宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

クラウン局所加温技術・緑色LED光照射技術 第1回現地検討会を開催しました

2014年11月28日 16時56分18秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
平成26年11月25日,気仙沼市階上地区で,いちごのクラウン局所加温技術,緑色LED光照射技術の現地検討会を行いました。

クラウン局所加温技術は,株元のクラウン(生長点)を電熱線などで直接加温し,生育促進と効率的な暖房効果を期待できる技術として普及が進められています。
緑色LED光照射技術は,夜間に緑色LED光を照射することで適度なストレスを与え,葉や果実の生長を促進させ,病害に対する抵抗性を高める技術として研究が進められています。

今年度は,打ち抜き加工された部分のみが発熱する電熱線「クラウンヒーター」の現地実証と電球タイプの緑色LEDを用いて,慣行の電照と同様の使用法で実証試験を行う計画です。

新技術への生産者の関心も高く,設置方法,導入費用などについて質問が交わされ,積極的な意見交換が行われました。また,昨年度実証ほ設置に協力していただいた生産者からは,クラウン局所加温の温度管理,電熱線の撤去についての情報提供もありました。

今後も普及センターは,被災地の農業復興に向けて,経営安定のための新技術の普及に取り組んでいきます。

ストック栽培講習会を開催

2014年11月28日 11時52分02秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
平成26年11月7日(金),農業・園芸総合研究所において,亘理農業改良普及センター主催の「ストック栽培講習会」を開催したところ,名取市花卉生産組合,JAみやぎ亘理花卉部会,関係機関合わせて34名の参加がありました。
 近年,燃油価格の高騰により生産コストの負担が増加していることから,管内の施設花き生産者の多くは,燃油コスト削減のため低温開花性品目の導入を検討しています。そこで,低温開花性品目であるストックについて講習会を行いました。
 講習会では,ストックの育種家として著名な黒川幹氏(株式会社クロカワストック代表取締役)よりストックの特性,播種から出荷までの栽培方法,主な病害虫や高温障害などの説明と当地域に適した品種や作型について提案をいただきました。また,生産者が最も苦労している八重鑑別の方法については,ほ場で実演をまじえて指導を受けました。
 さらに,農業・園芸総合研究所花きほ場において,現在,試験研究で取り組んでいる11月咲きストックとトルコギキョウの視察も行い,理解を深めていただきました。
参加した生産者からは多くの質問が出され,低温開花性品目導入への関心の高さが伺えました。
普及センターでは,今後も技術指導と情報提供を継続し,低温開花性品目の導入による花き経営の安定を支援してまいります。

宮城県亘理農業改良普及センター 先進技術班
TEL 0223-32-1141  FAX 0223-34-1143




登米市では,大豆収穫の最盛期を迎えています。

2014年11月25日 17時00分45秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
宮城県産大豆の主産地である登米市では,大豆の収穫・乾燥作業の最盛期を迎えています。
 宮城県は本州一の大豆生産地ですが,そのなかで登米市は,栽培面積では大崎市に次いで第2位の1300ha強を作付けしており,収量・品質においては県内一を誇るなど,産地形成の牽引役として高品質の大豆生産に努めています。
 昨年には,第41回(平成24年度)全国豆類経営改善共励会で農林水産大臣賞を受賞した有限会社おっとちグリーンステーションが,農林水産部門の最高位である天皇杯等三賞において内閣総理大臣賞を受賞しており,全国でも注目されています。
 市内においても,大豆生産者がその刺激を受けて,主産地の名に恥じない,より高品質な大豆を生産するため一層の技術研鑽に励んでいます。
 今年は,天候にも恵まれ,高品質・高収量が期待されており,米価が低迷する土地利用型農業経営において,大豆栽培の重要性が一層増してきています。
 普及センターでは,今後も,高品質大豆の生産と農業経営改善の取り組みを支援していきます。


<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 先進技術班
〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電話:0220-22-6127 FAX:0220-22-7522

農産加工の心得を学ぶ!

2014年11月25日 15時14分46秒 | ⑦農村地域の振興に向けた取組支援
 11月18日,登米合庁にて「安心・安全な農産加工キホンのキ」と題して,農産加工に関する講習会を開催しました。現在,加工に取り組む農業者には日頃の作業を見直していただき,また農産加工志向の方には今後の起業の参考としていただくため企画したもので,26人が参加しました。
 

 講師の(一財)食品環境検査協会主席・田中宏朗氏からは,農産加工には必須の知識である食品衛生と食品表示についてお話いただきました。「手洗いの時間は『はとぽっぽ』を3回歌うくらい」「食品回収の理由で一番多いのは表示不適切」など,具体例を交えたわかりやすい説明に,参加者は熱心にメモを取っていました。
 

 普及センターでは,今後も地域の農産加工活動を支援してまいります。





〈連絡先〉
 宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班
  宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
  電話:0220-22-8603
  FAX:0220-22-7522

田舎の暮らしや農の技術を伝承するルーラルガイドの知恵を学ぶ講習会を開催しました。

2014年11月25日 13時13分12秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 栗原市生活研究グループ連絡協議会(菅原さだ子会長)は,10月30日に栗原市花山石楠花センターでルーラルガイド講習会を開催し,30名の会員が参加しました。
 ルーラルガイド講習会は会員の地域食材活用技術の向上を目的とし,今年は米の消費拡大を目指した様々な米粉料理を学ぶため,講師はJA栗っこ米粉研究会から佐竹きみ子会長ら3人を迎え,野菜蒸しパン,米粉ピザ,団子について調理実習を行いました。
 参加者は5グループに分かれて調理方法や味付けなどを話し合いながら楽しく調理し,試食では料理の出来栄えや米粉の食感などについて意見交換し,講師から各料理をさらにおいしくつくるためのアドバイスをいただきました。
 毎年ルーラルガイド講習会には市内各地区連絡協議会から4人程度が代表して参加しており,後日各地区にて各地区会員に伝達講習会が開催され,調理技術の普及や食材の利用促進が図られています。
 普及センターでは今後も栗原市生活研究グループ連絡協議会の活動を支援していきます。



<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 地域農業班  
TEL:0228-22-9404
FAX:0228-22-6144

仙台農業復興塾実践編第2回視察研修会を実施しました

2014年11月25日 10時19分02秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 仙台農業改良普及センターではJA仙台との共催により,東日本大震災による津波の被害を受けた農業者を対象とした研修会「仙台農業復興塾」を継続して開催しています。
 「仙台農業復興塾実践編第2回」として11月10日に宮城県古川農業試験場と岩手県北上市の株式会社西部開発農産を視察しました。古川農業試験場では,水稲の乾田直播栽培を導入した省力・コスト削減技術について説明を受けました。西部開発農産では,代表取締役会長の照井耕一氏より,700ヘクタールを超える大規模土地利用型農業の経営内容や,組織体制,職員の育成方法などについて説明を受けた後,施設を見学しました。参加者は,先進的な技術や,経営者の経験に基づく話に熱心に聞き入っていました。
 普及センターでは復興塾の開催を通じて経営管理能力の向上をはかり,被災地域の農業の復興を支援して行きます。

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第二班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8374
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.jp

津波被害からの農業復興ビジョン実現のための目標づくり

2014年11月25日 10時14分05秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 震災により大きな津波被害を受けた仙台市若林区の農事組合法人井土生産組合は,経営コンサル(※)の庄司和弘氏の指導を受けながら,農業の復興のための経営計画づくりに取り組んでいます。11月4日に行った第2回目の指導会では,前回まとめた経営ビジョン実現のための話し合いを行い,後継者となる若い職員を雇用するなどの目標が定められました。今後は売上目標などを明確にし,計画実現のための戦略を立てることが必要です。普及センターでは,今後も井土生産組合の農業の復興のための支援を続けて行きます。
(※)ホライズンコンサルティンググループ株式会社代表取締役

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第二班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8374
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.jp

福幸祭2014「のびる村に集まろう,そして,語ろう」が開催されました!

2014年11月25日 09時58分55秒 | ⑧東日本大震災からの復興に関する支援
 平成26年11月9日に東松島市野蒜地区において福幸祭2014「のびる村に集まろう,そして,語ろう」が開催されました。
 福幸祭は東日本大震災からの復興を願い,「(有)アグリードなるせ」が2012年(平成24年)から毎年開催しており,今年は市の行政区再編により設立された「のびる多面的機能自治会」と共催し,3回目の恒例行事となりました。
 オープニングでは,東松島市野蒜小学校5年生が創作太鼓「野蒜復興太鼓」により会場を盛り上げました。会場内では,地元農家による農産物直売会や地元産小麦を使った焼きそばの販売,焼きガキやおにぎりなども無償提供され,祭りに訪れた人は,新鮮な農産物と海の幸に舌鼓を打っていました。また,会場前の水田では農業機械の展示やトラクター搭乗体験,馬耕実演なども行われ賑わっていました。
 福幸祭とあわせて,協賛企業による健康ウォーキングや一般財団法人「C・Wニコル・アファンの森財団」が防災集団移転団地野蒜北部丘陵近くの「復興の森」に設置したツリーハウスではカフェも開催され,秋深まる森の雰囲気を満喫していました。
 祭りの最後には餅まきが行われ,五穀豊穣と東日本大震災からの復興を願いました。
 普及センターでは関係機関と連携して,地域を牽引する多様な担い手への支援等を継続し,地域農業の復興に取り組んでまいります。

〈連絡先〉宮城県石巻農業改良普及センター 地域農業班 TEL0225-95-1435

くりはらMMN塾 コミュニケーション養成講座の第1回を開催しました

2014年11月21日 09時28分49秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援
 11月5日,極和(きわみ)ファシリテーション協会の顧問の大塚真実(まみ)氏を講師に,くりはらMMN塾女性起業支援コースのコミュニケーション養成講座第1回を栗原合同庁舎で開講しました。
 講座にはこれから女性農業者等18名が参加し,自己紹介の中で起業への意欲を語りました。 
 次に講師の大塚氏より「感覚を大事にして講習を受けてほしい」とのお話があり,参加者全員で,円になってキャッチボールを行ったり手をつないだ状態で目をつぶり大きな三角形を作るといった他者との共同作業の中で,コミュニケーションする手法を学びました。
 参加者は「起業する上でコミュニケーションの大切さを改めて感じた」と話し,11月26日の第2回講座への意欲が高まっている様子でした。
 普及センターでは,今後も農業者が新たなステップに進むための支援を行っていきます。


宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班   
TEL:0228-22-9437
FAX:0228-22-5795・6144

「あぐりロマンレディース仙南」が開催されました

2014年11月20日 14時28分01秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保
11月18日(火)に大河原合同庁舎で,「平成26年度あぐりロマンレディース仙南~人・くらし・いきいき活動交流会~」が開催されました。
 
 この交流会は,仙南地区生活研究グループ連絡協議会が主催し,地産地消の推進や食育,地域産物の活用といった活動に関する知識を習得するとともに,地域を超えた情報交換と女性農業者のネットワークの強化を行うことを目的として,毎年開催されています。今年も管内7市町の会員や,関係機関の職員を合わせて約100名が出席しました。
 
 午前中は「元気が出る 各市町自慢の品々」をテーマにした作品展示と発表が行われました。各市町毎に1年の活動をまとめたパネル展示や料理,工芸品の展示を行い,順番に作り方の説明を行いました。説明の後には展示品の試食もあり,紹介された料理を実際に味わいました。


 
 午後には,白石市生活研究グループ連絡協議会の会員が講師となり,「リースづくり」の講習が行われました。



「今日教わったことをさっそく試してみたい」という声もあり,今回の交流会では各自が新たなレシピや加工技術を習得するとともに,市町を超えた会員同志の交流が図られました。
 普及センターでは今後とも生活研究グループの活動を支援するとともに,地産地消等の推進を行って参ります。

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター  地域農業第二班 
       TEL:0224-53-3519 FAX:0224-53-3138