宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,地域の特色ある取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

枝もの用クロマツの播種作業研修会が開催されました。

2024年07月12日 16時35分39秒 | ④園芸産地の育成・強化支援

 令和6年7月4日、県主催による枝もの用クロマツ広域現地検討会が開催されました。
 検討会には、宮城県クロマツ研究会員11人、県関係者12人の合計23人が参加。
 県内10か所以上で枝もの用クロマツの播種が行われたので、1日で巡回できる範囲として、大和町1、石巻市1、登米市1、栗原市2の合計5ほ場でクロマツの発芽状況、雑草対策について意見交換が行われました。
 各ほ場でクロマツの生育や雑草の発生状況は異なり、発芽の悪いほ場や雑草が繁茂しているほ場もありましたが、研究会代表の株式会社南三陸Pine Pro社長から各生産者にアドバイスをもらいました。
 今年度、当管内ではクロマツ播種後に雨が少なく、発芽が遅れた人、生育が遅い人が多いようなので、今後の生育を観察しながらフォローしていきます。
 県では、枝もの用クロマツ生産を拡大するため、各種の研修会等を企画していますので、興味のある方は参加してみませんか。

<連絡先>

宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班 
TEL:0226-25-8069 FAX:0226-22-1606


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

登米市4Hクラブが販売会を行いました!

2024年07月12日 08時56分11秒 | ②新たな担い手の確保・育成

 登米市4Hクラブが、令和6年6月27日に宮城県登米合同庁舎で「耕作放棄地プロジェクト」で栽培した新たまねぎを販売しました。販売会では、4HクラブOBが栽培したトマトやニンニクなども含め多様な品目が並びました。最終的には皆さんのおかげもあり、全品目完売となりました!

「耕作放棄地プロジェクト」は、登米市4Hクラブの有志7人が集まり、米山町の耕作放棄地約5aを活用し、主に露地野菜を作付けしています。今年は、たまねぎ、ばれいしょ、えだまめ、サツマイモの4品目を栽培しています。

 プロジェクトに参画しているクラブ員7人は施設野菜、花き、畜産、土地利用型などクラブ員自身の営農形態は様々ですが、時間の合間を活用してプロジェクトの作業計画を立てながら、現在はえだまめの収穫に向けて精力的に活動しています。

 当普及センターは今後も登米市4Hクラブの活動を支援してまいります。

 

<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班
〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電話:0220-22-8603 FAX:0220-22-7522  


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「金のいぶき」栽培研修会を開催しました

2024年07月11日 13時12分08秒 | ⑧環境に配慮した持続可能な農業生産

 令和6年7月2日に気仙沼市本吉町内の「金のいぶき」生産ほ場を会場に、幼穂形成期以降の適期追肥及び水管理等の今後の栽培管理に関する研修会を開催し、生産者や関係機関等計8名が参加しました。

 普及センターから、「金のいぶき」の収量増加のためには、「幼穂形成期以降の葉色を維持するための肥培管理」や「根が弱いので強い中干しを避けること」、「いもち病に弱いので防除を徹底する」等の説明を行いました。

 また、出穂期以降の積算平均気温を目安とする刈り取り適期を把握するため、各生産者に出穂期を記録することなどを説明しました。その後、「金のいぶき」生産ほ場2か所を視察し、順調に生育している状況を確認しました。

 今後も、生育目安に応じた適正な葉色値を維持できるよう、改めて適期追肥のための巡回指導を行っていきます。

 

 

 

<連絡先>

宮城県気仙沼農業改良普及センター 先進技術班 TEL:0226-25-8069 FAX:0226-22-1606


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みどりの食料システム戦略に関する研修会が開催されました

2024年07月11日 11時03分57秒 | ⑧環境に配慮した持続可能な農業生産

 令和6年6月28日、大和町吉岡でJA新みやぎあさひな青年部正副支部長・事務局合同会議及びリーダー研修会が開催され、20名の参加がありました。研修会では、県担当から“みどりの食料システム戦略について”と題して講義を行い、推進ビジョン概要やみどり認定などについて説明しました。

 出席者からは、「良い取組と思うので、農業者のみならず消費者にも理解を図っていく必要がある。」との意見や、みどり認定の要件などの質問がありました。副支部長からは、「環境意識を農業経営に取り入れていきたい。」との話があり、講義を通して理解を深めたようでした。

 今後とも県では、みどりの食料システム戦略への理解促進、みどり認定取得などを支援してまいります。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年も順調に生育!シャインマスカットの果実肥大調査始まる

2024年07月11日 09時37分50秒 | ④園芸産地の育成・強化支援

 7月5日、今年初めてとなるシャインマスカット果実肥大調査を、東松島市の調査ほ場において普及センターが実施しました。

 今年は開花期や満開期が例年より少し遅れたものの、栽培者の適確な管理により、果実の縦径が平年比の121%、横径が平年比の125%となっているほか、病害虫の発生も見られず順調な生育が確認されました。

 今回の調査をスタートに8月と9月に果実肥大調査を、収穫10日前に収量・品質調査を実施し、他生産者の栽培管理等に資するため情報提供することとしております。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和6年度加美郡りんご協議会現地検討会

2024年07月10日 16時53分55秒 | ④園芸産地の育成・強化支援

 加美郡内のりんご生産者14名で組織する加美郡りんご協議会は、毎年研修会や先進地視察などの調査・研究活動を精力的に行っています。令和6年7月9日には、これら活動の一環として、参加者の園地を巡回し着果状況や病害虫発生状況などの確認を行う現地検討会を開催しました。当日はあいにくの雨模様となりましたが、夫婦での参加もあり15名が参加しました。

 今年は春先から高温で推移したことから、ハダニなどの病害虫の発生が心配されましたが、特に目立った発生もなく、果実肥大も例年になく進んでおり、これまで順調な生育となっています。

 普及センターからは、調査ほのデータや今後発生が予想される病害虫防除、新梢の管理等について情報提供を行いました。

 また、宮城県では、毎年農薬の使用機会が多くなる6月から8月までの3か月間を農薬危害防止運動実施期間と定め、農薬の適正使用についての呼びかけを行っているため、農薬の安全使用についての確認も行いました。

 当センターでは、今後も会員の技術向上のため、協議会活動の支援を行っていきます。

<連絡先>

 宮城県大崎農業改良普及センター     地域農業班 

 TEL:0229-91-0727  FAX:0229-23-0910


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みやぎ農業未来塾「農業力資質向上講座」を開催しました

2024年07月10日 15時18分17秒 | ②新たな担い手の確保・育成

 令和6年6月26日(水)、名取市において、新規就農者を対象とした「みやぎ農業未来塾【農業力資質向上講座】」を開催し、7人が参加されました。

 本講座では独立新規就農された先輩農業者である、株式会社西野農園の西野氏、丹野氏の農場見学及び意見交換を行いました。農場見学では、栽培方法、品目選定、作業効率向上のポイントについて、現場を見ながら教えていただきました。また意見交換では、販売戦略、従業員への接し方、ライフワークバランスの考え方等、多岐にわたってお話いただきました。参加者からは、「売上を伸ばすために取り組んだことは何ですか?」、「栽培する品目選定はどのようにしていますか?」等の多くの質問や意見が寄せられ、有意義な講座となりました。

 普及センターでは、今後も担い手の確保及び育成に努めてまいります。

     

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  地域農業班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

田んぼの生き物観察会が開催されました

2024年07月10日 10時01分16秒 | ⑦地域資源の活用等による地域農業の維持・発展

 令和6年7月5日に南三陸町入谷新童子下集落の主催による「田んぼの生き物観察会」が、南三陸町立入谷小学校の2・3・4年生児童22名を対象に開催されました。これは、中山間地域等直接支払制度の取組の一つとして毎年開催され、水田とその周辺で生息している生き物との関係や環境保全の大切さを子どもたちに実感してもらうことを目的としています。

 児童たちは水田や用水路の周りを歩きながらカエル、イモリ、ゲンゴロウ、ドジョウなどを見つけては網を使って採取し、生き物の様子を観察していました。終始、児童たちからは歓声が上がり、捕まえた生き物を友達同士で見せ合うなど、とても楽しんでいる様子でした。その後、生き物調査の講師から、採集した生き物の名前、見分け方、生息域などの説明を聞き、自分が採集した生き物の名前等をノートに記しながら理解を深めていました。児童からは「たくさんの種類の生き物が見つかり、自然の豊かさを感じた」といった声が聞かれ、地域の自然の豊かさを再発見する機会となりました。また、調査終了後には地元産の米を使ったおにぎりが配られ、調査の感想などを話しながら、おいしそうにほおばっていました。

<連絡先>

宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班 TEL:0226-25-8068 FAX:0226-22-1606


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やくらい土産センター栽培管理能力向上研修会

2024年07月10日 08時28分59秒 | ⑦地域資源の活用等による地域農業の維持・発展

 加美町の薬莱山にある「やくらい土産センター・山の幸センター」は農事組合法人やくらい土産センターさんちゃん会が運営する農産物直売所で、平成6年のスタート以来、中山間地である当地域の活性化に寄与しています。しかし、ここ数年は販売面等での課題が見られることから、普及センターと加美町では栽培技術や法人の経営力向上のための支援を行っています。

 その一環として令和6年7月2日に園芸作物の土づくりと施肥に関する研修会を開催しました。宮城県農業・園芸総合研究所職員を講師に迎え、土づくりの重要性や土壌診断の活用と診断結果の利用法、栽培した植物を田畑にすき込み、次に栽培する作物の肥料にする緑肥の活用などのお話がありました。

 また、宮城県では毎年農薬の使用機会が多くなる6月から8月までの3か月間を農薬危害防止運動実施期間と定め、農薬の適正使用についての呼びかけを行っているため、普及センターから農薬の安全使用についての情報提供を行いました。

 普及センターでは、今後も農産物直売所やくらい土産センターから消費者の皆様へ新鮮で安全・安心な農作物を提供できるよう様々な支援を行っていきます。

<連絡先>

 宮城県大崎農業改良普及センター      地域農業班

 TEL:0229-91-0727   FAX:0229-23-0910


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

JA仙台乾田直播栽培現地検討会が開催されました!

2024年07月09日 16時34分19秒 | ①先進的経営体等の育成・経営安定化・高度化

 仙台管内では、近年乾田直播栽培の面積が増加しており、令和6年度は300haを超える見込みとなっています。7月4日に、JA仙台主催の乾田直播栽培現地検討会が開催され、生産者、JA営農指導員、関係者含め約40名が参加しました。農研機構東北農業研究センターの篠遠氏からプラウ耕鎮圧体系の研修があり、鎮圧や砕土率の重要性や基本的な除草について学ぶことができました。また、農事組合法人仙台中央アグリサービスの萱場氏からは、乾田直播栽培による環境保全米の取組、除草体系の検討など実際の経験を活かしたお話がありました。全農みやぎの野坂氏からは、ザルビオフィールドマネージャーを活用した収量向上や省力、低コスト化の事例等が説明されました。

 現地検討では、普及センターから乾田直播生育調査ほの調査結果を紹介し、現在の生育状況と今後の管理を確認しました。講師を中心に、新たに取り組む生産者、既に経験のある生産者が活発に意見交換する場面も見られ、大変有意義な研修会となりました。

 仙台普及センターでは、令和4,5年に仙台市内で乾田直播栽培の技術定着による収量向上と生産者のネットワーク構築を目的としたプロジェクトを実施し、令和6年度からは、黒川地域で大規模土地利用型経営体を対象としたプロジェクトに取り組んでいます。今後も乾田直播栽培の面積拡大と収量向上に向け支援していきます。 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする