宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

新たな高収益作物栽培への取り組み

2019年04月18日 16時55分19秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

  加美町の東鹿原(ひがしかのはら)地区は薬莱山の南東部の中山間地帯に位置し,稲作を中心とした農業が行われています。

   現在,平成19年に設立された東鹿原集落営農組合(以下,組合)を中心とした営農が行われていますが,今後の地域営農の活性化のためには,高収益が見込める作物に新規に取り組むことが必要になります。組合では平成29年から関係機関を交え新規導入作物の検討を行っており,平成30年度には春作のたまねぎ,秋作のだいこんといった加工用野菜の栽培に取り組み品質,収量ともに地域の基準以上の成績を収めることができました。  

   平成31年度も春作には昨年同様たまねぎを栽培することになり,平成31年4月9日にJA職員の指導の下,5名の組合員がJAからリースされた定植機を用いて昨年の倍の面積となる約10aのほ場に定植を行いました。昨年は購入苗での栽培でしたが,今年は自ら播種・育苗した苗を用いています。  

   普及センターでは,今回定植された春たまねぎが無事に7月の収穫を迎えられるよう技術的な支援を行うとともに,今後も中山間地帯の特色を活かした東鹿原地域の活性化に向けた支援を行っていきます。

<連絡先>  宮城県大崎農業改良普及センター 地域農業班  TEL:0229-91-0727   FAX:0229-23-0910


農業法人の新入社員が“社会人の心得”を学びました

2019年04月17日 11時55分38秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 東部地方振興事務所登米地域事務所地方振興部では,管内企業に就職した新入社員を対象に,社会人としての心得等を学ぶ機会を提供し,地域の発展に資する企業及び人材育成を支援しています。

 今年度の研修は,平成31年4月9日(火)に登米合同庁舎を会場に,14社から31人が参加して行われ,このうち,登米農業改良普及センターからの働きかけにより,農業法人2社から新卒者2人が参加しました。

 朝から夕方までの1日がかりの研修会では,ベテラン講師の助言のもと,少人数グループの討議方式で進められ,社会人の心構え,ルール,スキルを中心に学び合いました。

 昨今,担い手不足による農業法人の経営承継が課題になる中,この研修で学び,感じたことの実践を通じ,将来の法人経営や地域農業を牽引する存在になってほしいと願います。

 普及センターでは,研修会等を通じ,法人経営が抱える課題解消に向けた支援を継続してまいります。

 

<連絡先>

          宮城県登米農業改良普及センター 地域農業班

          〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼150-5

          電話:0220-22-8603 FAX:0220-22-7522 


JAみどりの青ねぎ栽培講習会が開催されました!

2019年03月26日 17時01分28秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

  平成31年3月1日(金)にJAみどりの本店で,「青ねぎ栽培講習会」が開催されました。JAみどりの管内では土地利用型作物の作付面積が拡大しており,特に加工・業務用野菜向けが増えています。なかでも青ねぎの需要が増えているということも有り,JAみどりのでは力を入れて青ねぎ栽培に取り組んでいます。昨年は夏場,暑さや乾燥によって収量が減少したということもありましたが,青ねぎを栽培した生産者全員が無事3作刈り取りを行うことができ,栽培技術が定着しつつあることが伺えました。今回は昨年の振り返りと,次作に向けた改善のための課題整理を目的として,(株)水沢種苗店 常務取締役の本田 和彦氏から「青ねぎの栽培管理について」講義いただき,当普及センターからは「病害虫の発生状況」及び青ねぎ栽培に関する情報提供を行いました。  普及センターではJAみどりのと連携し,青ねぎの栽培技術の向上と安定生産に向けて継続して支援していきます。  

 

  <問合せ先>   美里農業改良普及センター  先進技術班 TEL:0229-32-3115 FAX:0229-32-2225

 


登米市4Hクラブ「平成31年度通常総会」開催

2019年03月26日 17時01分28秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

  平成31年3月22日(金),迫町・割烹「本田」で登米市4Hクラブの「平成31年度通常総会」が開催されました。  平成30年度事業報告並びに収支決算等,平成31年度事業計画並びに収支予算案,役員改選など原案どおり承認されました。  新役員には,会長:阿部善光(南方町),副会長:尾張真也(津山町),大平智哉(南方町),事務局長:庄司力(南方町),事務局次長:相澤恵理(米山町),県派遣理事:小出大貴(東和町),監事:菅原達徳(迫町),佐々木徳太朗(南方町)が選出されました。

  新会長の阿部善光さんは,県連会長との二足のワラジを履くこととなり,新時代へのチャレンジを決意していました。  また,役員を歴任した門脇優(迫町)氏が顧問に推戴され,「オイ,聞いてないぞ!」とのお返事のもと,就任を快諾しています。  さらに,7期に渡り会長を務めた菅原達徳氏には,感謝状の贈呈を行いました。


平成30年度亘理名取地区農村青少年クラブ連絡協議会通常総会が開催されました。

2019年03月18日 10時34分42秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 平成31年3月12日に亘理農業改良普及センター会議室を会場に平成30度亘理名取地区農村青少年クラブ連絡協議会通常総会が開催されました。

 総会では,平成30年度の事業として農大生との交流会や北海道への先進地視察,道路清掃などの地域貢献活動の実績と収支決算が報告されました。

また,平成31年度の事業計画(案)と収支予算(案)及び役員の改選も行われ,全て承認されました。

 新たな執行部のもと 平成31年度においてもクラブ員同士で相互に連携して,農業技術や経営知識の習得を図るとともに,他地区の農業者等との交流活動も活発に行うような各種事業を展開していきます。

 

<連絡先>

 宮城県亘理農業改良普及センター  地域農業班

 TEL:0223-34-1141 FAX:0223-34-1143


平成31年度気仙沼地区4Hクラブ連絡協議会通常総会が開催されました。

2019年03月14日 17時08分44秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

平成31年3月9日(土)に平成31年度気仙沼地区4Hクラブ連絡協議会通常総会が気仙沼市内で開催されました。

これから1年間の活動計画が話し合われ,管内の若手農業者との交流活動に積極的に取り組んでいくことや,クラブ員が互いの経営の課題を相談し合い経営改善につなげていく取組について,有意義な話し合いが行われました。

総会終了後,クラブ員交流会が行われ,自分の経営の中で課題にぶつかったことや,それを改善したことなど,新規就農者や若手農業者による情報交換が行われました。

クラブ員のつながりがさらに深まるたいへん貴重な機会となりました。

<連絡先>

宮城県気仙沼農業改良普及センター 地域農業班

〒988-0181 気仙沼市赤岩杉ノ沢47-6 宮城県気仙沼合同庁舎3階

TEL:0226-25-8068    FAX:0226-22-1606

E-MAIL: ksnokai@pref.miyagi.lg.jp

 


仙南地区農村青少年クラブ連絡協議会通常総会!!

2019年03月11日 17時41分13秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 3月5日仙南地区農村青少年クラブ連絡協議会が平成31年度の通常総会を行いました。会員11名と少数ながら先進地視察研修,小学生を対象とした食育活動,地元農業高校を訪問しての情報交換など活発に活動した1年間を振り返りました。来年度事業計画ではこのような取り組みを継続しつつ,クラブ員全員がそれぞれ1つずつプロジェクトに取り組み互いに発表したりアドバイスし合えることを目標に活動することにしました。
 協議終了後は来賓の大河原農業改良普及センター阿部所長を囲んで農業経営に対する考えや今後の抱負について意見交換する場面もあり盛り上がった雰囲気で閉会しました。来年度も頑張るぞー!

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター  先進技術第二班 
              TEL:0224-53-3431 FAX:0224-53-3138


黒川地域担い手育成支援研修会を開催しました

2019年03月01日 14時47分55秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

平成31年2月15日に黒川地域担い手育成支援研修会を開催しました。

この研修会は仙台農業改良普及センター,JAあさひな,JAあさひな集落営農連絡会,黒川地域認定農業者連絡協議会,黒川地域農業法人連絡会の主催で,当日は86名が参加しました。
  研修会では,株式会社アースコーポレーション代表取締役菊地利正先生より「農業経営に取り入れるGAPとは」と題し,GAPの基礎知識と必要性についてお話いただきました。「GAPとは取得する事が目的ではなく,記録・点検・改善することに意味がある」という先生のお言葉に,参加者はGAPに取り組む意義を再確認し,気持ちを新たにしたようでした

〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業班
  〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8320
  FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


みやぎ農業未来塾「ステップアップスクール」を開催しました。

2019年03月01日 10時59分00秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 平成31年2月18日に仙台市若林区において,新規就農者が,先進農家から経営者としての知識や経営戦略を学び,それぞれの将来構想や生産技術の改善の参考とすることを目的に,みやぎ農業未来塾「ステップアップスクール」を開催しました。当日は,仙台市若林区で水稲18ha,露地野菜2ha等の経営に取り組み青年農業士でもある遠藤耕太氏から経営概要や,これからの経営計画について御講義いただきました。栽培技術や野菜を中心とした将来の経営構想の練り方,市場を見据えた品目の選定方法なども学ぶことができ,書物からは得られないようなことや普段気づきにくいことなどについても知ることができました。
 参加者は熱心にメモを取りながら質問をしていたほか,情報交換も活発に行われ,参加者同士の交流にもつながった良い研修会となりました。

〈連絡先〉
  宮城県仙台農業改良普及センター 地域農業班
  〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
  TEL:022-275-8320 FAX:022-275-0296
  E-mail sdnokai@pref.miyagi.lg.jp


夫婦で家族経営協定を結び,地域農業を支える担い手へ

2019年03月01日 10時38分42秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

<家族経営協定が調印されました>

 平成31年2月26日(火)に,栗原市農業委員会において,家族経営協定の調印式が開催されました。

 今回締結したのは,栗原市一迫地区で水稲栽培を行っている黒澤善広さん・和香さんご夫妻です。これまでは,認定農業者である和香さんが中心となって営農してきましたが,このたび,公務員であった善広さんが早期退職して本格的に農業経営に参画することとなり,これを機会に家族経営協定で営農や生活上のルールや役割等を明確化しました。

 調印式では,善広さんから経営の概要や目指す農業の姿についてのお話があり,「妻と楽しい農業を目指します」と力強く語っておられました。担い手の高齢化が進む集落内からは,すでに田んぼを頼みたいという声もいただいているそうです。地域農業を守る頼もしい担い手として,ご夫妻の今後の活躍が期待されます。

 家族経営協定の締結は,農業経営や生活における家族の役割や責任が明確になり,経営の効率化や個々の能力の発揮による経営発展につながります。栗原市農業委員会と栗原農業改良普及センターが窓口となり,作成から締結までをサポートしますので,お気軽にお問い合わせください。

<連絡先>
宮城県栗原農業改良普及センター 班名 地域農業班   
TEL:0228-22-9404       FAX:0228-22-5795・6144