ご苦労さん労務やっぱり

労務管理に関する基礎知識や情報など。 3日・13日・23日に更新する予定です。(タイトルは事務所電話番号の語呂合わせ)

裁量労働制のデメリットを理解しておこう

2013-05-23 10:27:40 | 労務情報

 例えば「デザイナー」や「コピーライター」のように、業務遂行の手段・方法や時間配分等を会社(上司)から命じるよりも労働者個々の裁量にゆだねた方が、より良い成果を期待できる業務がある。こうした業務に就く者には、「裁量労働制」の適用が効果的だ。

 裁量労働制を適用すると、就労時間を労働者の裁量にゆだね、“労使間で予め定めた時間数”を働いたものとみなすことになる。つまり、どれだけ働いても「残業(時間外労働)」にならないので、会社にとっては残業代コスト削減のメリットが生じる場合もある…‥

※この続きは、『実務に即した人事トラブル防止の秘訣集』でお読みください。