宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

きゅうりの環境制御技術の先進事例を学ぶ

2018年11月16日 16時00分04秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

  11月6日(火),登米市中田町で,JAみやぎ登米胡瓜部会と共催で平成30年度登米地域園芸特産振興研修会を開催しました。部会員等約40人が参加し,きゅうりの環境制御技術の先進事例を学びました。

 研修会では,福島県の実践者から,「環境制御技術導入によるきゅうり栽培及び経営の変化」について事例を紹介してもらいました。H27年に生産性の悪いハウスの技術改善を図るため環境測定装置+炭酸ガス発生装置,翌年に透湿性カーテンを導入したところ,病害や生理障害が減り,収量品質が大幅に向上したなど,経営の変化をお話されました。次に,農協の担当者から,「きゅうり生産現場での生産性向上に向けた取り組み」についてお話してもらいました。他品目担当時に環境制御技術を導入させた実績をもとに,きゅうり専門部へ導入を働きかけ,指導体制の構築,環境制御技術の普及,生産性と所得向上が図られたこと等紹介されました。

 総合討議では,費用対効果や数値のとらえ方,生産性向上は所得向上に繋がることなど意見交換を行いました。登米管内のきゅうり栽培は,環境制御技術を導入し始めたばかりで,今回の研修会で学んだ事例を参考に今後も勉強会を行っていきます。

 

<連絡先>

 宮城県登米農業改良普及センター  先進技術班

 〒987-0511  宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5

  電話:0220-22-6127   FAX:0220-22-7522

 


JA南三陸水稲講習会が開催されました

2018年11月16日 09時45分22秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

  管内では稲刈りが終わり,来年の作付けに向けた耕起作業が行われています。平成30年11月5日から11月9日にかけて,管内3地区(気仙沼,本吉,志津川)において,JA南三陸水稲講習会が開催されました。

  講習会の冒頭の部分で,普及センターから稲作情報最新号をもとに,今後の土づくりと難防除雑草対策について説明しました。その後,農薬・資材メーカーから,土づくり肥料,除草剤の使い方,いもち病と紋枯病等について説明がありました。

  生産者は,肥料や除草剤等について,講師と活発に意見交換を行っていました。出席した生産者は,「講習会に出て大変勉強になった。来年も良いお米がとれるよう頑張りたい」と話していました。

 

<連絡先>

宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班

〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階

TEL:0226-25-8069   FAX:0226-22-1606

E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

 


南三陸ねぎまつりを開催しました。

2018年11月15日 14時54分10秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

東日本大震災以降、復旧農地を中心に生産が年々拡大している「南三陸ねぎ」の知名度アップに向けて、11月11日、JAまつり(第43回気仙沼地域農業祭)内で「南三陸ねぎまつり」を開催し、「南三陸ねぎ」の販売とともに、ねぎ料理の試食やパネルを使用した紹介をとおして地域の消費者にPRしました。

当日は、天気にも恵まれ、多くの来場者で賑わいました。

試食として提供した料理は、「南三陸ねぎ」を主体に家庭で手軽に調理できることをテーマに、地元シェフが開発中の「南三陸ねぎのドライカレー」などで、試食した方々はレシピを手にとり、「つくってみたい」と好評でした。ねぎが苦手なお子さんが、「これなら食べられる!」との声に、早速、「南三陸ねぎ」を購入するお母さんもいらっしゃいました。開発中のねぎ料理は、レシピを年内に当所ホームページで紹介する予定です。

また、試食した来場者に対して「南三陸ねぎ」のネーミングの浸透度を聞き取り調査しましたが、およそ6割が「知っている」との回答でした。普及センターでは生産振興とあわせ、「南三陸ねぎ」のPRに取り組み、地元消費者を中心に南三陸ねぎの知名度アップに努めます。


「南三陸ねぎ」の料理レシピ開発に向けた試作料理検討会を開催しました。

2018年11月15日 14時47分40秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

南三陸ブランド農産物として産地化が期待される「南三陸ねぎ」は、平成25年2ヘクタールの栽培面積から平成30年は19ヘクタールと年々生産が拡大しています。普及センターでは生産振興とあわせて、「南三陸ねぎ」の利用拡大と知名度アップを目指し、ねぎ料理のレシピ開発に取り組んでいます。

料理レシピは、「南三陸ねぎ」を主体に家庭で手軽に調理できる料理とし、気仙沼市で地産地消に取り組むキッチン・スペース「夢の舎」(リアス・アーク美術館内レストラン)の協力のもとで開発しています。

11月8日、どのような料理のレシピを開発するかについて、開発者、関係機関とともに試作料理を試食しながら意見交換をしました。

試作料理は「白ワイン煮」、「万能ソース」、「フリッター」、「ドライカレー」の4品で、どの料理もねぎの特徴を引き出した美味しい仕上がりでした。

今回の検討会では、家庭で手軽に調理できることを考慮し、「ドライカレー」が最も評価されました。

ねぎ料理のレシピは、2品開発する予定で、今後、料理の選定と改良を加え、年内に県ホームページ等で公開し、「南三陸ねぎ」の利用拡大と認知度アップのツールとして活用します。


涌谷町産「金のいぶき」新米試食即売会が開催されました

2018年11月09日 10時46分48秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 日本で初めて「金」を産出した涌谷町では,機能性玄米食専用米「金のいぶき」を,高付加価値ブランド米として作付けを強化しております。普及センターでは,涌谷町産「金のいぶき」の生産体制確立に向け,栽培管理及びPR活動の支援を行っています。

 平成30年10月20日(土),21日(日)にはJR仙台駅東口EKITUZIにおいて,涌谷町 「金のいぶき」新米試食即売会が開催されました。当日は,「金のいぶき」の試食及び販売のほか,「旬菜とワイン、和酒の店 アルヴェル」による涌谷町産の「金のいぶき」や農産物を使用した料理の提供販売が行われました。

 今年は,夏場の猛暑や台風の襲来により栽培管理が難しい年でしたが,管理の徹底により品質も良く,「金のいぶき」を試食した方からは,「もちもちしておいしい」,「食べやすい」と好評価をいただきました。

 普及センターでは,今後も「金のいぶき」のブランド米定着に向けて支援していきます。

                                              

涌谷町産「金のいぶき」のリゾットを詰めた若鶏のインボルティーニ                  「金のいぶき」試食の様子

 

<問合せ先>  美里農業改良普及センター 地域農業班 TEL:0229-32-3115 FAX:0229-32-2225


「気仙沼市本吉産業まつり2018」が開催されました

2018年11月08日 11時25分20秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年11月4日(日)に「気仙沼市本吉産業まつり2018」が気仙沼市本吉総合体育館で開催されました。
 まず,開会式では,主催者あいさつ,祝辞,テープカットにつづき,この地域では恒例の「もちまき」があり,多くの参加者が,「もち」を競って取りあっていました。
 各ブースには,地域の農林水産物・食品などの販売,「南三陸米」の新米や仙台牛の試食,各種の体験イベント(アイスクリームづくり・木工教室,魚のつかみ取りなど)も開催され,あちこちで長い列ができていました。
 また,南三陸米図画コンクールに応募した,小学生が田んぼと昆虫などを生き生きと描いた図画も数多く展示され,興味深く眺めている姿も見受けられました。
 当日は晴天にも恵まれ,約7、000人の来場者があり,大盛況のうちに閉会となりました。

<連絡先>
宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班・先進技術班
〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階
TEL:0226-25-8068・8069   FAX:0226-22-1606
E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp


宮城・岩手県境3普及センター情報交換会が開催されました

2018年11月01日 09時27分19秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年10月18日,気仙沼市を会場に県境3普及センター情報交換会が開催されました。この情報交換会は,岩手・宮城県境で隣接する気仙沼及び一関,大船渡の農業改良普及センターが,各地域における重点課題などについて情報交換し,今後の効果的な普及活動に役立てるために行っているもので,今回は情報交換に先立って2か所の現地視察も行われました。
 現地視察の1か所目は,「グローバルGAPに取り組む先進的園芸経営体」というテーマで株式会社サンフレッシュ小泉農園を,2か所目は「復旧農地における新たな農業の展開」というテーマでシーサイドファーム波路上株式会社を視察し,それぞれの経営者から会社概要と現在力を入れて取り組んでいることについて説明していただきました。
 また,情報交換会では各普及センターの重点課題の中から1または2つの活動事例が紹介され,活発な意見交換が行われました。

<連絡先>
宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班・先進技術班
〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階
TEL:0226-25-8068・8069   FAX:0226-22-1606
E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp


6次産業化に向けた視察研修が行われました

2018年11月01日 09時22分30秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年10月12日に気仙沼市認定農業者連絡会の視察研修が行われ,亘理郡山元町でいちごの6次産業化に取り組んでいる「山元いちご農園株式会社」を視察しました。
 同社は設立当初,いちごの生産販売を行う会社でしたが,その後,いちごワインの醸造やいちご狩り,ジャムや乾燥チップなどの加工,バームクーヘンなどの新商品開発にも力を入れ,6次産業を軸にした総合農園を目指して取り組んでいます。
 参加者は施設規模の大きさや多様な事業内容に驚きながらも「ワインの加工を委託できるか」,「40名のパートの労務管理はどのようにしているのか」,「GAPを導入しているか」など熱心に質問し,6次産業化に限らず多くのことを学んだ一日となりました。

<連絡先>
宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班・先進技術班
〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階
TEL:0226-25-8068・8069   FAX:0226-22-1606
E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp


石巻地域いちごの環境制御勉強会を開催しました。

2018年10月29日 18時26分50秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

平成30年10月26日石巻地域いちごの環境制御勉強会を開催しました。勉強会には生産者やJAいしのまき営農担当者が参加し,いちごの環境制御手法などについて意見交換を行いました。
 第一部では,現地研修会として東松島市のいちごのほ場にて栽培状況の確認を行い,第二部では,本県園芸振興室による情報提供及び環境・生育データの検討を行いました。環境データの検討では,ほ場毎に温湿度,CO2濃度や天窓の換気設定,EC管理,生育程度などについて情報共有しながら,生産者が抱える様々な課題や対策について検討しました。「湿度」という項目一つでも,ほ場や時期によって状況は大きく異なり,現在の自分のハウス内環境を把握しながら,今後どのような管理が必要か考えることが重要です。現在は指標となる環境のデータに加えて,生育調査のデータも共有しながら意見交換を行っています。
 本勉強会が,同じ地域で同じ課題を持つ生産者同士の意見交換の場になり,更なる技術向上につながればと考えています。
 石巻地域いちごの環境制御勉強会は,全6回開催予定です。今後も多くの生産者が参加することを期待します。
 
<連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター 先進技術第二班
  TEL:0225-95-1435   FAX:0225-95-2999


カーネーションハダニ防除検討会を開催しました

2018年10月26日 08時25分26秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年10月22日に名取市閖上公民館と市内天敵導入生産者ほ場において,カーネーションハダニ防除検討会を開催しました。出席者は,名取市と亘理町のカーネーション生産者15名と関係機関3名でした。

亘理名取地区は,カーネーションの主要産地となっていますが,薬剤抵抗性のあるハダニが増えていることが課題となっています。そこで,ハダニの効果的な防除方法について,農業・園芸総合研究所園芸環境部関根主任研究員の講義と,ハダニの天敵であるミヤコカブリダニとチリカブリダニを放飼したほ場を視察し,天敵によるハダニの防除について検討しました。

  天敵の利用は,導入コストが高いことや,効率のよい防除体系が確立していないこともあり,生産者の感想はまちまちでしたが,夏季の暑い時期に薬剤を散布する作業が軽減されることにはメリットを感じているようでした。新たに導入を希望する生産者も現れ,今後の技術確立が望まれています。 

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143