土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域のためにはたらき、ふつうの暮らしを支える人たち。(有)礒部組とその仲間たちのたのしくゆかいな面々。日々是土木。

手ぶり

2021年07月27日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

先週行われた社内安全パトロールでのひとコマ。

 

 

 

 

初参加の新人女性事務員さんが

なにやら質問しているようです。

 

会話の中身は聞こえませんが

ちょっと想像してみましょう。

 

 

 

あれって

ガオ~って感じで動くんですか?

 

 

 

 

 

いやいや

グイ~~ン

みたいな

 

 

どう?

いっしょにやってみる?

 

ハイっ!!

 

 

 

 

 

 

グイ~~~ン

グイ~~~~ン

 

 

てな会話が・・・

 

 

あるわけないですよね ^^;

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

はじめてのおつかい

2021年07月19日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

 

 

さあやるぞ!

 

いつになく

張りきっているおじさんです。

 

それというのも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめての「LN150+快測ナビ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当のIくんが休み

おまけに

もう一人この現場で測量ができるMくんも急病でダウン。

 

ならば

と、前日急きょレクチャーを受けたわたしがピンチヒッターを引き受け

位置出し

出来形測定

を実行

というわけです。

 

といっても

なにせ六十の手習い

 

一度だけの講義で

覚えられるはずもなく・・・

 

 

 

 

 

受けたレクチャーをまとめた

自作のマニュアルを片手に持ちながらの作業でした。

 

 

 

はらはらドキドキ

気分はまるで

 

そう!

はじめてのおつかい!!

 

 

 

たまにゃ一人で

大人の真似を

心おきなく

ドレミファソラシ

(you know your life must be in your hand)

 

こんなにしちゃって

大丈夫かな?

まあしょうがない

ドレミファソラシ

(baby! don't worry)

 

 

 

うん、少々のミスはわかりゃしない ^^;

 

 

 

「杭ナビ+快測ナビ」による測量は

これからいつでも

どうかわたしに御用命を!!

 

 

 

といっても

頼んでくれる人がいるかどうか・・・

それはまた

別の問題ではありますが・・(^◇^;)

 

(みやうち

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

コメント

新人ドボジョ

2021年07月13日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

 

森林管理道島日浦線開設工事。

ジオパック組み立て中です。

 

 

 

 

 

 

新人さん

 

 

 

 

 

 

がんばって!

 

けど

焦る慌てるは事故の元

 

ぼちぼちといきましょうね。

ボチボチと。

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

コメント

上機嫌(笑)

2021年07月06日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

今週はどうせ雨だろう・・

 

という予想を軽く裏切り

週初めのきのうは晴れ

今日は曇りですが

雨は降りそうにありません。

 

ここぞ

とばかり

「土」仕事にいそしむ各現場。

 

ここ

森林管理道島日浦線工事も

もちろん例外ではありません。

 

 

 

 

ご覧のような作業は

雨天となるとお手上げ。

 

じゃぁいつやる?

今でしょ!

 

と言ったか言わぬか

エンジン全開で作業が進みます。

 

 

そんななか

なぜだか朝から上機嫌のシントくん。

 

訊いてみると

誕生日だったようです。

 

 

 

 

 

ハートに見たてた石を手に持ち

満面の笑み。

 

そんなにうれしいか?

 

63年と6ヶ月も生きてきたおじさんなぞは

そう思ってしまうんですが

 

まあまあ

仕事っていうやつは

機嫌よくやるのがイチバン。

 

よいモノは

上機嫌にやる仕事から生まれる

といってもマチガイはありません。

 

ということで本日も

笑顔でたたかえ!

えぶりばでぃ!!

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント

体長約45cmのシーボルトミミズを発見

2021年07月01日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

降りそうで降らなくて

降らなそうでいて降る。

梅雨入りして1ヶ月以上経つのに

そんな感じで推移している今年の梅雨ですが

いよいよ梅雨の終わりの大雨の気配がただよってきた今日このごろ

(あくまでもわたしの独断による勝手な推測です)

 

ここ森林管理道島日浦線工事は

拘束土壁工の施工に入りました。

いわゆるジオパックという構造物です。

 

なにせその中身は土。

そうツチ。

土仕事にとって雨は文字どおり天敵です。

 

といっても

降る雨に逆らうことはできません。

せめて

雨があがればすぐ施工できるように

雨が降ってはシートをかけ

一日の作業の終わりにはシートをかけ

四苦八苦しながら作業を進めています。

 

 

 

 

 

 

そんななかハッケンしたのがコイツ。

 

 

 

 

(撮影:IJ)

 

 

シーボルトミミズ

当地の呼び名はカンタローです。

 

それにしても・・・

こりゃ長い (*_*)

 

 

調べてみました。

 

「シーボルトミミズ」~世界大百科事典第2版より~

 

貧毛綱フトミミズ科の環形動物。大型な種類。

P.F.vonシーボルトが日本で採集し,この標本をホーストR.Horstが1883年に発表した際にシーボルトに名したものである。

本州中部以南,四国,九州に分布し,山地に生息する。

俗称ヤマミミズ

現在までの最大の個体は体長45cm,太さ1.5cm,43gである。

 

 

「現在までの最大の個体は体長45cm」???

 

 

 

先端が曲がっているので

まっすぐにしたとするとほぼ45cm。

(誰がするんや、っちゅう話ですけど ^^;)

 

ナント

日本最長級のシーボルトミミズでありました。

 

そうそう

おじさんが小さいころは

カンタローにオシッコをかけたらチ◯チ◯が腫れるっておどかされてました。

子ども心に

そもそもこんなもんにオシッコかけるヤツがおるんか?

と不思議でなりませんでしたねー。

 

と、だんだんどーでもいい話になってきたので今日はこれまで。

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

 

コメント

杭ナビショベル現場見学会(その2)

2021年06月15日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

杭ナビショベル現場見学会

第一回から中一日あけたあとの2回目は

高知県土木施工管理技士会御一行さま(with ”KDJ=高知土木女子”)。

 

 

 

 

 

一回目とはうってかわって少ない人数でしたが

少人数ならではの内容ある見学会となりました。

 

 

 

 

 

ジョーヤくん

♪恋も二度目なら 少しは上手に

 愛のメッセージ 伝えたい ♪

 

失礼

もとえ

緊張してる様子は伝わってきましたが

二度目となると

「少しは上手に」どころかなかなか堂に入り要点を抑えたよい説明でした。

「メッセージ」

じゅうぶん伝わったと思います。

 

 

KDJから参加の女性技術者も

はじめての杭ナビショベルに興味しんしん。

それを見ていたオペレーター

 

「乗ってみ」

さすが!

優しい!!

 

さっそく

試乗してもらいました。

 

 

 

 

 

 

ということで

和気あいあいのうちに

第2回杭ナビショベル現場見学会終了。

 

 

 

 

 

今回はわたしの出番はほとんどなし。

まわりをウロチョロするのみでした。

 

うん

よきかな

よきかな \(^o^)/

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント

杭ナビショベル現場見学会(その1)

2021年06月14日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

 

 

「ICT技術が林道と未来を切り開く」

 

このあたらしい垂れ幕がかかった先週は

杭ナビショベルで作業しているところを見たい

という連絡をわたし宛にくれた人たち対象の

現場見学会を2回ひらきました。

 

第一回目は

高知県技術管理課さんと

高知県建設技術公社さん。

 

まずは測量やデータ作成の説明から

 

 

 

 

現場事務所が狭いので

密を避けるため

外で立ち見をお願いしたりして

どうも申しわけありませんでした。

 

担当のジョーヤくん

かなり緊張してたようで

ときどきフリーズ。

そのたびにわたしが助け舟を出したりして。

 

ところが

あとから聞くと

持ってきたパソコンのスペックがファイルの大きさについていかなかったようで動きが遅く

焦ってしまって

ついつい黙ってしまうことがあったとのこと。

本人のフリーズではなかったようです。

 

とはいえ何ごとも経験

準備の大切さを痛感したようなので

とりあえずそれは良しとしましょう。

 

で、本番。

 

 

 

 

 

システムの説明は

サポートをしてくれている(株)金剛のスタッフから。

あとはタブレットを見ながらの

杭ナビショベル実体験などなど。

 

最後には

参加者全員があつまって見学会の総括。

さまざまな質問や提言などが飛び交って

説明役のはずのこちらが、

とても勉強になった90分あまりでした。

 

参加してくれた皆さま

遠いところまで出向いていただきありがとうございました。

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント

画面越しのレクチャー

2021年06月09日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

 

 

よんどころなき事情あり

クルマに乗って向かう先は

現場とは逆の方向。

 

当社ICT施工推進チーム長が

杭ナビショベルのセッティングを

LINE電話でオペレーターにレクチャーしながら

走ることウン十分。

 

とちゅう紆余曲折はありながら

結果的には大成功。

 

こんなこと

今の時代では当然といえばトーゼン。

あたりまえっちゃあ当たり前なんでしょうが

うしろから見聞きしているおじさんは

なんだかとてもおもしろく

 

たいしたもんやな~

などと

ひたすら感心しておりました。

 

 

さて

今日は高知市内から「勝手にICT林道工事」現場へ見学者が来てくれます。

わたしはといえば、すすんで道中の案内役買ってでました。

「わざわざ申しわけないです」

と先方はおっしゃいますがなんのなんの

じつを言えば、それぐらいしかできることがないんですね。

 

それにしても・・

今日はじつによい天気。

現場見学にはもってこいです。

 

さあ

はりきっていってみましょう。

(って、わたしがはりきってもすることはないんですが^^;)

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント

お手並み拝見

2021年06月03日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

森林管理道島日浦線工事

「勝手にICT林道」が

絶賛進行中です。

 

さっき

杭ナビショベルをあやつるオペレーターに聞いてみました。

 

「調子どう?」

「えいですねえ」

「問題ない?」

「楽勝です」

 

 

 

 

 

これから先

今回の切土工事のハイライト

きついカーブのカットに入っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

従来なら

熟練オペレーターでないと施工がむずかしいところですが

さて

いかにあいなりますやら。

まずは

杭ナビショベルのお手並み拝見。

 

 

たのしみやなぁー (^^)

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

山の恵み

2021年05月28日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

 

こんなんありましたケド

 

という報告は

森林管理道島日浦線工事現場からです。

 

Google先生に問い合わせると

タマキクラゲ

という答えが返ってきたそうです。

食べれる

とも教えてくれたようです。

 

知らんなあ

聞いたことないなあ

 

調べてみました

タマキクラゲ

 

 

 

 

 

 

え~~~

ぜんぜん似ても似つかないじゃありませんか。

 

納得できないので

パソコンに写った画像をスマホで検索してみました。

もちろん

Google画像検索です。

 

 

すると・・・・

 

 

 

 

藻玉

 

 

 

 

 

 

コーラの練り消しゴム

(なんじゃそりゃ)

 

 

 

タマキクラゲ

という答えは

わたしには降りてきません。

 

 

ホントに食べれるのか?

ヤバいんじゃないか?

 

 

ま、

山のしごとは

こんなんだから楽しいんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

現場では

伐採した木の集積運搬が

もうすぐで完了。

 

梅雨のあいだの晴れ間に

少しでも進むよう

がんばっていきましょう。

 

以上、タマキクラゲと藻玉とコーラの練り消しゴム以外の撮影は IJ でした。

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

コメント

色々あるよ色々ね

2021年05月19日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

 

 

濃霧のなか

山を切り取って進む

杭ナビショベル搭載機。

 

社内現場報告にアップされたこの画像を見て

かつて大ヒットした

マッシュマッカーンの『霧の中の二人

っていう曲を思いだしたのはわたし一人でしょうか。

 

はい。

そうですね。

そんな人間、どこにもいるはずがありません。

 

 

ところで、

きのうはちょっとしたトラブルがありました。

 

このバックホウと

杭ナビ(LN-150)の通信接続が切れ

さっぱりつながらなくなったのです。

 

あれやこれやと試してみてもどうにもならず

サポートにSOS。

結局

機体に取りつけたアース線のゆるみが原因ということが判明。

 

ま、

色々あるよ色々ね。

いろいろあるからおもしろい。

 

(株)金剛さん

いつもながらの素早い対応

どうもありがとうございました!

 

(みやうち)

 

 

 

コメント

梅雨入りが早くても梅雨明けが早いとはかぎらない、って知ってました?

2021年05月18日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

今年の四国地方の梅雨入りは

気象庁が1951年に統計をとりはじめてから

もっとも早いものだったらしいですね。

 

ところでみなさん

梅雨入りが早ければ

そのぶん、梅雨明けも早くなると思ってませんか?

 

わたしは

 

思ってました。

 

 

でも

ナ、ナント

 

じつはぜんぜん関係ないらしいんです。

 

現に、これまでもっとも四国で梅雨入りが早かったのは

1976年と1991年の5月19日だったんですが

その年の梅雨明けは、平年より2~5日おそかったらしいんですね。

 

1976年といえばわたしは19歳。

1991年には34歳。

 

そうだったのか・・・

ぜんぜん記憶にないですねー。

 

そんな梅雨の晴れ間の今日

林道島日浦線の工事現場でこんなものを見つけました。

 

 

 

 

 

 

いつ降ってくるかわからない雨に備えて

杭ナビショベルの重機取付用360°ミラーが傘をさしておりました。

 

 

空とケンカをしても勝てません。

ま、

ぼちぼちいきましょう。

(きのうもおんなじ結論だったような ^^;)

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

コメント

ぼちぼちゆこう

2021年05月17日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

森林管理道島日浦線工事

週末の様子です。

 

 

 

 

 

 

最低限、重機がとおれるだけの道をつけながら

伐った木の集積と運搬をおこなっております。

 

予想されたことではありましたが

土日の休み中に

四国地方が梅雨入りしました。

 

 

(『ウェザーニュース』2021.05.17、より)

 

 

土工に雨は大敵。

最新鋭の杭ナビショベルも

レーザーが飛ばなければ用事になりません。

 

かといって

手をこまねいてみているわけにもいかず・・・

 

といっても

少々早まったというだけで

雨季に雨が降るのは毎年のこと

 

 

ま、一喜一憂してもしょうがない。

様子をみながら

ぼちぼちやるしかないわね。

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

いくよ!

2021年05月13日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

 

 

 

 

森林管理道島日浦線工事

残土場の土羽打ちも終わり

霧雨のなか

本線の工事がはじまりました。

 

 

 

 

 

作戦会議終了。

 

いよいよ

「勝手にICT林道工」本番です。

 

さあ

 

いくよ!!

 

 

 

 

 

(みやうち)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

看板設置ちゅう

2021年05月06日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

 

 

 

森林管理道島日浦線工事

ふたりのうち

向こう側から指示が飛びます。

 

 

 

 

 

こちら側は

それにしたがって

上げたり下げたり

かたむけたり

ひねったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「林道をつくっています」

「林道は、山の手入れを促進し、豊かな森林をつくるための道路です。」

ただいま看板設置中。

この姿勢

いいですね。

とても大切なことです。

 

 

工事看板は何かを伝えるためのもの。

けっしてアリバイづくりのためにあるものではありません。

 

どうやったら見えやすいか

どうやったら伝わりやすいか

 

あだやおろそかにしてはなりませぬぞーーー。

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント