やまがた好日抄

低く暮らし、高く想ふ(byワーズワース)! 
山形の魅力や、日々の関心事を勝手気まま?に…。

梅を採る

2016-07-17 | やまがた抄


隣家の方が、”梅、採らねぇか?”といふ。

とても大きな梅の樹には、見事な実が鈴生りです。
いつもおすそ分けを頂いたり、落ちた実を拾はさせて頂いてました。

”まう、上がれないからー”といふ。

数年前に倒れ、身体の一部にマヒが残り、とても高所作業は無理で、”全部採ってけろー”といふ。

我が家の畑の隅にも、若木の梅の樹があるのですが、昨秋剪定をし、この初夏にはそれなりに採れたのですが、如何せん知れた数で、妙な期待をした家人をガッカリさせてゐました。

休みの日にー、と許可を頂き、やっと梅を採りました。
梅の樹にかじりついて実を採る、なんて子供の頃以来、でした。

まるで葡萄の房のやうになってゐる枝先から、面白いやうに実を落としました。

粒のそろったよい実です。
美味しい梅干になるのを期待してゐます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミカン箱で

2016-07-10 | やまがた抄
先日、親戚や友人へ”紅秀峰”の桜桃を送って、今年の桜桃の季節も終ったな、と思ってゐたら、親戚からドッと届いた。

ミカン箱いっぱいー!



小生も、その親戚の果樹園でもぎ方を手伝ったこともあるので、大量の桜桃を見たことはありますが、ミカン箱で頂いたことは初めて、です!

なんでも、今年は豊作で、値崩れを防ぐため、また生ってしまったものは摘み取らないと樹が傷むため、作業小屋には廃棄寸前のものが大量にあるらしいー!

なんだか、山形ならではの、一寸悲しい話です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見直し、ました

2016-07-08 | 音楽を
ベートーヴェンの9曲の交響曲のうち、3番だけは昔から苦手でした。
4番以降の、すべてに充実した作品群は勿論のこと、初期の1、2番も初々しさがそれなりに素敵で、けれどその狭間の3番だけは、勿論色々な名演には感動するものの、作品としては妙に頭でっかちな感じで、ずっとさう思ってゐました。

ところが、英国のBBC放送のドラマをみてすっかりウロコが落ちました。

Beethoven's Eroica - A film by Simon Cellan Jones - BBC 2003 (HD 1080p)


一時間半ほどのドラマが、ほとんど同時間的に進行する。
ベートーヴェンが、パトロン達の前で、3番の交響曲を初披露をするといふドラマです。

45分ほどの曲は、一切の省略なく演奏されます。
英語の(当然ですがー)セリフがとても早くて難儀しますが、でも嬉しいことに英語のテロップがでるので、なんとか話はわかります。

ベートーヴェン役の俳優が容姿ともにとても素敵で、また、きっと世界で最初に3番の交響曲に立ち会った人たち(パトロン達であったり、伯爵であったり、執事であったり、館のメイドたちであったり、そして、最後にはハイドンがでてきますがー)の、驚きやこころの揺らぎの演技がとても素敵です。

そしてなによりも、演奏を提供してゐるガーディナー指揮のオルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティックの演奏がぶっちぎりで素晴らしい!

まさに、出来立てホヤホヤの3番の、斬新さと不完全さを鮮烈にさらけ出してゐます。

ガーディナーといふ指揮者の演奏に逢ふと、必ずウロコが2、3枚が剥がれますが(バッハしかり、モーツァルトしかり、ベートーヴェンしかり、ブラームスしかり、シューベルトしかりー)、この演奏も当時はかくあらんといったスタイルでとても楽しませてくれます。

興味のある方は、ぜひ一見をー。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花

2016-06-30 | やまがた抄


桜桃シーズンで忙しかった6月もつごもりとなり、気がつけば庭で紫陽花が咲き始めてゐた。

昨年までは強い日差しに晒されてゐましたが、すっかり成長したタラの樹の葉陰で、なんだかとても気持ちよささうに色をつけ始めてゐた。

先週は山へゆくつもりでしたが、義母の具合が悪く、様子見で終ってしまひ、娘や孫たちはどこかへ一日キャンプに行きたいから予定を取ってー、等々あるのですが、思ふにまかせず、仕事と畑の世話で6月が終ってしまひました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさに…

2016-06-15 | 畑仕事
はや六月も中旬になってしまひ、早くも山形地方も梅雨入り、だとかー。

先日、孫たちが遊びに来たときに、ニンジンを抜かせろ、といふ。
昨年だったか、孫娘と一緒に間引きをしたのですが、”とても面白かった!からー”といふ。
なるほど、4、5センチのミニミニ・ニンジンをヒョイヒョイと抜くのは、子供にとって楽しいことなのかもしれません。

ただ、間引きは先日小生が終へたばかりだったので、代はりにジャガイモ掘りはだうだ! といふと即決で承諾。
試し掘りで数株掘ってみた。

まだ種芋の畝は早いので、昨年の残り芋の部分でしたが、結構出来てゐました。



早速コロッケにして食しました。


タマネギも何とか採れ(200個目標でしたが、結局150個前後でせうかー)、苗たちも順調に生育ーと思ひきや、畑に異変が続出ー!

最初はナスの苗が枯れ、次はグリンピースが枯れだし、スナップ・エンドウも数株枯れだし、今日はカボチャの苗が一株ー。

スナップ・エンドウやカボチャはまだ他の苗があるのですが、グリンピ-スは昨年の初冬からなんとか生き残った二株のひとつですし、ナスは種から育て2ヶ月以上かけてやっと十数センチになったものを3本ー。

原因は、地下の住人ー。
モグラか野ネズミかー。すでにナスも4株を新たに植ゑ足しましたが、まさにモグラたたきの様相で、彼らの次なるゲリラ作戦に、オジサンは戦々恐々の毎日ー。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加