宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

GI登録の「河北せり」を鳥獣被害から守るために。

2021年06月18日 14時29分18秒 | ⑦地域資源の活用等による地域農業の維持・発展

  

 石巻市では,令和2年12月に「河北せり」が地理的表示(GI)に登録され,地域の重点品目となっています。しかし,近年ニホンジカやカモによる鳥獣被害により河北せり産地が脅かされています。
 そこで,令和3年6月14日に河北せり生産地域(皿貝地区・馬鞍地区・日影地区・中島地区)のせり生産者を対象に,合同会社東北野生動物保護管理センターの研究員を講師に鳥獣被害対策勉強会を開催し,ニホンジカとカモの生態を知り,その上で効果的な被害対策を学びました。また,約1か月間河北せり生産地域である皿貝地区の山際9か所にセンサーカメラを設置したところ,すべてにニホンジカやカモシカ,一部のカメラにはイノシシが確認され,近い将来イノシシによる被害対策も検討しなければならないことを目の当たりにしました。
 生態と被害対策方法について学んだ後、参加者を地区毎に2グループに分けて,被害状況を地図に落とし込み,クリアファイルを防鳥ネット,毛糸を侵入防止柵に見立てて対策のシミュレーションを行いました。実際にカメラ映像で鳥獣が確認できたこともあり,意見が飛び交い活発なワークショップとなりました。
 今回の勉強会が鳥獣被害対策の一助となり,「河北せり」産地のさらなる発展につながればと思います。
 


アスパラガス栽培管理勉強会(支柱・病害虫編)の開催

2021年06月18日 14時07分21秒 | ⑤収益性の高い水田農業・畜産経営の展開支援

  令和3年6月15日(火)に東松島市で生産者ら40人が参加し,パイオニアエコサイエンス(株)松永邦則氏を講師に,アスパラガス栽培管理勉強会(支柱・病害虫編)を開催しました。
 前回4月7日(水)にアスパラガスの定植実習をした(株)パスカファーム立沼(佐藤正代表取締役)の畑で,今回は支柱立ての実習と病害虫防除について研修をしました。
 松永氏からはアスパラガスの草丈が30~40cmになった頃,①マルチの植え穴を土でふさぐ,②倒伏防止のため支柱(180cm)を2m間隔で地中に30cm位打ち込み,ネット(15cm×4目)を2段張る,③梅雨期を迎え早めの病害虫防除に努めることなどの指導がありました。
 佐藤代表からは栽培管理や収穫販売などの感想を話されました。普及センターからは主な病害虫と殺菌剤・殺虫剤の一例を紹介しました。
 実習では支柱立てのコツや黒い板に茎葉を叩いて害虫を発見する方法などを学び,参加者らと活発に意見交換されました。
  石巻管内では地域農業の活性化のため,高収益作物としてアスパラガスに注目し,「採りっきり栽培Ⓡ」などの導入・定着に取り組んでおり,第3回の勉強会は9月に予定しています。


じゅうねん(エゴマ)の生産拡大に向けて

2021年06月18日 10時02分37秒 | ④園芸産地の育成・強化支援

 丸森町じゅうねん栽培研究会ではじゅうねん(エゴマ)の生産拡大を目指しており,令和2年度には移植機やコンバインを導入しています。令和3年5月28日には研究会と丸森町農業創造センター主催でエゴマの栽培講習会が開催されました。普及センターと農業創造センターが講師となって,機械移植を念頭に,播種板を使った播種の実演を実施するなど,必要な栽培技術の周知を図りました。

 秋には黄金に輝くエゴマ油が販売されますので,ぜひご賞味ください。

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター 地域農業第一班

     TEL:0224-53-3519 FAX:0224-53-3138


乾田直播栽培の生育調査を実施しました。

2021年06月17日 07時47分24秒 | ③先端技術等の推進・普及による経営効率化・省力化

    仙台普及センター管内では近年,生産者の水稲乾田直播栽培への関心が高く,特に仙台東部地区を中心にその面積が拡大しつつあります。このため,当該技術のさらなる普及拡大を目指し,今年度から重点活動に位置づけて支援しています。

 6月9日には,仙台市の農事組合法人仙台中央アグリサービスの協力を得て設置した生育調査ほにおいて,仙台農協と合同で1回目の生育調査を実施し,順調な生育であることを確認しました。今後も生育調査を継続し,調査結果については技術情報の作成や,7月7日に開催を予定している勉強会で活用することとしています。

 普及センターでは,雑草防除等生産者が抱える課題解決を支援し,当該技術の早期定着を図ってまいります。

 

〈連絡先〉

宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班

〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号

TEL:022-275-8410

FAX:022-275-0296

E-mail:sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


株式会社宮城リスタ大川の社員研修会を開催しました

2021年06月16日 16時34分38秒 | ⑨大規模自然災害等からの復旧・復興

6月11日に株式会社宮城リスタ大川の社員研修会を開催しました。当センターでは,令和2年から東日本大震災により被災した大川・北上地区の農地の復旧を担う3法人の支援を目的としたプロジェクト「被災農地における土作りの推進による生産性向上」を実施しています。本研修会はその活動の一環として開催したものです。当日は大豆播種作業の最盛期ということで,作業の合間をぬって8名の社員の方々の参加により,現場での開催となりました。
 研修会では,当センター職員から大豆の栽培法や水稲の水管理を中心に説明を行いました。大豆の栽培法では,昨年は雑草多発により低収だったことから,砕土率を高め,土壌の乾燥に留意して除草剤(土壌処理剤)を散布することや,中耕培土や排水対策をしっかり行うことを説明しました。水稲の水管理では,5月(田植え後)の浅水管理,6月の間断かん水,7月の低温時の深水管理について,また,地域特有の水管理として塩害対策のため中干しをしないこと等の説明を行いました。社員の方々は,暑い中にも関わらず,熱心にメモを取って聴いていました。研修会後は,社員の方々から,作土が浅い,水もちの悪い水田があることなどの意見が出されました。研修会は,今後あと3回予定しています。当センターでは,引き続き,東日本大震災からの復興を担う法人の支援に取り組んでいきます。


JA古川でねぎの現地巡回が行われました。

2021年06月15日 16時55分22秒 | ④園芸産地の育成・強化支援

 令和3年6月11日にJA古川ねぎ部会の現地巡回が行われました。現地巡回は普及センターとJA古川営農指導員及びJA古川ねぎ部会長が2班に分かれ,6月11日と18日の2日間をかけて全ての部会員のほ場を巡回し,播種や定植などの作業状況や生育状況,病害虫の発生状況について確認を行います。
 長ねぎ栽培ではねぎの生育に合わせて少しずつ土を被せて,光に当たらなくすることで白い部分を作ります。7~8月の収穫を目指す夏ねぎでは現在,その土を寄せる作業を行っています。また,9月以降に収穫を予定している秋冬ねぎでは定植作業が行われています。6月11日に巡回したほ場では夏ねぎ,秋冬ねぎともに生育は概ね順調でした。普及センターからは,肥料切れを起こさないように土寄せの際に追肥を行うこと,今後注意が必要な病害虫や梅雨入り前の雑草管理等について指導を行いました。
 JA古川ねぎ部会では既存生産者の高齢化が進む一方で,4Hクラブ員等の若い生産者も多く見られます。普及センターでは,ねぎの産地発展に向けて引き続き支援を行っていきます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班
 TEL:0229-91-0726  FAX:0229-23-0910


稲WCS専用品種「ホシアオバ」が順調に生育しています!

2021年06月15日 09時49分29秒 | ⑤収益性の高い水田農業・畜産経営の展開支援

 県では,飼料作物における奨励品種の普及拡大を目的として,展示ほを設置しています。亘理普及センターにおいては,稲WCS専用品種の「ホシアオバ」について,亘理町の畜産農家に協力をいただき,展示及び調査をしています。「ホシアオバ」は,宮城県において極晩生性で,多肥で茎葉比率が高く,多収となる品種です。展示ほのほ場では,5月中旬に移植を終えて,順調に生育しています。

 「ホシアオバ」の展示ほについて,御興味のある方は普及センターまでお問い合わせください。

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター 地域農業班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143


省力的な水稲種子生産に向けたスマート農業実演会が開催されました

2021年06月15日 09時18分26秒 | ③先端技術等の推進・普及による経営効率化・省力化

 令和3年6月8日に中山間地域におけるスマート農業技術を活用した精密,省力な種子生産実証の一環として,自動水管理制御装置と自動操舵付き水田除草機による異株除去の実演会が加美町で開催されました。当日は,実証コンソーシアムメンバーの他,県内水稲採種組合や関係JA職員が参加しました。
 ほ場に設置した自動水管理制御装置ついて操作法の実演があり,水田3枚を1つの単位として,スマートフォンを用いて遠隔給水と排水を行う方法について見学しました。
 また,水田除草機については,前方で植え付け条を感知して,その直後,土壌を攪拌して雑草,異株等を除去するものです。担当したオペレータからは,条間,株間の雑草や漏生稲(前年のこぼれた籾が発芽したもの)の除去に非常に効果が高いと感想がありました。
 普及センターでは,引き続き実証経営体の支援とスマート農業の実用化に向け,きめ細やかな支援を行っていきます。

(水田除草機の実演)

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      先進技術班
 TEL:0229-91-0726  FAX:0229-23-0910


大郷町の土地利用型法人によるえだまめの播種が行われました。

2021年06月14日 15時40分51秒 | ④園芸産地の育成・強化支援

 大郷町前川地区では,令和5年度からの農地整備事業が予定されており,事業完了後の高収益作物の導入が要件となっています。その作物としてえだまめとねぎが検討されており,地区内の土地利用型法人4法人が,今年初めてえだまめ栽培に取組むことになりました。普及センターでは,このうち栽培面積が大きい「農事組合法人かすかわ」と「有限会社薬師農産」の2法人を中心に,栽培技術支援や作型の検討を行っています。

 去る5月25日,「農事組合法人かすかわ」では,えだまめの播種作業を行いました。好天に恵まれた当日は,朝9時から作業を開始し,途中,播種間隔や播種の深さなど機械の微調整を行い,約1時間で30aのほ場の播種が終わりました。今回播種したえだまめは,8月中旬頃の収穫を見込んでいます。

 普及センターでは,大郷町やJA新みやぎあさひな地区本部と連携しながら土地利用型法人によるえだまめの導入と定着を図っていきます。

〈連絡先〉

宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班

〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号

TEL:022-275-8410

FAX:022-275-0296

E-mail:sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


令和3年度1回目の水稲生育調査を行いました

2021年06月14日 09時51分05秒 | ⑥時代のニーズに対応した農畜産物の安定供給

令和3年6月1日に今年度第1回目の水稲生育調査を行いました。今回調査したほ場は,「ひとめぼれ」が2か所(矢本,河南),「ササニシキ」(桃生,稲井)の4か所です。5月の管内の気象は,平均気温や日照時間が平年並からやや高め(多め)に推移しました。今回の調査では,2か所平均で「ひとめぼれ」の草丈は24.2cm,葉数は5.2葉(田植え時から2.4葉進展),「ササニシキ」の草丈は25cm,葉数4.4葉(田植え時から1.8葉進展)となり,概ね順調な生育となっております。今年はこれらの調査ほのほかに,県のブランド品種「だて正夢」(矢本)と「金のいぶき」(蛇田)の普及展示ほ,業務用米品種の「つきあかり」(矢本)の生育調査ほも設置しており,これらの生育調査も実施しています。これらの生育調査ほの生育結果については,下記のURLにて石巻管内向けの稲作情報として発信していきますので,宮城の農業普及現地活動情報と合わせてご活用ください。          https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/et-sgsin-n/