土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域のためにはたらき、ふつうの暮らしを支える人たち。(有)礒部組とその仲間たちのたのしくゆかいな面々。日々是土木。

おじさんキャラ

2022年01月21日 | 国道493号北川道路和田工区関連工事

 

国道493号北川道路和田工区

当社が受けもつ盛土区間は

大きな構造物はほぼ完了し

これからは

土を盛って高規格道路本線をつくる作業が主となります。

 

 

という現場の進み具合とはまったく関係ない

どうでもいい話をひとつ。

 

この「工事だより」に登場するスキンヘッドのおじさん。

いや、この現場だけではなく

当社が発行する現場広報紙のほぼ全部に

ちょこちょこと顔を出しているおじさん。

 

じつを言うとそのモデルは

なにを隠そうこのわたしなんです。

 

ん?

なにも隠してない?

 

たしかに。

よく「頭隠して尻隠さず」なんて申しますが

わたしはその反対で

さすがに尻は隠しますがアタマは隠さず

いつでもどこでもフルオープンです。

 

いやいやそんなことじゃなく・・

 

このおじさんキャラクターです。

できた最初のころは

「ええデキやんか。どしどし使ってや」

という本人の期待もむなしく

誰も使ってくれなかったんですが

近ごろでは

どこがどうしてそうなったのか

みんながどんどん使ってくれるようになり

そうなるとなったで

今度は

「こんなんしょっちゅう登場させてええんか?」

と逆に不安になるんですから

まったくもってワガママ気まま

気分屋のおやじは始末がわるいことこの上ありません。

 

ですけど

そんな個人的な思いを消し去って見てみると

老壮青のバランスとチームのちからをウリにしている

当社の個性がよく出ているのかな

なんて感じがしてきます。

 

ともあれコチラは

どう転がっても使ってもらう身。

用済みとなってポイ捨てされても

逆に重宝されても

どちらになっても文句が言えるもんではございません。

 

あ、いや

と言ったからといってなにも

「使え」

と圧力をかけてるわけではありませんよ。

 

けっしてそのようなこと・・

 

口がさけても

言えるわけないじゃないですか。

ねえ。

 

(宮内)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

えんじょう

2022年01月20日 | 国道493号北川道路柏木工区関連工事

 

 

国道493号北川道路

柏木1号橋A2橋台工事です。

 

山を抑えるグラウンドアンカーができあがり

ミニバックホウで掘り下げながら

土留め板を設置していってます。

 

 

 

 

よし

順調順調

 

 

と思いきや

 

 

 

 

 

岩です。

土木では岩(いわ)と呼ばずに

岩(がん)と呼びます。

岩盤の「がん」です。

 

いや

岩ではなく

石でしょうか。

土木ではふつうに石と呼ばずに

転石(てんせき)と呼びます。

 

ま、

どちらにしても

かんたんには掘れません。

 

 

そういえばこの部分

H型鋼を立て込む孔を掘っているとき

やけに硬くて苦戦したところです。

 

 

しゃあない

 

スペースの都合で

おおきな重機が入れませんので

ぼちぼちコチコチと壊すしかありません。

 

 

 

 

そんなこんながありますが

全体的にはすこぶる順調です。

 

 

そうそう

アンカー工事の最後に

ちゃんと締め付けられたかどうかを確認する試験を行いました。

 

重要な部分なので

発注者監督職員さんに確認をしてもらわなければなりませんが

近ごろでは

直接現場に来てもらわなくても

リモートで確認するというやり方があります。

 

 

 

業界用語で

遠隔臨場と言います。

遠隔から現場に臨むので

「えんかくりんじょう」です。

 

この翌日

社内朝会の現場報告で

担当の Kくんがその状況を説明しました。

 

「きのうは、”りんかくえんじょう”で・・・」

 

 

そんなとき

すぐに揚げ足をとるのは

いつも意地の悪いおじさんだと相場が決まってます。

 

「現場を炎上させたらいかんで」

 

すぐさまツッコまれ

かわいそうに Kくん、顔をあからめていました。

誰にでも言い間違いはあるのに・・・

 

若いもののちょっとした失敗を

すぐに笑いのネタにしてよろこぶ年寄りには困ったもんです。

(スイマセン反省してます)

 

 

それにしても・・

りんかくえんじょう

もとい

遠隔臨場

 

もちろん

時と場合を選ばなければならないでしょうが

上手に使えば

受注者にとっても発注者にとっても

おたがいがよくなる方法ですね。

 

いやあ

便利な時代になったもんです。

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

実習報告会&研究発表会

2022年01月19日 | 安芸桜ケ丘高校・礒部組連携授業

 

安芸桜ケ丘高校環境建設科

企業実習報告会及び課題研究会へ。

 

 

 

 

なかよく座る「かがやくひと」ふたり。

 

いや

ぐ、偶然です。

けっして意図的にメンバーを選んだわけではございません。

 

 

まずは

2年生のインターンシップ報告。

 

 

 

 

マンガを挿入したパワーポイントがおもしろくて

おもわず見入ってしまいました。

(おじさんにはマンガのネタ元が99パーセントわからなかったけど)

 

 

 

つづいて

3年生の課題研究発表。

連携授業で勉強したことの成果発表です。

 

 

 

 

 

 

 

発表の途中

 

 

 

 

 

 

画面がスケッチアップアプリに切り替わったと思えば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間にテトラポッドの完成。

 

同行した Tさんが驚くほどの手際のよさでした。

 

もろもろの説明が終わったあとの「まとめ」。

 

 

 

 

 

 

グッジョブ

やるじゃないか!

 

 

そして講評。

 

 

 

 

 

 

身内びいきで恐縮ですが

これも

 

 

これにて今年度の連携授業はおしまい。

なにもかにもが手探りで

いろいろと至らないことがたくさんありましたが

お互いに有意義な授業だったと思います。

どうもありがとうございました。

 

来年度は

さらにブラッシュアップして

よいものにしていきましょう。

 

先生がた

生徒のみなさん

どうかよろしくお願いいたします。

 

(宮内)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

工事の方法を伝える

2022年01月18日 | 琵琶ヶ谷川砂防工事

 

 

 

 

琵琶ヶ谷川砂防えん堤に溜まった土砂を取り除く工事です。

 

ん?

ちょっと長い?

そうですね。

次からは呼び方を変えましょう。

とりあえず今日のところはかんべんしていただくとして

 

琵琶ヶ谷川砂防えん堤に溜まった土砂を取り除く工事です。

 

 

工事は順調に進んでます。

今のところ予想を少し上回る早さです。

 

どんなふうに進めているか。

説明しなければ

と思っていたら・・

 

 

 

 

 

 

先を越されました。

これを読めば一目瞭然です。

 

琵琶ヶ谷川砂防えん堤に溜まった土砂を取り除く工事です。

工事は予想を少し上回る早さで順調に進んでます。

以上。

 

(宮内)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

矢筈橋の修繕工事、完成しました。

2022年01月17日 | 国道493号橋梁修繕工事

 

 

 

 

国道493号矢筈橋橋梁補修工事。

完成検査でした。

 

 

 

 

 

 

これからもまた

多くのクルマがとおるのを支えていきます。

 

 

 

 

橋のたもとのお地蔵さん。

 

お騒がせして申しわけありませんでした。

そして

短いあいだでしたが

見守ってくれてありがとうございました。

感謝の意味を込めて真言を唱えました。

 

おんかかかびさんまえいそわか

おんかかかびさんまえいそわか

おんかかかびさんまえいそわか

 

「おん」は、崇拝するとか帰依します

「かかか」は、笑い、そして地蔵菩薩をあらわすことば

「びさんまえい」は、めずらしいとか不思議、またはすばらしいという意味

「そわか」は成就しますように。

これが地蔵菩薩の真言です。

 

おんかかかびさんまえいそわか

おんかかかびさんまえいそわか

おんかかかびさんまえいそわか

 

関係してくれた皆さま、どうもありがとうございました。

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年もみなさんに喜んでいただけるような仕事ができるよう努力していきます。

2022年01月14日 | 国道493号北川道路柏木工区関連工事

 

 

 

 

国道493号北川道路

柏木1号橋A2橋台工事の

工事だより

「新年あけましておめでとう号」です。

わたしが注目したのは

冒頭のあいさつにつづくことば

 

今年もみなさんに喜んでいただけるような仕事ができるよう努力していきます。

 

さらっと書いてますが

公共建設工事にたずさわるものが

見落としがち

忘れがち

無くしがち

 

それでいて

見落としてはいけない

忘れてはいけない

無くしてはいけない

 

そんな心持ちだと思います。

 

まずは

顔の見えるひとに

喜んでもらう

そして

多くのひとに

喜んでもらう

 

そう心がけながら

がんばっていきましょう。

 

今日も

そして

あしたからも。

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初雪

2022年01月13日 | 森林管理道開設事業島日浦線工事

 

森林管理道島日浦線工事

今回発注された分もまた

やらせてもらうことになりました。

 

この林道開設工事がはじまってから四十ウン年(たぶん)

予定ではあと2年で事業が終わります。

 

わたしがかかわり初めてからでも約30年。

そのなかでも

真冬からのスタート

というのは

あまり記憶にありません。

 

 

 

 

雪の降らない高知県東部でも

標高700メートルを超えるここらあたりともなれば

たまーに降ることがあります。

 

北国のひとたちには信じられないでしょうが

わずかこれぐらいの積雪(っていっていんでしょうか?)でも

「犬はよろこび庭かけまわり」状態になってしまう高知県民が

多く存在します。

 

かくいうわたしもそのひとり。

といっても

これが子どものころなら

何のためらいもなくはしゃぎ回るんですが

さすがに齢も60半ばになるとそうも行かず

テンションあげあげのココロをぐっとおさえて

段階確認業務の手伝いをするのでした。

 

 

 

 

 

ということで

工事のはじめにする測量など

準備工関係はすべて完了。

来週からは現場作業をはじめます。

 

森林管理道島日浦線工事

四十ウン年目(たぶん)のスタートです。

 

(宮内)

 

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

林道とは ~トシ子さんの疑問に答える(その13)

2022年01月12日 | トシ子さんの疑問に答える

 

とんとん

(と、いつものように口でノックして入ってくるトシ子さん)

おはようございまーす!

 

ハイおはよう。

 

あのー

 

ん?

 

なんか忘れてません。

 

なに?

誕生日プレゼント?

 

そういやぁ年末のワシの誕生日に

きみ、プレゼントくれんかったやんか。

 

そうじゃなくてー(苦笑)

ワタシの質問。

 

あぁね。

いっぱい溜まっちゅうきんね。

いったいどれよ?

 

り・ん・ど・う

 

ハイハイ

林道とはどんなもの?

やったね。

たしかに

年越しの宿題や。

じゃあ答えようか。

 

ハイ

おねがいします!

 

まず

林道が道路法にもとづく道路じゃないっていうことは

この前に説明したよね。

 

ハイ

じゃあ交通違反とかしてもかまわないんですか?

 

いやいやそれは道路交通法。

道路交通法は適用されるので、そこはふつうに守らないかん。

ちなみに道路交通法による道路の規定はこんなんやね。

「道路法第2条に規定する道路、道路運送法第2条9項に帰営する自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所」

林道は、

さっきも言ったように

「道路法上の道路」じゃない。

また

「道路運送法による道路」にも当てはまらない。

けど

「一般交通の用に供されるその他の場所」

に該当する。

なので

道路交通法の適用対象となる。

ちゅうわけやね。

 

なんか

今日はむずかしそうですね。

 

うん

最初は堅苦しくなるかもしれんけど

ちょっとだけガマンして聞いてや。

そもそも

今の時代の林道を具体的に定義することはなかなかむずかしい。

なんでかいうたら

従来の林道っていうがは林産物の搬出がその主な役割やったけど

その役割が時代とともに変化して多様化してきた。

ざっと挙げても

森林の総合利用の推進

山村の生活環境の整備

地域産業の振興

とまぁ、いろいろあるわけよ。

そういえば

高知県林業振興・環境部治山林道課のサイトにはこんなふうな説明があるね。

 

林道は、山の手入れを促進し、豊かな森林をつくります。
林道は、山村の日常生活と産業の動脈です。
林道は、森林の魅力を身近なものにします。
  森林は、災害から暮らしを守る、水を蓄える、レクリエーションの場を提供する…など、わたしたちの暮らしに欠かせない多くの重要な働きをしています。
  その働きの一つが木材の供給です。森林は、植付け、間伐などの手入れや伐採を計画的に行うことによって、繰り返し利用することができる資源です。
 林道はこの大切な森林を守り、育てるためになくてはならないものです。
 林道を整備することにより、適切な森林内の作業が可能となり、豊かな森林が育成されます。

(『林道のはなし』高知県林業振興・環境部治山林道課)

 

 

わかりやすい説明やね。

あと

ひとくちに林道って言うてもいろいろ種類があってね

 

大規模林道

スーパー林道

森林基幹道

森林管理道

 

今、ウチで仕事させてもらってる島日浦線はこの森林管理道やね。

森林基幹道を補完する林道。

 

他にも

森林施業道とか作業道とか。

こんなイメージやね。

 

 

 

(『林道とは?』美の国あきたネット、より)

 

 

また

その対象が国有林か民有林かで

国有林道と民有林道

っちゅう分け方もできるし

そのなかでも

1級林道とか

2級林道とか

3級林道とか

いろいろ細かい規定がたくさんある。

けど

今日はぜんぶ省略して

 

え?

省略するんですか?

でもその方がいいです。

 

よっしゃ。

じゃあこれから結論を言うね。

ことわっとくけど

ワシの独断と偏見にもとづいた持論やからね。

 

 

しからば問う

トシ子さんよ。

 

結論じゃなく質問じゃないですか(笑)

それに

なんですか?

あらたまって。

 

昔、松竹梅のコマーシャルに石原裕次郎と宇野重吉が出ちょってね。

 

松竹梅って日本酒でしょ?

見たことあります。

でもあれって

石原裕次郎の相手は渡哲也じゃなかったですか?

 

いやいや

もともとは宇野重吉。

寺尾聰のお父さんやね。

 

ふ~ん。

 

なんや気のない返事やなあ。

まあええわ。

それはまったく関係なし。

知らんでもえい。

 

じゃあやり直しね。

 

しからば問うトシ子さん。

道路とは?

 

えー

クルマがとおるところ

ですか?

いや

人がとおる道路もあるなぁ。

なんだろう?

道路とは???

そう言われるとむずかしい。

 

いや

それでマチガイじゃないよね。

人であれ自転車であれクルマであれ

一般公衆の通行のためにある施設が道路やね。

でもワシがそう質問されたらこう答えるね。

質問してみて。

 

しからば問う、おっさんよ。

道路とは?

 

お、おっさんてオマエ。

くちわるいなー。

まぁええか。

道路とは・・・

 

つなぐものよ。

 

あーそうか。

ナルホド「つなぐ」ですか。

イメージわきますね。

 

きのうのこのブログにも書いたけどね。

道路とは

街と街をつなぎ

人と人とをつなぎ

過去と未来をつなぐ。

そういうものやとワシは思うわけ。

じゃあその流れからいくと林道は・・・?

もいっかい行くよ。

 

しからば問う、トシ子さんよ。

林道とは?

 

う・・

うぅぅ・・・

うぅぅぅ・・・・

 

 

 

 

森と人とをつなぐもの?

 

 

おおお

すばらしい!!

そう

森と人とをつなぐ道

これが林道やとワシは思う。

 

そしたらこんなんどうですか?

林道とは

森と人と地域をつなぐ道

 

おぉぉ!

それよそれ!

そうなったらサイコーやね!!

今日は冴えちゅうやんか!!!

 

まあね。

ワタシはいつも冴えてますから(笑)

 

よっしゃ。

その調子でこれからも頼むわ。

 

まかしちょき!

 

調子にのりすぎや(笑)

 

************

 

 

ということで今日のお題「林道とは?」は

わたしの独断と偏見にもとづき

森と人とをつなぐ道

という結論になりました。

 

終わったと思ったら

さっそく

次の質問がまちかまえてました。

そのお題は・・

 

「ロショーとロタイってなに?」

 

では乞うご期待。

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

橋がかかって道がつながるよ

2022年01月11日 | 国道493号北川道路柏木工区関連工事

 

 

 

あたらしいオリジナル看板ができたので

さっそく現場に掲示しました。

 

 

じゃあ~~~ん

 

 

 

 

 

「道がつながる」

 

個人的に大好きなフレーズです。

「道がつながる」

といえば

ゲオルク・ジンメルは、こんなふうに書いています。

******

道づくりはいわば人間固有の作業のひとつである。

動物もたえず、そしてしばしば驚くべきたくみさと至難のわざとをもって、距離を克服している。しかしこの距離の始点と終点とはついに結合されることがない。動物は道の奇跡、すなわち、運動を凝結させてその開始と終結とをふたつながらに含む固定像をかたちづくる、という奇跡を生みださない。

橋をかける行為にいたってあの人間特有の作業はその頂点に達する。

(『ジンメル著作集12(全12巻)』酒田健一、熊沢義宣、杉野正、居安正 白水社)

******

 

「つなぐ」

土木という仕事の本質がそこにある。

わたしはそう考えています。

 

道と道をつなげましょう。

街と街をつなげましょう。

人と人をつなげましょう。

過去と未来をつなげましょう。

 

「命の道」づくりにたずさわることができる誇りを胸に

今日も

あしたも。

 

(宮内)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

発表会

2022年01月10日 | 安芸桜ケ丘高校・礒部組連携授業

 

先週末、高知市内にあるオーテピア高知図書館で開かれた高等学校産業教育研究発表会へ。

お目当ては・・

 

 

 

 

 

安芸桜ケ丘高校環境建設課土木専攻3年生による発表。

 

 

 

 

 

 

そう

昨年半年をかけて行った当社との連携授業の成果の研究発表でした。

県内高校の実業系学科から選りすぐりの14チームが、

それぞれの体験を発表したなかで

ICT施工を中心とした彼らのそれは独自のカラー満載で

なかなか見応えがありました。

 

連携授業の成果発表は

今月18日にもよおされる校内での発表会がもうひとつ。

もちろん

そちらの方も参加させてもらいます。

 

さらにブラッシュアップしたものを

期待してますよ (´ε` )

 

(宮内)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伝達

2022年01月07日 | 国道493号北川道路和田工区関連工事

 

 

北川道路和田工区

ブロック積み擁壁をつくる作業もいよいよ大詰め。

川原へと降りていく坂路部分を

アントラーブロックを積み上げてつくってます。

 

設計書で指定されているのは

間知ブロックなのですが

(例えばこんなの)

↓↓

(画像はhttps://studio3go.stores.jp/より)

 

 

据え付けがかんたんで作業が早い

アントラーブロック

(平米ブロック(=1個が1平方メートルのブロック)の一種)

の使用を発注者に申請し

承諾を受けたうえで施工しています。

 

このブロック

その使う位置によっていくつかの種類があります。

 

 

まず基本型

 

縦半分型

 

横半分型

 

4分の1型

 

 

施工をする前に

どこにどのブロックを使うかを割り付けした図面をつくり

それにもとづいて据え付けていきます。

 

 

据え付け風景に戻りましょう。

 

 

 

 

 

それらのブロックの基礎部分を据え付けているところですね。

 

大ベテランの職長さんが

今度はどれを使うか

手元(=建設業で補助作業をする人を指す)のおにいさんに指示してます。

 

「次はこの横半の半分上がりで

半基礎の横半で

2個の半分耳がないヤツやぞーーーー!」

 

 

そしたら案の定

ちがうブロックを選ぼうとしたので

すかさず現場監督が修正してました。

 

監督さんに聞くと

「そういう言葉で指示されたときはいつもまちがうのでボクが常に気をつけてます」

とのこと。

 

 

思わず、

さっきの指示をアタマのなかで反芻してみます。

 

横半の半分上がり

半基礎の横半

2個の半分耳がないヤツ

 

う~ん

オレなら・・

 

やっぱムリかな。

 

そう独りごち

それでもよどみなく

流れるように進んでいく作業を

口をあけてながめているおじさんなのでした。

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

畦畔(けいはん) ~ トシ子さんの疑問に答える(その12)

2022年01月06日 | トシ子さんの疑問に答える

 

おはようございます!

さっそくですけどコレ。

 

なになに?

メモを手渡し?

そんなやり方に変えたが??

 

はい

いつも忙しそうですから。

時間をとらせたらわるいんで。

 

いや

それはコッチで調整するんで別に気ぃつかわんでかまんで。

ま、せっかくやき、どれ。

・・

渡された付箋紙に書かれていたのは

「畦畔復旧工 あぜあぜと書いてなぜけいはん?」

・・

コレが「あぜ」ってよく読めたねえ。

 

だって

人に訊く前に自分で調べろ

ってこのあいだ言われたから。

 

そうそう

ええ心がけやね。

まずは自分で調べる。

ほんで

わからんことを人に訊く。

そうせんと

「なんで?なんで?」

って連発するちいさい子どもと変わらん。

ありゃとりあえず

「なんで?」

って言いゆうだけで

ホントに理解しようとしちゅうわけじゃないきね。

 

はい

それで調べたら

畦畔が「けいはん」と読むのはわかったけど

意味を調べたら

畦畔の畦も「あぜ」で

畦畔の畔も「あぜ」で

ふたつそろった畦畔も「あぜ」で

「どういうこと?」

って感じなんです。

 

よしよし。

そこまで行ったら上出来。

 

そりゃそうと・・

じつはこの農業土木の分野

ウチの会社じゃ

ワシがエキスパートながよ。

 

へー

そうなんですね。

でも

いつもそんなふうに言って自慢してません。

 

いやいや

いっつも謙虚よ。

そんな自慢はめったにせん。

駆け出しのころね

町内の田んぼや畑や水路をはいずり回って仕事しよった。

農業土木っていやあ体裁がえいけどね。

こんまい(※ちいさい)田んぼやミゾゴ(※水路)を

つくったり修繕したり

そんな仕事しかさせてもらえんかった。

 

あれから三十年!!

 

また昔話ですか?

 

ゴホ

はいはい

もうやりません。

話をもどしましょ。

 

はい

「あぜあぜ」と書いて「けいはん」ですね。

 

けんどアンタ

こりゃ土木の問題じゃのうて国語

漢字の問題ぜ。

よーく思い起こしてみ

おんなじ意味の漢字が重なってできた熟語

けっこうあるぜ。

 

そうですか?

パッと思い浮かびませんけど。

 

そしたら宿題にしよう。

明日までに

おなじ意味を重ねた熟語を

20字以上調べてきなさい。

 

えーーー

 

(ということで翌日)

 

調べてきましたよ。

(といってわたされた紙切れには次の文字が・・)

・・

優秀、早速、空虚、戦争、競争、平和、平等、会合、応答、多大、削除、土地、画像、頻繁、基礎、遅延、親近、造作、通行、広大、縮小、拡大

・・

 

ほうほう

よくできました。

そしたら解説しましょ。

 

熟語の構成にはいくつかのパターンがあるね。

まずは

アンタが調べてきたように

 

1.同じような意味の漢字を重ねた熟語

例をあげると

・身体=身と体

・清潔=清いと潔い

・採取=採ると取る

・選択=選ぶと択ぶ

こんな感じかな。

 

土木の仕事で使う言葉だと・・・

河川

汚濁

岩石

境界

除去

破砕

携帯

こんなんがあるね。

 

次に

2.反対とか対応の意味を表す字を重ねた熟語

例をあげると

・左右=左と右

・新旧=新しいと旧い

・得失=得ると失う

・送迎=送ると迎える

 

またまた土木で使う言葉を行ってみよう。

乾湿

高低

昇降

伸縮

深浅

 

深浅(しんせん)って

土木用語なんですか?

 

うん

測量用語やね。

深浅測量っていうて

水の上で船に乗って

海や川や湖の地形をはかる測量のこと。

測量のことはまた日をあらためよう。

 

3つめは、上の字が下の字を説明している熟語

例えば

・洋画=西「洋」の絵「画」

・強敵=強い敵

・美脚=美しい脚

 

土木で使うものでは

平面

明示

強風

曲線

直線

激突

実施

冷水

温水

こんなところがあるね。

 

それはわかりやすいですね。

熟語らしい。

 

そうやね。

はい次いくよ。

 

4.下の字が上の字の目的語や補語になっているもの

例をあげると

・着火=火を着ける

・保温=温度を保つ

・徹夜=夜を徹する

・禁煙=喫煙を禁ずる

 

はい、おなじように仕事の言葉をいきましょう。

延期

架橋

撮影

遮光

潜水

耐震

保温

免震

このパターンの熟語はひっくり返して読むと意味が通じるね。

 

5つめは、上の字が下の字の意味を打ち消しているもの。

未納

不在

無税

非常

こんなんがあげられるね。

つまり、

無○○

否○○

非〇〇

不〇〇

未〇〇

みたいに

無とか否とか不とかを上につけると、下の字の否定になるっちゅうわけやね。

 

あぁ

これはかんたんな理屈ですね。

無理、不幸、未成年、、、

いくつでもでてきそう。

 

うん、じゃあ最後。

 

6.上の字が主語で下の字が述語の関係になっているもの

県営

国営

市営

町営

村営

民営

 

えーずるい

「営む」の上の文字を変えただけじゃないですかーー

 

ああ

ちょっとつかれたわ。

 

ではここらでソーカツ。

こんなふうに

熟語の成り立ちから専門用語の意味がなんとなくわかるっていうこともある。

だから漢字をおろそかにしたらいかんのやけど

得てしてこの業界には

漢字や文章が苦手な人が多い。

いくら理系だからといって

そもそもの基本は国語やきね。

国語をきちんと身につける前に

グローバル人材がどうたらこうたら言うて

英語やらなんやらを勉強せないかんという考えは

そりゃおかしいとワシャ思うわけよ。

 

小学校の英語教育必修化反対!!!

 

なんですかそれ(笑)

 

いやマジ。

ワシの持論。

やけど今は関係ないね。

 

ということで

今日は思いがけず熟語の勉強になったけど

なかなかおもしろかったぜよ。

また頼むわ。

 

はい。

私もおもしろかったです。

またお願いします!

 

 

・・・・・・・・・・

 

ということで

「トシ子さんの疑問に答える」シリーズ2022新春第一弾は

まさかまさかの「熟語の勉強」。

参考サイトは以下のとおりでした。

漢字のねっこ

教えて!しごとの先生

 

そうそう肝心なことを忘れてました。

畦畔(けいはん)とは。

わかりやすく解説してくれてたサイトがあったんでコピペしますね。

******

(『[鳥取県農林水産部]→[とっとりの農業]→[農地・水保全課]→[専門用語Q&A]』より)

Q.「畦畔(けいはん)とは?」

A.田んぼに注いだ水が外にもれないように田んぼのまわりを囲うようにつくった盛り土部分のことで、田んぼの見回りなどで歩く道としても使われています。
畦畔に雑草が生えると、田んぼでつくる稲にとって有害な虫や病気が発生しやすくなるので草刈り作業が欠かせないのですが、農作業をする人にとって大きな負担となっています。

******

 

ということ。

つまりなんのことはない。

 

「あぜ」

 

ですね(笑)。

では。

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仕事はじめ

2022年01月05日 | その他

 

 

年のはじめは毎年恒例

地元奈半利町にある多気坂本神社での

(千年以上もつづく由緒あるお宮です)

安全祈願祭から。

 

 

 

 

神社幕には

奉納した弊社Bossの姓名がしっかりと記されてます。

 

 

さっそく

喪中で参加できない人をのぞき

ほぼ全社員そろっての安全祈願祭開始。

 

わたくし役目上

お祀りの最中に立って歩くわけにはいかず

「トシ子さん」に撮影を頼んでましたが

 

畏れおおくて撮れなかったらしいんです。

 

唯一撮ったのがこれ。

 

 

 

 

 

 

 

むむ・・(-_-)

 

なんだ? (*_*)

 

肝心のチャームポイントである

うしろアタマが写ってないではありませんか!(-_-;)

 

う~~~ん

ざんねん (´・ω・`)

 

でも

仕事はじめだからゆるしてあげることにしましょう。

 

それになにより

神さまを敬うその気持ち

とってもたいせつですもんね (^O^)

 

 

ということで皆さん

本年もどうかよろしく。

 

ご安全に!

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

戦士の休息

2021年12月28日 | その他

 

(有)礒部組は

本日12月28日をもちまして

2021年の仕事納め。

 

 

 

 

 

 

戦士たちにも

休息を与えましょう。

 

 

ああ まぶたを開くな

ああ 美しい女よ

(『戦士の休息』薬師丸ひろ子)

 

といっても

明けて1月5日からは

またバリバリと仕事をしてもらわなくてはなりません。

 

しばしの休息であります。

 

皆さまも

良いお年を。

では。

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

礒部組は未経験者の中途入社を歓迎します。 ~ トシ子さんの疑問に答える(その11)番外編

2021年12月27日 | トシ子さんの疑問に答える

 

トシ子さんよ~

 

は~い

なんですか?

 

ワシ

ちょっと悩みがあるがやけんど。

 

あら

そんなこと言うなんてめずらしい。

 

アホ

ワシかて悩みぐらいあるわい。

 

ハイハイ

 

ハイは1回

 

ハイハイ

 

おちょくっとんか(笑)

 

ハイハイ(笑)

 

もうええわ。

(といって部屋を出ようとする)

 

ちょっと待ってください。

終わったらダメですよ。

 

いや

「もうええわ」

って言うたら舞台から下がらないかんやろ。

 

マンザイか!

 

あのね。

悩みっちゅうのはね。

ワシ64歳やんか。

 

はいな。

 

ここで使う口調も年寄りっぽくね

「ナントカナントカじゃあ」

とかいう感じにした方がえいかなぁ

どうしようかなぁ

って悩みゆうがよ。

 

なんですかそれしょうもない。

真剣にきいて損した。

 

いやいやマジメやき。真剣。

 

そんなんどっちでもいいですから。

じゃあ仕事に戻りますね。

(といって部屋を出ようとする)

 

あ、そうや、

この前のつづきやる?

次は林道とはなんぞや。

 

いいんですか?

そしたらおねがいします。

 

よっしゃ。

ワシがこの会社に入ったときね。

つまり、はじめて土木の仕事をしたときよ。

それが林道工事の現場でね。

一日作業員の仕事をして

な~んもわけわからんで

何をしたらえいか、だ~れもほとんど指示もしてくれんし

ぐったり疲れはててクルマの助手席に乗って山から降りるときね

運転をしてたAさんが声をかけてくれたが。

 

なんて?

 

「あしたも来いよ」

 

・・・・・

 

たぶん、なんか場違いなヤツやったし、

「コイツはつづかんのじゃないか」と思うたがやないろかねえ。

なんかその言葉が胸に染みてね。

思わず泣きそうになった。

という思い出があってね。

だから、なんか林道っていうのには思い入れがあるわけよ。

 

Aさんって

あのAさんですか?

 

そうそう。

この話をすると本人は嫌がるけどね。

なんちゅうか

忘れられんのよねえ。

 

それってどれぐらい前のことですか?

 

31年前。

じつはワシ、この世界に入ったのが遅くてね。

そのとき33歳で妻ひとり子どもふたり。

それまで県外で別の業界の仕事をしてて

いろいろさまざま紆余曲折あって

実家に身を寄せて。

 

身を寄せてって

自分の実家でしょう?

 

実家っていえばそうやけど

そこは生まれただけでね

ワシャ暮らしたことはないがよ。

親父が退職してそこに家を建てて

ワシら家族は古い方の家におったおばあさんといっしょに暮らしはじめたわけ。

さあ仕事を見つけないかんな

というところにちょうど今の社長から声がかかって

 

スカウトされた?

 

そう。

っていうか

実質は拾ってもろうたがやけんどね。

そんなシチュエーションで

さっきの話が出社初日よ。

 

きますね。

 

来るやろ?

 

きます。

それを考えると、余計にきます。

あれ?

 

泣いてるんじゃないですか?

 

バカ

泣いてなんかないやい!

 

(爆)

 

ところがその前

じつを言うと

最初は社長からの勧誘をことわってたんやね。

 

えーーー

なんですかそれ。

 

ドカタか・・・

オレには向いてない

と思ってね。

 

そうですか?

むちゃくちゃ向いてるように見えますけど。

 

そうよ。

それよ。

おかげで今では一流のプロフェッショナルドカタやもん。

 

自分で「一流」って言いますか(笑)

 

言う。

ワシは言う。

ま、なんにしても「おかげ」やね。

感謝してます。

 

あらあら

とんだ寄り道をしてしもうた。

時間がなくなったキ、また次にしようか?

 

そうですね。

次の機会にしましょう。

 

最後にひとこと。

 

礒部組は土木の仕事を経験したことがない人もどしどし採用しております。

 

ぼく経験ないし

とか

わたし未経験だから

とか・・

そんなの関係ねえこともないんですが

たしかに経験は大きなアドバンテージですけど

それは入った当初だけ

あとは

それぞれのヤル気と努力でどうとでもなります。

それに

 

土木の仕事は総合力

それまでの他業種での経験がまったく役に立たないかといえば

そんなことはありません。

むしろ

大いに役立つことだってよくあります。

 

かつて

あるラジオで中島みゆきはこう言いました。

******

どういうところを通ってきたかっていうことよりもね、

そこで何をアンタが吸収してきたかっていうことだと思うわけよね。

理想論かもしれないけど。

******

まさに。

みゆき姉さんのおっしゃるとおり。

 

ということで

未経験者

大歓迎です。

 

え?

それって誰に言ったんですか?

 

お、スマンスマン。

ついつい熱うなってしもうた。

じゃあまた次ね。

 

 

-----------

 

ということで

今回の『トシ子さんの疑問に答える』は番外編。

「おじさん、ついつい過去を白状してしまう。」の巻でした。

お次はまたの機会に。

では。

 

(宮内)

 

 

 

↑↑ 採用情報

 

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする