土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

「新しくつくる」だけが「土木のしごと」ではないのです。

2018年02月12日 | 国道493号道路維持委託業務

 

県道安田東洋線二股橋(通称メガネ橋)。

昭和15年建設のコンクリート2連アーチ橋。

なんとこの構造で鉄筋が入ってません。

無筋コンクリートでつくられた橋としてはわが国最大級で、日本が戦争のために鉄材の仕様を制限していた時代を反映する構造物でもあり、経済産業省の近代化産業遺跡群にも認定、魚梁瀬森林鉄道遺産のひとつですが、現役バリバリの橋です。

その橋のたもとに、安芸土木事務所の依頼を受けこんなものを取り付けました。

 

 

いわゆるバリカーってやつですが、ふつう使われるのと違いここでの目的は、橋の欄干のガード。

 

 

あわせて、大型車が少しでも曲がりやすいように反対側のガードレールの柱をS字柱に取り替えました。

そんなところに、おりよく10tダンプが到来。

 

 

うん、いい感じです。


そうこうするうちに、ぐっと冷え込んできました。

どうやら凍結防止剤を散布しなければならないようです。

小さなことからコツコツと。

「新しくつくる」だけが「土木のしごと」ではないのです。

(みやうち)

 

 

 

 

 人気ブログランキング

  ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

   

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

 

コメント