宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

登米地域でドローンのオペレーター講習会開催

2020年07月06日 16時15分02秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 登米地域では,平成30年度からドローンによる病害虫防除等に取り組んでおり,6月25日に米山町でドローンのオペレーター講習が開催されました。

 講習には,ドローンによる病害虫防除等を予定している生産者や農業法人の従業員等が12人参加し,実技と座学を通して,飛行マニュアル,測量のポイント,関連法令等を学びました。

 当日は,実技から始まり,機体の名称やセッティング方法等を学び,専用のタブレットを実際に操作して自動飛行を体験しました。緊急時の対応や飛行するほ場の測量,タブレットでの登録方法も体験しました。

 座学では,新型機種の改善点や通信環境,飛行・測量の可能な範囲,操作方法,測量方法,関係法令,禁止行為,昨年7月から義務化された「飛行計画の登録」等を学びました。講習の最後には,習熟度を確認するため「40問筆記テスト」が行われ,それぞれ習得状況を確認しました。

 昨年度は30人のオペレーターが誕生し,今年度は継続講習者を含め,昨年度を上回る講習参加者が見込まれています。登米地域の自動飛行ドローンによる病害虫・雑草防除は,昨年度が延べで 569ha,今年度も既に延べ45haと,講習を契機に本格的な防除作業等が始まることから,普及センターでは,今後もドローン等を活用したスマート農業の普及拡大を支援してまいります。

ドローンオペレーター講習(実技)

 

 <連絡先>

         宮城県登米農業改良普及センター 先進技術班

         〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5

         電話:0220-22-6127 FAX:0220-22-7522


経営継承勉強会を開催しました

2020年07月06日 16時03分12秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 普及センターでは,大郷町で水稲と大豆を約100ha栽培し,3年後に経営継承を計画している「みどりあーと山崎(株)」を対象に,(公財)みやぎ産業振興機構の事業を活用した経営継承勉強会を開催しています。
 この勉強会ではクジライコンサルティング代表の鯨井文太郎氏を講師に5回の開催を予定しており,6月22日に同社の役員5人,社員3人の全員が参加して,第1回目の勉強会を開催しました。
 はじめに,講師から勉強会の全体像と趣旨が説明され,参加者各自が水稲や大豆の生産工程毎に工夫していることやこだわっていること,他社より優れていること等について付箋に書き出して模造紙に貼り付け,それを可能にしている理由や秘訣について話し合いがなされました。
 話し合いの中で,役員から,会社設立までの経緯や苦労話等も出され,「今まで話したことがなかった設立当初のことも聞いてもらった。社員には何を引き継ぐべきかを感じ取ってもらいたい」,「役員・社員それぞれの考えを聞けて良かった」,「普段は当たり前に思っていたことが,他の人から見ると『優れていること』になると気づかされた」という感想や,若手社員からは「どういう想いで会社を作り,今までやってきたかがわかった」,「会社を継承することの重要性がわかり,有意義な勉強会になった」との感想が聞かれました。
第1回から第3回までは企業の健康診断ツールである「ローカルベンチマーク」を活用した演習により,会社の特長を深掘りすることで経営状況・経営の課題の見える化を行い,第4回から経営継承計画に着手する予定です。

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8320
FAX:022-275-0296
E-mail:sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


就農計画発表会を開催しました

2020年07月06日 15時01分46秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 普及センターでは,新たに農業経営に取り組もうとする人に対して,市町村の就農認定に向けた就農計画の作成を支援しています。おおむね就農計画が作成された段階で,就農計画発表会を開催し,自らの計画内容について説明してもらい,就農者の意欲と計画の妥当性を確認しています。
6月3日に,仙台市の就農認定を受ける予定の新規就農者2名が,普及センターにおいて,仙台市担当者及び普及センター職員の出席のもと,自身の就農計画を発表し,改善点について助言を受けました。 
 発表会後は,指摘事項を参考に,よりよい計画になるように普及センターの助言を受けながら各自修正を行っています。
普及センターでは,意欲の高い農業の担い手を確保し,育成するため,今後も就農相談や就農計画作成支援,就農後の経営相談を実施していきます。
 
〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8320
FAX:022-275-0296
E-mail:sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


水稲農薬・化学肥料不使用栽培の機械除草現地検討会を開催しました

2020年07月06日 08時45分36秒 | ④環境と調和した農業生産に取り組む経営体

 石巻地方では,みやぎの環境にやさしい農産物表示・認証制度で米の認証区分①(農薬・化学肥料不使用栽培農産物)に8農家1法人が取組んでおり,栽培面積は33haになっています。
 一般に,農薬を使用しないで米を生産する場合には機械による除草が行われていますが,技術の習得が難しいことから,雑草が残ってしまい低収量になっている例が見られます。
  このため,機械除草技術の向上を目指した「水稲農薬・化学肥料不使用栽培の機械除草現地検討会」を宮城県東部地方振興事務所が6月23日に石巻市北上町で開催しました。
  検討会では,技術レベルが高い米工房大内産業の実際の機械除草作業を見学し,代表の大内弘氏からの説明の後に質疑応答が行われました。
 参加した14名の生産者からは,機械の走行が思ったより速いとの感想や,作業能力などの質問が数多く出されるなど,関心の高さがうかがえ,今後の技術レベルの向上が期待されます。

<連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第1班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999


水稲採種予備審査を実施しています。

2020年07月03日 16時45分34秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

  大崎農業改良普及センター管内には4つの水稲採種組合があり,宮城県の水稲種子の約6割を生産しています。普及センターでは,採種ほ場の栽培管理状況と,種子伝染性病害であるばか苗病の発生状況を確認するため,6月下旬から7月中旬にかけて予備審査を実施しています。
 予備審査では,異株の有無,雑草の発生程度,ばか苗病の有無などについて,普及センター職員,採種組合員及びJA職員が1ほ場ずつ確認して回りました。ほとんどの採種ほ場は適切な管理が行われており,今後も異株抜きなどの徹底した管理をお願いしました。
 今後は出穂期(8月上旬)及び糊熟期(9月上旬)にほ場審査を行います。優良種子が水稲生産者に届けられるよう,引き続き採種組合,JAと普及センターが一丸となって取り組みます。
<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      先進技術班
 TEL:0229-91-0726  FAX:0229-23-0910


パティシエが花山ルビィふさすぐりの収穫を応援!

2020年07月03日 11時59分58秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

 6月23日(火)と28日(日)に,栗原市花山地区のふさすぐり栽培園地で,栗原市及び仙台市の洋菓子店3店のスタッフ等が収穫作業を行う「スイーツde援農」を実施しました。
 この取組は,「花山ルビィふさすぐり」を使っていただいている実需者の方々に園地まで来てもらい,収穫時の人手不足解消の手立てとするために行ったものです。
 2日間で延べ24人が参加し,約52kgの果実が収穫されました。収穫した果実はその場で各洋菓子店が買い取り,洋菓子となって消費者に提供されます。参加した洋菓子店スタッフからは,「なかなかできない経験だったので,夢中で収穫した」,「初めてふさすぐりの生産現場を見ることができた。菓子作りにも活かしたい」といった感想をいただき,単なる収穫応援に留まらない,実りある取組となりました。

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 地域農業班
TEL:0228-22-9437  FAX:0228-22-5795・6144

 


今年も石巻市河北上品山牧場で放牧が始まりました!

2020年07月02日 18時26分42秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 令和2年6月26日,石巻市河北上品山牧場で牛の放牧が始まりました。例年上品山牧場への入牧は5月中旬頃ですが,今年は約1ヶ月遅れの入牧となりました。
 入牧に先立ち,牧草の放射性物質検査を行っており,採取牧草の検査ですべて不検出となりました。震災後,東京電力福島第一原子力発電所事故による影響により放牧を中止し,平成25年6月に再開して今年で8年目になりますが,今年も継続して安全性を確認しています。
 放牧当日は石巻市内から黒毛和種の雌牛34頭がトラックで運び込まれました。あいにくの空模様でしたが,牛たちは採血や体重測定などを行った後,広々とした放牧場に放たれ,気持ちよさそうに駆け回っていました。
 放牧された牛たちは,牧場でゆっくりと牧草を食べながら,10月30日の退牧まで過ごします。

 <連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999 


飾って応援!花の販売会を開催しました

2020年07月02日 10時34分32秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 新型コロナウイルス感染拡大によるイベント自粛や花き店休業などの影響を受け,県内産花きの消費が落ち込んでいることから,生産者を応援するべく,東部地方振興事務所では,合同庁舎内の職員向けに販売会を開催し,地元産花きの買い支え運動を実施しています。
  4月から6月にかけては,「気分が沈みがちな今こそ,家庭や職場で花を飾って生活に彩りを加えてみませんか?」と書いたチラシを作成し,石巻合同庁舎内や近隣の大崎や栗原合同庁舎内の職員向けに花の販売会を開催しました。第1回目は5月26日に石巻市桃生産の切り花「ガーベラ」,  第2回目は6月19日に石巻市広渕産の鉢花「アジサイ」を販売したところ, 購入者からは,「管内で花が生産されていることを初めて知った」,「とてもキレイで,持ち帰るのが楽しみ」との声が聞かれました。  
 当普及センターでは,今後も花きの生産振興と販売促進について,支援していきます。

 <連絡先>
  宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999 

       


青ねぎ現地検討会並びに出荷説明会が開催されました

2020年07月01日 14時07分26秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

 6月26日(木),JA新みやぎみどりの地区本部管内で青ねぎ現地検討会と出荷説明会が開催されました。6月19日から管内では収穫が始まっており,当日は定植時期が早かった鹿島台地域の青ねぎほ場3か所を巡回した後,青ねぎ集出荷施設で,青ねぎの荷受基準について確認を行いました。全農担当者から,現在の販売情勢について情報提供があり,青ねぎの需要に応えるためにも,青ねぎ生産へ引き続き尽力しようという生産者側の気持ちの高まりが感じられました。
 生育状況としては,少雨による乾燥で生育スピードが平年よりやや遅い傾向にありますが,生育ムラも少なく順調に生育していました。今年はさび病の発生が多い傾向にあるため,現地検討会では,病害虫の発生や生育状況を確認し,改めて防除の徹底を行う必要があることを生産者同士で確認しました。普及センターから,散布ムラが発病リスクを高めることから,草丈に応じた散布水量を設定して,防除を行うよう呼びかけました。
 普及センターでは,調査ほを設けて生育状況をしながら,病害虫防除を含めた栽培管理の徹底に向けた支援を,関係機関と連携して行っていきます。  

    

出荷説明会の様子   現地検討会の様子

<問い合わせ先>
  美里農業改良普及センター  先進技術班    TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225


いちごの土壌分析を実施しました

2020年07月01日 11時39分28秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 令和2年6月24日にJAみやぎ亘理いちご部会員が,普及センターの指導により土壌分析を実施しました。今回の分析は土耕で栽培する予定のいちごハウスの土壌が対象で,JAみやぎ亘理いちご部会員青年部員2名と同JA職員2名の計4名が参加しました。当管内は東日本大震災後,いちごの高設栽培が増加しましたが,依然として土耕栽培の面積も大きく,土壌分析が重要であるため,JAみやぎ亘理いちご部会員自らが土壌分析を行っています。

 青年部員は普段触れることのない他の部会員の土壌に触れて,部会員によって土質が異なることや,土質が異なるといちごの生育にどのような影響があるか等について,意見交換を交えながら作業していました。今回の分析結果をもとに,次期作に向けた土作りや施肥設計を作成します。

 亘理農業改良普及センターでは,今後も土壌分析等に基づく栽培指導により,当管内の野菜農家を支援していきます。

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター 先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143