代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

八ッ場ダム93通のパブコメを受けての意見書

2012年09月28日 | 利根川・江戸川有識者会議
 9月25日に4年半ぶりの利根川・江戸川有識者会議が開かれたことは二つ前の記事で述べた。事前に資料が送られることはなく、その場で93通のパブコメと、それを聞き捨てにするという従来通りの国交省の方針が提示されたことも述べた。  家に帰ってくると、「会議の場での発言に加えて、追加の意見があれば文書にして27日までに送ってほしい」という内容のメールが入っていた。まさに熟慮する時間を一切与えない酷使ぶりだ . . . 本文を読む
コメント (5)

「緑のダム」効果 大雨時ほど鮮明 東大演習林での研究結果

2012年09月25日 | 利根川・江戸川有識者会議
 本日(2012年9月25日)の『毎日新聞』の西日本版の朝刊に以下の記事が掲載されました。 ***以下サイトより一部引用*** http://mainichi.jp/area/news/20120925ddp041040009000c.html 森が降った雨をためて洪水を緩和する「緑のダム」効果が、時間雨量30ミリ以上の強雨時に顕著に表れ、総雨量400ミリを超す大雨でも頭打ちにならないとの解析 . . . 本文を読む
コメント

4年半ぶりの利根川・江戸川有識者会議の開催について

2012年09月25日 | 利根川・江戸川有識者会議
 昨年12月、藤村官房長官は八ッ場ダム建設の条件として「河川整備計画の策定」とダムが中止になった場合の計画地域の住民の「生活再建支援法の立法化」を条件に掲げた。  国交省は相当に急いで河川整備計画を策定しようとしている。どうしたことか、私のところに利根川・江戸川有識者会議の委員になって欲しいと国交省から依頼があり、委員を務めることになった。経済産業省の原子力ムラの内部でのインサイダーによる意志決定 . . . 本文を読む
コメント (2)

ツルネン・マルティさんが『自由貿易神話解体新書』をメルマガで紹介

2012年09月19日 | 自由貿易批判
 前回の記事で紹介した、最近出した拙著『自由貿易神話解体新書』。参議院議員のツルネン・マルティさんがご自身のメルマガの第557号(2012年9月18日付け)で紹介して下さっておりました。以下のサイトから読めます。 http://melma.com/backnumber_151325_5652279/  ツルネンさん、拙著に高い評価をしてくださいました。ありがたいことです。拙著に対するツルネンさ . . . 本文を読む
コメント

本の紹介『自由貿易神話解体新書 ―「関税」こそが雇用と食と環境を守る』

2012年09月14日 | 自分の研究のことなど
 この間全くブログを放置しておりました。久々の投稿なのに手前味噌な話題になります。  TPPに関連して、本を一冊出しましたので紹介させていただきます。本のタイトルは、『自由貿易神話解体新書 -関税こそが雇用と食と環境を守る』(花伝社、1500円)というものです。  本書では、農産物と工業製品は財の性質が異なり一律に扱ってはいけないこと、自由貿易は失業と総需要不足をもたらすこと、穀物価格を不安定化 . . . 本文を読む
コメント