抵抗戦線

ブログを使用しての種々の論考

詩305 その2

2011年03月30日 20時03分34秒 | 政治論
 つまり圧倒的物量と豊富な資源乃至陸続として連なる人民軍を抱える大国というものはその数と量において他を完全に凌駕する故にこそその文民統制乃至世界性へのパースペクテブを確固として有する絶対的理由と義務があり、ここを欠けばあらゆる諸国あらゆる人民の共通にして明らかな敵とみなさなければならない。すでにして国際司法などというものの無力さは証明済みだ。多国籍軍がいかに各国の利害関係に左右されるかとうに暴露されている。彼らの偽りの握手を見逃してはならない。アメリカ文学が19世紀で止まっていることを重大視しなければならない。この国はホイットマンの一行を完全に見失っている。「詩人を有しない民族」はその国力に反比例して文化的不毛性に陥る。多くの文化人をラーゲリに追いやったソ連は100年持たずに崩壊した。中国のことはいうまい。この国が1000年革命を実践するなら現今の理由ある矛盾に寛容たらざるを得ない。しかしアメリカはその途轍もない情報戦争を勝ち抜いた膨大な実質的蓄積に支えられて到底余人の追随を許さないのであり、寄ってたかっても勝ち目はあるまい。だからこそ非力にして持たざる国の人民はこの国には決して精神的優位という財産において敗北しないだけの理論と思潮と人民主義を鍛錬練磨熟成させる知的作業を怠ってはならない。(中断)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩305

2011年03月30日 17時07分24秒 | 政治論
 極東裁判の功罪はすでに様々な論議の中で論点が洗い出されたのかと思うが、一方イラクやアフガンあるいはリビアなどと勿論反対に結果としては真逆な不成功に終わったばかりかその後遺症さえ引きずることになったベトナムやら、所謂近代から現代に至る欧米列国の世界史における歴史的行為につき公明正大に率直に論議することは意外と疎かだという事実から、国際連携などという欺瞞、グローバリズムなどという取って付けた偽物の世界史観を大鉈でぶった切って、はっきりと実態を見極めようとするとどうやらこうした物質世界に決定的に欠けている精神の優位性こそ、哲学文学人文科学が命がけで奪取すべき最大の目標だといっていいのだ。恐らく政治への絶望を精神の崩落と勘違いしている。むしろとりわけ21世紀における10年ほどの世界の暗澹たる情勢は精神の無力感によっている。カフカの箴言「この世には精神の世界しかないという事実は人間から希望を奪って確信を与える。」東北の無力な寒村農漁村を無慈悲に襲撃した大地震大津波は未だに発見覚束ない遺体の捜索さえ放射能に阻まれ、磐石に見えた東日本の岩盤を徹底的に根こそぎ揺るがして、未だかつてない悲惨な歴史を刻もうとしているが、殊更大関東震災を脅威視するものではないとはいえ、「日本沈没」だけはどうにか食い止めているとして、今ここに思考するに世界は一体その精神の歩みをどこに定めているのかと、沖縄のヤンバルの森を眺めながらただただもどかしい思いに地団太踏む感じだ。何故なら多分現今世界を席巻しているだろう欧米的精神についてアジア的東洋的観点からして大変な不条理矛盾を見るにつけ事は極東裁判に始まってその見え透いた不当性、は勿論、評価のなかにつきまとう非妥当性やみるからに欺瞞を抱懐する彼らの主張などは柔軟なアジアの目にも余るということだ。つまりは敗戦国たる日本の当時の事情が拙速に戦後を選び取ったという功罪は別として、裁判が持つ「人道的規範」のでっちあげがもしそうでないというのなら当然アメリカの無差別爆撃、沖縄住民絶滅戦闘、そして原爆に関してまさに重大案件として争点化すべきだったに関わらず一切不問に付されたこのでたらめさは、戦後世界の精神的堕落を準備した大罪といっていえなくない。何故このような偏頗で不公平な世界史が現代の開かれたはずの自由で民主的な精神において何食わぬ顔で横行するに至ったかについては多分多くの世界の著名な文芸作品やら論文がいみじくものたまうているように人間の行為はその複雑怪奇な部分において古代からなんの進歩も改善も勿論革命もありえなかったのであり、その残虐さや嫉妬偏見妄想の類には本然の性根に巣食っているものとしてとらえるしかない事実だ。(中断)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩304

2011年03月29日 13時45分08秒 | 政治論
 東日本は今や、敗戦後まもない焦土と化した日本のように、精神も肉体も物資も金も丸裸にされ、なおかつ放射能の脅威に故郷を追われ活計の具さえ奪われ、それでも「非常事態」を宣言して復興の起死回生を図るための手立てを駆使しようとしない暢気な政権から基本的人権の確保もおぼつかぬ状態で今後いかにして再生するかと模索し始めるのだが、かつて関西大震災の時にはこれほど大規模には被害が拡大しなかったせいかいつのまにか過去の記憶に入らんとしているかのように思われるとはいえ、時を隔ててこの二つの大地震から戦後日本の新たな歩みを期待するのは余りに希望的過ぎようか。今まさに益々その不気味な侵攻をやめようとしない放射能の影響からは逃れようもない。つまりは明日の命も知れないというが正しいのであって、今後に何かを期待するなんてのはどうかしているということだろう。図らずも沖縄移住を果たした彼が、わずか4,5年の間に強烈に印象付けられた「沖縄戦」「米兵犯罪の実態」「基地負担のこの国に於ける沖縄の過重すぎる偏頗性」「日本における沖縄差別」は今この国の東でおきてやがて日本中いや世界中に被害拡大しようとしている天災人災と少しも変わらないと思っているところだ。彼は全然感傷的ではなく本気でそう思っている。もしこれが彼のこの国と沖縄と東北関東の人々に対する現実に感じているものだとして、一体この沖縄で人間の行為として何が実質起きてしまったのか、と彼はいぶかる。彼自身経験さえしてない沖縄の悲劇とはこんなにも恐ろしいことだったのかと思わず慨嘆する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩303

2011年03月24日 09時59分30秒 | 政治論
 原発の予測された緊急事態に対する全くの徒手空拳は近代機械文明の人間的消化と吸収のないままに見切り発進を続けた当然の結果でしかなく、その最も重大な過誤は日本に落とされた二つの原爆に端を発したアメリカ主導の現代国際社会の不健全な覇権主義者共と非人間的な合理主義(非民主的暴力主義的機械的征服主義)者の唾棄すべきエゴと思い上がりと傲慢、が因源であろう。リビアに対する苦渋の選択などという言い訳は、原爆投下を悠々と命じたトルーマンのすっとぼけた指導者ずらからなんらの権力的内省もないまま経過したアメリカ戦争待望論者どもと少しも違わないのだ。日本の思潮がアメリカを目の前に腰砕けた現状で、日米軍事同盟は無論のこと、アメリカが犯した数々の大罪を白日の下に曝し、この国を世界の主要なオピニオンリーダー群から外す作業を、真面目に正確に実行すべきと考える。福島県は今や実質上ゴーストタウン化するのは目に見えているし、関東首都圏も逃亡避難移住者を増やし、さながら第三次大戦の様相を呈している。大地震大津波は天災とあきらめるしかないが、原子力の脅威は完全な人災でありその責任は途轍もなく重い。この未曾有の大災害が人間に与えた試練は尋常な対応で済む訳がない。まさに東電の経営者が頭をペコリと下げて終わる話じゃないのだ。原爆で黙した日本の思潮と、原発を「予期せぬ事故」化しようと企むエゴイストどもを徹底的に糾弾し、嘘で固めた政治と縁を切り、正当な自己主張ができる真人間になることだな。そこの、アメリカに尻尾を振るやせ犬君よ。戦争準備基地をこしらえたはいいが結局自然災害のまえには戦禍以上の惨状をみたではないか。きみらの大嘘は見え透いている。いずれにしろ現在未来の日本国民の恐るべき境遇から死んでも目を離すんじゃないぜ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩302

2011年03月22日 12時51分15秒 | 政治論
 福島では反原発以外にいかなる原発交渉も許容しないだろうが、この国と東電は沖縄普天間問題のように「説得」を続けるということになろう。そして日本中に普天間的確執を無際限に実行するにちがいない。相変わらず国家専権事項たらしめ強制執行を繰り返す、この国の民主主義って一体何だ?歴史的誤謬たる原子力の危険な「平和利用」思想は、むしろ無辜の民を地獄に落としたあのおそるべき原子爆弾に対する何らの反省も後悔もないアメリカ始めとする全世界の似非「進歩主義者」たちの傲岸不遜から発したことは明白ではないか。(中断)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩301

2011年03月22日 09時18分28秒 | 政治論
 アメリカ主導の今世紀におけるあらゆる規範基準という括りをすれば例えば戦争、例えば原子力、あるいは「民主主義」、など、あるいは「自由」というものは、恐らくは第二次大戦の戦勝という上げ潮に乗ってこの大国が大概は世界基準の枠に入るはずのスタンダードさえ通常の国際的ろ過装置を通すべきところ、「見切り発進」を繰り返すことで大方自家薬籠中のオリジナル特許化してしまったという事情がある。今更その功罪を論うこともないが原爆、無差別爆撃、内政干渉、原発のイニシャチブ、等々、今世紀の多くの罪過がこの国の傲慢に由来することを憂慮しなければならない。この国の手と足が刻んだ世界の爪あとを吟味し詳細かつ正確に断罪し、彼らの中に明瞭に巣食う悪魔を退治ること、それは彼等自身のためでもある。(中断)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩300

2011年03月21日 20時39分02秒 | 政治論
 被災者の沖縄移住は現実味を帯び、2万人を数える通常の移住者に加えて暫定的な滞在者がかなりの数に上ることになろう。風、雨、流水その他の運搬媒体を通して、又移動する国民の身体付属品などを通して徐々に規定値を超える放射能が日本中または世界中にばら撒かれる事態が必ずしも絵空事ではなくなってきた。未曾有の大災害は最早原発の想定外の事態によって東北関東にとどまらずあらゆる流動体をもって世界規模の災厄と化すに違いない。つまりは誰でも「対岸の火事」的安全を保証し得ないわけだ。勿論隣人の被害を黙視していい人間性などどこにもない。リビアの空爆は無辜の民を必ず巻き込む。混乱と無秩序と傀儡政府という、イラクの惨状を繰り返すのだ。これがアメリカという征服民族の罪過である。彼らの自由と民主主義なる欺瞞に満ちた「言い訳」だけが世界を易々と欺き、似非クリスチャンぶりを発揮する。こいつらこそ人類の敵だ。21世紀の決定的な黒幕であり殺人ゲームの当事者である。そしてこいつらにグーの音も出ない日本の政治家どもは誰もまずは国民のためにはならない。(中断)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩299

2011年03月20日 14時08分51秒 | 政治論
 相変わらず理論的根拠のない論理性を欠いた右翼の腐れ放言がどういうわけかこのときとばかりに横行している一方、神の業も人事も、弱者においてその極端な悲劇を現実のものにするというのが真相であるにかかわらず一体にマスメデアマスコミ報道政府発表にあっては、かかる実態に付き如実に表現されたためしはないという事実である。我々が目にする記事は「軍事介入」という文言とこれを欧米が実践するという事実報道だがここになんらの「?マーク」もつかないあらゆるジャーナリズムの非情さを視聴者読者はいち早く感得するということだ。非情さ?そうではない、「事実の報道」という金科玉条を信じる余り、「事実」が有する内容を人間的に評価する普通の感覚を怠慢にもどこかに置き去りにしている。「軍事介入」は平和的解決を度外視した地平で決断され実行されようとしている。というよりもあらゆる「平和主義」「人道主義」への無通告開戦だ。どのみち国際間の協調連携連合などは大嘘であり、机上の戦争ゲームを欧米の覇権主義者どもが無感動に楽しんでいるに過ぎない。で報道は、これをさながら「正義の戦争」であるかのように彼ら各国指導者らのする、聞き飽きた「民主主義」強調演説をひけらかすことであらゆる情報傾斜に水流をあたえてしまう。右翼はこれに便乗する。よくできた自然発生の情報統制であろう。原発を巡る緊急事態時の情報統制は、この期に及んでいよいよこの国の欺瞞体質と自己保身政治家実態を浮き彫りにした。大災害が起こるたびに問題が表面化し重大化するこの危険な文明の利器は、やがてその決定的完全防御システムを開発実用化しない限り人類を滅亡に導く最先端をいくことになるが、いずれにしろこのような災厄が断続的に頻繁に世界中でひっきりなしに起こっているのを見ると、地球が活動期に入り、あらゆるマグマが噴出し始めたと表現しても強ち実態から遠くはあるまい。「無常観」は否応なしに運命の底流に染み込みだした。なんてね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩298

2011年03月17日 22時18分33秒 | 政治論
 沖縄の薄らトンかちどもはこの期に及んで米軍の存在価値を論じてやがる。反米も親米もくたばっちまえ。貴様らのような唐変木に被災者の飢えと寒さと途轍もない不安がわかるものか。都知事と一緒にどこかに消えちまえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩 297

2011年03月16日 11時04分57秒 | 政治論
 テレビの画面に映し出される被災地の惨状はさながら敗戦の焼け跡のようでびっくりさせられる。天災が神の業(わざ)ならば神はまさしく「最も弱い部分に完全に」現れたということなのか。この絶望的境涯にあって人はただ本来の人たるべくあるしかないのだろうか。被災者と非被災者の心情的生活感情的ギャップはまたしても日本人の精神の奥底を試している。沖縄は本土の非被災者と共に被災者をただただ傍観するのみなのか。基地被害の当事者たる沖縄県民はこの悲惨な現実を「対岸の火事」視してはならない。同じ精神の無際限な利己主義スパイラルにおちてはならない。辺野古に展開しているこの国とアメリカの強行突破の悪魔的殺人ゲームを憎悪と憤怒のまなざしで眺めるなら、同じように強行突破した原発の殺人的危険性の横行を激しく非難しなければならない。世界は恐らく現代文明の使用方法をある一点において誤ったのだろう。それが人間の人民の大衆の真に救命になるのかどうかを思考し試行したのかどうかだ。巨大地震と大津波が人間の尊厳を試している。こういう惨状を目の当たりにしてなお戦争準備基地を辺野古に展開しようというのか。どう考えてもこの国の政府とアメリカは間違っている。こいつらはどうみても人殺し集団だ。どの道このブロガーは混乱している。彼の身内も東北関東に当事者として生活しているが故に。(中断)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加