土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域のためにはたらき、ふつうの暮らしを支える人たち。(有)礒部組のたのしくゆかいな面々。日々是土木。

落石注意

2020年07月15日 | 国道493号道路維持委託業務

 

 

先日の大雨で

(というか毎日けっこうな雨ですけど)

国道に流れ出た土砂は

とりあえずクルマが通れるように

いったん道路の脇に寄せておき

順番にそれをとり除く作業が連日つづいてます。

 

 

そんななかでも

「落石あり」

との報を受けると

除去作業の手を止め

現場にかけつけます。

これはそのひとつ。

 

 

 

 

「そんなに大きくないけどクルマが通るには支障が・・・」

たしかに、慣れてるわたしたちの感覚からすれば

「そんなに大きくない」

ですが、

1.0メートル×0.5メートル程度だといいますから

道具がなくては動かせません。

 

天気予報によると

まだまだ雨はふりつづくようです。

よく見かける

「落石注意」

という看板に

「どこをどう注意すりゃあいいんだよ!」

とツッコんだという笑い話がありますし

いつ落ちてくるかわからない石に対して

スピードを出していたほうがよいのか

ゆっくり行ってたほうがよいのか

「どっちがどうだかわからんじゃねえか!」

というのもよく耳にする話で

たしかに一理ある。

 

しかし、わたしの経験から言わせてもらうと

それ相応の意識を持ってクルマを運転するのとしないのとでは

イザというときの対応の仕方があきらかにちがいます。

 

皆さま

山岳道路を通る際には

「落石注意」を意識して

どうか安全運転を!

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

燃える男の・・・

2020年07月06日 | 国道493号道路維持委託業務

いやあー

降りますねぇ

梅雨末期には

大雨が降るもん

と相場が決まっておりますが

それにしても

よく降ります。

 

当社道路維持管理チーム(担当者数名以外は随時編成ですが)も

ほぼ連日、出動しております。

 

そうそう

土曜日の夕方

LINEで現場から送られてきた作業風景を見て

おっ

えいねえ

と思わずニンマリしました。

 

 

 

さて

わたしの目をひいたのは

どの部分でしょうか?

 

 

 

 

 

ふたり揃ってZAXTASの赤い長靴

カッコいいですねー

 

 

 

♪燃える男の

赤いトラクター♪

 

なんて歌がありましたが

(古い?)

(とうぜんです)

(自信があります)

 

彼らはさしずめ

♪燃える男の

赤いながぐつ♪

 

これを履いてると

仕事もバリバリはかどりそうな気がするオジさんは

長いあいだ白い長靴を愛用してるんですが

今度は彼らをまねて

にしてみようかな

なんて

思ってみたりする今日このごろ。

還暦の

と思われてしまう

という危惧はあるのですが

さて・・・

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント

前線一過

2020年07月01日 | 国道493号道路維持委託業務

 

梅雨もそろそろ終わるかな

という今日このごろ

皆さん

元気ですかー。

 

毎年

この時季になると

必ずといっていいほど大雨が降りますね。

きのうも一時は

まるで台風か

というような雨風をともなった前線が通り過ぎて行き

けっきょく国道493号は

雨量超過で通行止め。

 

となると

翌朝の必須作業が

道路パトロールです。

今朝も

5時会社集合で4名が出動。

全線、とりあえずクルマの通行ができることを確認したあと

あちらこちらの落石やら倒木やら枝が落ちたのを片付けながら

ただ今帰還してきました。

 

 

 

 

まだまだ序の口

でしょうが

ひとまず

ご苦労さまでした!

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント

草刈りの季節

2020年06月16日 | 国道493号道路維持委託業務

 

梅雨です。

この時季、

道路除草を県市町村から委託された業者が

誰から言い出すともなく

それぞれの受け持ち区間で作業をはじめます。

当社ももれなくそのひとつです。

そんななか、

いくつかの区間では地元住民が請け負った

「地域委託」という形態があります。

これはそのなかの一組。

 

 

 

過疎の山村のことゆえ、平均年齢はかなり高いようですが、

そんなことをまったく感じさせないキビキビとした動きが印象的です。

 

と、

ある道具に目がとまりました。

 

 

 

いかにもお手製感にあふれるこの道具。

ブロワー

↓↓

 

を搭載した台車です。

なかには女性が何人かまざっていますが、

これなら女性でも一人力の仕事ができますよね。

 

「創意工夫やなぁ~」

 

こんな工夫

大好きです。

 

(みやうち)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント

維持管理部隊2020梅雨期初出動

2020年06月11日 | 国道493号道路維持委託業務

 

 

雨です。

 

(令和2年6月11日10時47分 気象庁予報部発表)

 

けっして雨を歓迎してるわけではありませんが

やっと梅雨らしくなってきました。

午前10時すぎ

「国道493号で倒木あり」

との一報が入ってきました。

クルマが通ることはできるまでは確認したんですが詳細は不明。

よくあるパターンです。

とりあえず、チェーンソー他のかんたんな道具をもって

たぶんあのへんだろう

と見当をつけて直行。

もちろん二人組で。

こんなときは、1人で行動しないのが鉄則です。

 

 

 

乗用車がギリギリ通る?

みたいな感じ。

これなら手作業で楽勝です。

 

 

 

 

午前中に処理が完了しました。

 

そうそう

そういえば

ちょうどこのころ

なかよくしてる同業の経営者と電話で話をしてたんです。

 

「いやぁ礒部組さんは大きな現場ばっかりやないですか」

「なんで知ってるんです?」

「現場情報みてますもん」

「あ、そうか。そりゃそうですわな」

 

いえいえ、

小さなことからコツコツと。

ふだんの暮らしを守りささえるのが土木という仕事ならば、

これもまた大事な役割なのでございます。

では。

 

(みやうち)

 

 

 


コメント

国道493号、通行止めが解除されました。

2020年01月31日 | 国道493号道路維持委託業務

 

 

黒ケ谷橋の橋台裏が陥没したため

通行止めとなった国道493号の応急復旧。

続報です。

 

 

アスファルト舗装に見た目の異常がなく

そのせいで下の状態がわからなかった

その舗装を

まず叩き壊して

「こんなんだから通行止めなんですよー」

という状態にしました。

その上で

 

 

中に生コンを詰めた

大型土のうを据え付け。

うしろにまた生コンを流し込み

きのうのうちに

こんな状態まで仕上げました。

 

 

生コンがある程度に固まるのを待って

本日朝、めでたく通行再開。

とりあえず完成形ではなく

暫定復旧ですが、

大型車両もラクに通れるような

道路の幅は確保してます。

 

国道493号

爆弾低気圧が通過した27日以来

4日ぶりの全線開通。

皆さま

ご協力、どうもありがとうございました。

(みやうち)



 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

↑↑ 採用情報


コメント

国道493号通行止め継続中

2020年01月30日 | 国道493号道路維持委託業務
 
 
 
おととい(28日)
国道493号北川村安倉から四郎ケ野峠にかけて
十数箇所にわたって道路をふさいだ
土砂の取り除きは完了しましたが
黒ヶ谷橋で
道路の下が
空洞になっているのを発見。
 
 
 
 
 
したがって
まことに残念ですが
全面通行止めがつづいてます。
 
きのうは
応急復旧に用いる
生コンを詰めた大型土のうを作製。
今日はそれを据え付けます。
今日あすで応急処置を終わらせて
なんとか週末には
クルマがとおれるように
するつもりです。
 
それにしても・・・
 
 
 
 
この上を
土砂を取り除くために
重機(ホイルローダー)がとおったかと思うと
さすがに
ぞ~っとしますね。
(*_*)
 
では、
国道493号応急復旧の
続報はまたあした。
 
ということで
ご安全に!
 
(みやうち)
 
 
 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

↑↑ 採用情報

コメント

担い手

2020年01月29日 | 国道493号道路維持委託業務

 

 

 

♪とうちゃんのためならえーんやこーら

かあちゃんのためならえーんやこーら♪

 

爆弾低気圧通過の影響で

通行止めになった

国道493号を

応急復旧するため

奮闘努力の

若者たち。

わたしは

彼らをこそ

「担い手」

と呼びたい。

(みやうち)

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

↑↑ 採用情報

コメント

発達した低気圧の影響で国道493号が通行止めとなってます。

2020年01月28日 | 国道493号道路維持委託業務

 

 

きのうのモネの庭です。

発達した低気圧は

ちょっとした台風が

裸足で逃げ出すほどの

威力でした。

 

一夜明け

 

 

 

 

 

国道493号は

北川村北部の

あちらこちらで

通行することができなくなってます。

ただ今

弊社精鋭が

少しでも早く

通行が再開できるよう奮闘中です。

とりあえず

報告のみ。

 

(みやうち)

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

↑↑ 採用情報

コメント

超大型台風10号一過

2019年08月16日 | 国道493号道路維持委託業務

 

来ましたねえ

台風10号。

予想どおり、ほぼ最悪のルートで。

当社が道路維持管理業務を請け負ってる北川村中北部では

累加雨量が800ミリ近くを記録しましたが、

予想されたほどの大きな被害はなく、

なんとかやり過ごすことができたようでひと安心。

雨があがった今朝は、

被害を探るパトロール班と、

それにつづいて作業班が出動。

 

 

 

昼ごろには作業が完了しました。


 

皆さん、

お盆休みちゅうの出動、

ご苦労さんでした!!


(みやうち)

 

 

 

 採用情報

↑↑ 興味のあるかたはクリックしてください。

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

コメント

側溝のそうじ

2019年07月26日 | 国道493号道路維持委託業務

 

国道493号沿いにはいくつかの集落があります。

そのうちのひとつ、

北川村平鍋。

民家の前の側溝がつまって

雨が降ると水があふれる

との報を受け

維持管理班が出動。

(そんな専従チームはないのですが ^^;)

 

 

こりゃ狭いねー

さらに・・・

 

 

バックホウのバケットですくえないところは

人力作業でたまった土砂の取り除き。

 

先日、

奈半利町内の排水桝のそうじをした際、

作業状況を写してなかったので

わたしに

「作業状況写真もつけてくれたらブログネタとしてじゅうぶん使えるのに・・」

「こんなんも地域に根ざす建設業者の重要な役割のひとつやし・・・」

 と「やさしく」指導された

オカダっちー班長。

今回は、きちんと期待にこたえてくれました。


小さなことからコツコツと

「ふつうの暮らしを下ざさえする」のが

地域建設業の役割です。


(みやうち)

 

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

コメント

また出動

2019年07月17日 | 国道493号道路維持委託業務

朝、6時を少しまわったとき、

立てつづけに3回、

LINEの通知音が鳴りました。

2つの画像と

ひとつのコメントです。

 

 

国道に落ちてきた土砂撤去作業に

「今からとりかかる」との一報でした。

出動人員総勢5名

「撤去完了です」

という連絡が来たのはそれから約90分後、

「発生源を確認しましたが後続の土砂崩れの可能性は少ない模様」

という報告で

今朝の緊急出動が完了。

 

 

天気予報を見ると

まだまだ雨がつづくようです。

これぐらいで済んでくれるとよいのですが・・


(みやうち)



↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記


 

 

 

コメント

完了

2019年07月15日 | 国道493号道路維持委託業務

 

降りつづく雨による通行止めで

撤去作業を見合わせていた

国道493号北川村矢筈(やはず)の土砂崩れは、

金曜日(12日)に作業が完了し

通行できるようになりました。

 

 

 

とはいえ、

遅れてやってきた梅雨は

あがる気配を見せておらず

まだまだ予断を許しません。

きのうも、二股橋のすぐ下流に

こんな石が落ちてきました。

 

 

 

通行される方は

くれぐれも気をつけて。


(みやうち)

 

 

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

 

コメント

出動

2019年07月10日 | 国道493号道路維持委託業務

 

 

雨ですねえ。


なんてたそがれていたら、

LINEの通知音ががたてつづけに鳴りました。

国道493号北川村矢筈で土砂崩れ

の一報を受け

現地へ向かった先遣隊からの連絡です。


 



手短に作戦会議を済ませ、、、



いざ、

出動です。



(みやうち)

 


↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

コメント

かんたろー(シーボルトミミズ)

2019年07月04日 | 国道493号道路維持委託業務

 

県道安田東洋線の草刈り

2日目です。

雨が降ると

カンタローが路面に出没します。

 

 

いつも見慣れた光景です。

あれはなんなんでしょうか?

ときたま

大量発生することがあります。

路面を覆い尽くすといえば大げさですが

ホントにうじゃうじゃと発生することがあります。

ウナギ採りには絶好の餌です。

リっちゃんがアップしたきのうの現場報告には

こんなふうに書かれていました。


・・・・・・

道路によく出てくるかんたろう(シーボルトミミズ)

ヤフオクで1匹当り300円の値が付くそうです。

えー売れるの!

・・・・・・


えーほんまかいな!

それは初耳です。

~~ちなみに・・

シーボルトミミズっていう名前も初耳です~~

さっそく調べてみました。


ヤフオク!ー「シーボルトミミズ」


ホンマやー

買う人がいるんですねえ。

カンタローが売れるなんて・・

おもしろい世の中やなあ・・・


オジさんはしみじみと

そう思ったのでありました。

(みやうち)



※シーボルトミミズ(Wikipediaー「シーボルトミミズ」より)

・概要

シーボルトミミズは、西日本山林に生息するミミズで、体が大きく、青紫色の光沢を持つ。また地表にでてくることがよくあるため、人目を引くものである。名前はフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが持ち帰った標本によって記載されたことにちなむ。大きくて目立つため、各地で方言名も存在する。ウナギ釣りに使われることもある。

・名称について

和名および学名は江戸時代に来日して多くの資料を持ち帰ったフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトにちなむ。彼がこれをライデン博物館に持ち帰り、それを研究したHorstが彼に献名したものである。ただし正確な採集地は記載されていない[12]。これは日本産のミミズに初めて学名が与えられたものである[13]

山ミミズなどの異名も知られる。なお、目立つものであるためか各地に方言名が多く残っている。四国ではカンタロウと言われることがあちこちに記されている。和歌山県でもカンタロウと呼ばれる他、カブラタとの呼称も知られる[14]


 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

↓↓ こんなのもやってます。  

↑↑ 答えは現場にあり!技術屋日記

コメント