blog-cafe

マダムnihaoのフレッシュ搾りたてブログ。お気軽にお立ち寄りください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ともしびちゃんが来た!

2014-06-04 09:00:00 | Weblog
先週の月曜日、早朝
「今日これから、ともしび(孫・仮名)と新幹線で帰るから!」
と娘から電話がありました。

すわ一大事! 結婚以来一度もひとりで帰省したことのない娘です。
夫婦喧嘩でもしたのかと心配しましたが、仕事の打ち合わせが盛岡であるとのこと安堵いたしました。
2・3日の滞在予定が、気がついたら1週間の長逗留。
ともしびちゃんとたっぷり遊ぶことができました。嬉しい誤算です。
突然の予想外の孫との対面に、婿殿のご両親もご満悦でした。

さて、ともしびちゃんを温泉好きの子どもにしようと目論んだオットー。
毎日夕食後はみんなで近くの温泉に出かけて過ごしました。
神妙な顔でお湯に浸かっていたともしびちゃん、果たして気に入ってくれたでしょうか?
「おじいちゃん、温泉に連れていって!」
もう少し経ってそんな愛らしいことを呟いたなら、オットーも大いに相好を崩すことでしょう。


実は私には、娘たち夫婦の帰郷の度に悩んでしまう問題がひとつあります。
それは・・・滞在期間中の実家・婚家への宿泊日数の配分で、これが結構な難問なのです。

(1)両家に公平に配分すべきか?
(2)婚家の方の配分を多くすべきか?
(3)妻の実家の方の配分を多くすべきか?
(4)せっかく帰ってきたのだから全部実家に配分すべきか?


子どもたちの意思を尊重して好きなようにさせるとよいのでしょうが、結婚後、このスタートラインを間違えて不仲になった嫁、姑はたくさんいます。
最近では夫の実家のことを義実家などと呼び訪問を嫌がる嫁が増えているそうですが、この程度のストレスを道連れに結婚生活を送れないようでは大人の女性にはなれません。
各家庭によって抱えている事情は異なりますが、縁あって親戚になった婿殿の実家とは不要なトラブルを抱えたくはありません。
ここは嫁の実家が婚家を気遣い、適切な判断をしてうまくまとめるべき問題ではないかと思うのですが、私も理性と感情の狭間で揺れることが多々あり、正解が見つからないのが現状です。

「結婚した息子が嫁の実家の近所に住み、嫁の母親に孫の面倒を全部任せ、実家には全然顔を見せない。」
と嘆いている母親たちが私の周囲にもたくさんいます。
嫁の実家だけがこのような特典(かどうかはすこぶる疑問)を与えられてよいわけはありません。
一体ベストな方法はどれなのでしょう。

今回は婿殿不在だったので、娘は婚家には遠慮して宿泊しませんでした。
当人はきわめて自然流に振る舞って時々婚家に顔を出してはいましたが、あちらのご両親はもっと孫と一緒の時間が欲しかったのではないか、はたしてこれでよかったのかどうかはちょっと気になりました。

ともしびちゃんが誕生する前の娘たち夫婦は、帰省の折には日中はそれぞれの実家を行き来して過ごし、夜になったら別々に別れて自分の家でリラックスするという画期的(?)な方法を編み出しました。
そんなやり方があったのかと、我ら古き親世代を驚かせたものですが、慣れてみれば確かにこれは大変合理的な方法でした。
今まではそれでよかったけれど、しかし今後は両家においてともしびちゃん争奪戦が勃発するかもしれません。

一体どうすればよいのでしょう?
何かよい考えはないかとそれとなく訊ねてみたら、娘はいとも簡単に言ってのけました。

「私たちはそれぞれの実家に。ともしびだけ交互に両家を移動したらどうかしら?」

ああっ! これはまたなんと斬新なアイディアでしょう。
我ら古き親世代には絶対に思いつかない方法です。
現代の若者たちのライフスタイルはかくもクールであります。





           


               [盛岡市動物公園に行きました]





コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 岩牡蠣に苦しむ | トップ | 存続の危機 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ともしびちゃん (燃える闘魂)
2014-06-04 18:58:39
随分鼻の長い、可愛いお孫さんですね。牙もキュートです。
Unknown (nihao)
2014-06-04 21:37:01
あはっ、鼻が長くてキュートな牙の持ち主は、ともしびちゃんではなくマオちゃんですよ。
マオちゃんもなかなかチャーミングですね。
Unknown (およよ)
2014-06-06 12:36:37
>私たちはそれぞれの実家に。ともしびだけ交互に両家を移動
そういえば 実家に帰ってくる叔父たちも 夜はお互いの家に行ってましたね。夜になると それでは・・・と奥さんを実家まで送ってましたっけ。
子供が女の子だったので普通にお母さんと一緒に行くって感じでした。

昼間は婚家で、夕方からは実家でもOKでは?
Unknown (nihao)
2014-06-06 16:24:38
>子供が女の子だったので普通にお母さんと一緒に行くって感じでした
そう、これこれ!女の子のこの感覚にちょっと疑問を感じるのです。
今はなにごとも女性主導みたいですが、男の子しかいない親は悲哀感を感じるのではないでしょうか?
ウチにも男の子がおりまして、先のことを考えると頭が痛いです。

>昼間は婚家で、夕方からは実家
あはっ、これも合理的な案ですね。
あらあら! (すずめ)
2014-06-08 19:54:18
後姿がなんともかわゆいともしびちゃんですね~!
可愛いおちりと、あんよ!(^^)
この問題は、どうでもいいことなんだけど、結構気にする事ですよね。
家は婿に出した側なので、来ないで仕方ない、来たらラッキーと、割り切ってます。
息子の愛娘、愛しくて大事に大事に思ってることは確かですから。
Unknown (panco)
2014-06-08 22:24:24
燃える闘魂さんのコメントに吹き出してしまいました(笑)
まだちっちゃくてお人形さんみたいな後ろ姿ですねぇ。(カワユイ !)
是非ともこの間のキュロット姿もよろしく~。
かわいい盛りのともしびちゃん、親になった子供の方はともかく、両家にとって孫ちゃんの争奪戦はもっと深刻かもですね。
すずめさんへ (nihao)
2014-06-09 08:40:18
歩き始めの頃の子どもの後ろ姿ってホントに可愛いですね。
お洋服を作る時は、後ろ姿のデザインにも気配りしなくてはと思います。
このスモックとパンツも私の手作りです。
パンツの後ろには二段のフリルがついているのですが、残念、隠れて見えない!

>来ないで仕方ない、来たらラッキー
このような整理された心境は素晴らしい!その通りだと思います。
pancoさんへ (nihao)
2014-06-09 08:44:39
>燃える闘魂さんのコメント
まさか象のマオちゃんの写真があのように使われるとは・・・ホント、愉快というか・・・
あれは闘魂さん独特の感性で、私のババ馬鹿ぶりを牽制してくださったのではないでしょうか。
ちょっと反省。
ペットと孫と自分の食べた食事の写真って、人様にとっては三大どうでもよいもの。
自分にとっては特別のことでも、あまり人様の関心は引かない(笑)
それは分かっているのですが、ついねぇ・・・
これは失礼! (燃える闘魂)
2014-06-09 15:37:37
> あれは闘魂さん独特の感性で、私のババ馬鹿ぶりを牽制してくださったのではないでしょうか。

いえいえ、まったくそんなことはありませんよ。
たしかに、一般論としての「三大どうでもよいもの」説には大いに肯ける部分はあります。
特に「(肯定的で、本人と同じレベルの)反応を期待もしくは要求される」こととセットになったら苦痛ですし、ペットについて「男の子、女の子」とか、飼い主を「○○ちゃんのママ」という表現については強い違和感があります。

これらは孫やペットがいかに可愛いか、そう思うことがいかに自然で間違っていないか、とは、まったく次元の異なる問題で。

でも、今回のこれは完全に単なる「ウケ狙い」です。
この程度の「孫自慢」「可愛いでしょ、とつい言ってしまう」ことは、微笑ましくもまったく問題無いと思いますよ。
しかも「聞かされる(そして反応を要求される)」のではなく、書いてあるものですから、興味の無い人は読み飛ばせばよいだけだし。

かえって失礼しました。
燃える闘魂さんへ (nihao)
2014-06-09 18:54:25
>これは完全に単なる「ウケ狙い」です。
こちらこそ大変失礼いたしました。
もちろんとてもウケましたが、もしかしたら裏の意味もあるのかなと考えたのは、おそらく私自身が、孫やペットを話題にする時、とても気恥ずかしくなってしまうからかもしれません。
ペット、孫、食べ物に関しては、人様にとっては「三大どうでもよいもの」ではありましょうが「困った時の三大ブログネタ」でもありまして、大いに助けられています。

ところで面白いブログを発見したので闘魂さんにもご紹介します。
目黒川春秋→http://ameblo.jp/meguro-syunjyu/
芸術・生活・時事問題など話題が大変豊富で、知的かつ痴的で、私のようなオヤジマダムの好奇心を大いに満足させてくれます。
ほぼ毎日更新されているのも嬉しいです。
よかったら覗いてみてください。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事