迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

映画レビュー

2004年11月29日 | 映画  夜話
まるでPCの素人だった私が、何でHPなんかを作ろうと思ったか。 周囲にいた人、と言っても少数だが、映画の情報を配信してくれたら、ありがたいといわれて、メルマガを出そうとした。そしたら、一番わかりやすいメルマガの出し方を見ても、HPがいると書いてある。んじゃ、HPがないと、という事で、作ったのが最初。 2000年のレビューがあったから、きっとそれから始めたのかなあと思い返す。何本分書いたのかは不明 . . . 本文を読む
コメント

ハウルの・・・なんだっけ

2004年11月23日 | 映画  夜話
宮崎駿の新作。上映されれば、国民行事のようにみなが見る。映画を見ることは私が強く強く言ってることなので、嬉しい限り。でも、なんか違う。どこかなんか違うような気がする。 小さな子供に見せなければならない。これを見せるのが当たり前、のようになってないか。そうしなければならない、という、なんかしっくりこないものを感じる。 初日にどわーーーッと見に行く。中身なんか関係ない。とにかく見るわけだ。 見て . . . 本文を読む
コメント (1)

誰にでも秘密がある

2004年11月23日 | た行 外国映画
美人の三姉妹(正確に言うと、下に弟が居るので四姉弟になるのだが)、それぞれ愛の悩みを抱えていた。長女はダンナと倦怠期。ダンナいわく「妻とは近親相姦みたいで、その気になれない」!含蓄のある言葉です。 次女はお堅い文学少女で、いまいち恋愛にのめりこめない。でも愛に飛び込む勇気がちょっとないだけで、気持ちは充分あり。ジャズシンガーの三女はイケイケ娘。今の彼氏はどうにも物足りなくて、ふったばかり。自分に . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ハウルの動く城

2004年11月23日 | は行 日本映画
がやがや町に住む、帽子屋の娘・ソフィーは、せっせと帽子作りに励んでいた。派手な妹はお菓子屋の売り子で、男性客の人気を集めている。この町の周りの丘に住む魔法使いハウルは、美しい少女を誘拐し、心臓を取っちゃうと評判だった。でも、ソフィーは心配していない。 ある日、荒地の魔女の不興を買い、ソフィーは突然90歳のおばあちゃんにされてしまう。うちにはいられないと思ったソフィーは帽子屋を後にする。そして、丘 . . . 本文を読む
コメント

モーターサイクル・ダイアリーズ

2004年11月22日 | ま行 外国映画
23歳のエルネストは先輩で友人のアルベルトとともに、おんぼろバイク・ノートン500を駆って、南アメリカ大陸横断という旅(暴挙)に出る。金もなければ計画性もまるでなし。でも、何かがあった。彼らを突き動かす熱情があった。 口八丁のアルベルトのおかげで寝床も確保(?)、喘息もちのくせに無謀な行動が絶えない。でも愛すべきエルネストの正義は、人々をひきつける。時には喘息の発作で生死の境をさまよう。インディ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

晩酌

2004年11月19日 | 日記
晩酌というよりも、キッチン・ドランカーと言った方が正しいかもしれない。 酒は大好き。特にビール。あっついとき、ごきゅごきゅやるあの冷えたビールに勝るものはこの世にあるだろうか。ない!夕ご飯の用意をしつつ、火なんか使った日にゃ、片手にビールがなきゃ、やってられっかいみたいな。 今年の夏も、いっぱい消費させてもらいました。ご馳走様。 急に気温が下がって、そろそろ冬。でもやっぱビールはやめられん。ご飯 . . . 本文を読む
コメント

車検

2004年11月17日 | 日記
今日は車検の日。これで3回目の車検。すでに走行距離は8万キロを越えて、次の車検までには軽く10万キロは越えてそうだ。 一番最初に買ったというか、手に入れた車は、超高級ボロぐるま。すごかった。まずフェンダーミラーが一個ついてなかった。これは廃車置場に行って、似た臭い車から取り外して、付け替えた。これッてヤバイかしら。でも20年以上も前のことだから勘弁して。 クラッチが完全にいかれてて、クラッチ離 . . . 本文を読む
コメント (1)

キャット・ウーマン

2004年11月17日 | か行 外国映画
化粧品会社の宣伝部につとめていたペイシェンスは、ある日会社の秘密を知ってしまったことにより、無残に殺されてしまう。でも、でも、でも、神秘の猫の力によって、黄泉がえる!!キャット・ウーマンとして。   てなことで、名画(と私は思っております)「バットマン」のサブ・キャラクターのキャット・ウーマン。完璧な正義のヒーローじゃない。バットマンもダークな正義のヒーローだけど。猫みたく、気まぐれで、しなやかで . . . 本文を読む
コメント

ブログとはなんぞや

2004年11月16日 | 日記
最近、いろいろなサイトでお目にかかる「ブログ」。一体なんなのかよくわからないでいた。 少々時間のあった今日、じっくり見てみる。 ウェブログの略だったことが判明。こんなことすら知らない私が、果たしてこれを使いこなせるのか。 まだまだ試行錯誤状態です。 ゆっくり、じっくりやっていきましょう。 . . . 本文を読む
コメント

シークレット・ウィンドウ

2004年11月15日 | さ行 外国映画
作家のモート・レイニー。小説の執筆は進まない。妻には浮気され、離婚協議の真っ最中。惰眠をむさぼる毎日だったが、ある日、突然、見も知らない男が訪ねてきた。昔、書いた短編小説が盗作だと言いがかりをつけてきた。 それ以来、自分に周辺で次々と変事件が起きる。それはきっとジョン・シューターと名乗ったあの男の仕業に違いない。弁護士を雇い、盗作ではないことを証明しようとするが、それを阻止するように、問題が起き . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

血と骨

2004年11月08日 | た行 日本映画
大正12年、済州島から大坂に向かう船の甲板は、たくさんの人で埋め尽くされていた。皆、希望に満ちた目をしている。大きな夢を抱いて日本に、大坂にやってこようとする朝鮮半島の人たちだった。その中に一人の青年がいた。金俊平。並外れた体力と、才覚、執念、貪欲。彼の生き方は、否応なしに周りを引き込んでいく。 ほとんど手込め状態で妻にした英姫は、俊平に対する憎悪が生きるエネルギーになっているようだ。カマボコ工 . . . 本文を読む
コメント

モンスター

2004年11月04日 | ま行 外国映画
アメリカ初の女性連続殺人犯、アイリーン・ウォーノスの半生を描いた衝撃の問題作。 平凡な未来を夢見ていたごく普通の少女。でも、何が彼女をこんな道に導いていったのか。親か、自分か、周りの環境か。10代で娼婦となり、その性分はすでに染み付いてた。愛なんか知らない。最後に稼いだ5$を使ったら、死んでやろうと思っていたとき、一人の女性とであった。彼女は同性愛者。リーにその気はなかったが、セルビーは初めて自 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

僕はラジオ

2004年11月01日 | は行 外国映画
アメリカ、サウスカロライナにあるハナ高校。ラグビー部コーチで、運動部主任のハロルド・ジョーンズ先生は、地元の高校を支援するひとたちの絶大な支持のもと、練習を重ねていた。でも、ラグビー部に力を注ぐあまり、家庭ではちょっと形無し。娘と話をする機会もあまりなかった。 街をいつもカートでうろついている若者がいた。無口な黒人の青年。拾ったものをカートにいれ、胡散臭そうに思われていた。ある日、その若者とコー . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)