乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

富士山の下まで雪

2020年10月18日 | 景色

びっくりしました。

富士山のかなり下のほうまで雪が積もっていました。

そういえば、昨晩から今朝にかけて、寒かったからなあ。

コメント

シャクジョウソウの実

2020年10月18日 | 植物(草)

シャクジョウソウに実が付いていました。

コメント

みんな、ありがとう

2020年10月18日 | 植物(草)

オオバギボウシの実が割れて、中から黒いたねがいっぱい見えていました。

遊歩道にこんなに張り出しているのに、このオオバギボウシは人生を全うして、たねを実らることができました。

遊歩道を歩く人がみんな、見守ってくれたからだと思います。ありがとうございました。

コメント

カツラの黄葉

2020年10月11日 | 植物(木)

乳母栃の近くのカツラの木です。黄葉がとてもきれいでした。近寄ったら、甘いような、いい匂いがしました。

カツラの黄葉独特の匂いです。

コメント

カエル池、復活

2020年10月11日 | 水・氷雪・霜

8月下旬に、林道脇のカエル池のすぐ横でボーリング調査をやっていました。

その後、カエル池が干上がっているのを発見。心配していましたが、復活しているのを確認しました。

春、ヤマアカガエルたちがまた産卵に来てくれるといいのですが・・・。

コメント

草黄葉

2020年10月05日 | 植物(草)

草紅葉(くさもみじ)という言葉があります。

草の中にも赤くなるものがあるからですが、カラマツソウのこの葉はさしずめ草黄葉とでもいうのでしょうか。

カラマツソウ以外にも、イタドリなんかも草黄葉になります。

コメント

カメムシの花

2020年10月05日 | 昆虫

ハバヤマボクチの花に、エゾアオカメムシがいっぱい付いていました。

きっと今、ハバヤマボクチは、たねを太らせるために花に一生懸命、栄養を送っているのだと思います。

それをねらって、カメムシたちがストローのような口を花に刺しているのだと思います。

コメント

シカの木、倒れる

2020年10月05日 | 植物(木)

ブナじいさんの斜面の下に枯れたマユミの木がありました。シカが幹を一回りかじって食べてしまったからです。

とうとう、その木が倒れてしまいました。

枝先に葉がまだ付いている!・・・と思ったら、それは枯れ枝を這い上ったイケマの葉でした。

シカが幹をはいで枯れて倒れた木に、シカが食べないイケマのつる・・・なんとも象徴的な場面でした。

 

コメント

ちっちゃくて、細長い花

2020年09月26日 | 植物(草)

林道でセキヤノアキチョウジの花を見つけました。

コメント

角出した

2020年09月26日 | 昆虫

キアゲハの幼虫がいました。

いつもは体の中にしまわれていた角を出してきました。

コメント