迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

魔界転生

2003年04月28日 | ま行 日本映画
山田風太郎原作の傑作時代劇の映画化、ただし35以上は多分、ジュリー主演で、みんな観た覚えがあるはず。カリスマたっぷりのジュリー四郎が鮮烈だった。 ということで本作。 舞台は江戸幕府が開かれてまもなくの頃、キリシタン禁令が相次いで出され、その仕上げが島原一揆の鎮圧。幕府は12万の大軍を出して、島原衆を皆殺しにした。その阿鼻叫喚の地獄は世の中に神も仏のないと思わせるに十分だった。 時はそれから1 . . . 本文を読む
コメント

アカルイミライ

2003年04月28日 | あ行 日本映画
オシボリ工場でバイトの仁村雄二と有田守。なんともしゃきっとしない二人だ。アパートの部屋にうだうだ、マンガでも見るしかすることないのか。守の飼っているのはくらげ。彼は猛毒のくらげを真水に慣れさせようとしていることがだんだんとわかってくる。 オシボリ工場の社長の藤原。ごく普通のおっさん。「若い頃は・・」がつい出る全共闘世代。たわいもない話が好きで、決して若くない自分を知りつつ、若いと思ってる。守のア . . . 本文を読む
コメント

クローサー

2003年04月23日 | か行 外国映画
予告編はとってもおしゃれで、スタイリッシュで、ちょっと色気があってかっこよかったんです。これはもしかしたらいけるのかも。「チャーリーズ・エンジェル」みたいな吹き替え~、動けないと思われる女優の派手なアクション!と違って、きっとリアルですごいんだろうななどと、勝手に思い込んじゃった。いや思い込ませて、客を呼ばなきゃ映画じゃない。その点、それは多分成功したと思われます。でもね、でもね、見た人をあんなに . . . 本文を読む
コメント

Jam Films

2003年04月21日 | さ行 日本映画
「Jam Films」 2002年 日本作品 7人の若手監督達が作り上げたショートフィルムの傑作集。それぞれ、ダーク系、H系、不思議系など、割り振られているみたいで、いろんなタッチの話が楽しめる。 *「メッセンジャー」 監督 北村 龍平  出演 魚住 佳苗  北村 一輝 ダーク系かな。血生臭いギャングの抗争が繰り返されているとところにやってきた謎の女性。彼女は彼らの運命を変えるメッセージを . . . 本文を読む
コメント

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード

2003年04月19日 | か行 日本映画
今朝の野原家の朝食は・・・貧しい~~・・・。しんちゃんにヒロシにひまわりにシロもぷんぷん。こんなんじゃ力が出ないとみさえに抗議。でも目に前に出されたのは超おいしいそうなお肉たち!おいしい焼肉するためにやりくりした結果、ゲットした超豪華なお肉たち♪でも、ちょっと予算オーバーしたので、朝食にしわ寄せが・・。いい、そんなの許す。今晩美味しい焼肉なんだもん♪ そんな幸せな野原家に突然舞い込んだ変な科学者 . . . 本文を読む
コメント

デブラ・ウィンガーを探して

2003年04月18日 | た行 外国映画
「グラン・ブルー」でミューズになってしまったロザンナ・アークェットが初めてメガホンを取ったドキュメンタリー映画。40代に突入して、子育てをしながら仕事を両立させていくためにはどうしたらいいかと悩む自分。名うての女優達にインタビューし、同じ悩みを共有する事を知るのだが、かつての大女優、デブラ・ウィンガーはなぜ引退したんだろうと彼女にも直接マイクを向ける。 とにかく凄い女優達がずらり。上記の方たちの . . . 本文を読む
コメント

めぐりあう時間たち

2003年04月15日 | ま行 外国映画
1923年、イギリス・リッチモンドの静かな屋敷に作家・ヴァージニア・ウルフは静養のために移り住んでいた。多感な彼女の精神は病んでおり、ロンドンの喧騒から逃れるように暮らしているのだが、彼女にはその静けさが更なる狂気を呼んでいる様だった。彼女は今、出だしの一行を書こうとしていた。それが「ダロウェイ夫人」。第一次世界大戦後のぼろぼろになったイギリスを一人の議員夫人の目から通してみた小説。パーティの準備 . . . 本文を読む
コメント

シカゴ

2003年04月10日 | さ行 外国映画
1920年代、危ない危ない街、『シカゴ』。銃とお色気とジャズがひしめいていた。どこにでもチャンスが転がっており、またどこにでも落とし穴があいているそんな街がシカゴだった。 キャバレーで圧倒的な存在感を見せていたスターのヴェルマ、彼女はその後妹と夫を殺した容疑で刑務所に直行。そしてその舞台を羨望のまなざしで見ていたロキシーは愛人を殺した容疑でやっぱり刑務所に。刑務所で会った二人は敏腕弁護士のビリー . . . 本文を読む
コメント

デアデビル

2003年04月10日 | た行 外国映画
昼は盲目の弁護士、夜は超感覚を持つ正義のヒーロー、デアデビル。彼の行く道は険しい・・・。ベンちゃんが頑張ってた映画。 親父は賭けボクシングのボクサー。かつては名選手だったのだが、今は落ちぶれ、酒びたりの日を送っていた。憤るマシューだったが、父は動かない、そんなとき事故によって、視力を失ってしまったマシュー。やっと目覚めた父は、マシューとともに頑張ると一大奮起、またグローブを手にはめる事にした。し . . . 本文を読む
コメント

ごめん

2003年04月08日 | か行 日本映画
小学6年生七尾セイ、男になったでー。お汁が出たんや。なんや知らんけど、勝手に大きなって、自分の言うこと聞いてくれへん、この僕の一部・・。好きな女の子の前だと、大人しいんやけど、ぶっさいくなこーの前だと元気になるねん。ふっしぎや。 てなことで、おかあちゃんにはちょっとわからん男の子のきゅんとなる気持ち。それにくっついてくる、生理的現象をこうまで描いたものはなかったでしょうね。脇にいた中年の男の方が . . . 本文を読む
コメント

グレースと公爵

2003年04月08日 | か行 外国映画
1789年、フランス革命が始まり、怒涛の数年が過ぎていくのだが、その怒涛の時間を一人のイギリス人女性から見た過程がこの映画だ。非常に興味深く、楽しみにしていた。200年前のパリをどこまでも忠実に再現するために考え抜かれた絵画との合成、その徹底振りも見事だ。 1790年、昨年のバスティーユ陥落から1周年のお祭り騒ぎの頃、王の従兄であるオルレアン公フィリップがイギリスから戻ってきた。かつての愛人グレ . . . 本文を読む
コメント

チョムスキー9・11

2003年04月08日 | た行 外国映画
ノーム・チョムスキーというMITの言語学の教授、ベトナム戦争以来のアメリカの外交政策を批判し、その言論と活動を記したドキュメンタリー。2001年9月11日、あの日以降の世界の行く道を静かに示唆している。 恥ずかしながらこの人物のことをよく知らなかった。ほんの名前だけ。それがほとんどの人の認識度だと思うのだが、そうであるということ自体が彼の人間性だし、世の中だと思う。体制におもねって生きることは楽 . . . 本文を読む
コメント

星に願いを

2003年04月03日 | は行 日本映画
青島かなは函館の病院に勤める元気印の看護婦。ちょっと破天荒だが、患者にとっては最高の看護婦。もうあきらめてしまうような患者にも体当たりでぶつかっていくエネルギーがあった。そんなエネルギーをもらって奇蹟の復活をした元患者の天見笙吾。事故で目と声を失い、生きる気力もなかった彼を励まし、叱咤し、立ち上げたのも彼女だった。 看護婦と患者という立場だった二人はいつしかお互いになくてはならない存在となってい . . . 本文を読む
コメント

スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする

2003年04月02日 | さ行 外国映画
軽い精神病患者の集まる社会的施設のようなところ。精神病院からはひとまず退院したが、まだ一般社会には少々入りがたいような人たちが生活している。そこに一人のハンサムさんがやってきた。デニス・クレッグ。母はスパイダーと呼んでいた。ぶつぶつとわけのわからないことを口にし、何かひたすらに書き込んでいる。 母を亡くしたデニスはその経過を自分の記憶をたどって見直していく。優しかった母、父親に嫉妬している自分、 . . . 本文を読む
コメント

シャーロット・グレイ

2003年04月01日 | さ行 外国映画
フランス語に堪能な女性、シャーロット・グレイ、汽車で一緒になったお役人からパーティの誘いを受ける。そこで知り合ったハンサムな英軍パイロットのピーター。二人はあっという間に恋に落ちた。しかし、ピーターの休暇はすぐ終わり、彼はドイツ軍占領下のフランスへと旅立った。 何かできることはないか、彼のいるフランスに行きたい、そんな思いで彼女は堪能なフランス語をいかせる連絡員(スパイ)となる。そこで見たものは . . . 本文を読む
コメント