山登りとJazzと・・・

芸術性のない証拠写真の羅列です。
思い出と記録を綴っています。
*****備忘録的・フォト日記*****

高落場山(1,122 m富山) ■2017_2_28

2017年03月03日 | アウトドア

2日間晴れマークの最後の日、富山県西部、南砺市の山へ出かけました😆💕
ここは若干アップダウンが多いので、夏よりも冬の積雪時の登山のほうが汗をかかないし展望も開けるしで適している

五箇山トンネルの横の除雪ステーションから森林を突き抜けるように直登して稜線(唐木峠)に出ます。
登り初めからスノーシューで頂上まで往復、休憩も含め5時間、結構いい運動になりました

登り初め1時間は青空があり頂上からの展望も期待したが、頂上に着くと斜面からの冷たい風が吹き付け
風の来ない所に場所移動して昼食を取った
結局期待した展望は全然ダメでガスがどんどん吹きあげてきて展望は悪くなる一方で1時間休み下山した。

頂上からは立山連峰白山(2,702m石川・岐阜)が白く輝いて見えるはずでこれが見えないと
写真に残す物はほとんど無いくらいで、さっさとアップダウンを繰り返し来た道を下山します


 ▼五箇山トンネルの横の除雪ステーションから登り始めます。
このトンネルの長さが3,072mと結構長いですね

 森林の中を直登30分ぐらいで稜線に出ます

おわんのようになったなだらかな丘も何カ所かあり休憩するにはもってこいの場所。
キラキラと雪面がダイアモンドダストのように光っていたが写真では撮りきれなかった 

 砺波平野も一望
相当霞んでいますが、正面の山は医王山(いおうぜん)😉😉🎵

 若い女性3人は速い、ドンドン差が開きます

日差しは明るく、この天気が今日一日持つと思って居たが、頂上に着く前から日差しは全く出なくなった 

霧氷の付いた木が出てきたが驚くような状態では無かった

 

アップダウンも多くスタミナが奪われる。
雪山に慣れてない人が登ると苦しさだけが残り嫌気がさす山だ 

 

 カンジキ組みは速い。
自分たちが一番遅かった 

頂上に着きました。
冷たい風があがってくるので先行者は風が来ないところで昼食
山頂からの景色は 思ったよりも雲が多くて残念、もう少し景色堪能できると思っていたのですが…
どんどんガスがあがってきて条件が悪くなり下山します 

立山連峰が横並び一直線で見えるはずですが天候が悪く眺望は全然ダメです 

雪の無いときはこの細い一本の木が頂上の目印で、小さな木の看板が付いている 

下山です。
雪山は登が大変なら、下山はもっと大変なはずですが急過ぎるところは何カ所も尻で滑ってきた。
その方が時間がかからない 

右端、3つめのコブが高落場山(1,122m)頂上 😉😉🎵

人喰い谷
五箇山トンネルが出来る前は、この谷を通るのが交通手段で五箇山集落まで続いている。
現在は通行止め 

 

1日、2日と経つと、この山の面白さが思いうかんだ
登りの急な斜面、スノーシュで股が避けるかと思い足場を探しストックがへこまないか確認して体を持ち上げ登った
下山は尻セードで何カ所も急なところを滑り降りた・・・ついつい思い出し笑いをしてしまった
次の課題はテント持参で南砺市の夜景や、静かなテント泊、体を軽くして頂上からの展望を見たい 

 










『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 山登りの活動再開(尖山)■20... | トップ | 豪農の館 内山邸・梅園 ■2017... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
へっぽこシングル (へっぽこアルピニスタ)
2017-03-03 12:14:21
28日はお天気でとても綺麗でしたね
山頂川はスキー場目印の医王山しかわかりませんでした・・・残念な女三人組です

後姿撮影してくださってありがとうございます。
素敵なカメラで撮ってもらうと20代にしか見えません(笑)

コメントを投稿

アウトドア」カテゴリの最新記事