代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初詣で日本会議に協力しないために

2017年12月29日 | 長州史観から日本を取り戻す
 富岡八幡宮の宮司殺人事件で、初詣客の減少が心配されている。どのくらい減るか分からないが、神社の経営が成り立たないほどに収益が減り、「神社再建のため」と称して神社本庁から天下り宮司が送られてくるようなことになると元の木阿弥である。神社本庁から離脱して頑張ろうとしていた、亡くなられた富岡長子宮司の生前の意志にも背く結果となろう。  富岡八幡宮には、「神社本庁の軍門に降らないで、がんばって」という応援 . . . 本文を読む
コメント (4)

全国放送ではじめて赤松小三郎が紹介される件

2017年12月29日 | 赤松小三郎
全国放送で赤松小三郎を取り上げるという決断をしたNHK「英雄たちの選択」のスタッフの皆様にも感謝を申し上げます。薩摩の先進性を取り上げる番組なので、その薩摩が教えを請うたほどの赤松小三郎の思想の先進性という文脈での紹介になると思われ、倒幕側の「闇」には踏み込まないと思われますが、おそらく視聴者のほとんどが知らないであろう小三郎の存在が紹介されること自体に、大きな意義があります。 . . . 本文を読む
コメント (21)