宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

女性グループで「手洗い研修会」を開催しました。

2020年10月22日 17時54分35秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 美里農業改良普及センター管内にある小牛田地域精進料理の会は,毎月1回,地域に受け継がれてきた精進料理の伝承として,調理実習を中心に活動を行っています。今年度は新型コロナウイルスの影響でこれまで活動を休止していましたが,10月より感染予防を行いながら再開しました。
 10月20日に行われた第1回目の定例会では,正しい手洗い方法を学ぶための「手洗い研修会」を行いました。普及センター職員から,「手洗いによる食中毒の防止について」講義を行った後に,手洗いの実習を行いました。
 実習は,北部保健福祉事務所からお借りした「手洗いチェッカー」を使用しました。手洗い前に汚れに見立てた専用ローションをまんべんなく付けた後,いつもの方法で手洗いを行いました。手を特殊ライトを使用した手洗いチェッカーの下にかざすと,爪や手のしわのところが青く光り,洗い残りがあることが分かりました。
 会員からは「丁寧に洗っているつもりでも洗い残しがあることが分かった。」「人によって洗いにくい場所がある事を知った。」などと感想が出され,より一層,衛生管理に気をつけて調理をすることを申し合わせました。

 

 

 

<問い合わせ先>
  美里農業改良普及センター  地域農業班    TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225


総合化事業計画の認定交付式が行われました

2020年09月09日 11時11分43秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 山元町は,県内有数のいちじくの産地であり,加工商品の開発も進められています。今回,山元町でいちじくを約1.2ha栽培する「やまうち農園株式会社(代表取締役 山内啓二氏)」は,農林水産省より六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画を認定され,8月24日に同社のいちじく農園にて交付式が行われました。
 やまうち農園株式会社では,地元の亘理高校の生徒が考案したいちじくの加工商品のアイデアをもとに民間会社から商品化の開発協力を受けて,今後,新商品の製造・販売を開始する計画です。
 普及センターでは,今後も当地域のいちじくの栽培技術向上や6次産業化の支援を行います。

<連絡先>
 宮城県亘理農業改良普及センター 先進技術班
 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143


くりはらの食材でステイ・ホーム(おうちで過ごそう)を応援!

2020年05月11日 09時41分59秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 

 新型コロナウイルス感染症の外出制限等の影響により,外食や給食等への食材販売が落ち込み,農業生産への影響も大きくなっています。

  栗原管内の農業者が中心となり,地域の農産物や伝統文化を伝える活動を展開する「くりはらファーマーズプロジェクト」(代表:伊藤秀太氏)では,ピンチをチャンスに!!と消費が落ち込んでいる栗原地域の食材をセットにして市内外へ届ける取組みを行っています。
  家庭で過ごす時間が増えている家族向けに,家庭で楽しく,おいしく,くりはらを満喫できる「おてがる!フライパンでBBQ(バーベキュー)セット」の販売を始めました。
 
漢方三元豚,ケール,サンチュ,サラダ菜,パプリカ,しいたけ,さくらしんこ餅などの食材セットで,やみつき森もりサラダのレシピや餅花の作り方なども入っています。栗原地域の「食」と,農業者の思いが詰まったセットになっています。新聞等で掲載されたこともあり,注文数は増えています。

  新型コロナウイルス感染症の影響により,管内の多くの農業者が営農活動への不安を抱えています。普及センターでは,相談窓口を開設して相談に応じたり,支援策等について農業者へタイムリーに情報提供を行ったりしています。併せて,この苦境を乗り切ろうとアイディアを出し合い新たな取組みを行う農業者を今後も支援していきます。

宮城県栗原農業改良普及センター 地域農業班
TEL 0228-22-9437
FAX 0228-22-6144


北海道の皆様、みやぎの野菜をお召し上がりください

2020年02月07日 10時34分07秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成


 令和2年1月23,24日札幌市場及び札幌地区店舗(エスタ店、イオン、コープさっぽろ、マックスバリュー)において「にこにこベリー」と宮城県特産野菜(ちぢみほうれんそう、ちぢみゆきな、曲がりねぎ、せり、春菊)の試食販売会が行われました。1月24日朝に行われた札幌市場の試食会では本格デビューした「にこにこベリー」の甘味・酸味、食感が特に好評で宮城のいちご主力2品種(もういっこ、とちおとめ)を超すような高評価が得られました。宮城特産野菜についても好評で特に「ちぢみほうれんそう」は北海道でも生産されており認知度が高く飛ぶように売れました。石巻で昨年より力を入れている「ちぢみゆきな」は、札幌の消費者の認知度が低く調理の仕方などを聞かれた際に適切に答えられない場面もありました。日頃、生産物を購入されるお客様と接する機会がなく、調理の仕方や野菜の特徴など質問され戸惑う場面もありましたが、最終的には食べていただくまでが普及指導員に必要な知識だな感じさせられました。

宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第2班
  TEL:0225-95-1435   FAX:0225-95-2999

6次産業化・農商工連携推進のための研修会を開催しました

2020年01月29日 11時09分41秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 農業者による6次産業化や農商工連携の取組をスムーズに支援できるよう,管内の市町,JA等関係機関担当者を対象に研修会を開催しました。
 研修会では,地域資源による商品づくりを実践する株式会社ヤマウチの山内社長から講演をいただくとともに,宮城県6次産業化サポートセンターから支援活動の紹介をいただきました。
 山内社長の講演では,自社の製品は地元三陸産の原料を使用し,無添加,手造りにこだわり,原料は最も美味しい時期になる旬のものを使用していることや,商品は第一に自分が納得できるものをつくることなど売れる商品をつくり出すポイントについてお話しをいただきました。
 また,6次産業化サポートセンターからは,現地の支援活動事例や農業者の目標実現に向けた専門家による支援等の活動を紹介いただき,農業者の相談窓口となる担当者と支援機関との連携について理解を深めました。
 
<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター      先進技術班
 TEL:0226-25-8069    FAX:0226-22-1606


「食育推進研修会」を開催しました

2019年12月06日 08時26分37秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 大崎地域農村生活研究グループ連絡協議会では,子供達の健やかな成長に寄与する食育の推進を図るとともに,女性農業者が健やかで生き生きとした生活実現の一助とするため,毎年「食育推進研修会」を開催しています。  今年度は,11月27日(水)に加美町小野田福祉センターで,国際薬膳食育師 特級師範の堀桃氏を講師に,薬膳について研修しました。  最初に,「いつもの食材が薬膳に!『冷え対策』で体ぽかぽか」と題して,薬膳の基本的な考え方,万病の元である冷えの対策,タイプ別の予防法や解消法についての講話がありました。  その後,5グループに分かれて調理実習を行い,①鮭と乾物のミルクスープ,②根菜とキノコのキーマカレー(黒ご飯で),③切り干し大根のバーニャカウダ(冬野菜で)と体を温める料理3品を作りました。  調理実習後,試食をしながら情報交換等を行い,交流を深めることができ,有意義な研修会となりました。

<連絡先>  宮城県大崎農業改良普及センター 地域農業班  TEL:0229-91-0726 ,0727   FAX:0229-23-0910

  


GAPに取り組む経営体の現場力向上支援を行っています

2019年11月19日 17時15分08秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは,農業において,食品安全や環境保全,労働安全等を目的として生産工程を管理する取り組みのことです。GAPに取り組むことで,生産性や効率性,経営意識等の向上につながる効果が期待されますが,作業に従事する人が農場の方針や問題点を共有し,取り組みに積極的に参画することが重要です。
 (株)未来彩園は,大衡村でトマトの養液栽培を行なっている農業生産法人で,平成30年にASIAGAP認証を取得しました。創業以来,安全・安心でおいしいトマトの安定生産に取り組んできましたが,GAP認証取得を契機として,パート社員も含めた全社員が自発的に職場の問題に気づき,改善しようとする組織風土づくりのための活動を開始しました。普及センターでは,今年度より,(株)未来彩園の全社員の意識改革に向けた取り組みについて支援を行い,経営改善モデル経営体の育成を図っています。
 具体的な取組内容として,9〜10月にかけて3回,改善活動のためのワークショップを全社員で行いました。また,ワークショップ開催前の8月には,ワークショップを行う意義を理解し意識醸成を図るための研修会を行いました。
 ワークショップは,(公財)みやぎ産業振興機構と連携し,HS経営コンサルティング株式会社の本田氏を講師に招き開催されました。話し合いは,実際の作業班ごとに分かれて「自分たちの仕事の工程」をテーマに行いました。まず,普段の作業内容の棚卸をし,その中で自分たちができていることの確認と共有を行い,問題点については,原因と合わせて解決策を検討しました。さらに,班ごとに今後の目標やビジョンを検討,策定しました。最後に,これまでに話し合ったまとめと班ごとの目標を全体に向けて発表することで,改善に向けた意識統一が図られました。話し合いを重ねることで,話し合うことの必要性を感じるきっかけにつながったようです。
 普及センターでは,話し合いが定着し,改善提案ができる経営体を目指し,今後も引き続き支援していきます。

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第二班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8374
FAX:022-275-0296
E-mail:sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


(農)下名生ファームがパドロン試食会を開催しました

2019年09月11日 15時28分57秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

 柴田町の農事組合法人下名生(しものみょう)ファームは,平成27年に土地利用型の農業法人として設立され,平成30年には味噌造りに取り組む加工組合の事業を継承して,土地利用型+6次産業に取り組む農業法人となりました。  
 本年度より組合では,スペイン野菜のパドロン(トウガラシの仲間)の栽培に取り組んでおり,8月26日に関係者を集めた試食会を開催しました。  
 当日は,柴田町内の創作料理店を会場にして,法人構成員の他,柴田町長,JAみやぎ仙南柴田事業本部長などの関係者に,パドロンを使ったピリッと辛い炒め物や揚げ物を味わってもらいました。
 町長からは,「新たな野菜栽培に取り組んでもらって感謝する。下名生ファームには,このパドロンを柴田町の特産品に育てられるように頑張ってもらいたい」と激励の言葉をいただき,法人構成員も大いにやる気になりました。
  パドロン生産の取組みは地元新聞にも掲載され,柴田町観光物産交流館「さくらの里」で販売しているパドロンは予想を超える販売数となっています。
※お問い合わせ先
・下名生ファーム直売所 0224-87-8118(金曜,土曜のみ)
・柴田町観光物産交流館さくらの里 0224-87-7101(月曜定休)
〈連絡先〉大河原農業改良普及センター      TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138


栄養成分表示に向けキャリアアップ

2019年09月04日 10時47分39秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成

  農産加工品を製造する女性起業者への支援として,第2回キャリアアップ講座を普及センターを会場として,令和元年8月27日と30日の二日間開催しました。

  今回の講座では,県保健所の栄養士2名が講師となり,加工食品に表示が必要な栄養成分の計算について個別相談形式をとり,二日間で16名の受講者がありました。

  受講者は,それぞれが製造する農産加工品のレシピを持参し,原材料の栄養成分表における分類や成分量の計算方法を講師に確認しながら,パソコンや電卓を駆使して栄養成分表示のラベルに必要な成分量を算出しました。

  栄養成分表示義務の猶予期間は令和2年3月末までとなっているため,受講者の皆さんも,より真剣に取り組む姿が見られました。

                                                  
   普及センターでは,今後も農産加工品の製造に取り組む女性農業者を支援していきます。 

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  先進技術班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143


くりはら物産市で栗原産ズッキーニをPRしました

2019年07月16日 11時25分50秒 | ②競争力のあるアグリビジネス経営体の育成



 令和元年7月9日(火),県庁1階ロビーで開催された「くりはら物産市」にJA新みやぎ栗っこズッキーニ部会が出展し,ズッキーニの展示即売を行いました。
 ズッキーニの販売と併せ,食べ方や産地の紹介を行いながら栗原産ズッキーニをPRしました。購入者からは,色つやのある外観が好評で,準備したズッキーニを完売しました。
 また,当日はズッキーニ生産者,JA職員と宮城県農政部長を訪問して販売額1億円を目指す栗原市のズッキーニ生産拡大への地域の取組について紹介し,激励をいただきました。
 普及センターでは,ズッキーニ産地の拡大に向け,生産者や関係機関と連携するとともに,産地PRによる消費拡大を図っていきます。

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班
TEL:0228-22-9404   FAX:0228-22-6144