BCLとベリカードの楽しみ

海外短波放送や国内放送を聴き、放送局からいただけるベリカードなどを紹介。近頃は、自分が楽しいと思える事柄も書いています。

中国国際放送 ベリカードとカレンダー

2021-04-19 | 海外局ベリカード
CRI「中国国際放送」の日本語放送を1月に聴いた、ベリカードと2012年の卓上カレンダーが、郵送で送られてきました。

ベリカードは、「CRI局内のイベントでコントを披露した日本語部スタッフら」の写真が使われています。





カレンダーは、「你好(ニイハオ)・2021 丑年」のタイトルで、日本語部によるデザイン製作ということで、スタッフの皆さんの取材活動写真などが載せられています。



元日に放送された「紅白歌比べ」番組のリスナー投票もしましたので、そのお礼の意味が込められているようで、カレンダーは参加者全員に送られているのでしょうかね。

カレンダーの一部を紹介しますと、5月分の写真と暦です。



暦のところは、中国式で旧暦などが書かれてありますので、日本語版以外のカレンダーが作られているとするなら、ここは同じデザインなのでしょう。

同封されていた手紙には、4月からは、「紙のベリカードは発行しない」ことが書かれています。





コメント

ちびっこ広場の清掃活動

2021-04-18 | エトセトラ
コロナ禍にあって、地域での活動がほとんど中止になっていますが、ずっと続いているのが、ちびっこ広場の清掃活動。屋外でもあるので、実施しても、まあ、大丈夫なのでは、と月2回実施されています。



この時期、秋と同様に落ち葉が多くなります。放っておくと、すごい状態になってしまいますので、誰かがやらないと。



これまで行ってきた各団体が、いろんな理由で、いずれも長続きしないので、有志が集まり、続けることになりました。





コメント

JR西日本・試運転電車  221系や683系など

2021-04-17 | エトセトラ
今日も「撮り鉄」で、4月に見た、JR西日本の「試運転電車」の写真です。

1日の車両は、221系「クモハ221-69」「モハ221-69」「サハ221-69」「モハ220-60」「サハ220-60」「モハ220-61」など8両編成で、吹田総合車両所奈良支所所属で、大和路線などで運用されている、NB809編成です。





7日の車両は、683系「クロ683-4508」「サハ683-4703」「サハ683-4808」「サハ682-4315」「クモハ683-5508」など9両編成で、金沢総合車両所所属で、北陸本線などで特急「サンダーバード」として運用されている、T48編成です。





8日の車両は、221系「クモハ221-11」「モハ221-11」「サハ221-11」「クハ221-11」の4両編成で、吹田総合車両所京都支所所属で、嵯峨野線などで運用されている、K01編成です。





12日の車両は、205系「クハ205-1004」「モハ205-1004」「モハ204-1004」「クハ204-1004」の4両編成で、奈良線で運用されている通勤型電車、NE408編成です。





14日の車両は、225系「クモハ225-5114」「モハ224-5126」「モハ225-5114」「クモハ224-5114」の4両編成で、吹田総合車両所日根野支所所属で、阪和線や関西空港線などで、運用されている、HF437編成です。





16日の車両は、683系「クモハ683-1506」「サハ682-11」「サハ683-306」「モハ683-1006」「サハ682-12」「クロ683-6」の6両編成で、特急「サンダーバード」用のマークが付けられています。金沢総合車両所所属で、北陸本線や湖西線で運用されている、W36編成です。









コメント

JR西日本・モータカー「MC-6602」 運転操作の講習?

2021-04-16 | エトセトラ
今日は、「撮り鉄」のお話です。

JR西日本の、保線作業用モータカー「MC-6602」が動いているところを、撮りました。

吹田貨物ターミナルの東寄りに保線基地があり、そこに留められていることが多く、これまでも停止位置が少し変わっていたりしますので、動いているのはわかりましたが、動くのは夜間が多いのか、動いているところを目にすることが、ほとんどありませんでした。

ところが、先週と今週の数日は毎日、動いていました。最初は、補修工事か何かの準備しているのかと思いましたが、見ていると同じ線路を行ったり来たり、途中で止まったりもしていますので、どうも違うようだ、と。





この場所には、10人ほどの作業員が集まったりしていることがあり、2-3人が運転室に乗ったりしています。推測ですが、どうやら運転操作の講習をしているのでは?





保線作業用の器械を動かすためには、従事資格認定が必要のようですし、有効期間もあって、更新時の講習が行われているのかも。





「MC-6602」は、ディーゼル動力車で、運転室の後方にユンボのような油圧アーム装置が付けられています。前面に付けられているマークが、松山重車輌工業(株)のとは違いますので、これは堀川工機(株)が製造した車両のようです。




コメント

プラハの風景 旧市街広場の今

2021-04-15 | エトセトラ
チェコ・プラハに住む友人から送られてきた「プラハの風景」です。

3月19日に取り上げた、「平和広場」 (Náměstí Míru) 周辺でのトラム (路面電車) 線路改修工事は完了し、4月から運行されているようです。
3月下旬に撮られた、「ユーゴスラヴスカ通り」での最後の仕上げです。レールの表面を削って滑らかにしているようです。



場所が変わり、先週に撮られた、「旧市街広場」(Old Town Square) の様子の写真です。
広場は、訪れる人が少なく、ガラガラといった状態です。



ヤン・フス記念碑の前のベンチに座っている人は、わずかですし、フス像の頭には鳩が止まっています。



聖ミクラーシュ教会や旧市庁舎前も数えるほど。



周りの屋台もクローズしていますが、ホームレス風の人はいるようです。



広場では、敷石の補修をしていたり、市の散水車が水をまいて、清掃しようとしています。





その近くを、救急車が通っていきます。



さて、3週間ほど前の広場は、こんな様子でした。(この写真はEuro newsから)



広場の敷石上に描かれた、「コビッド・クロス」(Covid Crosses) です。
コロナ・パンデミックによる、これまでの犠牲者数の白い十字架が描かれました。数で言えば、25,000近くもの十字架が描かれたようです。





その後も、友人や親戚が犠牲者の名前と死亡日を追加したり、花やろうそくを置いたりしています。



旧市庁舎南側の壁にある、「天文時計」(Pražský orloj) のところにも、今は観光客のにぎわいはありません。



これは、2月下旬に撮られたもので、結婚式のあと記念撮影をする人たちです。披露宴は少人数でするのでしょう。



プラハも、4月12日から学校が始まり、公共図書館や多くの商店が再開しましたが、パブ、レストラン、ホテル、劇場、スポーツ施設は、まだ休業や閉鎖を余儀なくされているそうです。




コメント

モンゴルの声  Eベリカード

2021-04-14 | 海外局ベリカード
VOM「モンゴルの声」の日本語放送を4月に聴いていただいた、Eベリカードです。

VOMの「ロゴ」と、夕暮れの「ウランバートル市内の風景写真」が使われています。
写真の右側に写っているのは、大観覧車やジェットコースターがある遊園地「ナショナル・アミューズメント・パーク」のようです。



VOM日本語放送は、ソコソコ聴こえていますが、まだ、良好と言える状態ではありませんでした。
聴いた番組は、「ウィークエンド・スペシャル」で、リスナーからのお便り紹介と歌3曲の内容でした。



コメント

JR貨物・吹田機関区へ行ってきました

2021-04-13 | エトセトラ
ベリネタがなくなりましたので、昨日、12日にJR貨物・吹田機関区へ見に行ってきました。

東通用門へ行くと、うまいタイミングで、ハイブリッド機関車「HD300-27」が、「EF210-302」に連結されて、回送されていくところでした。









岡山機関区所属なので、岡山までなのか、別のところで点検検査を受けるのかはわかりませんが、バックで押し出されていきましたので、下っていくのでしょう。
(吹田機関区には、同じ形の「HD300-16」が常備されています。HD300形式は、現在40両があるようです)

それと入れ違いに、ディーゼル機関車「DD200-2」が、「EF210-304」に連結されて、回送されてきました。







これは、愛知機関区所属なので、本線を下ってきたようで、そのままずっと、西通用門側へ運ばれていきました。

それで見に行くと、この日はここまでのようで、留置線に置かれました。













(DD200形式は、現在14両があるようです)





コメント

阪急電鉄 「京とれいん」運休。「千里線開業100周年」HM

2021-04-12 | エトセトラ
今日は「撮り鉄」で、阪急電車の話になります。

4月5日から「まん延防止等重点措置」が大阪に、そして今日、12日から京都にも出されましたので、阪急電鉄・京都線(京都河原町駅―大阪梅田駅)の観光特急「京とれいん」と「京とれいん雅洛 (がらく)」が、10日(土) から運休になっています。





この2編成の電車は、緊急事態宣言の解除を受けて3月27日から運行を再開しましたが、何と言っても京都観光が売りの電車ですので、少なくとも重点措置の解除が予定されている5月5日までは、運行出来ない状況となりました。

また、「京とれいん」については、運行開始10周年の記念ヘッドマークを付けていますが、これまで2週の土日、4日間だけの運行でお休み、になってしまいました。



もう一つ、4月1日より「阪急千里線開業100周年」ヘッドマークが、千里線と京都線を走る1300系・3300系の2編成車両に付けられました。

千里線は、吹田市の北千里駅―大阪市北区の天神橋筋六丁目駅を結ぶ路線で、大阪メトロの堺筋線と相互直通運転をしていますので、終点の天下茶屋駅まで行くことが出来ます。

記念HMは、当時の北大阪電気鉄道の千里線(十三駅-豊津駅間)で運用されていた「1形車両1」、その「社章」、「1921-2021」などがデザインされた3種類があります。写真は、京都方の先頭車両に付けられているHMです。






コメント

チェコ・プラハの風景 共和国広場のバザール

2021-04-11 | エトセトラ
チェコ・プラハに住む友人から送られてきた「プラハの風景」です。

今回は、昨年の夏に撮影された、「共和国広場」(Náměstí Republiky) でのバザールの様子です。
この広場は、旧市街と新市街の間にあった昔の堀を埋め立てたところで、普段から多くの人たちで、にぎわう場所です。





チェコ人は、ビールや肉がとても好きな人が多いようです。





人寄せには、はく製も役に立っているようです。

鍛冶屋さんがいます。





昔の騎士の鎧を展示していて、その後ろに立って、記念写真を撮ることが出来るようになっています。





手作りのアクセサリー品を売っているところも。



自転車やバイクでやってくる人も。

さて、プラハでのコロナ緊急規制は、4月12日(月)から部分的に解除されるそうで、一部の店舗やオープンエアの農産物市場、動物園が再開されます。ただ、パブなどの飲食店、理髪店などは閉鎖されたまま、とのことです。

やはり規制がなされていても、どこの国の人々も同じようで、3月最終日にリーガーパーク (Riegrovy sady、プラハ本駅の東側) で撮影された写真 (Novinky.cz news) です。マスクなしに、春の日差しを受けて日光浴を楽しむ、多くの人々が集まっています。






コメント

4月上旬の花・虫・鳥

2021-04-10 | エトセトラ
4月上旬の、庭の花・虫・鳥の写真です。

「サクラ」の花が散り若葉に、「ハナミズキ」が白色の花を咲かせだしました。



「ツツジ」は満開に。



「マツ」や「オオデマリ」です。



黄色の「フリージア」に青色の「ローズマリー」、ピンク色の「カタバミ」です。



黄色の「タンポポ」や「ヘビイチゴ」、紫色の「マツバウンラン」です。



蝶では、「アゲハチョウ」や「モンシロチョウ」



「タテハチョウ」や「シジミチョウ」です。



蛾は、「ヒメシャク」でしょうか。「ハチ」もいました。



木の葉にぶら下がる緑色の「アシナガクモ」、土の上にいる「クモ」、「アリ」もいました。



鳥では、「スズメ」や、「ムクドリ」のようです。







コメント

NHK和歌山局 ベリカード

2021-04-09 | 国内局ベリカード
「NHK和歌山局」FM放送 (JORP-FM 84.7MHz) を聴いていただいた、ベリカードです。

大河ドラマ「青天を衝け」の番宣ハガキを使ったものです。



表面は、局舎の写真が入っていて、その上に受信日時などが書かれています。



聴いた和歌山FMのニュース番組は、大阪局の中継になっていましたが、JORP-FMの局名アナウンスは出ました。



あわせて、局パンフやステッカー、クリアファイルなど様々なグッズをいただきました。







和歌山県域は、太平洋に面して横に長く、山がちであるために、NHKだけでもAM, FM, WFMとラジオ中継局が多く設置されています。

台風、地震、津波など災害発生のイザという時に対応するため、和歌山放送局は防災力アップに力を入れているようで、そんなPRもされています。





コメント

台湾国際放送から「2021大甲媽祖巡礼」番組告知

2021-04-08 | BCLアラカルト
RTI「台湾国際放送」から、「2021大甲媽祖巡礼」生中継番組の告知が、送られてきました。

最初は、何なのかわからなかったのですが、台湾中部・台中市の大甲にある、「鎮瀾宮」を起点に行われる、台湾最大規模の宗教的祭典「大甲媽祖巡礼」が4月9日夜に開始されるので、その模様を夜8時(日本時間は夜9時)から、日本語ほか11言語によって世界に向けて生中継するというものです。



「媽祖(まそ)」とは、台湾で航海や漁業の守護神とされている道教の女神で、台湾各地に数多くの媽祖廟があり、本山の一つが鎮瀾宮とのことです。この夜 (旧暦3月23日で媽祖神誕生日) から神像を載せた神輿をかついで、9日間かけて南部・嘉義県新港の「奉天宮」を目指す約340kmの巡礼へと出発します。

台湾では、新型コロナウイルスの抑え込みに成功していることから予定通りの開催となり、RTIもこの行事を世界へアピールする機会ととらえて、実施するようです。

日本語のほか、英語、韓国語の案内が送られてきました。
生番組に関しては、短波放送の周波数が書かれていないので、(QRコードを読み取っての) ネット配信と思われますが、どうなのでしょうか ?




コメント

Reach Beyond Australia  Eベリカード

2021-04-07 | 海外局ベリカード
「リーチ・ビヨンド」HCJB日本語放送を聴いて、オーストラリアに受信レポートをメールして、いただいたEベリカードです。

オーストラリア南西部沿岸の浅い海に生息する、「リーフィー・シー・ドラゴン」(Leafy Sea Dragon) の写真が、使われています。
トゲウオ目ヨウジウオ科の魚だそうで、身体に褐色の藻のような突起があり、褐藻類に擬態した姿をしているのが特徴、とのことです。



さて、A21シーズンの3月28日から、夜の放送が15565kHzに変更されました。
4月4日 (日) は、イースター (復活祭) の日で、3日、4日両日の番組はイースター特集になっていました。
受信した3日の受信状態がイマイチだったので、4日も聴いてみましたが、この日は良好に聴くことが出来ました。それで、A21当初なので2日分をまとめて、レポートしてみました。

昨年も、この時期の15565kHzは良くなかった日がありましたが、だんだんと夏に向けて、良くなっていくことでしょう。


コメント

JR貨物・吹田機関区へ行ってきました

2021-04-06 | エトセトラ
ベリカードネタがなくなりましたので、何か鉄道関係で面白いものはないか、と昨日、12日ぶりにJR貨物・吹田機関区へ見に行ってきました。

短波放送も3月28日よりA21シーズンに入っていますが、JR鉄道各社も春のダイヤ改正が3月13日から行われています。そんなことで、JR貨物でも、これまで見ていた機関車では、EF66形の運用がEF210形に変わったりしています。

そして、大阪貨物ターミナルへ向かう機関車も、毎日ではないようですが、日によって変わってきています。改正前は、EF65形が1両でしたが、今はEF210形とEF65形が連結されて、重連で出発する日があります。

3月15日の時は、「EF210-144」と「EF65-2060」が、22日は「EF210-168」と「EF65-2096」が、29日は「EF210-316」と「EF65-2101」が一緒でした。







この日も、「EF210-315」と「EF65-2089」が連結されて出て行きました。運行する貨物列車の本数が増えたのか、機関車の配車が面倒なので2両を一度に、となったのかどうかは、わかりませんが。



写真を撮ってから気が付いたのですが、運転士さんはピンク色のマスクをしておられますので、女性のようです。(以前に、-317乗務で見かけたことがある方と同じ方なのかも)



コメント

ヘッドホンを買い換えました

2021-04-05 | BCLアラカルト
かなり使ってきたヘッドホンの、イヤパッドが擦り切れて破れてしまいましたので、新しく買い換えました。

量販店の売り場でいろいろ見ましたが、結局、前と同じ、オーディオ・テクニカ製のATH-P100Lというのを買いました。



イヤパッドだけを買ってもよかった、とも思いましたが、千円もしないで、まあ、いいやと。
コードが3.5mあるテレビ用で、ラジオに使うのは、ちょっと長すぎるのですが。(写真は使用分)



ラジオを聴く時は、スピーカーからの音を聴くのではなく、イヤホン派です。
昔は、こんなのを使っていました。(長年の旅先使用で、色が変わってしまいました)



それに、音質の違いがわかるほどの耳を持っていないので、雑音の中から放送音が聴き分けられれば、それで良し、としています。




コメント