宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

JA加美よつば管内の和牛成牛審査が行われました

2018年06月20日 08時00分15秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年6月8日に加美町の旧大崎西部家畜市場を会場として,和牛繁殖雌牛の成牛審査が行われ,JA加美よつば管内の生産者38名が飼養する45頭が受審しました。
 成牛審査は,公益社団法人全国和牛登録協会が定める「登録規定」に基づき行われており,黒毛和種の能力向上等のために,血統,体型や繁殖能力を審査した上で登録証明書が発行されます。
 審査開始前には集合した生産者に対して,大崎農業改良普及センターより本年度の新規基幹種雄牛の紹介を行うとともに,農作業事故防止等を呼びかけました。また,全農みやぎ畜産部からは,子牛市場の市況や出荷前子牛の手入れについて説明がされました。45頭の雌牛は,体重測定,体高,胸囲などの体型測定を行われた後,全農みやぎ畜産部職員が審査を行いました。
 JA加美よつば管内の成牛審査は2ヶ月ごとに開催されます。今後も,和牛改良や飼養管理の技術向上のために情報等を提供していきます。


<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      先進技術班
 TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910

 


この記事をはてなブックマークに追加

大河原町で春まきたまねぎの現地検討会が開催れました

2018年06月18日 10時49分26秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年6月14日,大河原町で春まきたまねぎの現地検討会が開催され,東北農業研究センター,岩手,秋田,宮城,山形,福島県の農業試験研究機関及び宮城県内生産者,県内JA職員,市町村職員等,140名が参加しました。
 始めに50aの現地実証ほ場で,播種から現在までの栽培管理状況について説明があり,続いて,播種及び定植時期を変えた,それぞれの作型におけるたまねぎの肥大状況について検討をしました。
 出席した参加者からは,たまねぎ栽培における作業機械や今後の乾燥,調整作業についての質疑応答があり,新しい栽培法について情報交換もでき,有意義な検討会となりました。

〈連絡先〉宮城県大河原農業改良普及センター
     TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138

現地検討会の様子  播種,定植時期の検討


この記事をはてなブックマークに追加

亘理町で自動運転田植機の実証試験が行われました

2018年06月15日 08時49分29秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年5月17日,亘理町内の1ha区画ほ場において,自動運転田植機を用いた現地実証試験が行われました。

 自動運転田植機は農研機構農業技術革新工学研究センターで開発され,自動操舵システムにより自動運転で直進と旋回ができ,往復の植え付け作業を無人で行うことができます。従来,オペレーターと苗補給者2名以上で行われていた田植え作業を,1名で行うことが可能になります。作業者は外周だけ手動で田植えをする必要がありますが,それ以外の部分はリモコン操作による指示で自動往復運転を行う事ができ,作業者は苗補給さえ行えば良く,非常に省力的・効率的に田植えを行う事ができます。実証試験では1haほ場を,作業者1名,2時間30分で田植えを完了することができました。

 現在,農地集積が進み農業経営の規模拡大がさらに進むことが予想されますが,同時に農繁期の労力確保が問題となり,対応策としてロボット農機の開発が進んでいます。普及センターでは,農業経営の省力化・労力削減,ひいては収益性向上に向けた新技術について,今後も情報収集・発信に努めてまいります。

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143


この記事をはてなブックマークに追加

「花のみち45」花壇管理講習会が開催されました

2018年06月13日 16時36分23秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年6月5日,気仙沼市主催の「花のみち45」花壇管理講習会が気仙沼市民健康管理センター「すこやか」で開催され,市民ボランティアなど約30名 が参加しました。「花のみち45」は,国道45号線気仙沼バイパスを花で彩る取組みで,平成7年から始まったものです。
 普及センターから,サルビア,ジニアなど各品目の特徴・管理方法について説明しました。草丈が高く,茎や枝が乱雑に伸びてくる8月ごろに,切り戻し作業(生育のよい葉の上あたりで茎を切る)を行うと,再びわき芽が伸びてきて,こんもりとしたきれいに整った姿になることや,草丈の大きいサルビア等に,草丈の低いジニア等が隠れてしまわないよう,栽植位置にも注意するよう説明しました。
 今年も「花のみち45」はきれいな花で彩られます。気仙沼にお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

<連絡先>宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班
988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階
TEL:0226-25-8069   FAX:0226-22-1606 
E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

 


この記事をはてなブックマークに追加

「美里町北浦梨ブランド化研究会」の設立!

2018年06月12日 16時34分10秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 平成30年6月3日(日),みどりの農協会館において,「北浦梨ブランド化研究会」の設立総会が開催されました。総会には,設立時の会員6名と来賓として,美里町長,JAみどりの小牛田営農センター長や当普及センター所長が出席し,研究会の設立を祝いました。 研究会は,美里町北浦地区を中心に栽培している「北浦梨」を県内外の消費者に広くPRするためのブランド化に関する活動を行うために設立されました。
 平成30年度の事業計画は,商品開発,パッケージデザインの制定,高品質梨の栽培研究や賛同会員の募集等を予定しており,関係組織との活動連携をより一層強化していくことを確認しました。
 普及センターでは,これまでも,梨ジョイント栽培技術の普及や「北浦梨」を使ったスイーツ開発や地元菓子店との連携を支援してまいりましたが,今回の研究会立ち上げにあたって,その運営方法や活動方法などについて助言をしてきました。
 今後も「北浦梨のブランド化」に向け,果樹生産拡大と6次産業化を支援していきます。

<問い合わせ先>
  美里農業改良普及センター  先進技術班    TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225
 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

女性対象の「北浦梨」摘果講習会開催!

2018年06月12日 14時33分55秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 美里町特産の「北浦梨」は,大正時代に産地化され,現在,栽培者42名,栽培面積10haで幸水,あきづき等,様々な品種を栽培しています。
 JAみどりの北浦梨部会では,5月17日(木)に梨の摘果作業の中心を担う女性生産者を対象とした摘果講習会を開催しました。講習会では「そもそもなぜ摘果するのか」という基本から,どの位置のどの果実を残すかなど,具体的に幼果の間引きを実演しながら説明しました。
 普段の講習会は男性中心で,女性は基本的なことを聞く機会がなかなか無いと言う声が多かったのですが,女性限定としたことで質問しやすいと大変好評でした。
 冬には女性を対象としたせん定講習会も実施する予定です。

熱心に説明を聞く梨農家の奥様方 


<問い合わせ先>
  美里農業改良普及センター  先進技術班    TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225


この記事をはてなブックマークに追加

登米市のスターチス生産ほ場を視察しました。

2018年06月11日 14時48分53秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

平成30年6月5日,南三陸町の株式会社小野花匠園とともに,JAみやぎ登米花卉部会のスターチス専門部長のほ場を視察しました。小野花匠園はきく生産と,それを使用した束花加工をしていますが,新たな品目の導入を検討してきました。そこで,束花へ使用することが多いスターチスも自社で生産しようと考え,今回の視察が行われました。視察には,JAみやぎ登米,登米農業改良普及センターの担当者が同行し,登米管内のスターチスの生産・出荷状況等について説明を受けました。視察先のスターチス専門部長から,スターチスは灰色かび病に弱いことや,収穫適期の見分け方など,スターチスの栽培方法・注意点等について詳しくお話していただきました。小野花匠園にとってスターチス栽培は初めてで,わからないことも多く,熱心に質問していました。小野花匠園の生産者は,「大変勉強になった,来年試しに栽培する予定だ。」と話していました。

 <連絡先>

宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班

〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階

TEL:0226-25-8069   FAX:0226-22-1606

E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

 


この記事をはてなブックマークに追加

省力化技術(密苗栽培)普及展示ほ移植実演会が開催されました

2018年05月28日 12時25分26秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 去る5月14日にJAみやぎ仙南水稲部会の部会員を対象として,蔵王町円田地区を会場に水稲の省力化技術として「密苗栽培」による移植実演会が開催されました。(10名程度参加)
 この技術は,水稲育苗の播種量を通常の倍程度にし,田植え時の苗箱数を減らすことにより,生産コストの削減,省力化につなげる技術です。水稲育苗では通常(稚苗で)1箱当たり乾籾重で160~180㌘播種し,田植え時は10a当たり20箱程度使用しますが,密苗は播種量が1箱当たり300㌘程度播種し,田植え時は10a当たり10箱程度使用と,約半分の箱数ですみます。(今回の実演では10a当たり8箱使用)また,育苗枚数も少なくてすむことから,規模拡大の際には,育苗枚数を増やすことなく作付面積の増加も図ることができます。
 水稲の省力技術については大河原管内ではこの他にも,大規模水稲経営者を中心に「直播栽培」や「疎植田植」など,様々な技術が取り組まれています。
 農業改良普及センターでは本技術を含め,水稲の低コスト栽培の取組を支援してまいります。

             
 「密苗」の田植え    苗:乾籾で300g/箱播種

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター 先進技術第一班
     TEL:0224-53-3496 FAX:0224-53-3138


この記事をはてなブックマークに追加

酪農ガールズの通常総会,飼養管理講習会を開催しました。

2018年05月23日 18時18分09秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
「酪農ガールズ」は「賢く魅力的な酪農女性」を目指し,大河原農業改良普及センター管内にある酪農家の女性後継者や酪農家に嫁ぎ就農した女性たちによって平成22年に結成された組織であり,現在27名の会員が主体的に様々な活動に取り組んでいます。
この「酪農ガールズ」の通常総会が平成30年5月10日に大河原合同庁舎において開催されました。総会では,今年度も引き続き酪農組合や地域を超えた酪農女性の仲間づくりを目標として活動を行っていくことが承認されました。


総会終了後,NOSAI宮城の川名獣医師を講師に迎え,乳牛の体調や牛乳の販売額に大きく影響する疾病(乳房炎)についての講習会を行いました。乳房炎の概要や原因についてだけでなく,搾乳手順の見直しやストレスの軽減についても詳しい説明をしていただきました。会員からは,「正しい搾乳手順について改めて学ぶことができた」「牛群全体の把握が必要不可欠であることが分かった」等の感想が話され,「牛の個体差への対応はどのようにしたらよいか」など講師に積極的に質問していました。この講習会で学んだ内容を実践することで日々の飼養管理や牛乳生産の改善が進むものと期待しています。


普及センターは今後も,「酪農ガールズ」の活動を支援していきます。 

この記事をはてなブックマークに追加

高密度播種育苗による水稲栽培省力化・田植実演会を開催しました

2018年05月23日 15時51分35秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 平成30年5月21日,気仙沼市波路上向田にある「階上生産組合」のほ場において,高密度播種育苗技術による水稲栽培省力化・田植実演会を開催しました。本実演会は,「宮城県米づくり推進気仙沼地方本部」が主催し,JA南三陸,株式会社ヰセキ東北及びヤンマーアグリジャパン株式会社の協力により開催しました。
当日は,5月1日に播種した苗を使った田植えを行い,関係機関や管内の水稲生産者約30名が参加しました。
 管内では,鉄コーティング湛水直播による水稲直播に取り組む生産者がいますが,沿岸部を中心に適切な水管理が難しい地域があるため,直播栽培以外の省力・低コスト化技術を検討してきました。
高密度播種育苗では,10aあたりの箱数の目安を密苗で5~8箱,密播疎植で6~8箱とすることができ,育苗資材費の削減や,育苗・田植え時の苗継ぎ等の労力軽減が期待できます。
 実演会は,はじめに密苗(ヤンマー)の田植えを行い,その後に密播疎植(ヰセキ)の田植えを行いました。密苗の田植えは密苗専用機,密播疎植は既存の田植機にオプションを装着するかたちで行い,作業は順調に終了しました。田植実演を行ったほ場は2筆並んでおり,今後の生育を比較することができます。
実演会に参加した水稲農家は,「田植え作業は順調に行えた。苗箱数が減り作業が楽になる。」と話していました。




<連絡先>
宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班
〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6
TEL:0226-25-8069 FAX:0226-22-1606
E-MAIL:ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

この記事をはてなブックマークに追加