blog-cafe

マダムnihaoのフレッシュ搾りたてブログ。お気軽にお立ち寄りください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寺山食堂

2014-07-08 08:00:00 | グルメ
        

                       [寺山食堂]

寺山食堂とは青森県三沢市観光協会が主催する食のイベント名です。
かって三沢市の駅前にあり子どもだった修司がよく通ったのが寺山食堂(伯父が経営)
市内5店舗が参加、修司の逸話や好物と地域の特産物を組み合わせたスペシャルメニューを考案しています。
↑こちらは三沢シティホテル内の松喜食堂のカレーライスです。

寺山修司はコーラといっしょにカレーを食べるのが大好物だったそうです。
香りとコクの深いカレーに冷たいコーラは確かによく合っていました。
お肉が口の中で溶けてしまうほどの柔らかさで、しかもステーキ2枚分はありそうな量、ライスも大盛りでした。

三沢市の食による町おこしにはとても興味深いものがあります。
12月から3月までの期間は、市内30店舗以上の食堂が各店オリジナルのホッキ丼を提供しています。

    
             


生あり煮たり揚げたり炒めたのありと実にバリエーション豊富です。
各店舗で競い合っているせいか、どこのホッキ丼も大変美味です。
三沢市は温泉の宝庫でもあり、この近辺にはよく遊びに来るので一昨年は3カ所、昨年は5カ所のホッキ丼を戴きました。

そしてこの度の異才・寺山修司と食をコラボした寺山食堂の再現。
カレーの他にも、競馬に行くときに必ず食べたという「蕎麦とカツ丼セット」とか
海外遠征で劇団員と共にパスタで作って食べたという「天井桟敷ラーメン」とかのメニューがあるそうです。
大食漢として知られる寺山修司。
寺山修司記念館を見学した後は、頭上遥かな米軍戦闘機の轟音を聞きながら基地のある街を散策し寺山食堂を探す・・・
彼の才能と偉業と人となりをより身近なものとして学び感じることができるイベントです。


 昭和十年十二月十日に 
 ぼくは不完全な死体として生まれ 
 何十年かかって 
 完全な死体となるのである

                   by寺山修司「懐かしの我が家」

カレーを食べながら、ふとこの詩編を思い出しました。

比喩と言える詩句はないのに、なんと深く研ぎすまされた感性なのかと驚かされます。
生まれながらにしてネフローゼ症候群という持病があり、常に死と隣り合わせで向き合って来た人生。
自らの生を不完全な死体と自覚することで、より強くよりいさぎよく生きていくことができたのでしょう。
大食漢であったこともまた限りない生への渇望と執着であったのかもしれません。
十代で歌壇へのデビューを果たし、その後生き急ぐかのように詩、小説、演劇、映画とマルチな才能を発揮して時代を駆け抜け47歳で壮絶なる生涯を閉じました。

寺山食堂というこの発想の意外性。寺山ビジネスなどと言うなかれ。
食を通して誰もがごく自然に寺山修司を感じとることに大きな意味があると思います。



              ★         ★         ★



無理矢理というか、ついでに『孫にも衣装』の報告も。


         


 今回はともしびちゃん(孫・仮名)の夏のワンピースを4着作りました。
これだけあれば今年の真夏のワードローブは完璧!
こんなにも楽しく夢のある時間を与えてくれるともしびちゃんに感謝です。

            




コメント (26)   この記事についてブログを書く
« 存続の危機 | トップ |   
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うらら)
2014-07-08 13:17:52
寺山食堂、初めて聞きました。
寺山修二が好んだものを供する、と思って良いのでしょうか。
私がそそられたのはホッキ丼です。ずいぶん多量のホッキを使っているようで、ああ、食べてみたいです。


ともしびちゃん、nihaoさんお手製のワンピースを着て満足感いっぱいというところでしょうか。
四着、それぞれ味を変えておしゃれです。白の上着なんか、作るのはとても難しそうですね。
Unknown (nihao)
2014-07-08 18:51:15
>寺山修二が好んだものを供する
はい、その通りです。
でも味や形を忠実に再現するのではなく、イメージの方を大切にしているのではないかと思います。
町おこしとしては斬新なアイディアですよね。

そう言えば、うららさんもホッキには目がないのですよね。
この三沢市のホッキ丼フェアはすごく面白いです。
参加している店舗は黄色い旗を掲げているので分かりやすいです。
どこのお店で食べても期待は裏切られませんでした。

「孫にも衣装」は、ともしびちゃんよりもお母さん、お母さんよりもお婆ちゃんの方が満足しているのかも。
Unknown (panco)
2014-07-08 22:04:54
寺山修二・・・
懐かしいです~。中学から高校にかけてとても好きでした。今ではほとんど思い出せないのですが、本を読んで、大人になった気がしました。

ともしびちゃん・・・
めちゃカワイイです。いたずらそうな目元が子猫みたいです。子供嫌いの私が言うので間違いない !
そりゃあ、洋服もたくさん作ってあげたくなるわ~♪
Unknown (nihao)
2014-07-09 09:20:02
>本を読んで、大人になった気がしました。
私も中学生の頃に寺山修司の短歌に出会いました。
今まで見たことのないスタイルだったのでビックリ。
前衛という言葉の意味と内容を知った初体験です。
すご~く大人になった気分でした。
大好きなので、今でも時々読んでいます。

このシャツ型ワンピース、ちょっとおませな感じを出そうと意識して作ってみました。
夏服は簡単。あっという間にたくさん出来るのがいいですね
Unknown (Unknown)
2014-07-10 18:35:14
「ぼくは不完全な死体として生まれ」・・・生まれつき持病があったのですね。
病気を抱えた人じゃないとわからない心なのでしょうね。
年齢と共にあちこち不具合が生じてきてるこの頃、健康でいることの幸せをつくづく感じています。

ともしびちゃんの洋服、すごい、すごい!プロ並みじゃないですか~!
とても可愛いくて素敵です~~(^0^)
祖国はありや (燃える闘魂)
2014-07-10 19:13:45
> 寺山ビジネスなどと言うなかれ。

いいですね。
このへんの、批判的客観的視点を維持したまま、それでも良いものは良い、という、本当に「自分の意見」であること。

私は、

マッチ擦る つかの間海に霧深し 
  身捨つるほどの 祖国はありや

これが圧倒的に好きです。
一般論としての文語(調)の独特の味わい、というものの良さも含めて。文語が辛うじて一部にわずかに生き残っていた、最後の断片という世代、時代でしょうか。
すずめさんへ (nihao)
2014-07-10 22:45:37
このUnknownさんはおそらくすずめさんですすね。
間違っていたらごめんなさい。
私は、自分自身の不完全な生体(もっときれいにとか、もっと背が高くとか、もっと賢くとか)に不満ばかり持っていましたが、寺山修司のこの詩を知って衝撃を受けました。
文句ばかり言ってダラダラ生きてきましたが、凡人と天才の差は大きいです。

ともしびちゃんの洋服可愛いでしょ?
これらの型紙を何倍かに大きくすれば私のワンピースが出来ると思うのですが・・・作ってみる?
燃える闘魂さんへ (nihao)
2014-07-10 22:55:17
寺山修司は、青森県三沢市には子どもの頃4年間しか住んでいないのです。
でも記念館あり寺山食堂あり寺山修司演劇祭ありと、活発なビジネスと文化活動を展開して町おこしをしています。
難解と言われる前衛作家ですが、米軍機の轟音の下のさびれた街に寺山ワールドはなかなかしっくり似合っています。
闘魂さん、いつか機会がありましたらどうかおいで下さいね。

>マッチ擦る つかの間海に霧深し 身捨つるほどの 祖国はありや
私も好きです。なんとみずみずしい叙情と若い感性でしょうね。
この頃は安保闘争が激化して、祖国の行く末に皆不安感を抱いていた時代でした(今も不安ですが)
しかしこの港で煙草を吸っているのは・・・日活映画の石原裕次郎のイメージが浮かんでくるので困ります(笑)
はい! (すずめ)
2014-07-11 16:20:17
ごめんなさい、すずめでした~。
よくわかりましたね~(^^)
Unknown (nihao)
2014-07-11 18:40:30
あはっ、わかりますよ。
文は人なりってね(^^)

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事