やまがた好日抄

低く暮らし、高く想ふ(byワーズワース)! 
山形の魅力や、日々の関心事を勝手気まま?に…。

大江町

2016-08-16 | やまがた抄
今年は仕事先が例年になく忙しく、身体を休めるのが精一杯で、更新もままならずー。

そんななか、最近すっかり”花火大会”にはまってゐる娘の案で、昨年に続き、今年は大江町の花火大会へー。

混み出す前の3時ころにビュー・ポイントといはれる橋の付近に場所をとり、若者で賑はってゐる旧い町並みへー。



仕事や山菜取りやテニスや温泉入浴やらで、ずゐぶんと訪れたところですが、ゆっくりと歩くのは初めてで、かつては紅花運搬の中継地として賑はったといふ片鱗が威風堂々と残ってゐる。

かつては、荒くれ男達のための色町もあり、初夏にはヒメサユリの可憐な花が咲き、荒縄で持ち帰るといふ固い豆腐も有名で、なにやかにやと小生の好きな、小さな街です。

陣取った場所が絶好の場所だったのか途中で疑問が生じるほど、実は、三ヵ所から花火があがり、首が痛くなるほどでした。



独特の色合ひのある花火大会で、街のすぐそばで大輪の花が咲き、街の人達も十分に承知してゐて、皆、庭先や玄関先にテーブルを持ち出し、ビールを飲みながら一夜を楽しんでゐました。

きっと、年に一度の賑はひの夜を、地元の人も楽しんでゐる風情でした。

秋になったら、静かに歩いてみてもよいかな、と楽しみが出来ました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続々…

2016-08-07 | 畑仕事


お盆休みで泊まりにくる孫たちにスイカ割りをさせたく、畑のなかで我慢してもらってゐましたが、如何せん猛暑続きで割れだしてしまひました。
ことし2個目、です。
すでに完熟の小玉スイカは、とても美味でした。



先日、トウモロコシをもぎにきた娘がメロン食べてみたい! といふのでそれらしいのを採ってみましたが、ウム、甘さはあるもの、すこし早かったやうです。

畑のなかで、唯一手をかけてゐないのがメロンで、苗を植えビニールをかけただけです。
人工で受粉もほとんどしてゐないので、現在も数個の姿がツルの間から見へるだけー。
といふよりも、実は育て方がよくわからないのです。

そして、先日麺を頂いたので、天ぷらそばと思って、ゴボウを抜いてみました。



隣家のオバチャンから、プロ技のゴボウの育て方を教えていただいたのですが、今年はすでに時遅しで、種蒔きのときに高畝にはしたのですが、それをはるかに越えて、推定5,60センチにはなってゐる気配ー。

天ぷら用に、グリグリと力任せに抜いたのですが、生のゴボウはとてもやはらかく、2本とも途中で折れてしまひました!
それでも、真っ白で、しゃきしゃきとしたゴボウの天ぷらが食べられました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶美

2016-08-04 | 雑記


片付け方をしてゐたら、ファイルから写真が落ちてきた。
死んだ愛犬の写真と(確か、デジカメで保存したときのものー)、何故か、大きな碧い傘ー。

クリストの『アンブレラ・プロジェクト』の写真でした。
ネガなんて、どこへいってしまったのかー。

四半世紀前、日本でおこなはれたクリストの壮大なプロジェクトでした。

在関東のころ、確か、その前から、急にクリストの作品集や作品写真展が目に付き、色々と見にゆき、市庁舎を布で覆ひ、橋を布でくるみ、谷を大きな布でカーテンし、島を布で囲ふ、といった壮大で非日常的な彼の実験に度肝を抜かれ、ただそれらも、きっと十年単位の準備期間と膨大な費用をかけても数週間程度で跡形もなく消えてしまふ。
その刹那な芸術に、こころ動かされてゐました。
そんななか、日本でプロジェクトをする、といふ話を聞き、なるほど幾つかの展覧会等はその資金集め(彼は、基本的に、その費用を自前でまかなふ)のひとつだった、と合点する。

山形に移住して、東京の知人から”クリストのアンブレラ・プロジェクトを見にゆかうー!”と誘ひがあり、一も二もなく見に行きました。アメリカと同時開催で、両国で3万本の巨大な傘を立てる、その日本側のプロジェクトー。

確か台風が横を過ぎたあとで、茨城の田園地帯の傘は安全のためにたたまれてゐたのが多く、それでもあちらこちらに車を移動させると美しい巨大なブルーの傘が並んでゐました。

その違和感と非現実性と非日常性ー。
とても美しい景色でした。

おそらくクリストは、黄金色の田園地帯に蒼の傘を立てたかったのでせうが(アメリカの傘は黄色でした)、勿論所有者達の了解はとれず、やむなく、刈り取り後でOKしたのでせう。

叶はぬ夢ながら、その黄金対色の景色は、失神するほど美しい景色になったと思ひます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨もあけて…

2016-07-30 | やまがた抄
カッと暑くなった、と思ったら、山形でも梅雨があけた(と思はれるー)といふ。

仕事の日には、水やり程度しか出来ず、休みの日は朝早くから整理整頓や草取りに追はれる。

トマトの無駄な枝を落としてゐたら、カエルがちょこんと乗ってゐた。
カメラを向けたら、後ろを向いてしまった。



雑草たちの、執念とも思へる繁殖力に敬服しながら、2時間たっぷりと汗をかく。
朝からの強い日差しに、熱中症の心配をして作業を止め、実った野菜を採る。



キュウリ、ナス、トマト、オクラ、ピーマン、トウモロコシー。

畑からの、ささやかな収穫に感謝する。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

始まったー

2016-07-25 | 畑仕事


オクラが二つ、三つと目に付きだしました。

まだ背はそんなに高くはなってゐないのに、一寸採らないでおくと、10個以上になってしまふ。
まあ、全部で5、60本分育ってゐるので、単純に一本にひとつ生ってもそんな数になりますがー。
数年前の失敗から多くを学び、種まきの時期を慎重に選んだら、今年は数日で発芽し、みな元気に育ちました。

娘曰く、”オクラ地獄”の季節の始まりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加