宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

農業大学校生が地元の普及センターの取組を学びました!

2021年05月10日 16時59分31秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保
今年,宮城県農業大学校に入学した,石巻管内出身者3名が普及センターを訪問しました。この行事は,毎年行われているもので,普及センターの業務や管内の農業の特徴を知り,将来就農する際に役立てて欲しいという趣旨で行われているものです。
 当日は,当センター職員が業務内容,重点的に取り組んでいる活動内容,プロジェクト課題として被災農地で営農する方々への支援,法人の組織力アップ,にこにこベリーやアスパラガスの栽培支援を行っている等を説明しました。また,管内の特徴について,栽培規模が大きい経営体や大区画圃場が多いこと,園芸品目の栽培が多いことなどを説明しました。
 農大生からは,普及員はやりがいがあるかという質問があり,県職員の中でも普及指導員は,直接農家や人に接し,支援出来る珍しい仕事。直接感謝の気持ちを伝えてもらえ,支援を行うやりがいを感じる。何かあったら,是非声をかけてほしい旨を伝えました。
 今後は,夏以降に,農大生の管内農家での派遣学習が行われる予定で,希望する農家での研修が出来るようマッチング活動を行います。

 <連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和3年度気仙沼地区4Hクラブ連絡協議会通常総会が開催されました!

2021年03月30日 14時50分24秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 令和3年3月25日に『令和3年度気仙沼地区4Hクラブ連絡協議会通常総会』が開催されました。今年度は新型コロナウィルス感染症のため主要行事が中止されるなか,農産物をより魅力的にアピールするための研修会や農業士会との合同視察研修を行いました。
 令和3年度には,新たに県合同庁舎での販売会を定期的に開催することにしました。新型コロナウィルス感染対策のため対面販売は行わず,予約注文を受けての販売になりますが,自分達が作った農産物等をアピールし,販売力アップにつなげたいと取り組むことにしました。
 気仙沼地区4Hクラブ連絡協議会は会員数9名と少数ですが,新しいことにも積極的にチャレンジし,農業経営の向上に努めています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

実際に就農した方の事例から,新規就農支援のあり方を考えました。

2021年03月19日 16時29分34秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 石巻農業改良普及センターは令和3年3月16日,管内自治体や農業委員会,JAなどの支援機関を集めて「新規就農者確保定着に向けた意見交換会」を開催しました。

 この日は,普及センター管内で令和2年度に自営就農し,認定新規就農者となった2人の生産者をお招きし,就農の経緯や現在の経営概要,就農前後に活用した支援策や困ったことなど,自身の経験を伺いました。

 IT企業を退職して地元に帰ってきた新規就農者は,技術習得のために県農業大学校ニューファーマーズカレッジ・マスタークラスに1年間通った話を披露。研修生1人ひとりに栽培区画が与えられ,生産物を販売して消費者と交流した経験が,今の栽培品目選びに役に立ったとお話しいただきました。
 もう1人は,自営就農に先だって農業法人に5年間勤務。そこで栽培技術だけでなく経営・労務管理等も学んだほか,法人勤務時に繋がりができた地域の方々が,独立の時に力を貸してくれたことを語ってくださいました。

 一方で,課題として,就農希望者が空き農地や施設を確保するための支援体制や,新規就農者が活用できる補助事業の整備などを挙げていただきました。

 お2人の経験談は,就農希望者を就農・定着まで支援する私たち支援機関にとって,たいへん有益な内容でした。普及センターでは,今回の意見交換会の内容をふまえ,就農相談から就農,経営安定化までの一連の支援を,引き続き展開してまいります。


<連絡先>
 宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第2回アグリウーマンキャリアアップ研修会を開催

2021年03月18日 17時10分18秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 仙台農業改良普及センターでは,女性農業者の新たなチャレンジを応援するため,令和3年3月10日,仙台市泉区のイタリアンレストランPORTTAVOLAを会場に令和2年度第2回アグリウーマンキャリアアップ研修会を開催しました。
 「食材王国みやぎ伝え人」でもあるオーナーシェフの瀬戸正彦氏を講師として,県内外からお越しいただくお客さんに地元食材の魅力を伝え,満足してもらえるよう心掛けていること,1つ1つ味の濃いこだわりの食材を求めていることなどをお話いただきました。
 参加者は,瀬戸シェフの地域食材への熱い思いに大いに刺激を受け,新たな品目の栽培への意欲を高めた様子でした。また,シェフと参加者が直接食材仕入れ等について意見を交わすなど,実りのある研修会となりました。

〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8320
FAX:022-275-0296
E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大崎4Hクラブ通常総会が開催されました。

2021年03月18日 15時08分06秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 大崎4Hクラブの令和2年度通常総会が,令和3年3月12日(金)に大崎合同庁舎で開催され,クラブ員14名中12名が出席しました。昨年は,新型コロナウィルス感染症の影響で書面での実施となったため,2年ぶりにクラブ員が集まっての開催となりました。
 令和2年度は,コロナ禍で実施できなかった事業が多かったですが,2名の女性新会員の加入やクラブ員内研修,美里地区との合同研修会等,活発な活動を行ってきました。
 総会では,普及センター所長の祝辞の後,議事が行われ原案どおりすべて承認され無事終了しました。総会の最後には,渡辺新会長始め新役員から,来年度に向けたあいさつがありました。新年度は,昨年中止とした親子農業体験を再開する予定です。
 普及センターでは,今後も4Hクラブの活動支援を行っていきます。


<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター  地域農業班
 TEL:0229-91-0727   FAX:0229-23-0910

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「農業・農村女子会」を開催しました!

2021年03月15日 17時56分14秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 当地域の女性農業者や様々な分野で活躍している女性同士のネットワークづくりを目的に,令和3年3月4日に「農業・農村女子会」を開催し,管内の女性8名が参加しました。
 管内のペンションを会場に,震災後から地域の女性とともにコミュニティを育てる活動を行っている特定非営利活動法人ウィメンズアイの栗林美知子氏を講師に迎え,「自分の中の「物語」を見つけ出す」をテーマにワークショップを行いました。参加者が抱えている悩みや,将来の夢などを語り合いながら,自分自身を見つめ直すきっかけとなりました。
 研修会後には参加者同士で連絡先を交換するなど,異業種交流を深めることができた研修会となりました。

<連絡先>
 宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班
 TEL:0226-25-8068   FAX:0226-22-1606

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

法人設立の相談会を行いました

2021年03月10日 09時05分43秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 令和3年3月4日に大崎市において農業経営相談所委嘱専門家である石川司法書士の支援を受け,関係機関が集まり法人設立に向けた相談会を行いました。
 支援を受けたのはトマトと大規模水稲経営をしているS氏で、今後ハウスを増棟しトマトの生産拡大を計画しています。資金調達や取引先からの信用力向上の観点から、今回一戸一法人での法人設立を決意されました。
 石川司法書士からは4月の法人登記に向け、事前に提出した定款案について指導をいただきました。また代表者印の作成や資本金の振込等の用意を進めること、今後のスケジュールについて具体的な説明がありました。大崎市からは登記後に農業委員会で農地の権利移転等に関する所定の手続きが必要になる旨の説明がありました。
  普及センターでは,継続して農業経営相談所と連携し農業経営の法人化支援に努めてまいります。

<連絡先>
 宮城県大崎農業改良普及センター      地域農業班
 TEL:0229-91-0727   FAX:0229-23-0910          

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アスパラガス栽培管理勉強会(定植・収穫準備編)を開催しました。

2021年03月09日 18時56分10秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 令和2年普及活動計画のプロジェクト課題「地域活性化に向けた高収益作物(アスパラガス)の導入・定着」の一環として,令和3年3月3日(水)にアスパラガス栽培管理勉強会(定植・収穫準備編)を開催,48名(うちアスパラガス生産者32名)が参加しました。
 今回の勉強会では,明治大学とパイオニアエコサイエンス株式会社が共同開発した「採りっきり栽培」に取り組む生産者を中心に,同社の松永邦則氏を講師に迎え,定植のためのほ場準備や収穫時期の管理方法について説明をいただきました。
 今回の勉強会では,令和3年の春から新たに栽培に取り組む生産者が多く参加し,来月に控えた初めての定植を前にして,熱心に講師説明を聞く姿が見られました。また,昨年の春に定植し,これから初めての収穫を迎える生産者は,収穫に大きく期待する様子が窺えました。
 令和3年度は,2か月に1回のペースで勉強会を開催する予定です。第1回の開催時期は4月上旬,内容は定植方法についてです。
 当普及センターでは,アスパラガス栽培について引き続き支援を行っていきます。

     <連絡先>
  宮城県石巻農業改良普及センター  地域農業班
  TEL:0225-95-7612   FAX:0225-95-2999
 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

登米農業マイスター制度による新規就農者の育成

2021年03月04日 17時48分16秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 登米地域では,新規就農者の早期の生産技術習得や経営安定化等を目的に,熟練農業者をマイスターとして派遣する「登米農業マイスター制度」を平成28年度から実施しています
 令和2年度は,きゅうりでは中舘さん(米山)が佐藤展さん(JAみやぎ登米胡瓜部会青年部会長)から夏秋と抑制の栽培管理で1回,りんごでは小野寺さん(中田)が芳賀秀二さん(JAみやぎ登米りんご生産部会長)から「ふじ」と「つがる」のせん定方法で3回,繁殖牛では佐藤さん(東和)が千葉啓さん(JAみやぎ登米肉牛部会長)から繁殖管理と飼養管理等で3回指導を受けました。
 新規就農者は,マイスターから技術を直接学べただけでなく,JA部会内の先輩農家との人脈が作れたと感想を述べています。
 県の登米農業マイスター制度は令和2年度で終了しますが,次年度以降は登米市が引き継ぐ予定です。


りんごマイスターによるせん定方法の指導


<連絡先>
宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班
〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5
電話:0220-22-8603 FAX:0220-22-7522 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仙台地区4Hクラブ員が労務管理を勉強しました

2021年03月01日 15時09分48秒 | 地域農業を支える意欲の高い担い手確保
 仙台地区4Hクラブ連絡協議会が,農業従事者向けの労務管理の基礎を学ぶため2月16日に仙台農業改良普及センターのオープンラボで労務管理勉強会を開催し,4Hクラブ員7名が出席しました。
 勉強会は,厚生労働省の令和2年度農林業職場定着支援事業(農業雇用改善推進事業)を活用し,社会保険労務士の松永拓也氏に講義をしていただきました。農業雇用管理研修会テキストに沿って,雇用する際に留意すべき点などについて質問を受けながら分かりやすく説明いただき,労務管理について勉強するのは初めてというクラブ員にも理解しやすく,「参加して良かった」と好評でした。
 
〈連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8320
FAX:022-275-0296
E-mail:sdnokai@pref.miyagi.lg.jp

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする