blog-cafe

マダムnihaoのフレッシュ搾りたてブログ。お気軽にお立ち寄りください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岩牡蠣に苦しむ

2014-05-22 09:20:00 | グルメ

          



我が家の食卓に岩牡蠣が上る季節となりました。
と書くと、なんだかいつも食べているような誤解を与えてしまいますが、実は初めてです。
面倒なことになるとは予測もつかず、安かったのでつい買い求めてしまいました。
震災以後やっと市場にも三陸の貝類がたくさん出回るようになりました。
ホッキ貝ホヤも安くなり嬉しい限りです。

冬に食べる牡蠣をマガキ、夏に食べる牡蠣をイワガキと言います。
牡蠣は「一旦岩などに付着すると、一生ほとんど動かないため、筋肉が退化し内蔵がほとんどを占めている(by Wiki)」らしいのです。
ああ、岩牡蠣は私の人生(暮らしと習慣)になんと似ていることでしょう。
そこはかとなく親近感を覚えます(いや、それではアカンのですが)

電子レンジでチンして、シンプルにポン酢で頂くことにしました。
磯の香りいっぱいのふっくら、つるんとした大ぶりの乳白色の身を想像すると甚だしく食欲が増してきます。
ところが熱を加えればホタテのようにパカンと殻が開きすぐ食べられると思ったのに、牡蠣は相変わらず固く口を閉ざしたままなのです。
さてどうしたらよいのでしょう。
私はホッキ貝もお店で処理をしてもらうほどで、自分ではやったことがありません。
小刀は持ったものの、どこに差し込んだらよいのか見当もつきません。
これは男の仕事です!

短気で不器用なオットーに任せたのが間違いでした。
思えば若い頃、彼のどさ回りの地は山間部ばかり。
海辺の町では暮らしたことがないので、魚介類に関する知恵も知識も全くありません。
空腹マックスの男はだんだん不機嫌になり
なぜか小刀をドライバーに持ち替えて貝の殻を叩き始め、その破片は台所の床一面に散らばり、
岩牡蠣は蓋を開けるどころかますます意固地になり、エキスは霧散し、挙げ句無惨な姿に・・・
とっておきのワインも開けるつもりだったのに、精魂使い果たし疲れきった我らです。

私はふと、古い映画の有名な一節を思い出しました。

 …どうしても生まれ代わらなければならないのなら、私は貝になりたい……

もし生まれ変われるのなら一切の人間関係のしがらみを遠ざけ、戦争も徴兵もない深い海の底で静かに生きたいという、無実の罪で囚われて戦犯となり死刑宣告された主人公が最後に到達した境地です【私は貝になりたい
なんと寂しく強く哀しい思いでありましょう。
岩牡蠣もまた、何者をも寄せ付けない強靭な魂の持ち主と見ました。

オットーからは「二度と殻付きの牡蠣は買ってくるな!」と、理不尽な約束をさせられました。
また一歩グルメの食卓から遠のいた我が家です。



さて『孫にも衣装』シリーズのご紹介。
ともしびちゃん(孫・仮名)のことを忘れて別世界旅行をしていたことを反省しながら作った夏用キュロットスカート二点です。
右側のフリルいっぱいのスカートは難しくて、完成までかなり頭を悩ませました。


     




コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 60日間世界一周旅行 | トップ | ともしびちゃんが来た! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うらら)
2014-05-22 13:07:42
私の人生も牡蠣のようなものです。ほとんど動かず生活しています(^_^;)
牡蠣のような私、牡蠣を食べるのは大好き。稀に我が家の食卓にも上ります。
レンジでチンして、名前は知らないし説明も難しい、専用のステンレス製のものでほんの少しゆるんだ殻の間にこじ入れて開けます。
その便利なグッズは、厚岸で牡蠣を食した時に手に入れたような気がします。
nihaoさんにお送りしたいです。


ともしびちゃんの、ティアード型のスカートもキュロットなのですか!色もデザインも可愛くてステキ。
うららさんへ (nihao)
2014-05-22 17:55:59
>専用のステンレス製のもの
ああ、やっぱり専用のアイテムを使わないとダメなのですね。
たまにしか出番のない道具にはお金をかけたくないと思ってしまいますが
グルメを追求するにはそれなりの道具が重要になってきますよね。
今年はホッキ貝もすごく安く出回っていました。
ホッキ貝にも専用の道具があるみたいなので、今度海辺の町に行ったら買って来ます。

スカートはどちらもキュロットです。
可愛いものを作っている時は、たぶん幸せそうな顔をしていると思います。
Unknown (panco)
2014-05-22 21:02:42
岩牡蠣はとても美味しいですよね~ !
獲るのも大変な作業だとか・・・
実は、私岩牡蠣剥きの達人なのです。まずは軍手を装着後、ナイフを差し込みますが、このナイフは身近ではパレットナイフ、もしくは洋食器のフォークとセットのナイフが良いようです。
そして、殻をじーっとみつめているとここが隙間かな?というところが見つかりますのでナイフを入れますが、その時、こじ開けてはいけません。殻の内側に沿ってナイフを差し込んでいくと貝柱とおぼしき抵抗がありますので、それを切り離します。それから殻を持ち上げると外れます。
慣れると意外に楽しいのですが、牡蠣工場に就職しようかと考えを巡らしはじめた頃には終わっています・・・。
ところで、サーキュラースカートのようなキュロット、大変だったと思います。
その甲斐あってとてもかわいい~♪
グレード高いプロ仕様の一着ですね !
Unknown (nihao)
2014-05-23 09:30:03
おお~っ、お見事!
お見事なのはpancoさんの解説力です。
岩牡蠣のこじ開け方を、このように臨場感たっぷりの文章力で説明してくださるとは。
写真も動画もないのにそれ以上(笑)
ありがたい!もちろん洋食器のナイフならあります。
なんだか私にも出来るような気がしてきました。再挑戦してみます。

>グレード高いプロ仕様の一着ですね !
名人に褒めていただいて嬉しいです。
今日はなにかよいことがありそう
Unknown (およよ)
2014-05-24 12:38:05
以前 戴いたイワガキは殻付きだったんですが
あまり苦労した記憶が無いので おそらく
洋食ナイフで開けたんだと思います。

平たい面(?)を上にして 後はpanco様とほぼ同じですね。
じっと見つめて空隙を…は、たぶん薄い方をゴリ押ししたような…私でもできたんですから、nihao様なら絶対、大丈夫ですよ!!

キュロット、かわいいですね~
さすが、、、の一言です!
ともしびちゃんが着て遊んでる姿が目に浮かぶようです!!
Unknown (nihao)
2014-05-24 18:23:44
美味しそうな岩牡蠣を前にして焦りすぎたかな?
平たい面は上にしたのですが、たぶん観察力不足です。
どこが隙間か全然分からなかった。
そう言えば以前ホッキ貝の開け方を教えて頂いた時
、必ず一カ所隙間があると言われました。
隙間さえなければ、貝はまだまだ長生き出来るのに・・・可哀想にと思ったことがあります(笑)

「孫にも衣装」、次の予定は夏用のワンピースです。
可愛くて簡単なデザインを思案中。
Unknown (すずめ)
2014-05-31 10:23:49
私も牡蠣大好きで~す。
食べるのみで、開ける事など、まったく知りません・・・
よくテレビなどで、なんかをグっと突っ込んでいるのを見たことはありますが。
コツというかツボというか、ポイントがあるのでしょうね。

孫ちゃんのスカート、またまた素晴らしいですね!
フリルが可愛い~!
Unknown (nihao)
2014-06-02 05:42:15
お返事が遅くなりましてごめんなさい。
ちょうど、ともしびちゃん親子がやってきて1週間滞在していたところでした。
1歳半の活発な時期で目が離せず、楽しかったのですがほとほと疲れました。

殻つきの牡蠣はなかなかの曲者です。
しかしこれに懲りずに、みなさまのアドバイスを参考にして再挑戦しようと思っています。
なんと言っても美味しいし、それ以上に三陸の海が元に戻りつつあるのが嬉しいです。

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事