山登りとJazzと・・・

芸術性のない証拠写真の羅列です。
思い出と記録を綴っています。
*****備忘録的・フォト日記*****

数々の賞を受賞・地域交通システムの鏡・微笑ましいライトレール&セントラム ■2015_12_22

2015年12月22日 | アウトドア

町内の端をかすめるようにしてライトレールが走っています。
家から徒歩5分で停車してくれる駅に着きます。
音も無くとても静かです。
昔は電車の音が早朝ゴトンゴトンと聞こえてきたことも有りました。

全区間200円、始発駅から終点まで料金は変わりません。

鉄道むすめでラッピングされているライトレール 

 

 この駅で上りと下りのライトレールがすれ違います。

別のデザインでラッピングされたライトレールが来ました。
終点の岩瀬浜に進むライトレール 

 ▼ここは始発駅でもある富山駅北口のターミナルです。

停車中です。
時間になると扉が開き乗客が乗れます。 

北口のターミナルから終点駅の「岩瀬浜」に向かいます。 

ライトレールのターミナルは全て小さくコンパクトな作りになっています。 

 

 

 

 ▼富山駅正面からはセントラムがでています。
富山駅正面から中心部を走ります。
ここは新旧の車両が走っています。 

 

 

思わず笑ってしまうほど微笑ましい宣伝です。
漫画チックでこういうのが走り回ると、とてもユニークな県民性の感じがします。 
街も明るくなります。

旧型の車両がすれ違います。
待ち時間はほとんど待たなくても良いくらいに次から次に電車は走っています。 

旧型の車両も富山市の中心部を走ります。

 富山駅は、北陸新幹線が止まるので解体新築になりましたがとてもコンパクトな駅です。
まだ完全には整備されていなくて出来上がるのにまだ2~3年はかかるみたいです。 

 

 ▼富山駅北口から出発したライトレール。
終点の「岩瀬浜」がこの先数分の所に有ります。

 

同じ仲間だけどしっかり区別しておきましょう

セントラムとポートラムは同形の車両ですが、管理・運営する会社が違います。
セントラムは富山地方鉄道(富山駅正面からの出発)

ポートラムは富山ライトレール(富山駅北口からの出発)の車両です。


富山県民でも区別がつかない人がいるようです。

 

 

 

 

コメント