代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

御手洗冨士夫の語る「政府の役割」

2006年05月30日 | 政治経済(日本)
 昨日(5月29日)付けの『日経新聞』の朝刊に新しく日本経団連の会長になった御手洗冨士夫さんのインタビューが掲載されていましたのでちょっと紹介します。周知のように御手洗さんは、日本企業が「右へ倣え!」で、社員の「使い捨て」と株主主権を礼賛する米国型経営を取り入れようとしていた90年代、キャノンの社長として「終身雇用制を守れ」と訴え続け、日本型経営を擁護してきた人です。私も、そういう御手洗さんの姿勢 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

保育園の民営化

2006年05月26日 | 運動論
 5月22日に、横浜地裁が「横浜市の性急すぎる保育園民営化の手続きは違法」と判断し、保育園児の保護者一世帯あたりに10万円づつの賠償を認める判決が出ました。先月の4月20日には、やはり大阪高裁で、大東市の保育園民営化によって子供達が損害を受けたとして市に賠償を命じる判決が出ています。    というのも、私の子供の通う保育園も民営化の対象になっていて、大揺れに揺れているのです。最近の一連の判決には、 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (7)

タカ派ゲームを終わらせるために

2006年05月23日 | 東アジア共同体
 昨日エントリーした差別的反中反韓論についての記事に対し、key-beeさんから解決策として「中国や韓国の政府が、国民の不満のガス抜きに『反日』を掲げるのを止めれば、割とあっさり風化するのではないでしょうか」とのご意見をいただきました。それに対する私のコメントを新しいエントリーといたします(一部加筆修正)。 Key-beeさま  お久しぶりです。コメントありがとうございました。  先方に「反日 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (1)

差別的反中反韓論とそうでない反中反韓論

2006年05月22日 | 東アジア共同体
 私が昨年の8月9日にエントリーした記事に次のようなコメントをもらいました。私はこういうコメントをもらう度に、絶望的な気分になります。しかし、以下のような露骨な差別意識を持つ日本人が多いことは残念ながら事実です。同じ日本人として恥ずかしい気持ちでいっぱいですが、残念ながら隠しようのないことです。そこで私がもらったコメントをそのまま以下に「さらす」ことにします。 <引用開始> 「あの民族(と言える . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (3)

縄文以来のアジア的価値観

2006年05月13日 | 東アジア共同体
 前のエントリーで、西欧の個人主義的価値観と東アジアの社会的紐帯関係重視の価値観について比較して論じてみました。そのコメント欄で、山澤さんから仏教や儒教が伝播する以前の「縄文ネットワーク」への注目を促すご意見をうかがいました。そこで、もう少し踏み込んで、仏教や儒教が伝播する以前、さらに言えば稲作が伝播する以前の源日本的な価値観について論じてみたいと思います。私が日ごろ漠然と思っていることを書かせて . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (3)

「自由・人権・市場原理」と「仁義礼智信」

2006年05月10日 | 東アジア共同体
 以前投稿した共謀罪に関する記事のコメント欄で、山澤さんとChic Stoneさんからそれぞれ批判的なコメントをいただきました。山澤さんは、人間同士の横の紐帯が破壊されていく今のような状態では人々が共謀罪を渇望してしまうのは必然的だと論じ、共同体的な人的紐帯関係の再生を訴えておられます。山澤さんは「人権」や「自由」という西欧的価値観の押し付けに懐疑的です。  また、Chic Stoneさんからは以 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (9)

合成の誤謬と小泉内閣

2006年05月01日 | 新古典派経済学批判
 酔狂人さんが合成の誤謬についての記事をTBを下さいました。私が「日本のマスコミは合成の誤謬も理解していない」と苦言を呈したのですが、それを受けて合成の誤謬を論じてくださっています。  以前、ふるちんさんから主流経済学への疑問と複雑系経済学への期待を述べたTBをいただきました。そのTBへのコメントとして、私は次のように書きました。 <私自身のコメントの引用開始>  ちなみに、シロートの立場から . . . 本文を読む
コメント (19)   トラックバック (7)