blog-cafe

マダムnihaoのフレッシュ搾りたてブログ。お気軽にお立ち寄りください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岩牡蠣に苦しむ

2014-05-22 09:20:00 | グルメ

          



我が家の食卓に岩牡蠣が上る季節となりました。
と書くと、なんだかいつも食べているような誤解を与えてしまいますが、実は初めてです。
面倒なことになるとは予測もつかず、安かったのでつい買い求めてしまいました。
震災以後やっと市場にも三陸の貝類がたくさん出回るようになりました。
ホッキ貝ホヤも安くなり嬉しい限りです。

冬に食べる牡蠣をマガキ、夏に食べる牡蠣をイワガキと言います。
牡蠣は「一旦岩などに付着すると、一生ほとんど動かないため、筋肉が退化し内蔵がほとんどを占めている(by Wiki)」らしいのです。
ああ、岩牡蠣は私の人生(暮らしと習慣)になんと似ていることでしょう。
そこはかとなく親近感を覚えます(いや、それではアカンのですが)

電子レンジでチンして、シンプルにポン酢で頂くことにしました。
磯の香りいっぱいのふっくら、つるんとした大ぶりの乳白色の身を想像すると甚だしく食欲が増してきます。
ところが熱を加えればホタテのようにパカンと殻が開きすぐ食べられると思ったのに、牡蠣は相変わらず固く口を閉ざしたままなのです。
さてどうしたらよいのでしょう。
私はホッキ貝もお店で処理をしてもらうほどで、自分ではやったことがありません。
小刀は持ったものの、どこに差し込んだらよいのか見当もつきません。
これは男の仕事です!

短気で不器用なオットーに任せたのが間違いでした。
思えば若い頃、彼のどさ回りの地は山間部ばかり。
海辺の町では暮らしたことがないので、魚介類に関する知恵も知識も全くありません。
空腹マックスの男はだんだん不機嫌になり
なぜか小刀をドライバーに持ち替えて貝の殻を叩き始め、その破片は台所の床一面に散らばり、
岩牡蠣は蓋を開けるどころかますます意固地になり、エキスは霧散し、挙げ句無惨な姿に・・・
とっておきのワインも開けるつもりだったのに、精魂使い果たし疲れきった我らです。

私はふと、古い映画の有名な一節を思い出しました。

 …どうしても生まれ代わらなければならないのなら、私は貝になりたい……

もし生まれ変われるのなら一切の人間関係のしがらみを遠ざけ、戦争も徴兵もない深い海の底で静かに生きたいという、無実の罪で囚われて戦犯となり死刑宣告された主人公が最後に到達した境地です【私は貝になりたい
なんと寂しく強く哀しい思いでありましょう。
岩牡蠣もまた、何者をも寄せ付けない強靭な魂の持ち主と見ました。

オットーからは「二度と殻付きの牡蠣は買ってくるな!」と、理不尽な約束をさせられました。
また一歩グルメの食卓から遠のいた我が家です。



さて『孫にも衣装』シリーズのご紹介。
ともしびちゃん(孫・仮名)のことを忘れて別世界旅行をしていたことを反省しながら作った夏用キュロットスカート二点です。
右側のフリルいっぱいのスカートは難しくて、完成までかなり頭を悩ませました。


     




コメント (8)

60日間世界一周旅行

2014-05-10 09:40:00 | Weblog
長い間無断でcafeの方休業しておりました。
さては病気か?入院か?死んでしまったのか?」とメールをくださった方もおり、
実はそのメールもPCの不調で読めなかったりと、あちこちに大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

皆さまがたには内緒にしておりましたが、この間nihaoは世界一周旅行に出かけて留守をしておりました。
「またいつもの冗談に決まっている!」「もう絶対に騙されないぞ!」「そんな金あんのか?」
かまびすしい皆様方の声が聞こえて参りますが・・・いや、これは事実なんです。嘘でも夢の話でもありません。
以前から計画していた訳ではないけれど、突然格安の『60日間世界一周旅行』のお誘いがあり、体調もよかったので元気なうちに参加しようと急遽決心した次第です。

格安ツアーだったので貯金をかき集めれば夫婦揃って行くことは出来たのですが
オレはいい。おまえひとりで行ってこい!
珍しくオットーが遠慮してくれました。ホッ。
私にとっては、心地よい孤独感と開放感を満喫する最高の旅となりました。


実のところ今年度不運にも我が家には、17年に一度の自治会班長の当番という大厄、じゃなかった大役が回ってきました。
市の広報の配布、自治会費や共同募金の集金、回覧板の回収とかなかなか忙しく、60日間も家を留守にすることは絶対的に無理でした。
そこで今回はオットーの犠牲的精神に甘えることにいたしました。
この機会を逃したら、二度と世界一周旅行など出来ません。
人生には思い切った決断が必要なのです。

友人たちは、老いた夫を二ヶ月間もひとりにして平気で遊び歩く私に呆れ顔でした。
留守中オットーの体調が急激に変化することも考えられます。
私とて決して心たいらかなる旅立ちなどではないのです。
皆さ~ん、オットーをどうかよろしくお願いします!
涙まじりの声で頭を下げてお願いはしたものの、友人たちの反応は冷ややかでした。
しかしすぐにオットーのことはきれいさっぱり忘れてしまいました。
それほど楽しくスリリングな魅力に溢れたツアーだったのであります。

今回の格安世界一周旅行では、もれなく五大陸を回りましたが、ヨーロッパやアメリカ合衆国には寄りませんでした。
普通の旅行であるならば決して行かないオーグリードプクランドウェナエルトナドワチャッカなどの神秘と謎に満ちた地域を訪ねるのがこのツアーの一番の売りだったのです。
どうでしょう。これらの国の名前をお聞きになったことがありますか?
世界の秘境と言われている地ばかりなので、飛行機や豪華客船を利用するわけにはいきません。
筏(いかだ)に乗せられたり砂漠やジャングルの中を長時間歩かされたりしたこともありました(だから格安?)
外的危険には自分で対処しなければならないので、胸には常に護身用の短剣を忍ばせておりました。

ああ、しかし、かの地の風景のなんと息を呑む美しさだったことか。
動物園にはいないような鳥や獣たち、植物図鑑にも載っていないような珍しい花や樹木もたくさん見ました。
今まで一度もテレビでは報道されたことのない不思議な種族とも交流を持ちました。
その中には屈強な肉体を持ち、いまだに闘いを好み力を尊ぶ民族(オーガ)もいれば、歌と恋に生きるエレガントで感受性豊かな民族(ウェナ)もおりました。
世界には私の知らないことがまだまだたくさんあるのです。

私は毎日、疲れも知らずどん欲にこの旅を楽しみました。
朝は早くに目が覚めて、夜はぐっすり眠れました。
正直こちらに戻って来るのが嫌になり、このままオーグリードかエルトナに永住してもよいと真剣に考えたほどです。
でも結局帰ってきました。後ろ髪引かれる思いでした。

さて以上がnihaoの60日間世界一周・・・ん? も、もとい 60日間世界一周旅行ドラゴンクエストX・目覚めし五つの種族】の顛末記です。
年甲斐もなくオンラインゲームの別世界に夢中になり正気に戻るのに時間がかかってしまいました。
ご心配おかけしてごめんなさい。










コメント (18)