宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

第3回宮城県米づくり推進気仙沼地方本部技術指導部会を開催しました。

2021年09月09日 13時36分43秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

 管内の生育調査ほや普及展示ほ(「金のいぶき」,「だて正夢」の移植栽培,「ひとめぼれ」の湛水直は栽培)を巡回し,現在の生育状況を確認するとともに,刈取適期を確認しました。

 7月まで高温傾向で推移したため,水稲の出穂は過去最も早く,本吉の「ひとめぼれ」生育調査ほでは7月29日(前年8月5日)でした。一方,お盆頃の長雨と低温により,刈取適期は出穂期ほど早まらず,同ほ場では9月13日頃と見込まれます。管内全体では,8月2日出穂の場合,刈取適期は9月13日~23日頃と見込まれます。

今後は刈取時期が水稲の品質を大きく左右します。特に刈り遅れは食味・品質が確実に低下するため,品種に応じて出穂後の積算気温や籾の熟色を確認しながら適期刈取を行うよう支援していきます。

<連絡先>

 宮城県気仙沼農業改良普及センター      先進技術班

 TEL:0226-25-8069    FAX:0226-22-1606


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

JAいしのまき水稲部会の現地検討会が開催されました

2021年07月29日 13時13分06秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給
7月13日にJAいしのまき水稲部会の現地検討会が開催されました。稲作部会員とその関係者約20名で,宮城県を代表するブランド品種である4品種「だて正夢」,「金のいぶき」,「ひとめぼれ」,「ササニシキ」の生産ほ場を巡回し,現在の生育状況の確認と今後の追肥の要否等について検討を行いました。いずれの4ほ場ともに生育は順調で,幼穂の観察結果から生育ステージは既に幼穂形成期に達しており,出穂期は平年よりやや早まる傾向になること等を確認しました。巡回調査では,葉緑素計を使った葉色診断も行われ,葉色が淡くなっているほ場には,10a当たり窒素成分で1~2kgの追肥をするように指導を行いました。当日は熱中症も心配されるほどの炎天下の中,参加者の間で熱心な検討が行われました。

<連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第1班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宮城県米づくり推進気仙沼地方本部技術指導部会を開催しました。

2021年07月13日 13時22分03秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

 管内の生育調査ほや普及展示ほ(「金のいぶき」,「だて正夢」の移植栽培,「ひとめぼれ」の湛水直は栽培)を巡回し,現在の水稲生育状況を確認するとともに,今後の栽培管理について検討しました。

 茎数や苗立の確保が難しかった「だて正夢」の移植栽培や「ひとめぼれ」の湛水直は栽培についても,現地農家の工夫で順調に生育が進みました。また,本年度から管内では「金のいぶき」の展示ほも設置しており,今後の普及拡大が期待されます。

今年は5~6月が高温傾向で推移したため,水稲の茎数も平年と比較して早く増加が進み,出穂も早まると予想されます。今後は追肥や病害虫防除など,収量・品質を確保するための重要な時期となるため,市町や農協とも協力し栽培支援を行っていきます。

 

<連絡先>

 宮城県気仙沼農業改良普及センター      先進技術班

 TEL:0226-25-8069   FAX:0226-22-1606


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

栗原市内の水稲種子生産ほ場の現地巡回を行いました

2021年07月05日 13時08分58秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給


 栗原農業改良普及センターでは,令和3年6月25日及び30日に栗原市内の2つの水稲採種組合(一迫水稲採種組合,金成末野水稲採種組合)を対象とした種子生産ほ場の現地巡回を行いました。
 県主要農作物種子条例において,水稲種子生産者は,出穂期と糊熟期の計2回の「ほ場審査」を受けなければならないことになっています。普及センターでは,ほ場審査に先立ち,種子生産ほ場1筆ごとに,種子生産の内容を示す旗の設置状況,生育状況,異株,雑草,病害虫の発生の有無などを,種子生産者及び関係者とともに確認しました。
 管内の令和3年度の水稲種子生産状況は,ひとめぼれ,ササニシキ,つや姫など6品種,計143ヘクタールが作付けされています。普及センターでは,今後も「ほ場審査」等を通じて,優良種子の安定供給が図られるよう支援していきます。


<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班
TEL:0228-22-9404  FAX:0228-22-6144


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和3年産小麦の適期刈取に向けた現地検討会が開催されました

2021年06月29日 16時27分55秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

 刈取時期を目前に控え,南郷地区及び涌谷地区は6月17日,松山地区は18日,鹿島台地区は21日と,管内各地で小麦の現地検討会が開催されました。
 今年も感染症対策のため会議室等での座学は最小限とし,現地ほ場での巡回調査・検討に重点を置いて開催されました。
 現地検討会では,参加者のほ場を巡回して小麦の登熟状況・穀粒の水分を調査し,収穫時期を判断しました。今年は,出穂期が早く,その後の登熟期間も高温傾向で経過したことから,例年より収穫時期が早まる状況について確認することができました。
 小麦の刈取適期は数日間と短い上に,梅雨時期とも重なることから,良質な小麦生産に向けて継続して支援していきます。

 

<問い合わせ先>
  美里農業改良普及センター  先進技術班    TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和3年度1回目の水稲生育調査を行いました

2021年06月14日 09時51分05秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

令和3年6月1日に今年度第1回目の水稲生育調査を行いました。今回調査したほ場は,「ひとめぼれ」が2か所(矢本,河南),「ササニシキ」(桃生,稲井)の4か所です。5月の管内の気象は,平均気温や日照時間が平年並からやや高め(多め)に推移しました。今回の調査では,2か所平均で「ひとめぼれ」の草丈は24.2cm,葉数は5.2葉(田植え時から2.4葉進展),「ササニシキ」の草丈は25cm,葉数4.4葉(田植え時から1.8葉進展)となり,概ね順調な生育となっております。今年はこれらの調査ほのほかに,県のブランド品種「だて正夢」(矢本)と「金のいぶき」(蛇田)の普及展示ほ,業務用米品種の「つきあかり」(矢本)の生育調査ほも設置しており,これらの生育調査も実施しています。これらの生育調査ほの生育結果については,下記のURLにて石巻管内向けの稲作情報として発信していきますので,宮城の農業普及現地活動情報と合わせてご活用ください。          https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/et-sgsin-n/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水稲の調査ほ(ひとめぼれ,だて正夢,金のいぶき)を設置し生育調査を開始しました

2021年06月02日 14時18分01秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

 気仙沼管内は先月末で概ね田植えが完了し,その後の活着,生育等は順調に推移しています。普及センターでは,今年度からひとめぼれ,だて正夢に加え,金のいぶきの調査ほを設置しました。
  金のいぶきは全国的にも珍しい玄米食の品種です。胚芽部分が通常品種の約3倍と大きく,食感がよいことに加え,ビタミンEやアミノ酸の一種であるGABA(ギャバ:γ-アミノ酪酸)を豊富に含み,低アミロース米のため白米と同じ水加減・時間で炊けるなどの特長があります。味や炊飯の手間で玄米を敬遠していた人にも親しみやすい品種です。

<連絡先> 宮城県気仙沼農業改良普及センター      先進技術班 
 TEL:0226-25-8069    FAX:0226-22-1606


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

優良品種決定現地調査の田植え作業を行いました

2021年05月25日 08時55分13秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給
 年々変化する社会情勢や環境,様々な米需要に対応するため,本県でも水稲の品種改良に取り組んでいます。本県に適する品種を選定するため,その育成過程では,現地のほ場で実際に栽培を行い,栽培適性や収量,品質といった形質等を確認する必要があります。
 普及センターでは,本県稲作の試験研究を担う古川農業試験場と協力して,現地ほ場での栽培試験を実施しています。県内で収集された調査データを基に,優れたものが「優良品種」としてデビューします。
 気仙沼管内では,5月17日に4つの系統の田植えを行いました。今後,対照品種のひとめぼれと比較して調査を行っていきます。
<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班 
 TEL:0226-25-8069    FAX:0226-22-1606

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水稲優良品種決定調査の田植え

2021年05月21日 11時07分30秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

5月に入り,強風の日があったものの,好天が続き,県内では水稲の田植え作業が順調に進んでいます。石巻地域では,5月13日時点で約7割の田植えが完了しました。当普及センターでは,5月14日に県の優良品種決定調査現地試験(5品種・系統)の田植えを行いました。田植え機による植え付けの後,6名の職員で補植を行いました。今は手植えをする機会がないので,腰を曲げての作業は重労働です。昔の人は大変だったんですね。今後は,出穂期や収量性,玄米品質などを評価して,有望度を判定します。実りの秋が楽しみです。

宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第1班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

清流「蔵の華」廿一会の育苗現地検討会を開催しました

2021年05月18日 09時09分03秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給
 令和3年5月10日に,清流「蔵の華」廿一会の育苗現地検討会を開催しました。本会は,気仙沼市新月地区において酒米品種「蔵の華」の栽培に取り組んでおり,気仙沼市内の2つの蔵元に全量出荷しています。
 現地検討会では,各会員の育苗施設を巡回し,育苗状況を確認しました。4月の低温による生育遅れも現在は回復し,すでに田植えを行った会員もいました。育苗中の会員には田植えまでの水や温度管理,田植えを実施した会員には本田の水と雑草管理についての助言等を行いました。
 出席した会員からは,高品質米栽培だけでなく,高密度播種や肥効調節型肥料の使用といった省力技術導入への意欲も示され,普及センターも重点活動として継続して支援を行っていきます。
<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター  先進技術班 
 TEL:0226-25-8069    FAX:0226-22-1606

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする