土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

林道上杉線災害復旧工事、道路が仕上がってきました。

2015年06月26日 | 林道上杉線災害復旧工事

 

北川村の林道上杉線災害復旧工事。

 

 

 

 

 

この「どんどん道が仕上がっていく」感が

わたしは大好きです。

このあと、当社直営班はひと休み。

山側の法面(のりめん)に植物を吹き付ける作業は、

専門業者さん(高知市のセイワ建商さん)にまかせ、

天候と相談しながら

進めていきます。

 

(宮内)

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

コメント

道がつながる前に

2015年06月08日 | 林道上杉線災害復旧工事

 

 

林道上杉線災害復旧工事。

2号アデムウォールの設置が終わって、

その上の笠コンクリート(足場がかかっているところ)の生コン打設も完了し、

いよいよ上杉林道の復旧完成が近づいてきました。

ということで今日は、今まで車で行けなかった被災箇所から奥をパトロール。

 

 

 

大きな土砂崩れとか倒木はないのですが、

小さな倒木や小さな崩壊がいたるところに見られます。

雨で盛土作業ができないときにでも

少しずつ取り除いていかなければなりませんね。

 

(宮内)

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています

 

コメント

ドローンに見とれる

2015年05月29日 | 林道上杉線災害復旧工事

 

 

林道上杉線災害復旧工事、

好天に恵まれて順調に工事が進んでいます。

きのうのこと、ドローンを飛ばして現況撮影を始めると、

皆んなが作業の手を止めて集まってきました。

ただ飛行しているだけなんですが、

なぜだかいつも、

じ~っと見てしまうんですよね、コレが。

(宮内)



 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています


コメント

やるなあ (^^♪

2015年05月20日 | 林道上杉線災害復旧工事

 

 

裸の山肌があいかわらずなんとも痛々しい

林道上杉線災害復旧工事現場。

中央に白く見えるのが

アデムウォールの壁面です。

好天に恵まれ

見る見る間に打ち上がっていってます。

 

やるなあ (^^♪

 

(宮内)

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています

コメント

モノドレン

2015年05月19日 | 林道上杉線災害復旧工事

 

 

北川村発注の林道上杉線災害復旧工事。

アデムウォール、順調に上がっているようです。

うしろ(写真中央から右側)に見えるのは

地下排水を抜くための排水材。

モノドレンといい、

パイプ状排水材を透水フィルターなどでくるんだ暗渠排水管です。

 

 

ふつうの暗渠排水材は、

面状をしたものかパイプ状のものか

どちらかなのですが

このモノドレンは面状と筒状、両方の機能を合わせもっているのが特長です。

 

湧水があちらこちらに見えるので

道路が復旧されたあと

大雨で地下水位が上昇して

再び被災を受けないよう

こまめな排水処理をしてなくてはなりません。

 

幸い、雨つづきの予報で心配していた天気も

考えていたほどではなく

作業は順調に進みそうです。

この手の仕事は、なんといっても好天であることがイチバン。

なにより、いちど裏の土砂が崩れているので

悪天候だと危険です。


天気がいいうちに

がんばって進めましょう。

 

ご安全に!

 

(宮内)



 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています


コメント

崩壊→再開

2015年05月08日 | 林道上杉線災害復旧工事

 

 

林道上杉線災害復旧工事。

山側の土砂が崩れたのが5月2日。

発注者担当さんの迅速な対応のおかげで、

連休を挟んだきのう、

地権者さんの承諾をいただき、

本日から再開することができました。

まずは、作業の安全確保のため

山の切り直しからです。

 

 

6月になって雨季に入るとやっかいな仕事です。

5月中にできるだけ仕事を進めたいと考えていたので

早い再開に感謝しています。

さ、がんばって進めよう!

 

(宮内)

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています


 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています

 

 

コメント

ルーキー

2015年04月16日 | 林道上杉線災害復旧工事

 

 

北川村、上杉林道災害復旧工事。

アデムウォール、順調に仕上がってきているようです。

ただいま全体でいうとこれぐらい。

 

 

赤で塗りつぶしたところが出来上がった部分です。

 

ところで・・・

 

 

外した型枠についたコンクリートを削りとっているこの少年。

4月から入社したダイキくんです。

「ぼちぼち仕事おぼえてます」

と、この画像付きで、現場報告へアップされていました。

 

う~ん。

まだヘルメットが借り物のよう。

これがたとえば・・・私のように農作業でかぶっていても違和感がないようにフィットしてくれば一人前。

 

先は長い。がんばれよ!

 

(宮内)

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています


 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています


コメント

アデムウォール

2015年03月24日 | 林道上杉線災害復旧工事

 

 

 

北川村発注の林道上杉線災害復旧工事。

ただ今バックホウが動いているのは、2号箇所。

このあと、10日ほどしたら、

アデムウォールという

補強土壁工法のひとつを

施工することになっています。

 

こんなの

アデムウォール協会ホームページより

 

この工法を当社で施工するのは初めて。

なかなか厳しい条件の現場ですので、

はてさて首尾よく進められるかどうか。


手をつけ始めたら

順を追って紹介していきますね。

 

(宮内)

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています

 

 

コメント