インマヌエル沼津キリスト教会

Immanuel Numazu Christ Church
沼津市今沢34番地

ヨハネの福音書注解の目次・リンク

2018-03-31 10:09:40 | ヨハネ注解目次・リンク
ヨハネの福音書注解の目次・リンク

●基本方針 平和の働きの一環であり、学術的な注解ではありません

●全体 更新順に、新しく追加したものが一番上にあります

第1章
●ヨハネ1:1 「聖書のことば」であるイエス・キリスト
●ヨハネ1:2 初めからいた御子イエス
●ヨハネ1:3 御子イエスは万物の創造主
●ヨハネ1:4 「いのちがある」とは?
●ヨハネ1:5 私たちの心を自由にしてくれるヨハネの福音書
●ヨハネ1:6-8 私たちの心の自由さ加減を試すヨハネ
●ヨハネ1:9-11 世界を平和に導くヨハネの福音書
●ヨハネ1:12-13 神の子どもとされる特権とは?
●ヨハネ1:14 「人間イエス」に「霊的イエス」を重ねるヨハネの手法
●ヨハネ1:15 ヨハネは「再臨のイエス」をも重ねているだろうか?
●ヨハネ1:16-17 「律法の恵み」の上に「聖霊の恵み」を重ねたヨハネ
●ヨハネ1:18 私たちにも神を見せてくれているヨハネの福音書
●ヨハネ1:19 21世紀まで引き継がれて来た「ヨハネ」の証言リレー
●ヨハネ1:20-21 マタイ・マルコ・ルカとは異なる書だというヨハネのサイン
●ヨハネ1:22-28 旧約聖書の舞台移動と同期しているイエスの東西南北への移動
●ヨハネ1:29 イスラエルの歴史の始まり
●ヨハネ1:30-34 読者に「ヨハネ」になるよう招く参加型の福音書
●ヨハネ1:35-42 霊的な世界へと私たちを招き入れるイエス
●ヨハネ1:43-51 ナタナエルは神と格闘したヤコブ
第2章
●ヨハネ 2:1 「それから三日目に」とは?
●ヨハネ 2:2-4 イエスの母ではないマリヤ
●ヨハネ 2:5-11 出エジプトと聖霊授与の「最初のしるし」
●ヨハネ 2:12 二番目~九番目の災い
●ヨハネ 2:13-16 過ぎ越された十番目の災いの「初子の死」
●ヨハネ 2:17 海の水に飲み込まれたエジプトの王の軍勢
●ヨハネ 2:18-22 使徒の働きに忠実なヨハネの福音書の「使徒の時代」
●ヨハネ 2:23 神を信じたイスラエル人とイエスを信じたユダヤ人
●ヨハネ 2:24-25 不平不満をつぶやく人の心の内を知っている神
第3章
●ヨハネ 3:1-8 「律法の恵み」と「聖霊の恵み」とを重ねたヨハネ
●ヨハネ 3:9-12 不信仰なイスラエルの民とユダヤ人を嘆き、叱責する神
●ヨハネ 3:13-14 ヨハネ3:14はジグソーパズルの「角」のピース
●ヨハネ 3:15-16 重層的な「永遠」の中でこそ感じられる豊かな神の愛
●ヨハネ3:17-21 「すでにさばかれている」とは?
●ヨハネ3:22 ヨシュア記の「ヨルダン渡河」の出来事
●ヨハネ3:23-24 「ヨハネはまだ投獄されていなかった」とは?
●ヨハネ3:31-36 誰も証しを受け入れない
第4章
●ヨハネ4:1-2 「使徒の時代」の弟子たちによるバプテスマ
●ヨハネ4:3-5 舞台は「旧約の時代」の北王国と「使徒の時代」のサマリヤ
●ヨハネ4:6 疲れていた第六時ごろのイエス
●ヨハネ4:7-8 芸が細かいヨハネ
●ヨハネ4:9-15 時間に縛られないヨハネの福音書
●ヨハネ4:16-18 魂に自由と平安を与える「永遠」の時間構造
●ヨハネ4:19-24 読者に向けられた「今がその時です」
●ヨハネ4:25-27 キリストとの出会いは魂の領域の個人的なこと
●ヨハネ4:28-30 信仰の第一歩
●ヨハネ4:31-34 イエスの証人に供給される霊的な食物エネルギー
●ヨハネ4:35-38 ピリポのサマリヤ伝道(使徒8章)と重ねたヨハネ
●ヨハネ4:39-42 ヨハネの法則第一および第二
●ヨハネ4:43-45 時間に縛られることの「罪」
●ヨハネ4:46-54 異邦人に聖霊が注がれた「第二のしるし」
第5章
●ヨハネ5:1 イエスの南北の移動は「旧約の時代」の南王国と北王国の間の移動
●ヨハネ5:2-9 十字架の年は「紀元33年」
●ヨハネ5:10-16 ユダヤ人たちから迫害されていたクリスチャン
●ヨハネ5:17-24 神の「永遠」の時間
●ヨハネ5:25-30 最後の審判
●ヨハネ5:31-35 振り出しに戻った背後の「使徒の時代」
●ヨハネ5:36-39 旧約聖書の中にいるイエス
●ヨハネ5:40-47 イエスについて書いたモーセ
第6章
●ヨハネ6:1-4 再び北方に移動したイエス
●ヨハネ6:5-15 エリシャとパウロの時代にも同時にいる永遠の中のイエス
●ヨハネ6:16-21 湖の上を歩いたイエス
●ヨハネ6:22-66 最後の晩餐と北王国の滅亡
コメント