土木のしごと - (有)礒部組現場情報

地域に貢献し地域と共に生きる。
高知県は奈半利町の(有)礒部組が「土木のしごと」の泣き笑いをお届けしています。

ロッククライミングマシーン、 国道493号北川村安倉で奮闘中。

2018年08月30日 | 国道493号緊急応急工事

 

 

こうやって見ると、ずいぶん降りてきたように見えますが、

いやいやじっさいに、ずいぶん降りてきたんですが、

まだまだ道路までは軽く50メートルを超えたところにいます。

一日で何十メートルも進むこともあれば、

ひとつの岩を相手に何日もかかることもある。

進むたびに毎日毎日あらたな危険、あらたな難題に直面し、あらたな課題が生まれる。

そんななか、

ロッククライミングマシーン、

国道493号北川村安倉で奮闘中。

やると決めたらやらねばならぬ、それが男の・・・・

(いやいや男も女も)


ともあれ、

ご安全に!


(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント

国道493号緊急応急工事「工事だより」第3号

2018年08月29日 | 国道493号緊急応急工事

 

北川村安倉の国道493号緊急応急工事、

「工事だより第3号」です。

 

(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

 

コメント

山に無情の雨が降る

2018年08月24日 | 国道493号緊急応急工事

 

台風20号通過の今朝、

崩壊地てっぺんからの風景です。

 

さあ仕事再開、

と意気込んだのですが、

すぐに

雨が降り出しました。

 

 

無情の雨です。

 

雨足は次第に強くなり、

作業をつづけるにはあまりにも危険な状況に。

やむなく中断しました。

 

しゃあない。

天気とケンカをしても勝てません。

気を入れ直して、

明日からまたがんばりましょう!

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント

パッチング工法

2018年08月22日 | その他


きのう、山の上で石を割っていたダイキくん。

↓↓

北川村安倉、ひきつづき岩を割ってます。


デニムの作業ズボンがお気に入りのようで・・・

ふと見ると、

穴が開いたのでしょうか。ミッキーのアップリケで補修しておりました。

ええやんか、

と褒めるオジさんなのですが、

それにしても・・・

いいのか?

これアップリケという呼び名で、という疑念がアタマをよぎります。

ワッペン?

アップリケ?

それとも・・・

調べてみました。

 

アップリケとワッペン(Yahoo知恵袋より)

たとえば
犬なら
アップリケは
胴を付けて顔を付けて、耳を付けてとなりますが
ワッペンは
犬が出来上がっていて
周りを縫い付けるか、貼り付けます

 

ふむふむナルホド、

してみるとダイキくんのそれはワッペンか。

と、そこへ、

「パッチでしょう」

と言う意見あり。

 

ん?パッチ?

 

暗い青春時代を大阪で過ごした(暗いは余計ですケド、ホントにくらかった)わたしには、パッチといえばモモヒキしか思い浮かびません。

また調べてみました。

 

パッチ(Google検索より)

足首まである長いももひき。

 

ちゃうちゃう、と定番のツッコミを入れたあと、

ではコッチ。

 

パッチ(ASCII.jpデジタル用語辞典の解説より)

つぎはぎの当て布の意味。

古いファイルを更新するための差分ファイル修正プログラムのこと。

プログラムがバージョンアップするたびに、プログラム全体を配布するのは無駄が大きい。

そこで、変更のあった部分だけを抜き出し、パッチとして配布することで、古いファイルを最新の状態に更新できる。

プログラムのバグを修正するために、実行形式のファイルを直接書き換えることを「パッチを当てる」という。


すると、わたしの脳裏にひらめいた言葉ひとつ。

パッチングです。

そういえば、舗装屋さんが使うパッチングという用語。

あれもここからきてるのか・・・

またまた調べます。

 

パッチング工法(『施工の神様』より)

パッチング工法とは、道路の路面上に発生したポットホールやひび割れを、アスファルト混合物などで穴埋めしたり、小面積に上積みしたりする補修工法。

破損部分の舗装材料を撤去し、セメント系か樹脂系の材料を用いて補修する。

パッチング工法はごく少人数による作業が可能で、所要時間も短くて済むため、コストや時間をかけることなく施工できる。


こんなイメージですね。

東北ニチレキ工事株式会社ホームページより)

 

 

 

ということで、

ダイキくんのデニムの作業ズボンに付けたこれ。

 


パッチに決定。

ミッキーのパッチです。

作業ズボンの穴を、ミッキーのワッペンを使ったパッチング工法で補修したダイキくんです。

 

と、最後は土木屋らしくまとまったところで、

(強引か?)

 

本日も、ご安全に!

 

(みやうち)

 

 


 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。


 

コメント

北川村安倉、ひきつづき岩を割ってます。

2018年08月21日 | 国道493号緊急応急工事

国道493号北川村安倉、

断続的に強く降る雨のなか、

ロッククライミングマシーンによる機械掘削作業は中止しました。

 

「明日には終わるでしょう」

とタカをくくっていた大転石の破砕ですが、

半分以下になってから先が進みません。

いつまでも同じことをやってても埒があかないので、

作戦変更。

弊社直営部隊を投入して

人力(セリ矢)で破砕する方法に切り替えました。

 

 

 

地上約120メートルにある石の上で奮闘する22歳のダイキくん。

かっこいいじゃないですか。

 

掛け値なしにオジさんはそう思うのです。

 

(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント

あらたな崩落、そしてまた・・・

2018年08月20日 | 国道493号緊急応急工事

そうそう、報告するのを忘れてました。

北川村安倉の国道山手崩壊現場、

14日から15日にかけての雨で

またあらたな箇所が崩れました。

 

 

向かって左下の部分です。

ドローンで接近してみました。

 

 

最初の大崩壊後の写真と比べると一目瞭然。

 


 

 

だんだんハゲ山のようになってきています。

遠目で見ると、それほどでもないか、なんて気もしたのですが、

被災箇所へ登って踏査してみると、

 

 

けっこうドサッと落ちてます。

折しも、日本の東南海上には2つの台風があり、

虎視眈々と列島を狙って北北西へと進んでおります。

 

気象庁[台風情報]より

 

その影響で今朝の週間天気予報は、

 

 

雨、雨、雨のオンパレード。

 

またどこか落ちるんじゃないだろうか?

一週間ずっと仕事にならないんじゃないだろうか?

 

いやいや、天気とケンカをしても勝てません。

今やれることを精一杯やるだけ。

 

泣きたい気持ちをぐっとこらえて、

さあ、今日もはりきっていきましょう!

 

(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント

北川村安倉、慎重に岩を砕いて落としています。

2018年08月19日 | 国道493号緊急応急工事

国道493号北川村安倉の応急復旧工事です。

 

 

工程を左右するポイントのひとつ、

斜面向かって右の大転石。

 

 

順調に破砕処理が進んでいたんですが・・・

やっと半分ぐらいになったかな?

というところで、

その上の斜面が抜け落ちました。

 

画像の左側

 

画像の右側(ロッククライミングマシーンの下)

 

ざらざらざらざら流れるように落ちてきたところから想像すると、

割っていた大きな転石(岩盤)でせき止められていた

いにしえの崩壊土砂だったんでしょうか。

土留めとなっていた岩がなくなってきたので、

支えがなくなって崩れ落ちたんでしょう。

幸い、

前兆に気づいて対処したので、

大過なく、

今日も大転石の処理がつづいてます。

 

 

どんな二次被害を引き起こすかわからないので、

大きな塊では落とせません。


ということで、

少々時間はかかっても慎重に破砕中。

ずいぶん小さくはなったけど、

まだ完了はしてません。


あしたには

始末できるかな?

うん、

終わるやろ。

と、自問自答しながら山を降りるオジさんなのでした。


(みやうち)




 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。


コメント

ロッククライミングマシーン作業風景を動画でどうぞ。

2018年08月10日 | 国道493号緊急応急工事

北川村安倉の国道493号応急復旧工事現場、

本日は動画でどうぞ。

 

ロッククライミングマシーン(2018年8月国道493号北川村安倉)

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント

熱中対策水

2018年08月07日 | その他

「暑い」「暑い」と百万遍唱えても涼しくはならない。むしろ、「暑い」という言葉を唱えることで身体にダメージが蓄積されるのだ。だから「暑い」などとは口走るな。

というのがわたしの考えですが、

 

それにしても暑い。

そんななかで毎日がんばるみんなの一助となればと、

毎朝全員に配られているのがコレ。

 

 

 

『熱中対策水』

あの、『赤穂の天塩』の赤穂化成が販売する熱中症対策飲料です。

 

赤穂化成 熱中対策水 日向夏味 500ml×24本
 
赤穂化成

 

赤穂化成 熱中対策水レモン味 500ml×24個

 
赤穂化成

 

みんなの間で好評なのは、

この『熱中対策水』をカチンコチンに凍らせたもの。

これをタオルかなにかに包んで携行しておくと、

少しずつ少しずつ溶けていくので、

冷たいのを口にすることができ、

ちょっとでも身体を冷やす効果も期待できます。

 

心なしか朝晩の空気感に変化があらわれてきたような気がするこのごろですが、

まだまだ暑い。

日中の暑さはまだまだこれからもつづきます。

ということで、

『熱中対策水』で

ふぁいと、いっぱーつ!

(て、こりゃ別の飲み物でしたネ)

 

がんばっていきましょう!

 

(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

 

 

コメント

ロッククライミングマシーン登攀の準備作業中

2018年08月05日 | 国道493号緊急応急工事

 

国道493号北川村安倉の応急復旧工事、

いよいよロッククライミングマシーンの登場です。

が、肝心の機械はまだ道路で待機。

一見しただけでは、何も作業をしてないような現場ですが・・・

 

山の上では、何人かが機械を上げる準備作業に

汗だくでいそしんでます。

 

 

 

 

高知県人1名

徳島県人1名

広島県人1名

長崎県人1名

ベトナム人2名

の多国籍部隊。


厳しい条件ですが、

和気あいあいと作業をしていて

士気は高いようです。


明日からはロッククライミングマシーンの登攀。

といっても、すーっと上がって行けるような斜面ではないので、

登攀だけで2~3日はかかりそうです。

では、

登攀状況はまた日をあらためて。


(みやうち)




 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

 

 

  

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。


コメント

いってらっしゃい、気をつけて。

2018年08月04日 | 国道493号緊急応急工事

 

 

本日8月4日、会社は休みなのですが、

朝からあわただしく出かける準備をしているのは、

国道493号安倉応急復旧工事のメンバーです。

(といっても休日は交替制の出勤ですが)

現場は、

 

 

 

 

伐った木を下まで降ろし

枝払いと玉切りをしております。

 

ロッククライミングマシーンも現場入りし、

ただいま崩壊地トップまで登攀する準備中。

 

そういうわたしはひとり留守番、

いってらっしゃい、気をつけて。

 

 

 

 

 

あしたもやります。

 

(みやうち)

 

 

 

 

 地域に貢献し 地域と共に生きる 

 「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

 災害復旧工事から「モネの庭」まで

 幅広い分野の土木工事を施工しています

 

  

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで住民のために工事を行う

 (有)礒部組は「三方良しの公共事業」を推進しています。

コメント

「いごっそラーメン」横の道路防災工事が完成しました。

2018年08月01日 | 県道西谷田野線道路防災工事

 

 

北川村名物「いごっそラーメン」のすぐそばで施工していた

県道西谷田野線道路防災工事が完成しました。

 

 

おっちゃん(いごっそラーメンの店主は親しみを込めてこう呼ばれてます)、

どうもお世話になりました。

そもそも直近で工事をすること自体からして、

いろいろとご迷惑をおかけしたことと思いますが、

いやな顔ひとつせず対応していただき、

とてもありがたかったです。

 

それにしても、人口1300人ほどの北川村で、平日でも行列ができるその人気ぶり。

近くで工事をさせてもらって、「いごっそラーメン」の凄さ(もちろん美味さも)をあらためて実感しました。

 

どうも、ありがとうございました!


(みやうち)




  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う


コメント