日々のつれづれ

毎日のちょっとした事、感じた事を日記代わりに書き記しておきたい。
日々、うららかでありますように。

老いる覚悟

2017-04-21 | 趣味の時間

老いる覚悟 (ベスト新書) ちょっと良い本だよ、と言われて手に取ってみた「老いる覚悟」

私より17、8歳も年長の森村氏だが、まだまだお元気なのだろう。

老いても社会との接点をもとう、それも覚悟だと著者は言う。

それはそうなのだろうが、社会との接点を持つことができる体力と気力があるうちは大きな問題は無いのだ。

 

『孤独死や孤立死は最も不幸な死だ。家族や人生の戦友や仲間から置き去りにされる寂しさに耐える覚悟なき余生は無責任な孤立死につながっていく(159ページ)』
と氏は書いているが、誰も孤独死したいとは思っていないだろう。
体力が衰え、外出もままならなくなる。
子供たちも遠く離れ、兄弟も近くにはいない。頼りたくても頼れる人がいない。覚悟なんて言わなくても受け入れるしかない。そんな状況にある人もいるのだ。



私の父は6年の施設での生活の後、最期は病院で迎えた。

母に先立たれたあと5年も生きることができたのは施設のスタッフさんが良くして下さったこともあると思う。とても良くして頂いたのだけれど、それでも私は施設には入りたくない。

母はヘルパーさんの助けを借りて一人で生活していたが、最期は突然やって来た。

その前日、私は母の病院に付き添い、銀行で支払いしたいと母が言うので銀行に寄り、近くのファミレスで一緒にパスタを食べた。

翌日10時頃、お昼を用意して母のところに行こうと考えていた時に電話が鳴った。義妹から母が倒れているという連絡だった。

すぐ実家に向かったが既に息は無かった。朝起きて、着替えをしているところで倒れたのかもしれない。カーテンは引かれたままだった。思い出すといまでも切なくなる。

 

 
夫を送ったあと、一人で生活している私を子供が訪ねてきて、冷たくなった私を発見する。それは死後何日か経っているかもしれない。

認知症になったり、寝たきりになったりしないで最期は孤独死も辞さない。

それが私の老いる覚悟だ。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Hちゃんのお泊りと班長会議

2017-03-17 | 夫と子供と孫のこと

何もしていないのに体がだるい。夜は起きていられない。

そんな状態で過ごした今週だったが、今朝ラインがきた。息子からで、土曜日にHちゃんが泊まりたいと言っているがどうか、というもの。

Hちゃんは先週も来た。出かける予定があるが、Hちゃんは「おばあちゃん家に行きたい」と言ったらしい。大型スーパーで夫としている時に息子から着信があった。夜は出先で食べる予定なので夕食も食べさせてほしいという。

パパに連れられて来たHちゃん。今日は遅くまでいられると嬉しそうに言う。

特別なことは何もしないのに、どこが良いのだろう と思うけれど、そう言ってくれるのは嬉しい。

冬休みに我が家に泊まったHちゃん。

「休みに、また泊まりたいけど良い?」と言っていたので、近々泊まりに来るかなとは思っていたのだが、一日過ごした一週間後とは思わなかった。

 

ところで、今日は18時から町内会の班長会議がある。新・旧の班長が集まって、これが旧班長としての最後の仕事になる。これから班長になるという、一年前の今頃は憂鬱で仕方がなかったが、これで最後と思うと気鬱さはない。ただ夜の集まりなので、夕食の準備をしてから出かけなければならないのが面倒だ。いまは帰宅の早い夫が出席してくれれば楽だけれど、そうはいかない。

それでも班長も今月で終わりだリラックマ、ばんざい デコメ

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

和菓子のアン

2017-03-03 | 趣味の時間

昨日、目薬が無くなりそうなので眼科に行ってきた。10時に病院に入って終わったのは11時半過ぎ。診察が終わったら図書館に行きたいと思っていたが、疲れたしお昼も近い。一度家に戻ったら出かけるのが億劫になって日を改めることにした。

 

先日、娘が面白いとブログに書いていた「和菓子のアン」。

いつもと違う図書館に行ったときに「新着・寄贈の書架」で見つけて借りることができた。とても読みやすい本で、登場人物もなかなかユニーク。主人公の女の子と、同じ和菓子屋さんで働くちょっと女性的な男の子の、二人の関係の今後はどうなるのかな・・・なんて思いながら読了したのだが、続編があるのだと、これも娘から情報を得た。

この本の作者は坂木司さん。

初めて読む作家さんでこれまで知らなかったのだが、続編の「アンの青春」の予約を入れてみると私は351番目。結構ファンがいるのだ。

実は、作者名を最初に見た時「坂本司の作品は読んだことがある」と言った私。

「坂本ではなく坂木」と訂正された。

坂本司という作家はいない。何を間違えて読んだことがあると思ったのだろう。多分『司』という名前に食いついたのだ。拓未司さんの「禁断のパンダ」を読んだことがあって、姓の方を覚えていずに、司という名前に反応してしまったのだと思う。それにしても坂木と拓未では全然違うよね。

あ~恥ずかしいキティ、恥ずかしい… デコメ

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

医療費控除

2017-02-17 | 家計を考える

昨年1月から12月までの我が家の医療費は21万円弱ショッピングだよ。高い デコメ

一昨年の医療費は二人併せて16万円だったので、昨年は5万円も多く掛かったことになる。

 

私は病院に行かない方だと思っていたけれど、昨年の私の医療費は6万円くらい。その前年よりも1万円増加した。昨年は白内障の診断を受けて眼科との付き合いが始まったし、歯の治療もあったからね。それでも平均して月5000円の病院代は、この年にしたら多くはないのかも。

一昨年は11万円だった夫の医療費は、昨年は15万近くなった。6万くらい支払った私の2.5倍 でも病院代は削れない。せめて医療費控除の申告をして税金の支払いを減らさなきゃキティ デコメ

昨年はPCで作成した申告書を封書で送った。しかしマイナンバーが導入された今年、マイナンバーカードの作成をしていない我が家は申請に際し本人確認が必要だ。

仕方がない。確定申告書は国税局ホームページで作成したので、税務事務所まで持参することにした。夫が休みになる水曜日に行ってくるつもりだ。

 

※ ちなみに医療費の計算に交通費は入っていない。車で行くので駐車料がかかる病院もあるのだけれど、1回100円なので入れていない。医薬品も購入額が少ないので割愛している。記事の金額は病院に支払った代金のみになる。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

雪まつり

2017-02-02 | Weblog

今年の雪まつりは会場によって開幕日が違うようだ。大通会場は2月6日開幕。つどーむ会場はそれより早く、2月1日に開幕した。毎年雪まつりに合わせて遊びに来ていたUちゃんだが、小学生になったので今年からは来られない。

開幕初日の昨日の天気はまあまあ。時々雪が降ったけれど最高気温はプラスになった。しかし雪の影響で午後から空港の離発着に遅れが出て、さらに夜になって風が強くなり吹雪模様になった。

今年は例年に比べて雪による欠航や遅れが多いような気がする。Uちゃんは「冬休みにも行きたいです」とハガキをくれたけれど、冬の来道はやっぱり心配アンパンマン、心配だよ… デコメ

 

明けて、2日目の今日は凍えるような寒さ。大通会場が開幕するころは、いつも気温が上がり雪像の管理が大変になるのだが、果たして今年はどうだろうか。

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ことり

2017-01-16 | 趣味の時間

これまで年に100冊ほどの本を読んでいたが、昨年は90冊を切った。その中で特に印象に残ったのは小川洋子さんの「ことり」

次の文章で物語は始まる。

小鳥の小父さんが死んだ時、遺体と遺品はそういう決まりに則って手際よく処理された。つまり死後幾日か経って発見された身寄りのない人の場合、ということだ。

彼が小鳥の小父さんと呼ばれていたのは、長い間幼稚園の小鳥の世話をしていたからだ。
両親は早くに亡くなって、彼は独自の言葉を話すお兄さんと暮らしていた。お兄さんの言葉を理解できるのは彼だけだった。彼はゲストハウスの管理人として働き、度々お兄さんと幼稚園の鳥小屋を見に行った。
ある日ひとりで小鳥たちを見に行ったお兄さんは、鳥たちを見ながら亡くなった。

一人で暮らすようになった彼は、これまでよりも小鳥たちに近くなった。これまでよりも少しだけ他の人との関わりが出来た。心を寄せる女性にも出会ったけれど、その女性と会えなくなっても黙って受け入れた。

そして物語の終わりも、静かに訪れた。
彼がメジロを保護したのは偶々で、メジロが元気になったら放してやろうと思っていた。鳥は空を飛ぶものなのだから籠に閉じ込めておいてはいけない。
「明日の朝、籠を出よう。空へ戻るんだ」とメジロに話しかけ、ひと眠りする積りで目を閉じた彼は、二度と目覚めない眠りに落ちた。

 

こんなにも静かで、でも心を打つ物語があっただろうか。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

孫との時間

2017-01-10 | 夫と子供と孫のこと

横浜のUちゃんから送られてきた年賀状。左はパパとママ、Uちゃんの三人の名前で来たもの。右はUちゃんの名前で来たもの。

頑張って描いた絵に感激したババ馬鹿です

 

我が家、新年の来客は無い。

息子家族はお嫁ちゃんの実家に泊りがけで出掛け、帰宅した翌日に我が家に来る。今年は4日に来て、孫Hちゃんはお泊りした。寝るときにおじいちゃんと3人で寝たいと言うので川の字で寝た。

翌5日から夫は仕事で、私はHちゃんと二人で夕方まで過ごした。お昼の準備を一緒にしたり、私の愛車の雪を落としてくれたり。いま、この時しか持てない孫との時間。

もう何年もしないうちに「お泊りする」とは言わなくなるだろう。

 

6日の夕方にパパが迎えに来て、Hちゃんは帰った。

7日は薬が無くなるので病院へ行き、予約していた本が図書館に入ったので午後から取りに行った。

スーパーに寄って帰宅したら、もう夫が帰ってくる時間。翌日からの三連休は野暮用があった。

 

ようやく日常が戻って来た今日。

午前中は半月ぶりの語学のサークルに出かけたので、これからスーパーに買い物に行かなければ

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

入居した?

2016-12-29 | 友人とか近所とか

昨夜からお隣に止まっていた乗用車は、今朝になっても止まったままだ

人の出入りには気づかないが、入居したのだろうか。荷物の搬入は済んでいると思うので、住み始めたとしても分からないかもしれない。

    

区長さんは転入者に町内会の説明と入会のお願いをする。そのために班長は、転入者があった場合は速やかに区長さんに連絡をしなければならない。

本当に入居したかどうかは分からないが年始まで持ち越すのはイヤだ。区長さんも気になっているかもしれない。

朝、市の広報誌が届いていたので各戸に配らなければならなかった。

外に出たついでに区長さんのお宅に伺って現状を話してきた。

 

何時入居になるのか気になっていたのは、区長さんに知らせなければならないから。

一年の終わりに気がかりが一つ片付いて、まずは良かった

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい隣人

2016-12-26 | 友人とか近所とか

2014年6月に奥さんが亡くなったあと、8月には売りに出た隣家。冬になっても空き家のままで、屋根に積もった雪が我が家を襲った事もあり、1年半経った2015年の11月に家は解体された。更地になったその土地が売れたのは今年の7月だったか。

暑さも過ぎた9月頃に建築工事が始まった。息子と同年代と思われる建て主さんが、建築責任者の方と挨拶に見えた。年内に入居したい と言って週末には様子を見に来ていた。うちの孫と同じくらいの子供もはしゃいで建築中の家の周りを駆け回っていたが、なかなか工事は進まず屋根材が張られる前に雪が降った。

それから一ヶ月が過ぎクリスマスまで一週間となった土曜日、ようやく工事は完了となった。

早ければ翌日に入居かと思ったけれど、その様子はない。それでは三連休になるクリスマス休暇かと思ったけれど、ご主人がちょっと荷物を運んできたのが見えただけで引越しの様子はないまま夜になった。

その夜、寝床に入ったら外で何か音がする。なかなか音が止まないので窓から覗いてみたらお隣の前に大きな車が止まっている。どうやら荷物を搬入しているようだ。

こんな時間に引っ越しなんだ と思いながら眠りに就いた

そして今朝。お隣の住人はまだ未入居。荷物だけ搬入したらしい

 

今年度、私は町内会の班長をしている。転入者があれば区長さんに連絡しなければならないので入居がいつになるか気になるのだが、年末の休暇まで入居は無いのかも。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

夜の外出

2016-12-22 | 趣味の時間

昨年から始めた語学サークルの先生が、急に母国に帰国することになった。学んだことを生かせる良い職が決まったのだと言う。先生のためには喜ぶべき事には違いないが、とても良い先生だったので突然の帰国は残念でならない。

それを聞いたのはレッスンの3日前で、次のレッスンのとき(13日)会員で話し合いの時間を持ってお別れ会をすることになった。忘年会シーズンでもあり平日でなければ予約が取れないので、翌週のレッスン日(20日)の夜に決定。全員が参加した。

実は私は夜が早いので夜の会には出たくない。普通の忘年会であれば不参加にしたのだが、先生のお別れ会では断れず参加した。

働いていた時はクリスマス会や親睦会などで夜の外出もあったが、仕事を辞めてからの夜の外出は夫と一緒の時だけ。娘から贈られるクーポンで二人でディナーを楽しむ時と夫の姉夫婦との会食。子供たちとの外食に限られる。

 

家族以外との飲み会は十数年ぶりで、楽しくなかった訳では無いけれどひどく疲れた。

普段は目覚ましが鳴る前に起きるのだけれど、次の朝は目覚ましが鳴って起きたのだった。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加