土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

グリーン&イエロー

2019年05月16日 | 国道493号小島トンネル関連

 

 

 

 

緑のヘルメットに

黄色の安全ベスト。

黄色と黒のバックホウ。


グリーンと黄色って

相性がいいんですよね。

現場がはなやいで見えます。

 

どうせならそのついでに、

そんなことなんかも利用した

「魅せる現場づくり」

ができたらな、

なんて思うオジさんなのでした。

 

(みやうち)

 

 

 

コメント

北川村温泉はこの道まっすぐ、徳島・東洋町はここを右に。

2019年04月24日 | 国道493号小島トンネル関連

 

 

あたらしい看板ができました。

いわゆる工事看板

ではありません。

2014年の台風災害で北川村小島地区で国道493号が寸断されたことにともなって

奈半利川の対岸にある村道を迂回路として使うようになりました。

(奈半利町のほうから来たら右折)

これまでいろいろな看板などで注意喚起をしてきましたが、

いまだに直進するクルマがあとをたちません。

ということで、

一計を案じました。

マンガなら・・・・・

(左端のスキンヘッドのおじさんがポイントです)

 

 

 

設置完了!

さて効果のほどは・・・

 

 

 

 

 

おいっ!

遊ぶなって (^^)

 

(みやうち)

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記


↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー



コメント

作業は進むよ

2019年04月20日 | 国道493号小島トンネル関連

 

 

国道493号小島トンネルの明かり部工事

当社が受け持って3回目となる

今度のしごとのメインは

現国道のかさ上げです。

 

 

 

赤い矢印のように

終点側から起点側に向かって工事を進めています。

今、オレンジ色で囲った箇所を掘り、

順次、あたらしく継ぎ足すコンクリートと古い擁壁が一体化するように

はつり作業を行っています。

 

参照 ↓↓

「はつり」あるいは「斫り」もしくは「チッピング」

 

天気晴朗

春うらら

みんな仲良く

和気あいあい

どんどん作業は進みます。


初夏?

と言ってもいいような陽ざしを背に受け

作業にいそしむ若者ふたり。




どんな話をしているのか聞こえませんが

なにやらやけに楽しそうです。


さて、

来週からは増員してスピードアップ

ってなところですかネ 


(みやうち)



 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

コメント

先輩後輩

2019年04月15日 | 国道493号小島トンネル関連

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

 

国道493号小島トンネル関連工事現場では、

現国道のかさ上げ工事が進行中です。

写真は今月入社したばかりのKくん。

はじめての鉄筋組み立て作業です。

 

 

口は悪いが心はやさしいM先輩の

あたたかい眼差しに見守られ

絶賛奮闘中です。

 

(みやうち)

 

 

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

コメント

「はつり」あるいは「斫り」もしくは「チッピング」

2019年04月11日 | 国道493号小島トンネル関連


 

古い擁壁(ようへき)を削る人。

この仕事のことを「はつり」と呼びます。

わたしたちはふつうに使っている言葉ですが、

例によって調べてみました。

 

はつり[斫り・削り]

ノミやタガネで金属・石・木材などを薄く削りとること。

(『三省堂大辞林』)

 

斫り(はつり)

コンクリート面、または石などの出っ張っている部分をのmになどで削り取ること。

(『土木用語辞典』)

 

斫り

斫り(はつり。英語:chippingー,break upー)とは主に建設現場でコンクリートで作られた壁や土間などの構造物を壊したり、形を整えるために表面をノミで削ったりすること。人力によって行われる規模の作業を表すことが多く、重機械によって建物そのものを取り壊す場合はコンクリート造であっても斫りとは呼ばず、解体工事に分類される。

(『ウィキペディア』)

 

なにかと問題を指摘されることも多いウィキペディアですが、

この場合はもっとも正確で親切な解説です。

そういえば・・・

そこにもあるように英語ではchipping(チッピング)と呼びますが、

どこでどうまちがえたのか

ピッチング(pitching)と覚えてしまい

ずっとそう呼んでいた人が当社にいました。

(今はもう在籍しておりません)

 

ついでです。

調べてみました。

 

ピッチング(pitching)

・船や飛行機が進行方向に向かって前後に揺れること。

・野球で、投手が打者に向かって球を投げること。

(『精選版日本国語大辞典』)

 

ウィキペディアはどうでしょう。

おっと、こんな項目がありました。

 

航空機の機動(マニューバ)では、ピッチングは操縦桿の操作で機首を上げ下げすることである。機首を上げることをピッチアップ、機首を下げることをピッチダウンと言う。機首が上がれば機体は上昇し、下がれば下降する。

 

そういえば・・・

コンクリートを「はつる」際も、先端を上下左右いろんな角度にします。

だからピッチングと・・・・

いやいやそんなことはゼッタイない。

あれは単なる覚えマチガイ言いマチガイ。

 

「はつり」

感じで書くと「斫り」。

英語でいうと「チッピング」。

ピッチングではありません

チッピングです。

 

以上、

「はつり」について調べてみました。


(ヒマか!という指摘は受けつけません。 みやうち^^;)

 

 

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ そしてこんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

 

 

 

 

コメント

北川村小島で、ひきつづいて国道493号災害関連工事をさせていただきます。

2019年03月26日 | 国道493号小島トンネル関連

 

あたらしい現場の工程会議ちゅう。

先日終わったばかりの

国道493号小島トンネル明かり部工事のつづきです。

おかげさまで

今回も当社が受け持つことができました。

下の図が今回工事の完成イメージです。

 

 

 

 

 

自動車専用道(中央上から右下へと通る道)と

一般道路(分かれて左下へと通る道)の

交差点部分の工事です。

新しくできる自動車専用道は今ある道路より高い位置を通るようになりますので、

今の道路をかさ上げして新たな道をつくらなければなりません。

何度か道路を切替えながらの作業となります。

ふだんから生活道として利用しているかたがた

また、通過するためにこの道を利用するかたがた

はたまた、北川村温泉ゆずの宿へお越しのお客さまがた

その他、国道493号を利用する皆さんに、

極力ご迷惑がかからないよう工事を進めていきますので、

どうぞよろしくお願いします。

(みやうち)


 

 

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ そしてこんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

 

コメント

探しものはなんですか?

2019年03月19日 | 国道493号小島トンネル関連

 

 

 

 

完成検査前

ボックスカルバートのなかを歩くUくん。

なにを探しているんでしょうか?

いつになく真剣な表情です。

 

若者よ。

人生っていうのは探しものを見つける旅でもあるんだよ。

な〜んて

ついついエラそうに講釈をたれそうになったオジさんなのでした。

 

(みやうち)

 

 

コメント

笑顔でたたかえ

2019年03月18日 | 国道493号小島トンネル関連

 

仕事中にカメラを向けられても、

さりげなく反対を向くか

知らんふりをしてつづけるか。

そんな対応が多いなか、

こんなやつもいます。



 

すぐに愛想をするSくん。

しまいには・・・

 

 

 

 

出ました!

お約束のピースサイン。


いいじゃないですか。

いつも笑顔であかるい職場。

今週も

笑顔でたたかえ えぶりばでぃ!!

(みやうち)



 

↓↓ こんなのもやってます。  

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

 

 

↓↓ そしてこんなのもやってます。  

 

 

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記


コメント

通水試験

2019年03月08日 | 国道493号小島トンネル関連

 

完成したサイホンの通水試験をして、

なにごともなく水が流れるのを確認したあと

ドレーン(排水装置)がキチンとはたらくかどうかをテスト。

 

 

 

 

 

 

 

見よ、

この素早さ!


は、いいんですけど、

いちおう、

長靴は履いておくべきでしたな (^^)

(みやうち)



↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー


↓↓ そしてこんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記


コメント

サイホン

2019年02月22日 | 国道493号小島トンネル関連

 

さて、これはなんのためのパイプでしょう。

 

 

 

 

 

農業用水です。

ボックスカルバートのなかを通してサイフォン構造で水を供給します。

一般に「サイホン工」という名前で呼ばれる工法ですが、

構造としては逆サイフォンですね。

つまり、


サイフォン

↓↓

に対し、


逆サイフォン

↓↓

 

ということです。

画像を拝借した九州農政局のホームページにわかりやすい説明がありますので引用します。


【逆サイフォンとは】

 図に示すように、管が水面の上にあっても、ある程度の高さまでは入口と出口の水位差で自然と水が流れます。このような管をサイフォンといいます。身近な例では、灯油をストーブに入れるときの灯油ポンプ。これにサイフォンの原理が使われています。

 一方、逆サイフォン(伏せ越し)は、サイフォンを逆さにしたものです。水の流れが目に見える開水路(かいすいろ)がつながっていなくても、ある程度の水位差をもたせることで、入口からは水が吸い込まれるように入っていき、出口からは吹き上がるように水が出てきます。


『土地改良事業計画設計基準「水路工」技術書』(平成13年、農林水産省農村振興局、ちょっと古いですがウチにはこれしかありません)にはこう記されています。


 サイホンは開水路形式の水路において、エネルギ線以下にある谷間、くぼ地、河川、道路及び鉄道敷等の低位部を通過する場合に設けられる、自然流下の満流管体で、管内に内水圧がかかる水路をいう。(P.403)


こんな感じですね。

「サイホン工」の画像検索結果

『とよはし水と農の資料館』ホームページより


ということで、工法の名前としてはサイホンです。

この現場の場合は、もともと山側を流れる用水路から低地に向かって勾配差を利用して水を流していたのですが、そのルート上に自動車専用道路ができることから、サイホンで流すように計画しました。

田んぼをつくっている地元住民の皆さんにとっては、たいせつな水です。

諸事抜かりがなく完了させて、よろこんでもらいたいですね。


(みやうち)

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

コメント

小さなことから

2019年02月21日 | 国道493号小島トンネル関連

 

電動ドリルで古い水路に穴をあけています。

何をつくるんでしょうか?

わたしもくわしくは聞いてません。

「土木」というと、とかく大きな仕事と思われがちですが、ごくごく身近な小さな仕事もけっこうあります。

わたしたちのような小さな地域の小さな建設業者ならなおさらです。

小さなことからコツコツと。

これもまた地域建設業のたいせつな役目です。

 

ところで、

何をつくるんでしょうねえ。

気になってしょうがないオジさんなのでした。

(みやうち)

 

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

コメント

はじめての・・

2019年02月19日 | 国道493号小島トンネル関連

 

21歳、はじめてひとりだけで組む型枠

 

 

集水桝です。

ここまでの上流と

ここから下流では

水路の構造(種類)が変わるため

いったん水を受けるための枡です。

さて・・・

仕上がりはどうかな?

 

たのしみです 

 

(みやうち)

 

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

コメント

サルナシ

2019年01月29日 | 国道493号小島トンネル関連

 

サルナシ(猿梨)。

別名をシラクチカズラ、またはシラクチヅル、果実はコクワとも呼ばれます。

(らしい)

外見はキウイフルーツにそっくりで、

サイズはかなり小さいです。

(だからこんな写真を撮るときはサイズ感が出るように比べるものを置くのが鉄則でしょうよ、とキツイ指導がはいったのは言うまでもありません)

現場付近の道路に落ちていたのを発見したOくん。

サルナシという植物キウイの親戚だとはつゆ知らず

拾って食べてみたらキウイに似た味だったと

社内現場報告にアップしておりました。

(なんも知らんとよお食うたな、と呆れた声あり)

そういえば・・

 

 

年末、小島トンネル関連工事現場周辺に出没し

現場のみんなを戦々恐々とさせたニホンザルの群れ。

「猿出没注意!!」

というこの看板を数箇所に設置して以来

一匹も姿をあらわしません。

(昼間は)


サルナシ・・サル出没注意・・


以上、サルつながりで強引にまとめた

本日の現場情報でした。

でわ ^^;

(みやうち)



 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント

零号機

2019年01月18日 | 国道493号小島トンネル関連

 

小島トンネル関連工事

迂回路の設置が進んでいます。

 

きのう、社員用の現場情報サイトに

近くの別現場にあった重機の画像として

こんなのがアップされてました。

 

 

「まるでエヴァンゲリオンみたいだ」

という注釈つきで。

 

それに対してついたコメントが、

「じゃあこの次の機械は”初号機”ですね」

 

ああ、残念ながら還暦をとっくに過ぎてしまったオジさんには

その会話がなんのこっちゃさっぱりわからない。

と地団駄を踏みながら

さらっと、

「好きながやろね」

とコメントしました。

(エヴァンゲリオンを見たことはないけれど)


以下Wikipediaより

・・・・・

零号機(EVA-00 PROTO TYPE)

  • 搭乗者:
    • 綾波レイ
    • ※碇シンジ
  • 搭乗者コード:機体色:山吹色(零号機)→ブルー(零号機・改)
    • ファースト・チルドレン
    • ※サード・チルドレン
  • 眼:単眼
  • コア(魂):作中では言及無し
  • 初登場話数:第壱話

最初に製作されたプロトタイプ試作機)で実戦投入の予定もなく、そのため肩部ウェポンラックなどの装備もされていない。レイの起動実験中に暴走したため、十字架付きの停止信号プラグによって凍結されていた。

・・・・・


フムフムなるほど。

といいつついくら読んでも、「機体色:山吹色」しかアタマに入ってこないオジさんなのでした。


 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント

3つの「あ」

2019年01月15日 | 国道493号小島トンネル関連

小島トンネル関連(明かり部)工事。

ただいま迂回路をつくっています。

 

 

現場掲示板にあたらしいラインアップが。

 

 

あいさつ

・あいさつは人と人とをつなぎます

・あいさつはつながるための

 はじめの一歩です

・ハッキリとしたあいさつは

 つながろうとする気持ちの発信です

 

あとかたづけ

・あとかたづけは安全作業の基本です

・あとかたづけを心がけることは

 よい品質のスタートです

・あとかたづけをすると

 現場に余裕が生まれます

 

あきらめない

・工程をあきらめない

・品質をあきらめない

・安全をあきらめない

・あきらめない気持ちが

 よい仕事に結びつきます

 

 

名づけて「3つの”あ”」。

ちなみにわたしは、


・ハッキリとしたあいさつは

 つながろうとする気持ちの発信です

・あきらめない気持ちが

 よい仕事に結びつきます


この2つが好きだなあ。


(みやうち)


 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

 

コメント