宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

研修している経営体を学ぼう!農業大学校生が相互訪問しました。

2017年10月12日 16時22分20秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 宮城県農業大学校では,毎年一年生が県内の先進農家の経営を学ぶため,約1か月間の体験研修を実施しています。亘理管内でも7名の農大生が9月4日から10月6日まで33日間研修することから,普及センターでは「みやぎ農業未来塾」を開催し,研修先の経営体の取り組み概要を研修生が相互に説明する場を設け,農業経営に対する理解を深めようとしました。
 研修生は,事前に研修先の経営の特徴や課題を聞き取りした内容を他の研修生に説明し,その後に,他の研修生から質問を受け回答しました。質問では,自らが研修している経営体との比較した内容が多く,お互いの経営体に関心を示していました。
 また,研修の受け入れ農家は,必要な場合のみ補足することとしており,農家の方は,研修生を見守りながら他の研修生と一緒に説明を聞いていました。
 研修終了後には報告会が開催され,今回の成果を更に高めた発表が期待されます。

<連絡先>
 宮城県亘理農業改良普及センター  地域農業班
 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

この記事についてブログを書く
« 新たな品目としてにんにくに... | トップ | 女性農業者組織が食育活動を... »
最新の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事