宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

優良種子の生産に向けて,まずは育苗管理から!

2019年05月16日 15時44分43秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 大崎農業改良普及センター管内では,4つの組織が水稲種子生産に取り組んでおり,県内の種子生産の約6割を担っています。
 普及センターでは,4月下旬に5日間かけて,管内全体で合計126名の種子生産農家の育苗ハウスを全戸巡回し,管理状況や生育状況を確認しました。各採種組織とも,育苗ハウス内の見取り図や品種名が掲示され,管理が徹底されており,苗の生育も良好に経過していました。
 5月に入り各組織では田植えが順調に行われています。引き続き普及センターでは,異品種混入や病虫害の防止に向け,採種組合の自主GAP等に基づいて優良種子の生産に向けた管理体制の向上を支援していきます。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  先進技術班
 TEL:0229-91-0726  FAX:0229-23-0910


放牧事業の安全を願い牛魂祭開催

2019年04月26日 09時31分24秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

  気仙沼市営放牧場で,4月19日に本年度放牧事業の開始と併せて「牛魂祭」が行われました。モーランドは昭和44年の開牧以来,草地除染の取組時期を除き気仙沼・本吉地域の酪農,畜産振興の拠点施設として,放牧事業を実施してきました。   今回,牧草の生育が良好なことから,3月より受け入れを開始。当日は,既に入牧して越冬した33頭と合わせ65頭で本年度の放牧事業を開始しました。   放牧牛の衛生検査終了後には,放牧委託農家,関係者により「牛魂祭」が開催され,放牧事業の安全と畜産振興を祈願しました。   管理主体である農事組合法人モーランドでは,広い放牧場で運動することで,足腰の丈夫な乳牛になり,農家の期待に応えられるよりよい牛を農家に返せるよう大事に管理しています。

<連絡先>  宮城県気仙沼農業改良普及センター      先進技術班  TEL:0226-25-8069  FAX:0226-22-1606


今作2回目のJA古川そらまめ部会現地巡回指導会が開催されました

2019年03月26日 11時58分55秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成31年3月19日に,今作2回目のJA古川そらまめ部会現地巡回指導会が開催され,管内のそらまめ生産者16名のほ場を巡回しました。

 JA古川のそらまめは秋まき栽培が主流であり,今回は越冬後の栽培管理について指導しました。追肥と土寄せ,病害虫防除について資料を用いて説明し,特に,無効分けつの抑制や日当たりを改善するため,そらまめの株元に土を入れるよう指導しました。

 生産者からは,「昨年度土入れを実施したらそらまめの生育が良くなった」と感想をいただき,その効果を実感しているようでした。

 今作は冬の気温が高めに推移したため,そらまめの欠株は少なく,生育も順調に進んでいます。  

 普及センターでは今後もそらまめの安定生産のため継続して支援してまいります。

 

 

<連絡先>  宮城県大崎農業改良普及センター 先進技術班  TEL:0229-91-0726 FAX:0229-23-0910


今作3回目のJA古川半促成トマト部会現地検討会が開催されました

2019年03月25日 11時46分29秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成31年3月15日に,今作3回目のJA古川半促成トマト部会現地検討会が開催され,生産者7名とJA古川の担当者をはじめ,タキイ種苗,普及センターの担当職員でほ場を巡回しました。
 巡回の結果,トマトの着果が順調に進んでおり,生育が早いほ場では出荷が始まっていました。普及センターでは今後,果実の肥大が進むことを考慮して施肥とかん水について指導し,さらに気温が急激に変化する時期であることから,温度管理にも注意するよう指導しました。
 次回の現地検討会は4月中旬に開催される予定です。普及センターでは引き続きトマトの安定生産のため支援してまいります。 

 

<連絡先>
宮城県大崎農業改良普及センター 先進技術班 
TEL:0229-91-0726 FAX:0229-23-0910

 


JA栗っこスナックえんどう部会の総会および春まき講習会が開催されました

2019年03月19日 09時47分08秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

<講習会の様子>

 平成31年3月13日(水)に,JA栗っこ志波姫支店において「スナックえんどう部会第3回通常総会及び春まき講習会」が開催され,生産者15名が参加しました。

 総会では,平成30年産の出荷量が前年に比べて減少したため,目標の販売金額は達成できなかったものの,引き合いが多く高単価で販売できたとの報告がありました。このことから,部会では収量増加に向けて栽培技術の向上を目指すとともに,新たな生産者の勧誘や春まき栽培の作付けを推進することとし,参加者の生産意欲をかき立てようとしていました。

 総会後の春まき講習会では,栽培技術のポイントについて種苗メーカーから,病害虫防除について普及センターから説明した後,農薬や生育促進剤の使い方などの活発な質疑応答がなされ,生産者にとって有意義な講習会となりました。

 今回の総会及び講習会では,市場関係者から販売動向についての情報提供や平成31年産の出荷期間中に10連休があり,市場ではその時期に消費が落ちないよう販売PRを行う予定との説明がありました。普及センターでは関係機関と連携しながら,消費者の需要に応えられるよう安定生産に向けた支援を継続していきます。

<連絡先>

宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班    

TEL:0228-22-9437     FAX:0228-22-6144


JAあさひなねぎ部会の育苗講習会が開催されました

2019年03月15日 13時08分08秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成31年2月22日にJAあさひなねぎ部会を対象のねぎ育苗講習会が開催されました。参加者は60名を上回り,活発な意見交換がなされ,ねぎに対する意気込みが感じられました。
 講習会では,(株)渡辺採種場の担当者より,播種及び播種後の管理について,特に発芽には気温ではなく地温が重要であり,地温と発芽率の関係について詳しい説明がありました。
 普及センターからは,土壌診断に基づいた施肥管理をするよう呼びかけるとともに,従来の「曲がりねぎ(施設やとい)」に「曲がりねぎ(露地やとい)」と「夏秋どり長ねぎ」の作型を組み合わせることで,ねぎの作期を拡大した取組事例を紹介しました。
 今後,部会の中で作期拡大の取組みが広まり,出荷量の増大が図られることが期待されます。


〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班
  〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8410
  FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


「曲がりねぎ」・「つるむらさき」の栽培講習会が開催されました

2019年03月15日 13時05分45秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

  平成31年2月20日にJA仙台の園芸振興品目である「曲がりねぎ」と「つるむらさき」の栽培講習会が仙台西部地区の生産者を対象に開催され,30名を上回る参加がありました。
 普及センターからは,各品目の栽培方法について説明を行いました。曲がりねぎでは,昨年は乾燥の影響でやとい中にねぎが細くなってしまったほ場が散見されたので,やとい時にかん水をしっかり行って鎮圧することがポイントであることを説明しました。また,病害虫防除の省力的な散布方法の試験事例やJAあさひなねぎ部会における品種比較試験の取り組みを紹介しました。つるむらさきでは,重要病害虫であるネコブセンチュウによる根こぶ病を防除するネマキック粒剤について,農薬展示試験や活用方法などを紹介しました。昨年は定植後の6月下旬~7月に茎が細くなり,肥料切れになったほ場や苦土欠乏,ピシウムによる病害の症状などが見られたので,その状況や対応策についても説明しました。
 生産者からは,多くの質問があり,理解を深めている様子が見られました。今後も地域の特色ある野菜の生産振興を進めていきます。

〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班
  〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8410
  FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


平成30年産大豆種子の生産物審査,農産物検査が終了

2019年03月13日 16時27分29秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

平成30年産JAみやぎ登米大豆種子の生産物審査が全て終了し,3月12日に最終の農産物検査が行われました。

県内の大豆種子生産は9JAで行われており,このうち,JAみやぎ登米は約25%を担っています。

平成30年度は,登米町と米山町の2法人,米山町の1組織がタチナガハ14.8ha,ミヤギシロメ22.5haの種子生産を行い,播種から収穫,乾燥・調製までのきめ細かな管理により,68,640kgの優良種子を確保することができました。

普及センターでは,大豆の安定生産を図るため優良な種子の生産・普及をJAと連携しながら支援していきます。

 

 

<連絡先> 宮城県登米農業改良普及センター先進技術班 

 TEL:0220-22-6127,FAX:0220-22-7522

 

 

 


美里町の(有)グリーンウェーブ南郷が第三者認証JGAPを取得しました!

2019年03月12日 14時22分34秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは,食品安全,環境保全,労働安全を確保し,より良い農業生産を実現する取組のことです。ほ場や施設の整理整頓,栽培管理・在庫管理等の記録や点検を行い,課題を見つけて改善していく取組で,品質向上だけではなく役割分担の明確化や業務改善,販売力の強化など様々な効果が期待されています。
 美里町の(有)グリーンウェーブ南郷では,平成31年2月8日にみずなで第三者認証JGAPの認証を取得しました。同社ではJGAP導入のため,現場の整理整頓の徹底,作業記録や点検の実施,社内ルールの見直しなどを行ってきました。従業員全員でGAPに向けて取り組んできた結果,この度の認証につながりました。
 普及センターでは,GAPへの理解を深めるため7月に従業員向け説明会とコンサル指導会を,9月にみやぎGAP推進アドバイザー事業による現地指導を,12月にはJGAP模擬審査を実施する他,巡回指導を通じて帳票作成支援,現場改善支援を行ってきました。
  同社では,認証をきっかけに食品安全への意識向上や従業員の意識改革,新たな販路拡大などといったGAP導入の効果がみられています。
  当普及センター管内における第三者認証GAPの認証取得経営体数は3経営体となりました。普及センターでは,引き続きGAPの新規取得や導入後の運用・定着支援を継続して参ります。

  <問合せ先>
  美里農業改良普及センター  地域農業班    TEL 0229-32-3115,FAX 0229-32-2225


平成30年度桃生町和牛改良組合研修会が開催されました

2019年03月04日 19時12分15秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 平成31年2月27日に石巻市和渕で「平成30年度桃生町和牛改良組合研修会」が開催されました。講習会には繁殖牛飼養農家や関係者など18名の参加者があり,全国農業協同組合連合会宮城県本部生産指導課 伊藤信行課長代理とともに石巻農業改良普及センターで講師を務めさせていただきました。
 講習内容は(1)「宮城県子牛市場平均価格推移と枝肉状況」として,子牛市場の相場動向や枝肉価格の推移,肥育農家に求められる子牛について全農みやぎ 伊藤課長代理から講演が行われました。
(2)「桃生町和牛改良組合の現状と今後の課題」として,石巻農業改良普及センター佐藤から,桃生地域の和牛改良におけるこれまでの経過や現状について話をさせていただきました。全国に誇る名牛「茂洋」号や基幹種雄牛「勝洋」号を輩出した桃生町和牛改良組合が今後どのように改良を進め,組合員の方々が生産性を高めていくのかということについて講演させていただきました。
 参加者の方からは様々な質問や要望が寄せられ,大変熱意の感じられる研修会となりました。この研修会をきっかけとして,桃生地域延いては石巻地域の肉用牛生産がより活性化されていくことが期待されます。
 
 <連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  先進技術第1班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999