代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

血税を詐取する官僚たちと借金地獄の苦学生

2017年02月22日 | 教育
「愛国教育」を掲げる小学校は国民の血税の結晶である国有資産を政権とのコネを利用して不当な安値で詐取するし、文科省は学生に対する締め付けを強化する一方、天下り先で月に2回の勤務で年収1000万円ももらっている。週6でバイトしても授業料もねん出できずにいる教え子は、「天下り先で月2回で1000万円」とういうニュースに接して、さすがにキレていた。結局、「韓国や中国が国民の不満の矛先を『反日』でそらそうとしているのと同じことを、日本もやっているのではないか」と。気づいてくれてうれしかった。 . . . 本文を読む
コメント (4)

日本を辱める愛国者たち ―森友学園問題に寄せて

2017年02月18日 | 政治経済(日本)
 良識はあるようだ。安倍晋三首相は、森友学園への国有地不当廉価払下げ事件について、「私も妻も一切、認可、国有地払い下げに関係ない。…認可については大阪府に確かめて頂きたい。私や妻が関係していたとなれば、総理大臣も国会議員も辞める」と発言した。  私も同意する。この国有地詐取事件に安倍首相が関与していれば、総理のみならず国会議員辞職が妥当だと考える。  その上で首相が、この事件が議員辞職に相当する . . . 本文を読む
コメント (2)

アッキーよあなたまで! 国民の血税と資産の簒奪は長州閥の伝統

2017年02月17日 | 政治経済(日本)
現政権は支持しなくても、そのファーストレディだけは信頼し尊敬してきた。それなのに・・・・・。裏切られた気分である。アッキーが名誉校長を務め、「神道教育」を掲げる森友学園が、国有地を適正価格の1割で購入したというこの事件。国民の血税と資産を、政権が私物化して、仲良し縁故グループで分け合って、私腹を肥やしているという構図である。南スーダンの「戦闘」問題にしろ、この国有地払下げ問題にしろ、日本の世論がまともであれば、内閣総辞職に相当するスキャンダルだろう。権力を得ると、国家資産を私物化し始めるのは長州閥の伝統だ。明治以来の主な事件を振り返ろう。 . . . 本文を読む
コメント (13)

教科書から「鎖国」が消える、次は「幕府」を消そう

2017年02月17日 | 長州史観から日本を取り戻す
 文科省の学習指導要領で「鎖国」という言葉が消え、「幕府の対外政策」に改められるという。私は基本的に、指導要領も教科書検定も廃止すべきで、どのような学術用語を使うかも各教科書執筆者の自主的判断に任せるべきだとは思う。しかし、「鎖国」が明治時代の言説であり、学術的な判断として、使うべきでないという点に関しては、至極同意する。  「鎖国」も「士農工商の身分制度」も、明治の長薩藩閥政権が、江戸時代を暗 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

テロより怖い ―決壊リスクのある全米2000基のダム 

2017年02月16日 | 治水と緑のダム
アメリカで決壊リスクのある危険な2000基弱のダムをすべて修復した場合、必要な予算は540億ドルに達し、現在の予算規模では修復に50年を要するという。その50年のあいだにさらに多くのダムが老朽化していく。その間に温暖化が進み、異常豪雨も増えるであろうことから、決壊の悪夢が現実化する危険性は高いだろう。ホワイトハウスは、国の安全保障を真剣に考えるのであれば、CIAなど有害無益なスパイ組織・テロ支援組織の予算を削って、ダム修復に予算を転用すべきである。 . . . 本文を読む
コメント