BCLとベリカードの楽しみ

海外からの短波放送や国内放送を聴いて、放送局からいただけるベリカードを紹介しています。

V.O.V.から2019カレンダー

2019-01-15 | BCLアラカルト
Voice of Vietnam「ベトナムの声」日本語部から、2019年のカレンダーが送られてきました。



長さは60cmほど。ここ最近は、同じような壁掛けタイプで、今年はベトナムの農村風景の絵が、描かれています。



コメント

青森放送 ベリカード  局舎アンテナとらぶりん

2019-01-12 | 国内局ベリカード
RAB「青森放送」を聴いていただいた、ベリカードです。

「RAB局舎、屋上のアンテナ」と、「リンゴ風キャラクター・らぶりん」のイラストです。



アンテナとらぶりんが描かれたカードは、3代目の新しいデザインになりました。

聴いたのは、ワイドFM放送ではなく、AM放送青森局です。



コメント

KTWRフレンドシップラジオ Eサンキューカード  

2019-01-11 | 海外局ベリカード
グアムより、日曜日夜9時15分から短波7500kHzで放送している、「KTWR日本語放送フレンドシップラジオ」を聴いて、EサンキューカードNo.028をいただきました。

1月6日放送分は、ちゃっきーさん撮影による、「三浦海岸の初日の出」の写真になっています。





コメント

庭の花々  1月上旬の花・実

2019-01-08 | エトセトラ
新しい年になってから、まだ1枚もベリカードが届いていませんので、1月上旬の、庭の花や実の写真を掲載します。

今も、咲いている花は、「ツバキ」です。



赤くなった「マサキ」の実がはじけて、黄色の種のようなのが出てきました。



もうすぐ、花を咲かそうとしています。

  

あとは、鳥です。
早春を感じているのでしょうか。さえずりが、うるさくなってきました。

「カラス」に、「スズメ」です。

  

「ムクドリ」でしょうか。名前ははっきりしません。



写真を撮ろうと近づくと、飛んで行ってしまいました。遠くからで、コンパクトカメラでは、これが限界です。


コメント

V.O.V. からのアワード

2019-01-06 | BCLアラカルト
「ベトナムの声」日本語課より、「15年リスナー」のアワードをいただきました。

賞状と楯です。





VOVが、3年、5年、10年、そして15年と聴いた「永年リスナー表彰」を、昨年実施していましたので、応募してみました。

これらは、小形包装物(Small Packet)扱いで送られてきましたが、気になったのは、郵送料金が15万ドン。
15万ドンといっても、現在、約213ドン=1円なので、700円あまりになるでしょうか。

  

このように、ベトナム通貨(物価)が、やたら桁が大きいと、支払い時に戸惑うのでは? 最低の1ドンはタダ同然で、買えるものはあるのか? 観光客は金銭感覚がマヒするのでは? などと思ったりしました。


コメント

リーチ・ビヨンド ベリカード  新マーク・デザイン

2019-01-05 | 海外局ベリカード
オーストラリアから、毎週土・日曜日の朝と夜に放送している、「リーチ・ビヨンド」(Reach Beyond) HCJB日本語放送を聴いていただいた、12月のベリカードです。

「リーチ・ビヨンドの新マークと変遷、HCJBマーク」「キトー時代の放送スタジオや局舎の風景」「HCJBステッカーやペナント」などが配置されています。



上の写真の右側に写っている男性は、HCJB設立者の1人で、WRMF創設者のクラレンス W. ジョーンズさんではないでしょうか。1931年クリスマスにキトーでの放送を開始しました。

一番上に配置されている、「HCJB文字と両手で地球を掴んでいるデザイン」のマークですが、1976年の創設45周年の時に作られたようです。

では、これ以前にはマークはなかったのか。封筒やプログラムなどに使われているマークらしきものを探し、取り上げてみました。

「The World Radio Missionary Fellowship Inc.」(世界ラジオ宣教協会)のものです。



WRMFとHCJBが組み合わさっている、スペイン語表記のもあります。



山とアンテナのデザインで、これはマークではないでしょう。



地球図とWRの組み合わせの、WRMFマークです。



そして、1976年には、協力関係にある伝道機関「ワールド・ラジオ・ネットワーク」が、テキサスで設立されたようです。

ここからは、あくまで想像にしかすぎませんが… そんなこともあり、WRMF のないHCJB単独デザインのマークを作ろうと試みていたのでは、と思わせるものがありました。アンデスの山とアンテナを組み合わせたデザインが、1975年のベリカードには見られます。




コメント

台湾国際放送 ベリカード  台湾鉄道弁当

2019-01-04 | 海外局ベリカード
RTI「台湾国際放送」の英語番組を12月に聴いて、いただいたベリカードです。

台湾鉄道の駅弁紹介シリーズ最後は、「季節の野菜たっぷり弁当」です。



ベジタリアン好みの、しかも栄養価の高い弁当ということで、煮込み豆腐、揚げ豆腐、昆布巻、季節の野菜が入っています。


コメント

中国国際放送 Eベリ  東興市竹山山海広場 

2019-01-03 | 海外局ベリカード
CRI「中国国際放送」日本語部からいただいた、12月のEベリで、その3です。

美しい広西シリーズも最終となり、東興市竹山にある、「東興市竹山山海広場」の写真になっています。



海岸沿いに、高さ35mのモニュメントが立っていて、赤は大陸を、青は海洋を表わしているそうです。これが、展望台になっているということもないようで、巨大な建造物を造るのは、いかにも社会主義国家らしいですね。

さて、今回のEベリですが、レポートを送付してから、なかなか返信が届きませんでした。それで、31日に、ひょっとしたらCRIに届いていないのではと、再送しました。

それと同時に、もう一度、受信トレイを確認してみました。そうすると、何と、迷惑メールのところに入っていて、驚きました。普段は折りたたまれていて、「もっと見る」にしないと、出てこない場所です。これまで、こうしたケースが一度もなかっただけに、なぜ、自動的に迷惑メールに区分されてしまったのか、不思議です。

それで、「28日に届いていたのを発見しました」の追伸をしたのですが、結局、再度送られてきました。

折しも、最初の返信には、永年にわたりお便り係を担当され、12月末で退職された、薛移さんからの感謝のメッセージが書き添えられていました。




コメント

V.O.V. からの年賀状

2019-01-02 | BCLアラカルト
「ベトナムの声」日本語課より、年賀状が届きました。

「山岳地帯に住む、モン族の人たちと、春の風景」でしょうか。



満開の花のもと、母と子が遊んでいる、ほほえましい写真が使われています。





コメント

「一年の計」は元旦にあり

2019-01-01 | エトセトラ
新年おめでとうございます。
2019年のお正月を迎えました。今日は、ベリ紹介はお休みです。

元旦は、ここ何年も同じことの繰り返しです。NHK紅白を途中まで視て、午前0時は地元の神社で迎え、参拝客への御神酒の接待や御神矢などの販売をし、午前2時からの歳旦祭に参加して帰宅しました。お昼には、お寺2カ所へもお参りして、恒例行事が終わりました。



「一年の計」は元旦にあり… 

今年の1番は、何と言っても、去年被った自然災害の後片付けをする年になります。修復費用は、保険をかけていますが、全て保険金で、とはいかない見込みです。

BCLの方ですが、昨年は上出来だったので、今年は中出来ぐらいにしたいです。受信レポートを出すのも、減るのではと思っています。ですので、このブログのネタも、BCL以外になってしまうのではないかな、と。

まあ、明日の事はどうなるか分からないし、思ったようには行かない計画倒れのことも多いので、その時時に、満足と思えることをするだけでしょうか。

では、今年も、よろしくお願いいたします。



コメント

今年、2018年を振り返って (4)

2018-12-31 | エトセトラ
今年も残すところ、あとわずか。
振り返るのも、例年と違って4回目に。同じことの繰り返し? 何せ、多くの出来事がありましたから。

地震と台風の被害の後遺症は、まだ残っています。応急処置をしただけで、まだ、ブルーシート状態です。聞くところによると、(人口45万人規模で) 瓦葺業者は今では5軒だけだとか。順番は、いつになることやら。瓦を止めて、カラーベストにするしか、対応策がないのでは。

BCLについては、いろんなことが出来ました。ただ、ラジオ受信に関しては、聴く回数が減り、レポート数も230通あまりと少なくなりました。今年使った費用も、郵便切手代や書籍代、旅費などがすべてで、新しいラジオなどの機器購入はしませんでした。

個人的には、地元の役を引き受けましたので、事務的なことで忙しくなりました。準備さえ出来れば、あとは何とかなる、ことがわかりました。新しい仕事も始めましたので、会計処理や税務関係を勉強していて、仕組みがわかるまでは、戸惑いの状態です。

白内障の手術をしましたので、普段の生活ではメガネをかけずにいられるようになりました。冬空のオリオン座三ツ星の下の、M (メシエ)42大星雲も何とか見えるようになりました。ただ、小さな文字が見づらく、老眼鏡が必要ということで、近々買わなくてはなりません。

メガネなしに車の運転をしているのですが、これだと違反になるので、書き換えに行ってきました。これまで、半世紀以上に渡って、運転免許証に書かれていた、眼鏡等の条件が解除になりました。



最後に、この1年間、このブログを読んでいただき、ありがとうございました。

文章は、あまり熟考せずに書いているため、後日、修正している場合があります。また、コメントもいただきました。読んではいますが、非公開にさせていただいています。そして、コメントに対する返信については、自動送信システムのため、メールアドレスの記入がない場合は返信が出来ませんので、それらの点について、ご理解をいただきますようお願いいたします。

では、みなさん、来年もGood Listening!を。



コメント

ラジオ大阪 ベリカード

2018-12-30 | 国内局ベリカード
OBC「ラジオ大阪」のワイドFMを聴いて、いただいたベリカードです。

新しいデザインに変わりました。



「ハッピー・カラフル・OBC」と、色とりどりの音符などで、ハートの形になっています。

表面は、受信データの記入もなく、局名だけの印刷です。



コメント

Radio Praha ベリカード など 

2018-12-29 | 海外局ベリカード
チェコの、「ラジオ・プラハ」インターネット英語放送を、12月に聴いていだいた、ベリカードです。

今年の2月のと同じカード、「鉱石ラジオの写真」でした。



あわせて、絵ハガキをいただきました。写真説明はありませんが、プラハの「黄金小路 (ゴールデン・レーン) の風景」のようです。地名は、17世紀、プラハ城下の、ここに住んでいた金加工職人に由来するのだそうです。



このほかでは、「台湾国際放送」のドイツ語部から、クリスマスカードに続いて、豚のイラストの年賀状が、メールで送られてきました。英語部からのと、同じでした




コメント

夜間防犯パトロールをしています

2018-12-27 | エトセトラ
紹介できる新しいベリカードがありませんので、今回は、地域でしている活動について、少し書いてみました。

歳末になりましたので、昨夜から消防団が夜警を始めています。消防車で、「火の用心」と呼びかける、恒例行事となっています。

冬場は、ストーブなどの暖房器具を使用したり、空気が乾燥しているので火災が起きやすいと思いますが、冬場ならいつでもそうなのでは。この時期に行うのは、やはり、正月を前に火事になり、焼け出されたら一大事、ということでしょうか。

自治会でも、いっしょになって年末の1日だけ実施するのですが、年1回、みんなが顔をあわせる場、といった感じになってしまっています。防火活動の方は、消防団にお任せしていますが、防犯の方は、夜間パトロールを定期的に実施しています。

以前と比べると、夜間に路上駐車する車もめっきり見かけなくなりましたし、子供たちが集まって騒いでいる、といったことが少なくなりました。今は、防犯灯が消えていないどうかを見回っている、といった具合でしょうか。





コメント

リーチ・ビヨンドのベリカード写真のお話

2018-12-26 | BCLアラカルト
ちょっと時期外れになってしまいましたが、書きそびれたお話です。

「リーチ・ビヨンド」HCJB日本語放送の、今年7月のベリカードは、「アンデスの声のレジェンド音楽家たち」と題して、HCJB音楽家3人の方々の写真が採り上げられました。以前のプログで、そのカードについて書きましたが、ここでは、それらの写真についてです。



左は、「ホルヘ・サンブラーノさん(Jorge Zambrano)」で、1974年からHCJBでギターやチャランゴ奏者として活躍。「エクアドル音楽をどうぞ」に出演し、フォルクローレの名曲を聴かせていただきました。

1999年7月発行、「エクアドルの民族楽器シリーズ」のベリカードからの写真です。



真ん中の、「ジーン・ショーさん(Jean Shaw)」は、米国ニュージャージー州の出身。「マリンバの調べ」では、各国の民謡、クラシック、ジャズ、賛美歌などを演奏され、その豊かな音色を聴かせていただきました。英語番組で、「Jean Shaw and her magic mallets」(ジーン・ショーの魔法のバチ)という番組を持たれていたようです。

ですので、同名タイトルの自主録音レコード・ジャケットからの写真です。



彼女のモノクロ写真は何枚か見かけましたが、カラー写真は珍しいのでは。レコードは、各地の支援者へのプレゼントだったのかも知れません。

右は、「クラレンス W. ジョーンズさん(Clarence Wesley Jones)」で、1900年イリノイ州の生まれ。救世軍バンドで、様々な楽器を演奏し、最終的にはトロンボーン奏者として活躍。1931年に「世界ラジオ宣教協会(WRMF)」を組織し、キトーからラジオ放送 (HCJB創設者) を始められました。

これは、スタジオでの番組出演中の写真と思われます。彼のバイオグラフィー・ページにあった写真です。




コメント