代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主党の郵政改革案に関して

2005年08月30日 | 郵政民営化問題
 民主党の岡田代表が街頭演説で、「将来的に郵貯・簡保は民営化か廃止」とオバカなことを言ったそうです。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050829-00000008-san-pol  「こちらはどう解説していただけるのでしょうか?分かりにくくても結構なのでよろしくお願いします」というご質問をいただきました。  コメント覧でも回答したのですが、新しいエントリーで . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (5)

日中韓天然ガス共同体構想のことなど

2005年08月27日 | 東アジア共同体
 私が8月9日に書いた記事、「世界の親中化と日本の反中化」に対して、まうさんから核心的なコメントをいただきました。私も回答しておきました。  他の方々にも読んでいただきたく思ったので、新しいエントリーとして紹介したいと思います。  まうさんからのコメントは下記のようなものでした。 (引用開始) 日本も中国とは近すぎます。実際領土問題で紛争が絶えません。(しかけてくるのは常に中国です。理由は石油と . . . 本文を読む
コメント (10)

「松井は郵便配達人」 国営郵便事業に米国人は好評価!

2005年08月26日 | 郵政民営化問題
 大リーグの公式ホームページに次のような記事が載りました。ヤンキースの松井秀喜は「小さいけれども確実に仕事をこなす、あなたの郵便配達人のようだ。派手じゃないので気付かないかも知れないが、ちゃんと確実に毎日毎日配達されている」というのです。以下のアドレスです。 http://mlb.mlb.com/NASApp/mlb/news/article_perspectives.jsp?ymd=20050 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

反田中報道の影にもウォール街?

2005年08月26日 | 政治経済(日本)
 反田中知事の報道姿勢を貫く『信濃毎日新聞』の調査によれば、田中知事の新党代表就任について8月22・23日に県民に調査したところ、「反対」「どちらかといえば反対」で合計が79.2%に達したとのことです。 http://www.shinmai.co.jp/kensei/  まあ、「県政を放ったらかして何やってんだ」と、当然のことながら評判は悪くなるでしょうね。それでも田中知事には、知事ポストの喪失や . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

パット・ロバートソンがベネズエラ大統領の暗殺をテレビで呼びかけ!

2005年08月25日 | 政治経済(国際)
 ブッシュ政権の支持基盤であるキリスト教福音派のパット・ロバートソンがついにテレビで公然とベネズエラのチャベス大統領の暗殺を呼びかけたそうです。  以下「読売新聞」のHPより。 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050824i412.htm (引用開始)  米国の宗教右派を代表する「テレビ伝道師」パット・ロバートソン師が22日、反米路線をとるベネズエラ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)

新党日本と田中知事応援します

2005年08月23日 | 政治経済(日本)
 新党日本と田中知事を心から応援します(国民新党も応援します)。あれだけデカい声で、長銀の悲劇(それはつまり郵貯の未来の悲劇)を、ブラウン管を通して訴えてくれる田中康夫氏の登場は、久々の痛快事でした。  テレビの司会やコメンテーターが、田中知事の主張に対して、何とか「長銀」「米国」「外資」から話題を逸らしてもらおうと必死になっている様子が笑えます。(やはり民放各局にウォール街から資金が流れていると . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (1)

本日から一週間ほどブログの執筆を休みます

2005年08月13日 | その他
 本日から一週間ほどブログの執筆を休みます。しばらく選挙と郵政のことで頭がいっぱいになっていたら、自分の仕事が全く進まなくなってきたからです。  郵政問題について書きたいことはだいたい書きました。後は、マスコミの情報操作キャンペーンを打ち破る市民の皆様の良識にひたすら期待をするしかありません。  だいたい良識ある市民は、こんなインターネットの暗い世界に閉じこもっていないのでしょう。ですので、ここで . . . 本文を読む
コメント (2)

情報をねじまげ郵政民営化の本質を伝えないマスコミに抗議します

2005年08月13日 | マスコミ問題
 もはや日本のマスコミはなりふりかまわず、郵政をめぐる情報操作と露骨な小泉応援のキャンペーンを始めました。もはや私は絶望的な心境です。郵政民営化の背後にあるウォール街の意図を一切隠して報道しようとしないのです。  この露骨な選挙干渉によって、小泉が勝つ可能性は高くなってきました。きわめて残念なことであるとともに、私はこの国で生きていくことに対し、いまほど絶望的な気持ちになったことはありません。   . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (10)

連合の造反派支援に期待

2005年08月12日 | 政治経済(日本)
 やはり、亀井派と社民党の合併は無理そうだ。そんな中でよいニュースだったのは、限定的なところであれ、労働組合の連合が自民造反派の議員を応援する姿勢を見せていることである。笹森さん、なかなかやるじゃないかと見直した。  連合の郵政法案否決に関する談話には以下のように書かれている。「否決・廃案で民主党、社民党が一致団結して対応したことに敬意を表するとともに、この法案に対して敢然と立ち向かい反対票を投 . . . 本文を読む
コメント (2)

志帥会(亀井派)と社民党の合併は如何?

2005年08月10日 | 政治経済(日本)
 綿貫氏が新党の結成に踏み切れなかったようで、心より残念に思っております。郵貯を米国に明けわたすことの危険性を勇気をもって世論に訴え、議員バッジ喪失を覚悟で反対票を投じ、日本を救った造反派の人々が、孤立してマスコミにバッシングされる中で落選していくとしたら、私は見るにたえられません。  たとえ志帥会(亀井派)のみでも新党の結成に踏み切られることを切望いたします。一つ可能性として考えていただきたい . . . 本文を読む
コメント (6)

世界の親中化と日本の反中化

2005年08月09日 | 東アジア共同体
 先ほど、ブログのランキングというものを初めて見たら、上位にずらりと反中国・反韓国サイトが並んでいるのを知って驚きました。日本では反中国・反韓国論はますます盛り上がっているようです。しかも若い人々があれだから、「この先どうなってしまうのだろう」と暗澹たる思いがします。日本の右派は、どうやら、親米路線がどうして日本の利益になるのかますます説明困難になる中で(現実は被害ばかりですから・・・)、ひたすら . . . 本文を読む
コメント (54)   トラックバック (1)

マスコミは反省するかと思いきや・・・・・

2005年08月08日 | マスコミ問題
 マスコミは、あれだけドグマティックに、市場原理主義イデオロギーに依拠した郵政民営化キャンペーンを繰り広げたにも関わらず、遂に市民はその必要性を理解しなかったという事実を重く受け止めるべきです。真摯に反省して、良心があるのであれば、社説などで自己批判すべきでしょう。市民の良識が、強引な世論操作をしようとするマスコミ・キャンペーンを打ち破ったのですから、これは真に偉大な勝利だと思います。  そう思 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

国営銀行はダメって本当?

2005年08月08日 | 郵政民営化問題
 今、日本テレビをチラッと見ていたら民営化賛成派の渡辺喜美議員、石原伸晃議員、反対派の小林興起議員らが討論をしていました。石原議員は、「これは攘夷か開国かをめぐる問題だ、もう金融は開国を決めたのだから後戻りできないのだ」と言っておられました。渡辺議員は、「郵貯というのは中国の国営銀行みたいな社会主義システムなんだから、民営化しなければいけないんだ」とおっしゃっておられました。    そこで石原議員 . . . 本文を読む
コメント (3)

とにかく良かった!

2005年08月08日 | 郵政民営化問題
 参院否決、本当に良かったです。まだまだこの国には民主主義が機能しているのだということを示せたと思います。一市民として、反対票を投じた議員の皆様に心から感謝いたします。自民党の造反派の皆様の勇気ある行動が日本を救いました。造反派の皆様には、是非とも新党を結成していただいて、民主党との連立を模索していただきたいと思います。自民党造反派と民主党は選挙前に政策協定を結んで、可能な限り候補者の調整を行い、 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

参院決戦を前に ―血に飢えたウォール街に郵貯を渡すな―

2005年08月08日 | 郵政民営化問題
 今朝のサンデープロジェクトを見ていて気分が悪くなった。亀井静香氏が登場して、なぜ郵政民営化法案を否決しなければならないのか熱弁をふるったときのことである。  コメンテーターの草野厚氏が、「亀井さん、新党を結成したとしてどんな政策を掲げて闘われるつもりですか?」と尋ねた。亀井氏は、それに対して「本来の自民党の政策、つまり地方を重視する、中小零細企業を重視する、さらに農山漁村がキチンと維持される中で . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (5)