迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

恍惚

2005年05月30日 | か行 外国映画
夫の誕生日にサプライズ・パーティを計画するブルジョアの妻・カトリーヌ。豪華なパーティ、お酒、ごちそう、プレゼント。しかし、夫は帰ってこなかった。偶然知った、夫の浮気。結婚して、30年近くにもなりそうな夫婦。会話もない。セックスレスだ。30年もたって、いまだアツアツで、恋人のような夫婦の方が滅多にないと思うが・・。 やるせない気持ちをどうしたらいいかわからないカトリーヌは、会員制の高級娼婦のマルレ . . . 本文を読む
コメント

今年の運動会

2005年05月29日 | 日記
爽やかな五月晴れの中での運動会。良かった、良かった。天気も良かったし、見てるほうはちと日差しがまぶしかったけど・・。 2年と5年の兄弟はどっちも赤組。応援歌の練習もケンカがなくていい。おまけに勝利でホットしました。 2005年の運動会 . . . 本文を読む
コメント (2)

原 一男氏 来フォーラム

2005年05月23日 | 映画  夜話
「またの日の千華」 . . . 本文を読む
コメント

ザ・インタープリター

2005年05月23日 | さ行 外国映画
マトボ共和国というアフリカの小さな国で起こった民族対立から始まった大量虐殺。この国の大統領・ズワーニに、責任が問われるが、彼が国連の総会で演説をすることになった。世界の注目が集まるのは当然。彼の暗殺計画を、ある女性が偶然に聞いてしまった。それは、国連通訳(インタープリター)のシルヴィア。実は、このマトボ共和国こそ、彼女が幼い頃に過ごした国。そして、家族を失ったところ。    要人警護にあたるシーク . . . 本文を読む
コメント

蔵王のお山

2005年05月23日 | 日記
子供会の行事というものがある。わかる人は、うんうんとわかってくれると思うが、結構大変である。今年は子供会の役員なので、いろいろとやらないといけない。3回目の役員で、後は、ちびすけの4年のときに1回残っているか・・。まあ、頑張りましょう。 夏にキャンプをしようという事で、蔵王でやる事になった。今はロッジの施設も整っていて、そんなに大変ではない。その下見をしようと、久しぶりに蔵王のお山に行ってきた。 . . . 本文を読む
コメント (4)

またの日の知華

2005年05月22日 | ま行 日本映画
知華という一人の女性の半生を、4人の女優が時代順にそれぞれが描く今までに見なかった手法。人生の転機や、変化は必ずつき物のはず。そのとき、そのときに応じて、年代も持ち味も別々の女優が演じた。 体操の選手だった知華は、東京オリンピックの予選の全日本選手権で失敗し、選手を断念した。幼馴染の良雄と結婚するが、実は、彼は腹違いの兄妹なのでないかとの疑いが晴れなかった。中学校の体育教師をしながら、子育てを続 . . . 本文を読む
コメント

いろいろ

2005年05月21日 | 日記
今週は、1年生の研修旅行があったので、少々時間があった。こういう時にまとめて見てしまわないと、見逃してしまうので、自分に見ると使命を課した。ばっかみたい。 で、観た、見た、みた。総数8本。おまけに明日も1本予定しているので、一週間で9本だよ・・。ちょっとやばいっす。で、頭の中がぐちゃぐちゃ。とりあえず見たけど、記憶の回路がショートしている。評もおっ就かない。やっぱ、それなりの適量というものがある . . . 本文を読む
コメント (2)

イブラヒムおじさんとコーランの花たち

2005年05月21日 | あ行 外国映画
60年代初頭のパリ、ユダヤ人街のブルー通りに住むモモは、母に捨てられ、笑うことを忘れ、父と二人でつましく暮らしていた。街の雑貨屋の主人を、父はアラブ人と呼んだ。アラブ人の店だ、盗んだって大した事ない。お使いに行っては、ポケットに小さなものを入れていた。 ある日、アラブ人は、モモが考えていた事を見通すかのように言った。「アラブ人じゃない。黄金の三日月地帯の出身だ。」なぜ、自分が考えていた事がわかっ . . . 本文を読む
コメント

デンジャラス・ビューティ2

2005年05月19日 | た行 外国映画
捜査のためにミスコンに出てしまったFBI捜査官のグレイシー。すっかり面が割れて、現場に出る事が困難になってきた。エリックにもふられて、これからどんな道を選ぶ?グレイシー! 面が割れてしまったのなら、それを利用して「FBIの顔」になってもらおうではないか。何かと国民の嫌われ者のFBIですから、人気者はうまく利用しないと。そうだ、今までのグレイシーのままではいけない。お肌も整えて、ファッションにも気 . . . 本文を読む
コメント

ハイド・アンド・シーク その他

2005年05月19日 | 一言映画群&おしばい(ゲキシネ)
「ハイド・アンド・シーク」・「クローサー」・「真夜中の弥次さん喜多さん」・ . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (2)

40過ぎると・・・

2005年05月17日 | 日記
いろいろガタがくる。嫌でもくる。若いふりしててもくる。 どこに来たかというと、【歯】!痛い。歯がしみる。GWの遠出の頃から、左下の20年も前に詰めたところが痛み出した。あぁあ!疲れてるからではないかとか、もっと磨いてとか、色々やってみたが、やはり痛い。これはやはり歯医者に行かねば・・・。 小さい頃、虫歯だらけだった私は、異様に歯医者が苦手。あんまり嫌で、将来歯医者になって、私を痛めつけた事に対し . . . 本文を読む
コメント (2)

天井桟敷の人々

2005年05月13日 | た行 外国映画
いつものように幕が上がる。天井桟敷の人々が待つ芝居の舞台が始まる瞬間だ。 19世紀、パリ犯罪通りの片隅、フュナンピュール座の無言劇の口上。道化師の扮装をしたバチストが、美神ガランスと出会う運命のシーン。役立たずとバカにされてきたバチストの、パントマイムの才能が開花する。彼の人生のスタートボタンを押したのが、ガランスだ。いかがわしいモデルの仕事を捨てたガランスも、フュナンピュール座の一員となる。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

ガンダム

2005年05月12日 | 日記
息子が作った初めてのプラモ。 . . . 本文を読む
コメント (2)

海を飛ぶ夢

2005年05月10日 | あ行 外国映画
ラモン・サンペドロは生きていた。その生き方は壮絶で、静かで、ひっそりとしたものだったが、彼には自分の生き方がどうしても受け入れられなかった。四肢の不自由。26年前の事故によって、ベッドに横たわったままの半生だった。 生きる権利もあるのならば、死ぬ権利もあるのではないか。自分にとって、これまで生きてきた事は権利ではなく、義務だった。義姉に面倒を見てもらい、家族に包まれて生きてきた。しかし、未来はあ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

サイドウェイ

2005年05月10日 | さ行 外国映画
英語教師のマイルスは、かなりのワイン通。カリフォルニアのワインロードで、ワイン三昧をするのが夢。そして、悪友のジャックと夢がかなった。プレイボーイのジャックは一週間後に結婚を控えており、その前にハメを外そうと意気込んでいる。マイルスは、妻と離婚して2年経ってもまだ立ち直れていない。二人の目標はワインと女性に変わりはないのだが、マイルスのいつまでもうじうじの態度に、ジャックは、やきもきする。 レス . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)