BCLとベリカードの楽しみ

海外短波放送や国内放送を聴き、放送局からいただけるベリカードなどを紹介。近頃は、自分が楽しいと思える事柄も書いています。

JR西日本・試運転電車 113系L6編成 (元「SHINOBI-TRAIN」ラッピング列車)

2021-08-05 | エトセトラ
昨日に続き、JR西日本の試運転電車を撮りました。いつもと同じ、試運転線路です。

今日、5日に見た車両は、113系「クハ111-7704」「モハ113-7704」「モハ112-7704」「クハ111-7754」の4両で、L6編成です。



緑色の塗装が新しいのが気になりましたので、調べてみました。

これは、2017年2月から、ラッピング列車「SHINOBI-TRAIN」(忍びトレイン)として、今年6月まで草津線などで運用されていた車両でした。

草津線沿線の甲賀・伊賀の忍者ブランドで知名度を上げ、観光に役立てようと、黒装束のような車両の正面には「忍」の文字、側面には忍者たちなどが、金色や銀色で描かれていたそうです。


(滋賀県・草津線複線化促進期成同盟会のページからの画像です)

決まった時刻ではなく、まさに神出鬼没の運行により、忍者の里をPRしてきましたが、車両の定期点検のため“忍”務完了として、ラッピングが外され、改色となりました。













吹田総合車両所京都支所所属なので 今後も、草津線などで運用されるのでしょう。

今日も、黄金色の289系「明智光秀・ラッピング列車」FG401編成が通りかかりました。





コメント

JR西日本・試運転電車  221系や287系など

2021-08-04 | エトセトラ
紹介できるベリカードがありませんので、今日は「撮り鉄」になります。

前回以降、7月下旬から今日までに見た、JR西日本の「試運転電車」で、吹田総合車両所から延びている試運転線路での撮影です。

7月26日に見た車両は、221系「クモハ221-29」「モハ221-29」「サハ221-29」「クハ221-29」の、4両編成です。









吹田総合車両所奈良支所所属で、関西本線などで運用されている、NA415編成です。



最後の写真は、黄金色の289系「明智光秀・ラッピング列車」FG401編成が通りかかりました。

29日に見た車両は、681系「クハ680-508」「モハ681-205」「クハ681-8」の、3両編成です。









金沢総合車両所所属で、北陸本線などで特急「しらさぎ」などで運用されている、W11編成です。

8月3日に見た車両は、223系「クモハ223-5512」「クハ222-5512」の、2両編成です。









福知山電車区所属で、山陰本線などで運用されている、F12編成です。

今日、4日に見た車両は、287系「クモハ287-3」「モハ286-3」「モハ287-102」「クモロハ286-2」の、4両編成です。









この試運転電車は、先頭車両 (写真では左) はグリーン席と普通席を備えていて、前面が貫通型ではありませんが、それらしきデザインになった制御電動車という事で、「クモロハ286形」になっています。



福知山電車区所属で、特急「こうのとり」などとして、福知山線などで運用されている、FA02編成です。



コメント

Voice of America  ベリカード

2021-08-03 | 海外局ベリカード
USAGM (United States Agency for Global Media) のフィリピン・ティナン送信所からの、VOA (ボイス・オブ・アメリカ) 英語放送を4月に聴いていただいた、ベリカードです。

夕方の風景で、遠くの方に、巨大な送信アンテナタワーが林立しているのが写っています。ティナン送信所の遠景なのでしょうか。



もう1枚は、ワシントンDCのVOA本部、ラジオ・マスターコントロール室の写真になっています。



2日分聴きましたので、2枚が送られてきました。



VOAは、この数年間、聴いていませんでしたので、送信所へ受信レポートを出すのはどうなのかと思いましたが、とりあえず、送ってみました。



コメント

プラハの風景写真 ヴァーツラフ広場周辺など

2021-08-02 | エトセトラ
昨日に続いて、チェコ・プラハに住む友人から送られてきた「プラハの風景写真」です。

プラハ随一の繁華街で大通りの、「ヴァーツラフ広場」周辺で、7月23日に撮られた写真です。

遠くに国立博物館が見える通りの、広場には多くの人が出てきています。ビールが飲めるレストランの屋外席は、にぎわっています。



カンパリソーダのメニューのほか、暑くなったので、アイスクリームのディスプレイも店頭に。



ミュージシャンが通りに戻ってきました。



自転車や電動スクーター、スケートボードに乗る人たちです。





移動交番と言ったような、市警察車両を使っての交通指導や、取り締まりが行われています。






物乞いする人や、ベンチで寝ているホームレスもいます。



ヴィノフラディの公園でも、少女がバイオリンを弾いています。投げ銭をしてくれる人もいるようです。





コメント

プラハの風景写真 カンパ島でのフランス食品バザール

2021-08-01 | エトセトラ
チェコ・プラハに住む友人から送られてきた「プラハの風景写真」です。

カンパ島(Kampa Ostrov)で開催された「フランス食品バザール」の様子で、にぎわっているところを、7月18日に撮られた写真です。



カンパ島は、ヴォルタヴァ川とチェルトフカ水路に挟まれた中州のような場所で、カレル橋を渡ったマラー・ストラナ側にあります。

バザールでのフランス産食品は、肉加工品、チーズ、パン、ワイン、カキ、オリーブの実、そして、日本では見られないカエルの脚などが、売られています。







カキ1個は78~118 Kč(チェコ・コルナ・約400~600円)、カエルの脚は149 Kč(約750円)、グラスワインは50~100 Kč (約250~500円)、ボトル1本は440 Kč(約2,200円)とのこと。

会場には、テーブルとイスが用意され、買ったその場で味わうことが出来るようになっています。





さて、カンパ島には、2003年にオープンした「カンパ博物館」があり、現代美術ギャラリーになっています。





屋外に展示されている「Crawling babies」(這う赤ちゃんたち) は、ジシュコフ・テレビ塔の「塔を上る赤ちゃんたち」(右の写真) と同じ、彫刻家デイヴィッド・チェルニーによる作品です。



コメント

台湾国際放送 ベリカード 

2021-07-31 | 海外局ベリカード
RTI「台湾国際放送」の英語放送を6月に聴いていただいた、ベリカードです。

女性画家・王浟美(Wang Yumei)さんによる、「彰化・文青咖啡 (珈琲) 店」の水彩風景画が使われています。



台湾中西部に位置する彰化市でも、近年、台湾各地で行われている古民家再生により、古い家屋がリノベーションされて、レトロなスタイルのカフェ店 (コーヒーとデザートなどの軽食堂) が、多く誕生しているようです。






コメント

7月下旬の花や虫

2021-07-30 | エトセトラ
7月下旬の、庭の花や虫の写真です。

「ムクゲ」や「カンナ」の花が咲いています。



「イチジク」や「スダチ」の実がなっていますが、まだ青い、です。



暑い毎日が続いていますので、チョウも見かけることが少なくなりました。

今は、「セミ」の時期です。「アブラゼミ」に、「クマゼミ」です。







ナンテンの花枝の先端に、セミの抜け殻が。



殻がもう1つ。「カマキリ」が脱皮した後の殻です。カマキリは、脱皮を繰り返し、成長していきます。



ハバチの仲間「ルリチュウレンジ」です。



「キマダラカメムシ」のようです。



「ショウリョウバッタバッタ」がいます。



「アシナガグモ」でしょうか。



トンボの姿を見かけるようになりました。「シオカラトンボ」です。





コメント

台湾国際放送 ドイツ語放送実施の案内

2021-07-29 | BCLアラカルト
RTI「台湾国際放送」ドイツ語部から、今年も淡水送信所からの「ドイツ語番組」を12日×2回、放送するというお知らせがメールで届きました。

放送日は、7月30日(金)・31日(土)、8月1日(日)・6日(金)・7日(土)・8日(日)・13日(金)・14日(土)・15日(日)・20日(金)・21日(土)・22日(日)で、放送時間と周波数は1700-1800 UTC (02:00-03:00JST) は11705kHzで、1800-1900 UTC (03:00-04:00JST) は9545kHz となっています。

日本時間では、真夜中にあたりますが、レポートに対して、特別なQSLカードが発行されるとのことです。



RTIドイツ語部では、7月17日にテスト放送として、17:00-17:10 UTC・11995 kHz、17:15-17:25 UTC・11705 kHz、18:00-18:10 UTC・9545 kHz、18:15-18:25 UTC・7250 kHzを実施しました。その結果から、上記の放送を決めたのでしょう。

ちなみに、17:00-17:25に2波を聴いてみましたが、ドイツ語らしき音はわかりませんでした。ですので、聴こえませんでした、のレポートは送っておきました。



コメント

モンゴルの声 Eベリカード

2021-07-28 | 海外局ベリカード
VOM「モンゴルの声」の日本語放送を聴いていただいた、Eベリカードです。

VOMの「ロゴ」と、北部に位置するフブスグル県に住んでいる、「ツァータン族」の写真が使われています。



ロシアと国境を接するタイガ地域 (針葉樹林帯)で、トナカイを家畜として飼育しながら生活している人たちです。
元々、狩猟採集民で、ツァータンとは「トナカイを飼う人々」の意味で、ロシアのトゥバ共和国の人々と同じトゥバ民族で、オルツと呼ばれる移動式住居で暮らしているようです。

さて、受信状態ですが、相変わらずでした。



コメント

リーチ・ビヨンドHCJB日本語放送 ベリカード

2021-07-27 | 海外局ベリカード
オーストラリアから、毎週土・日曜日の朝と夜に放送している、「リーチ・ビヨンド」(Reach Beyond) HCJB日本語放送を聴いていただいた、7月のベリカードです。

沖縄県中頭郡西原町にある、「西原きらきらビーチ」の写真が使われています。



きらきらビーチは、沖縄の東海岸にあって、砂浜の長さが550m。海水浴やいろんなマリンスポーツが楽しめる、大型ビーチとのことです。




コメント

中国国際放送・日本語放送  Eベリカード

2021-07-26 | 海外局ベリカード
CRI「中国国際放送」の日本語放送を6月に聴いたベリが、昨日の5月分に続いて、メールで届きました。

ベリは、「浙江省杭州市の西渓湿地」の写真が、使われています。



西湖から西へ約5kmところにある、「西渓湿地」は面積11.5k㎡。6つの川が流れていて、湿地植物園や鳥類観測エリアなどを含む湿地公園になっていて、園内を遊覧船で回ることが出来るようです。

裏面です。





コメント

中国国際放送・日本語放送  Eベリカード

2021-07-25 | 海外局ベリカード
CRI「中国国際放送」の日本語放送を、5月に聴いたベリがメールで届きました。

ベリは、「浙江省杭州市の世界遺産・杭州西湖」の写真が、使われています。



西湖は、上海から高速鉄道に乗って1時間ほどで到着する町・杭州にあります。面積6.5k㎡、外周15kmで、「西湖十景」と呼ばれる10カ所の観光スポットがあって、多くの観光客でにぎわっているそうです。

裏面です。







コメント

Voice of Turkey  ベリカード

2021-07-24 | 海外局ベリカード
TRT「トルコの声」(Voice of Turkey) の英語放送を6月に聴いていただいた、ベリカードです。

ベリの写真説明としては、黒海東部のリゼ県 (Rize) での「紅茶栽培園」の風景です。(※)



この地で生産された紅茶は、「リゼ・ティー」として知られ、トルコではチャイとして一般的に飲まれているようです。

ただ、気になったのは、使われている写真です。普通にイメージする「茶畑」には見えなくて、これはどう見ても、稲作の段々畑では、と思ってしまいました。(※ベリ画像の制作時に、間違って稲田の写真を使ってしまったのでは? )

さて、放送ですが、5月に聴いた時は同じ周波数にKCBSが出ていて、混信を起こしていてイマイチでした。それで、再度チャレンジして聴いてみようと。聴いた日は、運よく停波しているようで、混信がなく聴けました。

といっても、マアマアの強さ。トルコ音楽は楽しめましたが、TRTアナウンサーのトルコ訛り? の英語は、耳が慣れていませんでしたので、マズマズでした。






コメント

KTWRフレンドシップラジオ  フレンドシップカード

2021-07-23 | 海外局ベリカード
グアムより、日曜日夜9時15分から短波7500kHzで放送している、「KTWR日本語放送フレンドシップラジオ」を、7月18日に聴いていただいた、フレンドシップカードNo.053のカードです。

千葉県に住むリスナーさん撮影による、「袖ヶ浦海浜公園」の写真が使われています。



ここは、千葉港南部の親水公園として、東京湾とアクアラインや海ほたるが、さらに、東京湾越しに富士山が一望できるスポットとなっているようです。




コメント

小川のカモたち (7/22) 

2021-07-22 | エトセトラ
近くの小川にいる、カモたちの姿を、今日、撮ることが出来ました。

前は、1週間あまり前の13日でした。梅雨が明けましたので、しばらくは増水することもなくなりました。

今日も、母親ガモと子ガモ3羽がいました。





子ガモは、かなり大きくなっていました。





セグロセキレイも、やって来ています。




コメント