宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

丸森町の台風被災水田でヘアリーベッチのは種作業が行われました。

2020年05月21日 15時22分46秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

 令和元年東日本台風により甚大な被害を受けた丸森町竹谷,五福谷地区において,「丸森中央集団転作組合」が4月28日に設立されました。
 両地区の農業者19名が参加して令和2年5月1日(金)の晴天のもと,ヘアリーベッチのは種作業が行われました。被災水田はガレキが散乱するなどほ場の状況が厳しいことから,動力散粉器での播種となりましたが、台風の後しばらく人影のなかった被災農地にエンジンの音が響きました。
 丸森町竹谷地区の水田には,広域に土砂が流入堆積しており,復旧工事が待たれている状況です。この日,20haの水田に播種されたマメ科の緑肥作物「ヘアリーベッチ」は,共生する根粒菌が空気中の窒素分を取り込むことによって,養分の少ない農地でも生育します。しかし,被災水田では根粒菌が少ない心配があるため,被災地支援として秋田県立大学から提供いただいた「根粒菌」を粉衣した後,は種しました。
 丸森町では平坦部のほか,中山間部でも農地が甚大な被害を受け,農業者が農作物の栽培に不安を抱えていたことから,各地区において現地説明を行い,数種の品目を実証は種するなど,農業者との情報共有を図ってきました。
 6月下旬にはヘアリーベッチの花が咲きます。農業者の皆さんは,被災水田での営農再開への一歩を踏み出しています。

 

 


〈連絡先〉大河原農業改良普及センター 地域農業第一班
     TEL:0224-53-3519 FAX:0224-53-3138


家族経営協定を締結しました

2020年05月08日 09時32分42秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

  令和2年5月7日(木),名取市でいちごを栽培する「ファンファームなとり」において家族経営協定締結式が行われました。
「ファンファームなとり」を経営する佐々木綾子さんは,「わが子に食べさせたいと思える、美味しく安心なイチゴをつくりたい。」と,平成30年に就農しました。夫の和也さんは名取市内の農業法人に勤務していましたが,この度,綾子さんと一緒にいちご栽培に携わるべく,家族経営協定を締結しました。二人はそれぞれ就農前に農業法人でいちごの栽培技術を学び,現在「さちのか」を土耕栽培する傍ら,メロンやズッキーニを栽培し,効率よくパイプハウスを使っています。
  「楽しく、おもしろく!ファンに愛される農園に」という想いを込めて名付けられた「ファンファームなとり」を,これから二人で盛り上げていきます。

 

<連絡先>
 宮城県亘理農業改良普及センター  地域農業班
 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143

 


令和元年東日本台風被災水田における営農継続に向けた取組支援

2020年05月01日 17時38分15秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

 丸森町では,令和元年東日本台風により水田へ多量の土砂が流入したため,今春の水稲作付けが不可能となっている農地もあり,農家所得の減少が懸念されています。
 このため,被災地域における農家所得の確保に向けて,丸森町では産地交付金を活用し,「地力増進作物の栽培」を支援することとしました。
 しかしながら,被災水田では,ほ場が軟弱で農業機械が入れないなどの課題があり,農業者がこの取り組みに不安を抱いていました。そこで,普及センターでは地域ごとに異なる被災状況を確認しながら,品目の選定や播種方法などについて,農業者と現地で意見交換を行いました。
 被災水田においては農家の営農意欲が低下することが懸念されています。このため,普及センターでは町とともに,これらの活動を通じて今後の営農継続に向けて取組を進めていきます。

 

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター
     TEL:0224-53-3519 FAX:0224-53-3138


南三陸町で醸造用ブドウの定植が始まりました

2020年04月17日 15時55分34秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

 南三陸ワイナリー株式会社が田束山の山頂付近にあるほ場で醸造用ブドウの定植を始めました。今年度は,赤品種の「メルロー」や白品種「シャルドネ」等の合計8品種を2,500本定植する予定です。4月14日に,社員やインターンシップ等の支援者ら5人が定植作業を行いました。田束山のほ場は3年後に初収穫が見込まれます。
 これに先立って,南三陸町入谷のほ場で昨年初収穫を迎え,初めて南三陸産ブドウを用いたワインを仕込みました。また,今夏には南三陸町に醸造所を設ける予定でもあり,田束山のブドウを用いたワインが販売されるのが楽しみです。

<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター 
 地域農業班
 TEL:0226-25-8068 
 FAX:0226-22-1606


『にいつき軽トラ市』品揃え・集客・販売力向上を目指して

2020年03月23日 17時40分54秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

 『にいつき軽トラ市』は,みやぎグリーン・ツーリズムアドバイザーの早坂久美氏を講師に招き,「市の開催期間中切れ目なく販売品・販売額を確保するためには」というテーマで去る2月26日と3月18日に研修会を開催しました。
  第1回目では,近年の直売所の現状と売れる農産物のポイントについて学び,軽トラ市で現在販売している農産物について時期別で整理しながら,今後どのような品揃えを目指していくかを検討しました。
  第2回目には,集客を増やすための工夫や来客の購買意欲を向上させる工夫について他の直売所等の事例から学び,毎月イベントを開催することやその宣伝方法,販売促進のためのPOPの作成・設置について検討しました。実際に参加者全員でPOP作成の練習を行い,それぞれ自分の商品の強みやこだわりを思い思いに書き込みながら,「これなら自分たちでも簡単に実践できそう!」と,5月からの開催に向けて意欲の高まりが感じられる研修会となりました。
  
  ※『にいつき軽トラ市』
   気仙沼市下八瀬を通る国道284号沿線の新月パーキングの敷地内で5月の第2,4土曜日,6 月からは毎週土曜日,12月までの8か月の間,午前9時から12時まで開催。地場産の農産
  物や農産加工品などが販売されています。
 
<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班
 TEL:0226-25-8068   FAX:0226-22-1606


ぶどう栽培研修会を開催しました

2020年03月16日 16時30分34秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

管内ではシャインマスカットや醸造用ぶどうの栽培に関心が高まっています。そこで,令和2年3月9日(月)にシャインマスカット及び醸造用ぶどうの生産拡大に向けたぶどう栽培研修会を開催しました。

まず当所担当者から大河原管内のぶどう栽培取り組み状況を紹介し,続いて,株式会社仙台秋保醸造所代表取締役毛利氏から「ワインでつながる人と食」について講演がありました。また,JA新みやぎあさひなぶどう部会の部会長佐藤氏からは,育苗・遊休ハウスを利用したぶどう栽培の取組みについて事例紹介があり,最後に宮城県農業・園芸総合研究所花き・果樹部の庄子技師からシャインマスカットと醸造用ぶどうの栽培について説明しました。

今回の研修会は,これからぶどう栽培を始める方にとって有益なものであり,生産意欲を高めることができました。今後とも普及センターでは,現地検討会や研修会を開催するなど,ぶどう栽培の普及拡大を支援していきます。

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター
     TEL:0224-53-3496 FAX:0224-53-3138


気仙沼市本吉で,直売所の集客アップに向けた勉強会が行われました。

2020年03月13日 13時31分31秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

 令和2年3月3日,気仙沼市本吉総合体育館の研修室において,「本吉農林水産物軽トラック販売者の会」による直売勉強会が開催されました。
 「軽トラック販売者の会」は,新たに整備された三陸自動車道の本吉パーキングで軽トラ市を開催し,多くの人に本吉地域のおいしい農産物を食べて貰おうと,これまでも出荷カレンダー作りや,農産加工の勉強会を行ってきました。
 今回の勉強会では,講師に宮城県6次産業化プランナーの倉島史明氏を招き,「農産物直売所等における商品PRと集客促進の方法」について学ぶとともに,講師からアドバイスを受けながら,春野菜をPRするためのPOP作りを行いました。
 参加者からは,直売活動の本格開始が来月に迫るなか,実践的な勉強ができたとの声が聞かれました。
 
<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター  地域農業班
 TEL:0226-25-8068   FAX:0226-22-1606


セミナー「トウキ栽培の可能性とトウキの薬効」開催

2020年03月10日 17時16分52秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援


地域でのトウキ栽培拡大に向け,令和2年3月1日(日)に株式会社南三陸農工房主催による,トウキセミナーが開催されました。
セミナーでは,株式会社南三陸農工房のトウキ生産に関わりの深い,千葉大学の池上名誉教授から,「生薬当帰の薬効と健康」について,渡辺教授からは「トウキの一年栽培法」や食材利用について,また,北里大学東洋医学総合研究所の佐橋先生からは,「南三陸町おけるトウキの栽培の可能性とトウキの薬効」についての話題提供がありました。
 南三陸町の一年栽培のトウキは,通常栽培のトウキと比べ,成分的に遜色のないこと,国産トウキの需要が高く,生産拡大が望まれていることなどが紹介され,今後の栽培拡大に向けての活動の参考となるものでした。


<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター   地域農業班
 TEL:0226-25-8068   FAX:0226-22-1606

令和2年度新童子下集落営農協定の総会が開催されました。

2020年03月10日 16時32分26秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援


令和2年2月26日(水)に,令和2年度新童子集落営農協定の総会が南三陸町「童子下・四季の里」で開催されました。南三陸町の新童子下集落営農協定では,平成11年度から日本型直接支払制度を活用して農地や環境の保全に取り組んでいます。
 総会では,令和元年度の事業実績と来年度から事業内容の変更が予定されている中山間地域直接支払事業への参加について議決され,今後とも,地域農業・農村の維持発展に努めることとなりました。


<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター   地域農業班
 TEL:0226-25-8068   FAX:0226-22-1606

浅層暗渠実演会開催

2020年03月10日 16時17分02秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援

南三陸町入谷地区の新童子下地域では中山間地等直接支払事業等を活用し,農業農村の維持に努めています。
 令和2年2月25日農用地の効率的活用と作業の効率化に向けて,農研機構東北農業研究センターにおいて 開発された浅層暗渠施工器による暗渠施工実演会を開催しました。
 当日は,古川農業試験場とクボタアグリサービス南東北の協力の下,約20㌃の水田に,モミサブロー(スガノ農機㈱)による補助暗渠施工に続き,集排水管となる浅層暗渠を施工しました。
参加者は,50PSのハーフクローラトラクタと施工器により,安価・簡易に施工でき,ほ場の排水改良によりほ場作業効率が良くなり,農地の維持がし易くなると期待を込めて見学していました

<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター  地域農業班
 TEL:0226-25-8069  FAX:0226-22-1606