blog-cafe

マダムnihaoのフレッシュ搾りたてブログ。お気軽にお立ち寄りください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後の夜?

2011-07-27 13:03:00 | ももちゃん
パソコンのモニター中央部分に[コントラストを調整します]
と書かれた11㌢×4㌢の長方形の枠が突然出現しました。
この文字枠、5秒onの2秒offというせわしなさ。一日中点滅状態です。
コントラストを調整します・ウイルス?

 画面のど真ん中に邪魔ものが侵入しているとはいえ、7分の2拍子(?)で元に戻るのだから、その間隙を縫って進めば全く使えない訳ではありません。
スクロールしたり根気よくwaitingすれば使えます。
いや、むしろテトリスをする場合は難易度が上がってスリル満点! 
こんな楽しみ方もあったのかとちょっと驚いてしまった次第です。
でも願わくば現状と反対の2秒onの5秒offであって欲しかった。
その方がもっと使い勝手が良かったのでは...なんてのんびりしている場合ではありません。
モニターを買い換えることにして、マダム御用達の業者さんにお願いしているのですが、まだ持ってきてくれません。ぷんぷん!


 news!  連日の暑さ、老犬ももちゃん、ついにダウンか!?

 ももちゃんが台所でバッタリと倒れました。立ち上がる力もありません。
目を閉じ、あえかな息づかい。かなり苦しそう。
以前から、もういつ天に召されても不思議ではない状況です。

 「もしかしたら今夜が最後の夜になるかもしれないなぁ...」
オットーの素人判断に私も納得、覚悟しました。
一応ペットの葬儀社の電話番号も控えておきました。
今夜はずっと彼女の側について見守っていようと思いました。

 哀れさが募ります。切なくてたまりません。
どこか痛いところや苦しいところはないのでしょうか?
今までは死んだようによく眠っていました。
今夜ついに眠るように死んでいくのでしょうか?
ああ神様!死と眠りのあわいが曖昧であることに感謝します。
でもペットの死が、このように安らかで静かに訪れるものならば、飼い主としてこんなに喜ばしいことはありません。
私は小さな彼女をひしとかき抱き、最後のお別れを言いました(お別れの言葉って、生きているうちに聞いてみたいものよね)
ももちゃんの身体は一回り小さく軽くなったような感じがしました。





「ももちゃん...
今までたくさんの幸せをありがとう。
あなたのおかげで我が家はいつも笑いが絶えませんでした。
感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
あなたはお手もお座りも出来なかったけれど、可愛さだけは満点でした。
ヒト語だってたくさん理解出来るお利口さんでした。
あなたを忘れることは、決して決して....」


 感情が高ぶってきて涙が溢れ出てきました(まだ生きているのに!)
そして一方で冷めている私がいて、このようなドラマチック劇場を演じる自分を恥じてもおりました。
それにしても我らの17年間の濃密な関係に対して、なんと月並みな言葉しか浮かんでこないことでしょう!
これではももちゃんを満足させてあの世へ送り出すことは困難です。

 まだ生きているのにお別れの言葉を述べるのはやはり時期尚早でした。

 翌朝四つ足ですっくと立ちあがったももちゃん、いつもと同じように元気に家の中を散歩し始め、いつもと同じようにご飯をたいらげ私たちを驚かせました。
「意地でも死ぬものか!」と我らをあざ笑っているかのようです。
そして今日も元気です。

 ももちゃん、長生きしてください。だからといって...
    
           死んだふりをするのはやめましょう










コメント (11)