土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

たのんまっセー

2020年05月21日 | その他

 

 

きのうは

月に一度の安全パトロールでした。

 

少し離れたところにいると

マスクで口元がおおわれているので

何を言ってるのかよくわかりませんが、

たぶん何かを教えてるんだろうなー

ということは想像できます。

 

 

 

 

伝えよう

そして

学ぼう。

 

学ぼう

そして

伝えよう。

 

過去の延長線上に未来を見ることなく

よかれの思いこみに陥ることなく

 

伝えよう

学ぼう。

そして

学ぼう

伝えよう。

 

その循環と連鎖が組織を活性化するエネルギーになる。

 

それを他人任せにする人が多ければ多いほど

また

それを怠る人が多ければ多いほど

組織は硬直し変化に対応できなくなり脆弱になっていく。

まちがいない。

 

たのんまっセー!!

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

コロナに負けない職場を作ろう!

2020年05月15日 | その他
 
頼んでいたあたらしい看板が
できたよ
という知らせが
プラスワンさんより届きました。
 
じゃ〜ん!!
 
 
 
 
 
 
 
こちらが
イチを言ったら
それを十ならず
十二にも十三にもさせる出来で返ってきました。
 
さすがです。
 
ちなみに
ヘルメットも
4月にリニューアルしたものに変わってます。
ついでに
作業服がちょっとオシャレになってます。
 
どちらも
こちら側が要望したもんではありません。
 
そして、きわめつけは、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当社キャラクターの女性が
内股
になってました。
 
このさりげないこだわり
このあくなき向上心
 
結果の好ききらいは別として
(あ、わたしは好きですよ、もちろん)
仕事に対する姿勢は
ぜひ
当社の若い人たちにみならってほしいもんです。
 
 
はやく現物がこないかなぁぁぁ
 
(みやうち)
 
 
 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

床に落ちたマスク

2020年05月13日 | その他
 
 
 
みやうちです。
妻お手製のマスクをトイレの床に落としてしまいました。
さてどうするか・・
次の3つのうちから選んでください。
 
 
a.誰かに替えのマスクをもらう
b.知らん顔してマスク無しで仕事する
c.知らん顔して拾ってアルコールを噴霧して使う
 
♪あなたならどうする♪
 
 
フェイスブックに投稿すると
ぞくぞく答えがあつまってきました。
 
d.知らん顔してなんもせずにそのまま使う
e.知らん顔して裏返して使う
f.知らん顔して誰かのと交換する
g.落ちたマスクで床掃除をする
h.全身全霊をこめマスクにあやまる
i.トイレから出ない
j.泣く
k.そのまま旅に出る
などなど
 
あゝ
持つべきものは友だち哉
 
(なんでやねん ^^;)
 
 
 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

コロナにまけるな!

2020年04月29日 | その他



柏木1号橋A1橋台2期工事。
着々と進んでおります。

現在、
赤く塗りつぶした箇所が終わって
つづいて緑が完了。
そのあと、青の部分にとりかかっています。






こちらは事務所内風景。









コロナにまけるな!


P.s.
「負けるな」
「まけるな」
にしてみました。
これからコレでいこうと思ってます。

コロナにまけるな!

(みやうち)
 

コメント

コロナに負けるな!

2020年04月29日 | その他









有限会社礒部組は
本社も
各現場も
稼働中です。

かからない
うつさない





コロナに負けるな!




コメント

「オール土木ネタの個性派芸人」元気丸

2020年04月28日 | その他

 

今日はわが社の現場情報ではなく番外編。

”元気丸”

っていう漫才コンビを知ってますか?

わたしは今日の今日まで知りませんでした。

今年で結成6年。

コンビを構成するふたりともが

2級土木施工管理技士資格を持っているという

「お笑い」としては超変わり種です。

ということでそのネタは

「土木」

 

では”元気丸”さん

はりきってどうぞー!

 

 

 

「オール土木ネタの個性派芸人」元気丸

Full.ver(2020年4月22日放送ドボラジ/中央エフエム)

 

 

どうです?

”元気丸”

業界人には大ウケまちがいなしですね。

 

以上、本日の現場情報は番外編。

「オール土木ネタの個性派芸人”元気丸”」

でした。

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

↑↑ 採用情報

コメント

車両系

2020年04月27日 | その他

 

みんな

むっちゃ真剣です。

 

 

 

                                       四国安全研修センターさん撮影

 

 

それもそのはず。

写真は

車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習の模様です。

この資格がなければ

バックホウや

ブルドーザーなど

主な建設機械を運転することができません。

(3t以上です)

(3t未満は特別教育修了者でOK)

ということは、

現代ドカタにとって最低不可欠の資格だといえます。

よって

みんな真剣です。

 

結果は

はれて全員合格!

 

さあ

今日から運転できるぞ!

(ぼちぼちとネ)

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

コメント

ニューヘルメット

2020年04月01日 | その他

今日から新年度です。

なにかと暗い気分になってしまう今日このごろですが、

あかるくたのしく行きましょう。

ということで

(別に「ということで」もないのですが)

ヘルメットをあたらしくしました。

 

じゃーん

 

 

 

会社のカラーである

グリーンは変えてませんが

かなりあかるくなりました。

きのうまでのと比べると一目瞭然です。

 

じゃじゃーん

 

 

 

 

ニューヘルメットのもうひとつの特徴は、

これです。

 

じゃじゃじゃーん

 

 

 

 

 

 

シールド付きにしてみました。

じっさいに装着してもらいましょう。

 

じゃじゃじゃじゃじゃーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイマセン

誰もオジさんにかまってくれないので

自分でかぶってみました。

 

さあ

今日から新年度。

あかるくなったヘルメットで

ご安全に!

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

↑↑ 採用情報

コメント

年度末

2020年03月31日 | その他

 

 

ヤマザクラが盛りになってきました。

令和元年度も今日でおしまい。

あしたからは新しい職場でしごとをする人もたくさんいるでしょう。

 

 

 

最後の段階確認です。

いろいろとお世話になりました。

またお会いできる日をたのしみにしております。

 

 

あたらしい職場に異動される方々の

新天地での検討を祈って。

令和2年3月31日

みやうち拝。

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

↑↑ 採用情報

コメント

マスク

2020年03月19日 | その他

オープンな場所で仕事をしているため

マスク率かなり低めの当社ですが

なかにはチラホラと見受けられます。

 

 

 

さて、

去る2月28日、国土交通省大臣官房技術調査課から

各地方整備局あてに

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた直轄工事及び業務に係る検査、打合せ等の対応について」

という事務連絡が出されました。

それに準じて各自治体などの発注機関も「右へならえ」の通達などを出しているので

皆さんたぶんご存知のことでしょう。

そのなかには

・・・・・・

 なお、やむを得ず従来どおり対面の検査、打合せ等を実施する場合には、あらかじめ受注者に対し最小限の人数で実施するよう働きかけるとともに、広い部屋での実施やマスク着用を推奨する等、感染予防の対策を徹底するようお願いします。

・・・・・・

という文言が書かれてます。

それを受けて先週、遅ればせながら当社でも

「対面の検査、打合せ等」ではマスク着用をしようね

(あくまでも相手に合わせてですけど)

という「つーたつ」を出したところです。

(小さな所帯なので口頭ですが)

しかし、、、

とはいいつつも、、、

ちまたのマスク不足はまだまだ解消する気配がなく

マスクを調達できない

という声もチラホラと聞こえてきたり。

とはいえ

ですよ。

たとえば

ですよ。

 

 

 

 

 

こんなマスクや

 

 

こんなマスクや

 

 

こんなマスクを

 

 

着用して「対面の検査、打合せ等」にのぞんだら

ぶっとばされるぐらいでは済まないことは

火を見るよりあきらかです。

 

マスク不足

はやくなんとかならんもんでしょうか。

いやはや

困ったもんです。

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

↑↑ 採用情報

コメント

マン・ツー・マン

2020年02月06日 | その他

 

 

足場の組立解体変更作業をするには

「足場の組立て等作業に係る特別教育」

を受けておく必要があります。

当社直営班は1名をのぞいて

みなその作業をする資格があるのですが、

いちばんあとで入社したカイくんだけが

特別教育を受けてません。

ということで

年度末にさしかかって

猫の手も借りたい時期ではありますが

本日、実施しました。

 

 

 

マン・ツー・マンです。

さすがに

照れくさいです。

 

そうそう

マン・ツー・マンといえば・・

この前、保育園児と

マン・ツー・マンでレッスンをしました。

(あ、和太鼓です。わたし、じつは和太鼓の「先生」なんです)

それを聞いた小学生の教え子が

「ワンツーマンやね」

と笑っていいました。

「ちがうの。マン・ツー・マン」

とまちがいを指摘すると、

「なんで?」

と口をとがらせて

「ワンとツーやき、ワンツーマンやんか」

と反論してきます。

「ノーノーノー(ちっちっち)」

と人さし指をふりながらわたし。

「マンって日本語でなに?」

「ん・・・にんげん?」

「そう。マンとマンやき、マン・ツー・マンやろ?」

「じゃあツーは?」

「ツーは、そりゃ、トゥーよ」

「あ、to か。わかった。マン・トゥー・マンやね」

「そう、ワンツーマンじゃなくて、マン・ツー・マン」

「ちがう to やろ。マン・トゥー・マン」

 

そんなたのしい会話を思い出した

マン・ツー・マンの「特別教育」でした。

では、

またあした。

(みやうち)

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

↑↑ 採用情報

コメント

あかるい仕事初め

2020年01月06日 | その他

新年、あけましておめでとうございます!

わが礒部組は今日が仕事はじめ。

当ブログも、今日から再開することにいたします。

 

 

写真は昨年12月28日の当社忘年会から。

 

暗いと不平を言うよりも

すすんで灯りをつけましょう。

 

では、

2020年があかるい年になりますように。

本年もよろしくお願いいたします。

(みやうち)

コメント

仕事納めの朝

2019年12月28日 | その他

おはようございます。

今年は今日(28日)が土曜日だということもあってか

きのうで仕事納めという企業が多かったように感じます。

がっ

わが礒部組は

例年どおり本日が今年の納めです。

あれ?

 

 

 

 

 

 

今日の朝会で

各現場からの報告を聴きながら

かすかな違和感が。

とはいえ

そこはかとなくただよう

ゆるい雰囲気。

悪くありません。

 

そう、

きのうまででキリよくひと段落した現場がほとんどなんです。

 

「こんなんもめずらしいなあ」

 

いつもだと、

ギリギリまで生コンを打ったり

時間を惜しんで作業をしたり

仕事納めとはいえ

少なくとも午前中はフル回転の現場が多いんですが

今年はそうではありません。

 

「ま、ええことやね、余裕があって」

 

そんな言葉で朝会も終わりました。

とはいえ、

いつもいつでも

「土木のしごと」に危険はつきもの。

ある現場のKYミーティングで

本日担当の若者からこんな声がけがありました。

「ながい休みの前にケガをしたらせっかくの休みが台なしになってしまうので、いつもに増して気をつけていきましょう」

はい、

本日もケガなく家に帰れますように。

(わたしは毎日ケがなく帰ってますけどね ^^;)

 

 

では、よいお年を。

(みやうち)

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

笑顔の安パト

2019年12月25日 | その他

 

 

年の瀬に

外部の労働安全コンサルタントを招いての

社内安全パトロール。

来てもらいはじめてから

はや6年になります。

 

いつも

やさしく

あたたかく

そして

ときにはピリッと辛口の

指導やアドバイス

どうもありがとうございます。

 

 

 

 

おかげで

当社の安パトは

いつも笑いのたえないものとなっています。

 

なぜだろう?

わたしの前ではこんな笑顔は見せないのに (-.-;)

(みやうち ^^;)

 

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

余話〜令和元年度高知県優良建設工事施工者表彰発表会

2019年12月06日 | その他

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

夕部雅丈さんがご自身のブログで、
先日の高知県建設優良工事施工者表彰発表会での
当社プレゼン資料について評してくれました。
その論評のなかで指摘してくれていることが当たっているか違っているか、
つくった側の人間の立場としてはどうこう言えませんが、
「ああ、こんなふうに読み込んでくれた方がいるのだ」
と感謝感激、感心しきりなわたしです。
ということで、
ご本人の同意をいただいたうえで転載させていただきます。
 
・・・・・

2019年度 礒部組(14年連続受賞)優良工事表彰プレゼン資料を読む

 資料の作りだけでなく、内容的にはストーリーとドラマが盛り込まれている。私はかねてより仕事に必要な能力として、「感受・洞察・先見」だと言っているが、礒部組の資料には、これらのすべてが盛り込まれている。
 まず表紙はCIMである。国交省が進める2,025年原則CIM化の方向を先取りした行動である。礒部組は国が叫ぶはるか昔からCIMに取組んでいる。施工特性の項では、先読みの力を遺憾なく発揮している。しかも、完成の暁に使う住民の視点から考えたものだ。ここでも顧客志向が徹底されている。
 さらに、先読みで言えば、礒部組の歩み行きとしてCCPMの導入に始まり、CIM、そしてフロントローディングと先端技術と手法の取り入れを続けてきている。工程管理で使用しているCCPMの進捗グラフも理想的というか、制約理論どおりの論理的な軌跡を画いて、黄色の中を推移しているのは素晴らしいとしか言いようがない。
 つづいて毎年のことながら、ハラハラ・ドキドキのドラマも用意されている。崩壊のリスクとその想定断面図、そして現実の崩壊発生とその対策と、一連の読む者、聞く者を飽きさせない展開で進める手腕は凄いと感じる。
 最後に環境に配慮した石組みの写真と、地元民から感謝の差し入れの田舎寿司(以前は数十個のスイカだったり)と、共感をかもし出す演出は見事としか言いようがない。
 これら人を唸らせる意図が配置されており、読みどおりの展開で、工事成績20位以下であるにも係わらず、わずか5件しかない知事賞を受賞している。また、礒部組が唯一、14年連続優良工事受賞企業であり、この力量は並大抵のものではなく、今や礒部ブランドと化した力は、競合する他社にとっては侮れないことは言うまでもない。
 
・・・・・・
 
 
まことにありがたい評価です。
ただ一点だけ明らかな事実誤認が・・
14年連続ではなく
13年連続です。
短いほうにまちがえるのはかまわないんですが、
長いほうだと誇大広告になりますので
つつしんで訂正させていただきます。

以上、
令和元年度高知県優良建設工事施工者表彰発表会余話(長いな^^;)
でした。

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 
 
コメント