やまがた好日抄

低く暮らし、高く想ふ(byワーズワース)! 
山形の魅力や、日々の関心事を勝手気まま?に…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一陽来復

2017-02-06 | やまがた抄


節分も過ぎ、病院へ向かふ先の空は、驚くほど光りが増してゐました。
雪のない正月でしたので、気を抜いてゐたら連日のドカ雪になりました。

この冬は、クリスマスも年末年始もなく、病院通ひでした。
12月の中旬に義父が倒れ、入院した病院で症状が悪化し、急遽県立の病院へ転院し、年末年始は死の境を彷徨ってしまひましたが、なんとか命の危険は脱し、ひと安心と思ったら、我が家の老婆が施設先で倒れ、緊急入院ー。

一応、検査入院でしたので退院のメドもつき、一月半ほどの病院通ひも終りさうです。

認知症の老人3人を我が家で同居させる手筈はないものだらうか、と話してゐましたが、医師やケア・マネイジャーに相談しても現実的には難しいだらう、との判断で、家人の涙ながらの苦渋の選択を選びました。

一時的に空き家になってしまった実家へ休みごとに除雪に行き、施設に顔をだし、帰りの車のなかで、現実の厳しさに涙があふれます。

一陽来復ー。
この言葉に支へられて、この20年近くを過ごしてきました。
いろいろとあっても、最後には一条のひかりが射すー。

まだまだ、問題は山積してゐますが、明るくなった日差しに委ねたいと思ひます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初冬

2016-12-04 | やまがた抄


先日、東京の友人から柚子が届き、ああ、そんな季節か…、と季語のやうに師走に入ったことを知る。

早速、採れたての我が家の大根とで酢漬けで食す。
柚子って、ほとんど主役にはならないけれど、絶妙な脇役ー。
そんな、人生がいいー。

久しぶりのなにもない連休でしたので、大根とニンジンをすべて堀りあげ、一部は地中に埋め、目印をつけ、来春のために畝を耕し、雑草も取り、終日畑仕事ー。

今年の畑作業もほぼ終了です。

今年は、まだ暖かく、雪の気配がないのですが、たまたま見かけたカマキリの巣が結構高いところにあったので、存外豪雪になるのかもしれません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中島みゆき

2016-11-26 | 音楽を


11月なのに、関東ではそれなりの積雪があったとかで、でもまだ山形ではとても冷え込んだ日が続いてゐます。
なんとか、漬物用の大根を掘り、いつものやうに干してみました。
サイズ色々ですが、まあ素人はそんなものー。



先日、NHKのSONGSで中島みゆきを特集してゐました。
新聞のコラムなどでも、たかく評価してゐましたが、小生も視てゐて久しぶりに感動しました。

確か、初期のころの、一寸暗く、傷つきやすい女性像をとてもセンシティブな歌詞で歌ひ上げてゐたLPやCDはいくつかあったやうに思ひますが、SONGSでの彼女の姿は、まるでドラクロアの戦ふ女神のやうに、強くメッセージを放ち、人生の応援歌をケレン味なく歌ひ上げてゐます。

はて、いつからこんなにチェンジしてしまったのかしらん、と思ってもゐましたが、その豊かなメロディを堂々と歌ふ姿には、オジサンもすっかり感動してしまってゐます。

中島みゆき #09「宙 船 (そらふね)」[最高最強のデュオ]【HD】



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶり!

2016-11-13 | やまがた抄
まだタイヤ交換もしてゐないのに、発達した低気圧のせゐで初雪に見舞はれ、高をくくってゐたら存外道路にも積雪し、夏タイヤのままでヒヤヒヤの通勤をしました。

それでも低気圧一過、さはやかな晩秋の姿になり、庭には白玉ツバキが一輪花をつけ、近くの山は紅葉が美しい。






福島へ移住したかつてのサークルの会長から、数日前、突然メールが来た。
山形のさる文化祭のスタッフとして手伝ひをしてゐるから顔を見せなさいー、といふ。

丁度休みでしたので、会場へ行くと、お元気な姿に逢へました。
かつて、埴谷雄高の『死霊』の全編(!)を読むといふ、壮大で無謀な会でしたが、まったく訳がわからないままに、けれど最後まで皆で読みきりました。

場内を案内されてゐると、小生を呼ぶ声がある。
あれー! と驚くと、この間芋煮会でお会ひした新聞社の方。
そしてまた、別の会で一緒だった方もスタッフで来られてゐて、数年ぶりや7.8年ぶりの方々がずらりー。
少なからず、どこかで繋がってゐるやうです。

久しぶりの邂逅に話がはずみ、まずは忘年会をしやう、といふことになり、そして、高齢化する一方のメンバーがクタバル前に、まう一度『死霊』の再読破に挑まうかー! といふ話にもなり、暫くギア・チェンジをしてゐなかった小生のこころにかすかな動きが出てきさうです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立冬過ぎて

2016-11-08 | やまがた抄
忙しい仕事の合間の休日は、雑用やら老母や小生の病院通ひやらで追はれ、それらもひと息ついたら、はや11月ー。

知らぬ間に日本に根付いたハローウィンが終ったら、まう、クリスマス・ケーキをどこで買ふか、といふ話題が出始めてゐる。残りのカレンダーもあと一枚ー。

今年の春先、ひと冬をなんとか乗り越へた絹サヤとソラマメの小さな芽を、”雑草かと思ったー”といふ老母にことごとく抜かれてしまひ、言葉もなくして、仕方がなく代理のスナップエンドウを急きょ蒔いたけれど、やはり軟らかい絹サヤが食べたく、10月の中旬に、グリーン・ピースとともに種を蒔いた。



”みぞれが降り出しさうな直前がいいんだよー!”といふアドヴァイスも頂いたけれど、毎日空を観察できる余裕もなく、芽がでないよりはー、と思って蒔きましたが、3種類とも、ここにきて小さな芽を出してしまった。

果たして、これからの長い雪の季節を乗り越へられるのか、不安だらけですが、なんとか半分でも春まで生き延びてほしい、と願ふばかりー。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加