代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おんな城主直虎はおもしろい

2017年04月30日 | 歴史
 今年はブログがあまり更新できずに申し訳ございません。  大河ドラマ「おんな城主直虎」、視聴率が低いなどと言われて、あちこちで dis られているようだが、私は名作だと思う。(少なくとも第17話まで見る限りにおいては)。登場人物たちの個性もはっきりしていて、生き生きと描かれている。小野政次など、その人の描き方の脚本も、それに応える役者の演技力もすばらしい。  また時代背景の描写として、戦国期の百 . . . 本文を読む
コメント (2)

週刊エコノミストが今度は「ビジネスマンのための資本主義批判(!)」特集

2017年04月27日 | 新古典派経済学批判
前回、『週刊エコノミスト』の自由貿易批判特集を紹介いたしました。いま発売中の『週刊エコノミスト』は「ビジネスマンのための資本主義入門」特集。その中身は、「ビジネスマンのための資本主義批判」と言うべき内容となっています。ビジネス誌としては、自己否定に近い特集に思われます。ビジネスマンに、この手の特集に対する需要が発生しているとしたら、時代の変化を実感いたします。私も「宇沢弘文と『資本主義の幻想』」という記事を寄稿し、宇沢先生が資本主義の何を批判し、どのような未来社会を構想していたのか、解説してみました。 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (1)