宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

志波姫有機米栽培協議会の環境保全米現地検討会が開催されました

2020年07月14日 14時54分59秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体

 7月7日にJA新みやぎ志波姫有機米栽培協議会主催の環境保全米現地検討会が開催され,会員40名が参加しました。最初に,現地ほ場において農協担当者から耕種概要と生育調査結果の説明を受け,参加者全員で生育状況を検討しました。次に会議室に移動して開催された講習会では,普及センターからは生育情報と今後の管理の要点について説明を行いました。農協からは追肥を行う場合に化学肥料由来窒素成分量の上限を超えないよう注意を呼びかけました。
 当協議会は環境保全米に取り組む地区内生産者で組織され,現在の会員は150名です。友好姉妹都市東京都あきる野市と20年以上交流を続けており,あきる野市民を稲刈り体験に招いたり,あきる野市産業祭イベントに参加しています。また,あきる野市をエリアに含むJAあきがわと環境保全米の取引を行っています。

<連絡先>
 宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班
 TEL:0228-22-9404   FAX:0228-22-6144


水稲農薬・化学肥料不使用栽培の機械除草現地検討会を開催しました

2020年07月06日 08時45分36秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体

 石巻地方では,みやぎの環境にやさしい農産物表示・認証制度で米の認証区分①(農薬・化学肥料不使用栽培農産物)に8農家1法人が取組んでおり,栽培面積は33haになっています。
 一般に,農薬を使用しないで米を生産する場合には機械による除草が行われていますが,技術の習得が難しいことから,雑草が残ってしまい低収量になっている例が見られます。
  このため,機械除草技術の向上を目指した「水稲農薬・化学肥料不使用栽培の機械除草現地検討会」を宮城県東部地方振興事務所が6月23日に石巻市北上町で開催しました。
  検討会では,技術レベルが高い米工房大内産業の実際の機械除草作業を見学し,代表の大内弘氏からの説明の後に質疑応答が行われました。
 参加した14名の生産者からは,機械の走行が思ったより速いとの感想や,作業能力などの質問が数多く出されるなど,関心の高さがうかがえ,今後の技術レベルの向上が期待されます。

<連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第1班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999


集落ぐるみで鳥獣被害対策!集落点検マップを作成しました

2019年12月02日 10時05分05秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体
 当普及センターでは,ニホンジカ等による農産物の被害を防止するため,気仙沼市八瀬地区を対象として「集落ぐるみの鳥獣被害対策モデル事業」を活用し,効果的な対策について検討しています。
 去る令和元年11月21日(木)には第2回目の勉強会を開催し,(一社)サスティナビリティセンターの相澤氏を講師に,地域住民と現地ほ場を巡回しながら,防護柵・くくり罠の設置状況や周辺環境(誘因物・空き家・野生鳥獣の痕跡など)の現状を確認した後,集落点検マップを作成しながら問題点の洗い出しを行いました。参加者は現地を歩きながら,「この柵の設置方法では侵入されてしまう」「この空き屋の柿の木を放置したままでは鳥獣を寄せ付けてしまう」「ここは個人対応ではなく隣人との協力が必要」など,ひとつひとつ問題点を確認しながら意識を共有しました。
 第3回目の勉強会では,今回確認した問題点を整理し,次年度に向けた対応策を集落ぐるみで検討することとしています。
<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班
 TEL:0226-25-8068   FAX:0226-22-1606

集落ぐるみの鳥獣被害対策モデル事業を実施中

2019年11月12日 10時48分07秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体
 気仙沼市八瀬地区では,ニホンジカ等による農産物の被害が年々拡大しており,大きな問題となっています。そこで本年度,当地区を「集落ぐるみの鳥獣被害対策モデル事業」の対象として勉強会等を開催し,効果的な対策の実践を推進しています。
 令和元年10月31日(木)第1回目の勉強会を開催しました。地域住民31人の出席があり,講師に一般社団法人サスティナビリティセンターの相澤あゆみ氏を招き,鳥獣害対策の基本や電気柵の正しい設置方法のほか,地域全体での取組が効果を上げることなどについて講義を受け,参加者からは積極的な質問が出されました。
 今後,地域の現場を歩き,集落点検マップを作成して,対策の問題点等を洗い出し改善を図っていくこととしています。

<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班
 TEL:0226-25-8068   FAX:0226-22-1606

令和元年度仙台地区鳥獣被害対策担当者会議・研修会を開催しました。

2019年10月17日 16時40分27秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体

 令和元年10月8日に,仙台地区鳥獣被害対策担当者会議・研修会を開催しました。仙台地区では農作物への鳥獣被害が年々増加しており,昨年度の被害額は約4,300万円に上ります。中でもイノシシの被害が約80%を占めています。

 本研修会では合同会社東北野生動物保護管理センターの鈴木淳主任研究員を講師に迎え,イノシシ対策を中心に講義いただきました。講義では先ずは地域の現状把握が必須であることや対策の範囲は集落単位ではなく,動物の行動範囲を対象としたほうが効果的であることなど,さまざまな事例を交えながらお話していただきました。

 その後の担当者会議では,講義内容を踏まえた活発な意見交換が行われ,鳥獣被害対策への理解をより深めることができました。

 

 

〈連絡先〉  

 宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業第一班  

 〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号  

 TEL:022-275-8320   FAX:022-275-0296  

 E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


小学生が「田んぼの生き物観察会」で地元の豊かな生態系を学びました

2019年07月01日 13時04分47秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体
  令和元年6月26日に,南三陸町入谷地区において「田んぼの生き物観察会」が開催されました。この観察会は,入谷地区の新童子下集落協定と南三陸米地産地消推進協議会が共催し,地元の田んぼの多様な生き物や稲作について知ってもらおうと南三陸町立入谷小学校の3年生を対象に毎年開催されているもので,今年で13回目を迎えました。今年は児童8人が参加し,「ナマズのがっこう」事務局長の三塚牧夫氏,「むかい*いきもの研究所」の向井康夫氏を講師に,かご網でのドジョウ採集や虫取り網を使った水生昆虫の採集を行い,採集した昆虫の特徴や見分け方について学びました。入谷地区の田んぼには,アメリカザリガニやウシガエルがいないため,アカハライモリやクロゲンゴロウなどの希少な生き物もたくさん見つけることができ,児童らは目を輝かせながら熱心に観察していました。豊かな生態系を目の当たりにし,「たくさんの生き物が見られてとても楽しかった」「この生き物たちは入谷のシンボル。大切にしていきたい。」などの声が聞かれ,有意義な体験ができたようでした。観察会終了後には,JA南三陸産のひとめぼれ「南三陸米」を使用したおにぎりをみんなで試食し,地元のお米についての理解も深めました
 
<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班
 TEL:0226-25-8068   FAX:0226-22-1606

今年も国道45号線気仙沼バイパス「花のみち45」が彩られます!

2019年06月07日 09時37分18秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体
 「花のみち45」は,「海と緑の美しいまちづくり」「みどり豊かなゆとりと潤いあるまちづくり」を推進するために気仙沼市が平成7年から開始したもので,市内各地区の緑化推進協議会や中学校・高等学校,地域のボランティア団体の協力を得て,国道45号線気仙沼バイパス沿いを花で彩る取組です。
 去る6月3日(月)には,6月9日(日)に予定されている一斉植栽に向けて,関係団体の代表者らが出席し,花壇管理講習会が開催されました。普及センターでは講師として出席し,植栽する花苗について品目別の特徴や管理のポイント等について説明したほか,実際に花壇へ定植作業を行いながら,植栽時のポイントについて確認しました。出席者は,熱心に耳を傾けながら,改めて今年も美しく沿道を彩りたいという思いを強くしていた様子でした。
 今年も夏から秋にかけて,「花のみち45」では多数の花が咲き誇ります。気仙沼にお越しの際には,沿道に咲くサルビアやマリーゴルド,ジニア等で彩られる美しい景観をお楽しみください。
 
<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班
 TEL:0226-25-8069   FAX:0226-22-1606

環境保全型農業直接支払交付金に係るGAP研修会in丸森町

2018年07月09日 08時07分44秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体

 平成30年7月4日丸森町役場を会場に,「環境保全型農業直接支払交付金に係るGAP研修会」が開催しました。
 主催は,大河原地方振興事務所農業振興部と丸森町の共催で,講師は大河原農業改良普及センターのJGAP指導員資格を持っている職員が行いました。
 今回の研修会は,環境保全型農業直接支払交付金(以降「交付金」)の支給要件が一部変更となり,国際基準GAPに取り組むことが必要となったため,これまで交付金を受けていた農業者団体及び個人を対象に行いました。
 参加者は,初めて聞くGAPという言葉にとまどっている様子でしたが,自分が今年取り組む内容を決める演習では,食品安全,環境保全,労働安全,農場経営管理の各項目について,隣の人と相談しながらも,参加者全員が記入することができました。
 大河原管内では丸森町の他,角田市と白石市内で取り組みがあり,近々「研修会in角田」が開催されます。今後も市町と県で協力し,環境保全型農業に取り組む農業者を支援していきます。

(GAP研修会風景)

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター
     TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138


栗原のズッキーニがテレビで生中継されました

2018年06月14日 09時02分29秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体

 平成30年6月5日,在仙のテレビ局により,栗原市金成地区のズッキーニほ場と生産者が調理したズッキーニ料理が生中継されました。
 ほ場では,生産者から,栗原市が県内一のズッキーニ生産量であり,地域をあげて生産拡大を進めていることや,ズッキーニの特徴・栽培方法について説明されました。また,リポーターによるズッキーニ収穫体験も行われ,光沢のある新鮮なズッキーニに感動した様子でした。
 続いて,生産者が調理したズッキーニのチーズ焼き,ズッキーニの肉まき,ペペロンチーノ風サラダ,ズッキーニの浅漬けの4種類のズッキーニ料理が紹介されました。生産者からはズッキーニがどんな料理にも使いやすい食材であることが説明され,試食したリポーターは高く評価していました。
 最後に,7月14日(土)から7月29日(日)に仙台市と栗原市の飲食店21店で開催されるズッキーニ料理フェア「くりはらズッキーニウィーク」を普及センター職員が紹介しました。当イベントについては,下記ウェブサイトで詳しく説明しています。
 栗原産ズッキーニの出荷ピークは6月から7月になります。ぜひ旬の野菜をご賞味ください。

※くりはらズッキーニウィーク紹介ウェブサイト
 http://www.pref.miyagi.jp/site/khnokai/event.html

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班     
TEL:0228-22-9437       FAX:0228-22-6144


平成30年産の水稲種子を全量合格に!!

2018年03月06日 15時26分43秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体
 JAみやぎ登米水稲採種組合では「ひとめぼれ」と「だて正夢」の水稲種子を生産しています。平成30年産はそれぞれ55.5ha,5.5haで採種を行うことから,栽培が始まるのに先立ち,平成30年2月26日に栽培研修会を行いました。
 はじめに古川農業試験場作物保護部 宮野上席主任研究員から“宮城県におけるイネばか苗病発生の現状と防除対策”について講演があり,この中で温湯処理後の保管日数が長いとばか苗病が発生しやすいことから高水分での長期保存を行わないなど,ばか苗病の発病を助長させない管理方法について指導がありました。特に,消毒後の再汚染の可能性あることから,作業場はきれいにしておくことが必要であるとのことでした。続いて,普及センターからは種子の審査内容と平成30年産に向けた栽培の注意点について話をしました。
 平成29年に初めて採種した「だて正夢」は生育の特性等不明な点も多く苦労したところもありましたが,昨年以上に優良種子が生産されるよう普及センター,JA,採種組合と連携しながら指導していきます。










<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 先進技術班
〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電話:0220-22-6127
FAX:0220-22-7522