乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

クリの葉にオトシブミ

2024年06月16日 | 昆虫
クリの葉を巻き終えたオトシブミのメスの上にオスが馬乗りになっていました。葉を巻くのはメスだけです。このあと、メスは落とし文を切り落としました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マタタビの花

2024年06月16日 | 植物(木)
マタタビの花も、サルナシの花も咲き始めました。
秋が楽しみです。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウツギにハチ

2024年06月16日 | 植物(木)
林道ぞいにウツギの白い花が目立ち始めました。近づいてみると、小さなハチが、花粉を脚に付けながら飛び回っていました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヒトツバカエデの花

2024年06月08日 | 植物(木)
この葉っぱをみて「カエデの仲間です」とは、誰も思わないかもしれませんね。
でも、れっきとしたカエデの仲間です。花が咲いていました。よく見ると、おもしろい造形で、思わずスケッチしたくなります。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

殺蛾現場

2024年06月08日 | 昆虫
トイレの入り口に、たくさんのオオミズアオの翅。中には「本物」も。里だったら、アオバズクのしわざを疑うところですが、ここは山の中。はて、犯人は誰だろう?・・・と疑問に思っていたら、翌日の「乙女高原案内人養成講座」講師・北垣さんより「コウモリかもしれませんね」というご推察をお聞きし、なるほどと思いました。 
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コケが動いた!

2024年06月08日 | 昆虫
テーブルで弁当を食べていたら、なんと足元でコケが動いています。拾い上げて、よく見ると、いもむしが歩いているのでした。コケではなく地衣類を身にまとって、擬態しているようです。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ギンイチモンジセセリ

2024年06月01日 | 昆虫
毎年、この時期に出会えるチョウです。
大きく白い「一文字」模様の下に、もう1本の細い「一文字」がありますが、これがあるのがオス、ないのがメスだそうです。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アマドコロ

2024年06月01日 | 植物(草)
シカ柵を作ったおかげで、ようやくこの草が増えてきました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オオミズアオ

2024年06月01日 | 昆虫
トイレの戸に翅がすこし挟まっていました。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マツヅルソウのじゅうたん

2024年05月25日 | 植物(草)
マイヅルソウがじゅうたんのようでした。そこにたくさんの花。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする