しかったという両親に育てられ、7歳まで自分は女の子だと思っていたというちょっと情けなさ系の男。そんな彼とひょんなことからであった彼女はスーパーガール。電車の中でお年寄りに席を譲らない奴はしかりつける。タバコのポイ捨てなんか黙ってられない。口癖は「死にたいの!」。酔ってどこでもつぶれる。人の目なんか気にしない。 彼女のペースにどんどんはまっていくキョ . . . 本文を読む
コメント

太陽の雫

2003年02月17日 | た行 外国映画
激動のハンガリー。使い古された言葉で、激動の歴史とよく言うが、この国とポーランドとアイルランドとユーゴスラビアはこの言葉を使っても誰も文句は言えないはずだ。そのハンガリーの19世紀後半から戦後のハンガリー動乱のあたりまでの姿を、あるユダヤ人の一家を通して描いている。 居酒屋を営んでいた父親の死から、12歳で一家を支えることになったエマヌエル・ゾネンシャイン。ユダヤ人だった。ブタペストで醸造業を起 . . . 本文を読む
コメント

ホワイト・オランダー

2003年02月15日 | は行 外国映画
芸術家で美しい母親、独善的であるが、自己にゆるぎない自信を携えている。男に対しても自信たっぷりの態度をとる。しかし、そのプライドを傷つけた男は死に値する。自分を裏切った男を毒殺して、終身刑の身となってしまったイングリッド。それは最愛の娘との別れを意味していた。 母の作品のように育てられてきたアストリッド。母を愛し、尊敬し、畏怖してきた。その母と別れて、新たな里親と暮らす事になった。またこの里親の . . . 本文を読む
コメント

戦場のピアニスト

2003年02月12日 | さ行 外国映画
1939年9月、ヒトラー率いるナチスドイツはソ連と結んでいた不可侵条約を破ってポーランドに侵攻した。これが第二次世界大戦の始まりである。ポーランドという国は大国に挟まれているという地理条件から、今までもさまざまな困難の道を歩んできた。分轄されたり、消滅したり、それこそ侵略されたり。その苦難の歴史を真っ向から撮りつづけたきたのがアンジェイ・ワイダ。一昨年の「パン・タデウシュ物語」などはその極めつけだ . . . 本文を読む
コメント

レッド・ドラゴン

2003年02月10日 | ら行 外国映画
二組の親子の惨殺事件が起こった。家族5人が皆殺し。夫と子供を先に殺したあとに妻を弄んだ上に殺すという事件。その猟奇さと周到さ、犯人の見当がつかず、早期の逮捕が求められていた。FBIのクロフォードは、今は引退している元捜査官のウィリアム・グレアムの手助けを求めた。彼はかのハンニバル・レクターを捕まえた伝説の捜査官。その天才的なひらめきがどうしても必要だった。 田舎に引っ込んで、ひっそりと暮らしてい . . . 本文を読む
コメント

ゴスフォード・パーク

2003年02月10日 | か行 外国映画
1930年代、恐慌も沈静化し、そろそろイギリスに残った慇懃な貴族達も最後の一呼吸をついていた頃。次の第二次世界大戦がはじまるまでのわずかに残った平和な時間だった。『ゴスフォード・パーク』と呼ばれるカントリーハウスに次々と集まってきた貴族達。ホストはマッコール卿夫妻。主人は自己中の横暴無礼な資産家。妻は暇を持て余し、ゴシップに耳をそばだてていた。 夫人の伯母のミス・トレンサム、マッコール卿に仕送り . . . 本文を読む
コメント

アレックス

2003年02月09日 | あ行 外国映画
安ホテルの一室、二入の男が生気なく話している。「時はすべてを破壊する・・。」 このホテルの下階はホモのカップルの為のバー。怪しげどころか、絶対に足など踏み入れられないところ。そこにけたたましくパトカーのサイレンが響く。一人は腕を折られ救急車に、一人は殺人犯として逮捕される。何があったのか。 時間軸が逆行して場面場面が過去を見せていく。話は単純、二人の幸せなカップルがパーティーに行くのだが、些細 . . . 本文を読む
コメント

13階段

2003年02月08日 | さ行 日本映画
東京拘置所、死刑囚監房。死刑囚270号が刻々と迫る自分のタイムリミットに恐怖を感じていた。十年前に起こった老夫婦の殺害事件の犯人とされ、死刑が確定していた。でも、一時的な記憶喪失に陥っており、自分が実際に何をしたのか、全然わかっていなかった。 松山刑務所、ベテランの南郷刑務官の目に止まったのが、傷害致死で3年の実刑を下された三上純一。人を寄せつけず、孤高の態度を取っていた。その三上が出所したとき . . . 本文を読む
コメント

運命の女

2003年02月05日 | あ行 外国映画
ごく普通の幸せな夫婦。だんなはNYに会社を持つ社長。シティには住まずに郊外に瀟洒な家を持つ。いつまでも若く、美しい妻とやんちゃな息子と暮らしていた。何の不満もない、人もうらやむような家庭。そこに舞い込んだ不倫の嵐。 たまたまの偶然が二人を出会わせてしまった。でもいくらでもそれは回避できた。しかし、風の日に出会ったフランス人の彼が頭にこびりついて離れない。吸い寄せられるように彼のアパートに向かって . . . 本文を読む
コメント

マーサの幸せレシピ

2003年02月04日 | ま行 外国映画
マーサはドイツ・ハンブルグにあるフランス料理店のシェフ。仕事は完璧、きっちりとした性格でファンも多い。自分の腕に絶大の自信を持っているため、客とのトラブルも多い。でも、何かが足りない。人生の中に何かが欠けている。自分でそれをうまく気づけないでいた。オーナーからはセラピーに通えと言われているのだが、それも何のためなのかよくわからないでいた。 そこに降ってわいたたった一人の姉の交通事故。娘を残して姉 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

オールド・ルーキー

2003年02月04日 | あ行 外国映画
軍人を父に持つジミーは幼い頃から基地を転々としてきた。野球というあふれる才能があったのだが、父は人生には野球より大事なものがもっとある、といってジミーの野球への情熱を理解してくれなかった。 腰を落ち着けたテキサス。30半ばのジミーは地元の高校の化学の教師で野球チームの監督だった。弱小野球部。地区のリーグで毎年せいぜい1勝あげるのが精一杯だった。覇気のない子供達、やる気と勝つ喜びさえ知れば強くなれ . . . 本文を読む
コメント

トランスポーター

2003年02月03日 | た行 外国映画
南仏あたりのうるわしいところ、そこを爆走するBMW。正体不明の運び屋フランクは今日も荷物をきっちりと運んでいた。最高のドライブテクニックで絶大の信頼を得ていた。うさんくさいとコロンボみたいな刑事がうろうろしているが、尻尾はつかませない。 今日の荷物は50キロの大荷物、ルールその1、絶対に荷物は開けない、と自戒していたフランクはアクシデントからその荷物を開けてしまう。そこには美女一人。ルールを破る . . . 本文を読む
コメント

蕨野行

2003年02月01日 | わ行 映画
山間のとある村、あまり豊かな地とはいえないが、上ノ庄、中、下庄と3つに分かれていた。中ノ庄の庄屋、弾衛門の後添いに来たのが20も年下のヌイ。若い娘のようなヌイに姑(ババ)のレンは何かとこまめに教えていた。夏の天気を予想する山の雲の動き、畑に何を植えるべきなのか、いつもは口を出さないレンが珍しくその意志を示していた。 この村には秘された約定があり、60の齢を迎えたジジババたちは蕨の山に入ることにな . . . 本文を読む
コメント