東京ナイト

旅行、食事、映画にお芝居、日々のささやかな幸せを記録します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

写真集 「さくら学院 中元すず香 2013年3月 卒業」 発売記念お渡し会

2013-04-08 00:13:22 | アイドル
という訳で、本日は一日、中元すず香デーでした。
昼間の新宿タワーレコードでのトークイベントに続き、秋葉原書泉ブックタワーでの「お渡し会」に参加してきました。

アイドルのライブは足繁く通っていますが、基本、物販はスルーで、ライブ重視派なので、こういうイベントの参加自体、初めて。
ただ、この機会を逃すと、もう中元すず香さんに直接、話す機会も無いだろうということで思い切って参加。

会場は大勢の父兄で賑わっています。
700番ぐらいまで出たようですが、半分以上の方が2冊以上購入の様子。
僕は勝手が分からず、1冊だけ買いました。

待っている間、顔見知りの父兄さんと雑談。
すーちゃんともう会ったそうですが、卒業式のとき、手紙を書いたらしく、その手紙を、すーちゃんがちゃんと読んで、しかも名前も覚えていてくれたとの事。
かなり感激していました。
それは嬉しいだろうな~。

で、開始の時間に行ったのですが、直前の取材が長引いたと言うことで大幅に押しています。
2時間近く待ってようやく順番が近づいてきます。

ドキドキ・・・。

何を話すか悩んだのですが、やはり素直に、素晴らしいライブパフォーマンスへの気持ちと感謝を伝えることに。
でも、結局、ふつーに「すーちゃんの歌が大好きです。ありがとう」位しか話せませんでした。
これまでのライブで、どれ程ライブで感激したのかを、もっと情熱を込めて話したかったのに・・・。
すーちゃんも「これから歌を頑張りますので、よろしく」みたいな定型の回答。

でも、中元すず香さんに、僕が大好きなアイヌの歌手「安東ウメ子」さんのCDをプレゼントできました。
もう亡くなってしまったけど、とても優しい歌を歌う歌い手さん。
すーちゃんはアイヌの歌なんてたぶん聴いたこと無いだろうけど、気に入ってくれると嬉しいし、それが彼女の経験値になれば幸せ。

という訳で、こういう接触系イベントの経験値の低さを露呈。
満足の行くものではありませんでしたし、次に回す予定だった「テレパシー」のライブも干してしまったのが残念。

でも、さくら学院生として、最後の姿をちゃんと見ることが出来て満足だったし、それなりに感謝の気持ちを伝えられたので良かったと思います。
改めて卒業おめでとう!
コメント   この記事についてブログを書く
« 「さくら学院 中元すず香 201... | トップ | アイドルビジネス論2013・吉... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アイドル」カテゴリの最新記事