迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ラッシュ プライドと友情

2014年02月10日 | ら行 外国映画
1970年代に活躍したF1ドライバー、ジェームズ・ハントと、ニキ・ラウダの戦いを、丹念に忠実(たぶん)に描いた作品。F1ドライバーと言うと、やっぱセナに尽きる。と言うか、ほとんどセナしか知らない。セナを追った「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」は、涙なくしては見れませんでした。

セナのことじゃなかった。さて、この二人。まったく対照的。ハントは豪放で、やんちゃ坊主がそのまま大人になったような男。それがそのままドライビングに表されている。一方、大金持ちのお坊ちゃまでありながら、F1に魅了され、精密機械そのもの、綿密に計算した上でハンドルを握るニキ・ラウダ。

物語でも書けないようなまったく違った二人が、同時期に活躍した!ということはものすごいことだと思う。この二人のことをまったく知らなかったが、これはいい物語になるでしょう。

車が走っているシーンは、すごい迫力。これはやはりスクリーンで見るべき映画でしょう。とにかく内臓に響いてくる爆音は、ぜひとも体感していただきたい。

ただ、物語はと言うと、友情!!と言うほど、二人のものすごい絆を感じさせる部分も薄く、どっちかと言うと、ニキ・ラウダの信じられない復活劇がメイン。ただ、人間的にニキはとってもマジメすぎて、あんまり面白みに欠けるもんで、これだけで物語はちょっと無理。とすると、二人の絡みが必然となる。でも、それほどの強い結びつきもあんまりない。

と言うことで、熱い男の友情物語・・・というものではなく、熱い車の爆走劇!を見るべき作品でしょう。とにかく走りはわくわくさせる。わずか1秒、いや、0コンマの世界の中で、いかに速く走るか!そのために、ありとあらゆる努力をつぎ込む人たち。すごいわ。

F1は相変わらず壮大な無駄なんじゃないか・・という気持ちには変わりないが、この技術が今あたしたちが乗ってる車にきっちりと応用されている。あたしの車はHONDAです。いかに速く走るかに、とんでもないエネルギーを注いでるけど、今や、車が向かうべき方向にもちゃんと向かっている。76年、オイルショックのあとだけど、きっと一番いい時代だったのかもなあ。そんな夢も感じられた。

実際の人物にとってもよく似ていた出演者たち。ダニエルさんなんか、つけ歯までしてた?きっと、大ファンも多く、実話なもんで、その辺はきっちりと手を抜かずにエネルギーを注いだんでしょう。ダニエルさんのうまさがとっても光ってた。

◎◎◎●

「ラッシュ プライドと友情」

監督 ロン・ハワード
出演 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール オリビア・ワイルド アレクサンドラ・マリア・ララ 

コメント (20)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 渡されたバトン ~さよなら... | トップ | ハンナ・アーレント »
最新の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく (AKIRA)
2014-02-10 18:05:48
F1は今でもセナです。(あの事故以来、TV観戦を離れちゃった。。)

ロン・ハワードはこういうの巧いですね~。
きっちりワクワクして興奮しました。

ウチはSUBARUです!
>AKIRAさま (sakurai)
2014-02-11 10:02:22
ですよね。
やっぱセナですよね、ってかセナしかほとんど知らない。

ぐわーーっともりあげて、Hも盛り込み、友情も、苦難もって言うのをてんこ盛りにする!ハワード監督の得意分野ですね。

SUBARUは、4駆ですな。
今年初の満点評価です (西京極 紫)
2014-02-11 16:48:18
あまり表面的な交流がなくても
ハントとラウダがお互いに意識している感じがよく表現出来ていたと思うんでうよね。
あまり作り過ぎないくらいの演出が一番好みなんです。

sakuraiさんHONDAユーザさんなんですね。
僕もHONDAユーザーです(笑)
どうか安全運転で!
スピード超過運転はラウダさんも非効率的だって言ってますから。
ナイジェル・マンセル (バラサ☆バラサ)
2014-02-15 13:51:07
がNo.1です。

ニキ・ラウダとジェームス・ハントは、F3時代から割りと仲良しだったとか。ニュルンベルグが豪雨でなかったようなとか。
色々脚色入っているようなので、もう少し思い切って、話に手加えても良かったかと思います。

ニキ・ラウダを完全無欠な理論派(スポックみたいな)にするとか。嫌味が多すぎる。

こんにちは (はらやん)
2014-02-16 08:47:16
sakuraiさん、こんにちは!

ラウダが事故から復活したというのは聞いたことはあったのですけれど、シーズン中だとは思いませんでした。
普通の人では考えられないことである種、レースに対して狂気のようなものがないとできないなと。
その狂気を共有できているのはライバルのハントだけだったのだろうなと思いました。
>西京極 紫さま (sakurai)
2014-02-16 09:55:15
その薄目の表現が、ちょっと物足りなかったな。
おおむね、男性陣には高評価なようですね。
おばさんですが、車の爆走は大好き。
走りのシーンは、興奮しました。

HONDAとTOYOTAをいったりきたり。
やっぱHONDA車の方が面白いですね。
今回車は、ネズミにやられました。。。。ショック。
>バラサ☆バラサさま (sakurai)
2014-02-16 09:57:17
ロン・ハワードですから、アメリカ贔屓の方にはなるんでしょうな。
ニキに表現に、ちょっと悪意が見えたかも。
>はらやんさま (sakurai)
2014-02-16 09:59:23
不屈の魂ってのは、こういうのを言うんですね。
超理論派の精密機械のようだったと言いながら、中は燃える男だったと。
いい時期にいいライバルがいたっていうのは、その人にとっても素晴らしいことだったと思います。
Unknown (mariyon)
2014-02-21 09:05:34
お久しぶりです~~、
忙しくなると、ミーハー根性でしか映画に行けないんですが、これは見てよかった、ほんと。
クリス君かっこよすぎ!

でなくて、こんな物語があったことにも驚きましたが
最後がフジってのもいいですよね。

でも、このニキの復活の話は、大昔、会社でむちゃくちゃなレースオタクの男の子が話してくれたような。。。
フジの大雨のなか、途中リタイヤしたんだって。。。

そんなことを思い出しながら、70年代のF1も楽しみました。
>mariyonさん (sakurai)
2014-02-23 09:15:40
ミーハー万歳。映画はミーハーにつきます。
私は、今ちょっと暇なんで、とにかく見まくってますが、さすがに見せ方はうまいですね。
勘どころがいい。
クリス好みのmariyonさんには、ぜひとも「ソー」を。
ロキさまにやられますますんで!!

コメントを投稿

ら行 外国映画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

ラッシュ/プライドと友情 (to Heart)
お前がいたから、強くなれた。 原題 RUSH 製作年度 2013年 上映時間 124分 脚本 ピーター・モーガン 監督 ロン・ハワード 出演 クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/オリヴィア・ワイルド/アレクサンドラ・マリア・ララ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/クリ....
ラッシュ/プライドと友情 (Akira's VOICE)
やる気スイッチ入りましたー!  
ラッシュ/プライドと友情  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリヴィア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ 【ストーリー】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング...
「ラッシュ/プライドと 友情」 極限での生き方 (はらやんの映画徒然草)
小学生の頃、スーパーカーブームが起こりました。 ご多分に漏れずスーパーカーに夢中
ラッシュ/プライドと友情 (試写会) (風に吹かれて)
宿命のライバルは神の恵 公式サイト http://rush.gaga.ne.jp2月7日公開 実話の映画化 監督: ロン・ハワード 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・
ラッシュ/プライドと友情 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年2月11日(火) 20:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 「あなたの、生涯の1本を塗り替える。」なんて煽るもんだから。 『ラッシュ/プライドと友情?』公式サイト 期待度MAXだったのが残念。 レース・シーンも迫力あ...
『ラッシュ プライドと友情』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェ...
ラッシュ/プライドと友情 (だらだら無気力ブログ!)
F1に興味ない自分でも十二分に楽しめる内容だった。
映画「ラッシュ/プライドと友情」 (FREE TIME)
映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。
『RUSH プライドと友情』をトーホーシネマズ府中5で観て、ニキ・ラウダかっけーふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★やるべきことを黙々とやるニキ・ラウダに痺れる】    ロン・ハワードは器用だ。 『コクーン』 『バックドラフト』 『アポロ13』 『ビューティフル・ ...
『RUSH』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
F1レーサーのお話。 1970年代。流行っていたような記憶があります。中嶋悟さんと鈴木亜久里さん。 それから、セナさん・・・ 1976年に日本の富士スピードウェイであったのですね。 ニキ・ラウダが映画の中で20%は死ぬと何度も言ってましたよ。 ニキ・ラウダとジェ...
ラッシュ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...
「RUSHープライドと友情ー」 (ここなつ映画レビュー)
この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念...
スピードを追い求める2人の (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。 壮絶なタイトル争いを繰り広げた F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント 性格もドライビングスタイルも正反対の2人の死闘とライバル関係を描く F1を描いた作品ながら、ラウダとハント 2人...
ラッシュ/プライドと友情 (いやいやえん)
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウ...
「ラッシュ/プライドと友情」 (或る日の出来事)
ふたりのライバルの生き方の対照が、よく出ている。
ラッシュ/プライドと友情 (Rush) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく...