probably music 2.0

気になる音楽、懐かしい音楽、たぶん音楽、ときどきべつのこと・・・。

日本語カバーで、あの名曲を振り返りませう。(11)

2021-06-14 10:27:49 | 懐かし洋楽&歌謡曲
名曲の日本語カバーと、
そのオリジナル曲との聴き比べをして、
どちらも、懐かしく振り返ろうという、
このコーナー、11曲目は、
秀樹さん、ひろみさんに続いて、
新御三家、3人目、トリですね。
野口五郎さんの、このナンバーです。



競い合うように、洋楽カバーを
リリースしていた、秀樹さんと
ひろみさんに比べると、
カバーは少ないイメージで、
86年に、オランダのシンガー、
Gerard Jolingの"Ticket to The Tropics"
という曲をカバーした、
「涙のチケット」という曲を
シングル発売していたみたいですが、
何と言っても、有名で、
まだ記憶に新しいのは、
この曲ではないでしょうかね。
「愛がメラメラ -smooth-」

2000年4月のリリースで、
オリコンでの最高位は、
30位だったようです。
このときの名義は、"GORO"

このころは、世界的な
ラテンブームに加えて、日本でも、
プチ洋楽ブームみたいな空気もあって、
前年の99年に、ひろみさんが、
Ricky Martinを、秀樹さんが、
Enrique Iglesiasの大ヒット曲を
カバーして、それぞれ注目を浴びた後、
じゃあ、五郎さんは、どうするの?
といった状況の中、リリースされた
感じでありましたね。

で、オリジナルは、もちのろんで、
説明不要のこの曲です。



Santana ft. Rob Thomasの"Smooth"。
1999年から2000年にかけて、
ミレニアムまたぎで、Hot100で、
12週、No.1を続けたナンバーですね。

五郎さんのカバーは、何でSmoothが、
メラメラなのん?とか、
いろいろ言われたりもしましたが、
自身もギターマンである五郎さんが、
神様Santanaの楽曲をカバーするのは、
ご本人の心中にも、感慨深いものが、
あったのではないかと思われますね。

※次回は、気になる新曲です。
コメント

Time Machine ~2009~

2021-06-12 20:00:55 | 懐かし洋楽
今回は、2009年の今ごろ、
チャートインしていた曲、
Jeremihの"Birthday Sex"です。
(Pop #4 R&B #1)



なんか、ついこの前のヒット曲、
という感じなのですが、
もう、12年前なんですねぇ。

シカゴ出身で、本名は、
Jeremy Phillip Feltonと
いうそうですが、Jeremihくんの、
記念すべき、デビューヒットでした。

現在、33才だそうですから、
この曲がヒットしていたころは、
21才くらいだったんですね。
若かったんですな。

タイトルが、一度聞いたら、
まず、忘れることはなかろう感じで、
何かの比喩表現なのかしらん?
と、最初思いましたが、
ストレートに、その意味のようです。
(笑)

Jeremihくん、昨年は、
Ne-Yoとのコラボで、
Zappの"Computer Love"と、
Mtumeの"Juicy Fruit"をネタ使いした、
"U 2 Luv"というナンバーを、
リリースして、大人R&Bファンを
喜ばせましたが、私生活では、
covid-19に感染したことを発表して、
心配もさせられましたね。

2009年6月13日付けのビルボードHot100
です。

1位は、ぶんぶんぱうな、
あの名曲です。

<2009年6月13日、何があったか?>

シュワちゃんが、昔の映像の再使用で、
ちょっとしか出て来ない
映画『ターミネーター4』が、
日本公開されたのが、
この日だったようです。

『ターミネーター4』(映画.com)

※次回は、日本語カバーで、
名曲を振り返る、第11回です。
コメント (2)

あのアルバム、この一曲。(8)

2021-06-11 17:18:03 | 懐かし洋楽
シングルカットはされなかったけど、
これは名曲では?と思うナンバーを
ジャンルに関係なく、
あげていく、このコーナー、
今回は、1993年にリリースされた
Toni Braxtonのデビューアルバム
"Toni Braxton"からのナンバーです。



5曲目に収録されていた
"Candlelight"という曲ですね。

L.A. Reid & Babyfaceカラー、
一色のアルバムのような感じで、
当時は聴いていたのですが、
改めて調べてみると、
L.A. & Babyface単独の
プロデュース曲というのは、
1曲もなくて、中には、
プロデュースにも曲作りにも、
直接関わっていないナンバーも、
あったりするんですね。

当時は、新興レーベル、
LaFaceを立ち上げたばかりで、
何でもかんでも自分たちだけで、
というわけには、まだまだ、
行かなかったのでしょうかね。

この曲は、プロデュースは、
L.A & Babyfaceに加えて、
Boyz II Menの"End Of The Road"
などでもチームを組んでいた
Daryl Simmonsの3人ですが、
曲を書いていたのは、
Gaylor DとJohn Barnesという、
お2人だったようであります。

自分は、Toniさんは、
2ndアルバム"Secrets"先行カットの
"You're Makin Me High"から
好きになったファンでしたので、まだ、
そんなに蛇リスナーではなかったのですが、
この曲は、シングルになるのでは?
と思って聴いていた曲でしたね。

あまり、Toniさんの他の曲では感じない
軽みが魅力なナンバーであります。


・Toni Braxton - Toni Braxton

※次回は、Time Machineです。
コメント

No.11 コレクション(1978~2008)(28)

2021-06-10 10:24:56 | 懐かし洋楽
ビルボードのHot100で、
あと一歩届かず、Top10入りを逃した、
最高位11位の曲、82年の7曲目は、
10月に、3週間11位を記録した、
こちらのナンバーです。



少し前に、80年代コーナーで、
"Love's Been A Little Bit Hard On Me"が
登場しました、Juice Newtonの
"Break It To Me Gentley"ですね。

"Love's Been..."に続いて、
アルバム"Quiet Lies"から、
カットされたナンバーでありました。

8月の第3週に、74位でNewエントリー、
4週で、Top40入りして、
10週かけて、11位まで上昇しましたが、
3週間、とどまったものの、
次の週には、24位にダウンして、
Top10入りは、逃していたようです。

この曲、1962年に、Brenda Leeが
ヒットさせたバージョンがオリジナルで、
ジャンルを越えて、R&Bシンガーの
Ruth Brownなども、
歌っていたようであります。

また、77年の、Aretha Franklinの
R&BチャートNo.1にも、
同じタイトルの曲がありますが、
そちらは、同名異曲みたいですね。

(同名異曲ネタ、1個使っちゃったな...。)

1982年10月23日付けのビルボードHot100
です。

1位は、このころはまだ、
イヤでしょうがなかった芸名で
活動していた、あのシンガーの、
あの名曲です。

※次回は、シングルカットされなかった名曲、
第7回です。
コメント

今週の気になる新曲2曲。

2021-06-08 19:54:36 | 最近の洋楽
今回は、聴いていると、
なんだか、ホッとするような2曲です。

まずは、John Mayerの新曲
"Last Train Home"です。



もう、けっこう話題になっていますので、
聴かれた方も多いかもしれませんが、
この曲も収録して、来月出るアルバム
"Sob Rock"は、80年代がテーマみたいです。

この曲も、イントロからして、
産業ロックテイストで、
笑ってしまいますね。

でも、最後に、Maren Morrisが、
バックボーカルで絡んでくるのが、
なかなか、ぜいたくであります。

ジャケも、時代を間違えたかのような
仕上がりで、( ̄ー ̄)ニヤリ



そして、もう1曲は、
こちらは、今週、Newアルバム
"Front Porch Singin'"が発売になる、
The Oak Ridge Boysの、
アルバムからの先行カット
"Life is Beautiful"です。



このご時世ですが、配信だけではなく、
フィジカルリリースもあるようです。

曲は、ブルースマン、 Keb’ Mo’ が、
2006年にリリースしたアルバム
"Suitcase"に収録していた曲の
カバーみたいですね。

The Oak Ridge Boysは、
81年のシングル"Elvira"の
大ヒットから40年ということで、
それを記念したツアーが
予定されているようです。

https://www.oakridgeboys.com/

※次回は、ビルボードのHot100で、
最高位11位だった曲、82年の7曲目です。
コメント