インマヌエル沼津キリスト教会

十字架から二千年の2033年までに平和を
沼津市今沢34番地 Tel.055-966-2612

新刊案内

2017-05-28 17:57:22 | 牧師のつぶやき
  『ヨハネの福音書』と『夕凪の街 桜の国』
  ~平和の実現に必要な「永遠」への覚醒~

  小島 聡・著、ヨベル新書 1,080円(税込み)



【目次】
はじめに  8

序章 「永遠」への招き 14
 魂を揺さぶる広島の平和公園
 『ヨハネの福音書』と『夕凪の街 桜の国』の時間
 深い平安を得ていないクリスチャン
 気付かれていない「イエスの涙」の深層部

第1章 『夕凪の街 桜の国』と
    『ヨハネの福音書』の紹介 31
 『夕凪の街』の紹介
 『桜の国(一)』の紹介
 『桜の国(二)』の紹介
 『ヨハネの福音書』の紹介

第2章 罪悪感と向き合った者たち 44
 「愛する者の死の現場」への回帰
 平野皆実の場合
 石川旭の場合
 石川七波の場合
 ペテロとヨハネと愛弟子の場合

第3章 過去を過去に閉じ込める罪 55
 原爆を落とした側の重大な罪
 これほどの悪を為し得るのはなぜか?
 私たちに語り掛ける過去と未来
 アルファでありオメガである方
 克服すべき【過去→現在→未来】の固定観念
 溶け合って一つになった「旧約の時代」と
  「新約の時代」―私の体験
  
第4章 『ヨハネの福音書』の「永遠」 77
 「永遠」への入口
 《人間イエス》と《霊的イエス》
 旧約の預言者の内にいる《霊的イエス》
 新約のクリスチャンの内にいる《霊的イエス》
 神の下では一つの『旧約聖書』と『新約聖書』
 
第5章 分裂を繰り返す者たち 97
 『旧約聖書』に見られる分裂
 『新約聖書』に見られる分裂
 分裂した者たちを一つにする十字架
 表層部と深層部との関係(旧約編)
 表層部と深層部との関係(新約編)

第6章 疲れ、憤り、涙するイエス 120
 ひどいなあ
 疲れているイエス
 離れて行った者たちを悲しむイエス
 戦争の惨禍に涙を流すイエス

第7章 暗闇の時代に必要な「永遠」への覚醒 131
 分裂がない「永遠」
 「永遠」の中にある十字架
 イエスの「愛弟子」は読者の私たち自身
 「世の光」が見える「永遠」

終章 平和の実現に必要な「永遠」への覚醒 139
 「永遠」は平和実現の最強の切り札

あとがき  145
参考図書  150
付表 『ヨハネの福音書』の重層構造 155

【カバー折り返し部の紹介文】
 聖書はなぜ平和の役に立っていないのか。大統領の就任式で聖書を用いるアメリカが広島と長崎に原爆を投下し、戦争を繰り返しているのはなぜか。
 「永遠」に目覚めて、聖書の『ヨハネの福音書』の深層部への理解を深めるなら、これらの疑問が解けるであろう。
 本書は広島の被爆者とその家族を描いた漫画の名作『夕凪の街 桜の国』(こうの史代・作)を導き役に読者を「永遠」へと招き、『ヨハネの福音書』の隠された深層部を明らかにしていく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧約聖書が土台の使徒たちの... | トップ | 6月4日ペンテコステ礼拝プ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

牧師のつぶやき」カテゴリの最新記事